ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🥾|もしも富士山が噴火したら…火山灰の正体は“ガラスの欠片”都心に及ぼす悪影響は!?


写真 

もしも富士山が噴火したら…火山灰の正体は“ガラスの欠片”都心に及ぼす悪影響は!?

 
内容をざっくり書くと
鎌田さんの著書『富士山噴火と南海トラフ』(講談社ブルーバックス)では、富士山噴火や、今回お伝えした内容がわかりやすく解説されていますので、気になった方は、ぜひ手に取ってみてください。
 

手島千尋アナウンサーがパーソナリティを務めるTOKYO FMの番組「防災FRONT LINE」。6月… →このまま続きを読む

 TOKYO FM+


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

富士山噴火

ブルーバックス

ブルーバックスは、講談社が刊行している、自然科学科学技術の話題を一般読者向けに解説・啓蒙している新書シリーズである。1963年に創刊され、2018年時点でシリーズの数は2000点を超える。洋書の翻訳もある。

「科学は難解である」という先入観を払拭し、多角的観点からの研究を行い、多くの人々が科学への興味と科学的な視点を培うことを目標としている[1]キャッチコピーは「科学をあなたのポケットに」。『マンガ パソコン通信入門』(画:永野のりこ)など漫画形式もある。

ブルーバックスの由来は、創刊の2年半前に人類史上初の有人宇宙飛行に成功した旧ソ連ユーリ・ガガーリンが発した「地球が青かった」という言葉に、当時の編集部員が色めき立って名付けられたものである。

講談社ブルーバックスのホームページ上に一部の書籍の正誤表が公開されている[2]2013年4月18日からブルーバックスの前書きを集めて公開するサイト「前書き図書館」をオープンした[3]

2019年3月4日時点で、『相対性理論の世界』(B79)と『英語版』(B120)の2作が100刷を発行している[4]

科学や技術の研究者と市民を寄付募集などでつなぐ「ブルーバックス・アウトリーチ」(Bluebacks Outreach)というプロジェクトも実施している[5]

分野

当初は自然科学が中心であったが工学医学科学史なども多くなっている。2018年時点で下記のジャンルに分類されている。

科学的な視点からの身体トレーニングや音階の解説、理工系の研究者に必要となる法律や英文メール作法の手引きなど。
数理パズルや論理クイズなど数学的な思考を必要とするパズル・クイズの書籍。
  • 事典・辞典・図鑑
  • その他
科学手帳、理化学研究所を紹介する書籍など。

節目の通番

発行部数ランキング

2017年2月時点(出典:『講談社ブルーバックス2000番記念』96頁)。

21世紀

2017年2月時点(出典:『講談社ブルーバックス2000番記念』97頁)。

脚注

[脚注の使い方]

注釈

出典

  1. ^ 各刊巻末の「発刊のことば」参照。
  2. ^ ブルーバックス正誤表 (PDF)”. 講談社BOOK倶楽部. 2013年5月19日閲覧。
  3. ^ ブルーバックス「前書き図書館」”. 現代ビジネス[講談社]. 2013年5月19日閲覧。
  4. ^ 「ブルーバックス伝説の名著『統計でウソをつく法』100刷突破! そのサワリも一気読み用に公開します」現代ビジネス(2019年3月4日)2021年5月30日閲覧
  5. ^ Bluebacks Outreach公式サイト(2021年5月30日閲覧)
  6. ^ "Life"の翻訳書

参考文献

  • 『講談社ブルーバックス2000番記念』2017年2月20日発行、非売品

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close