in ,

【100円でできる山小屋支援】写真を買って山小屋を応援しよう!

登山情報や総合ニュースを取り扱うPORTAFIELD(東京都千代田区)は、イメージシェアリングコミュニティとして展開しているMiraicrew(ミライクルー)にて、山小屋支援活動「写真で山小屋を応援!みんなが撮った山小屋にまつわる写真を100円で買って応援しよう!」を開始しました。

登山者が撮影した、山小屋にまつわる写真をTwitter上で募集して、その写真の使用権をMiraicrewが販売することで、その売上を山小屋へ寄付するというユニークな取り組みです。

写真の応募方法は、自分で撮影した応援したい山小屋に関連する写真に「山小屋名 #山小屋応援します @miraicrewjp 」を付けてツイートするだけという簡単なもの。誰でも気軽に参加することができる仕組みになっています。

PORTALFIELD代表の高橋は、自身のツイートでこの活動に対する想いを次のように発信しています。

「私達の取り組みは、クラウドファンディングやふるさと納税には無いスピード感で、しかも継続的に山小屋へ支援を贈れるものです。いよいよ夏山シーズンが本格始動します。山小屋が忙しくなるこのタイミングで支援ができることは、とても貴重な機会のはずです。」

「これは、各地の山小屋の支援の一助になればとの思いだけでやっています。諸々の労力とコストを考えると現状は完全にボランティア。それでも、誰かがやらないといけないわけです。私達にできることがこの仕組みを作ることでした。これからはこの仕組みを使って下さる方が必要です。」

sangakuisan-reiwa3-mcv2

この活動の利用者からは、「山小屋泊は経験がありません。ルールやマナーなど、厳しい話も沢山聞きます。 それでも他人が集まっている風景を見ると、いつか行ってみたいと思います。(Dai9さん)」とのレビューも寄せられ、普段山小屋を利用していない登山者にもこの活動への共感が広がっています。

この活動に賛同した登山愛好者からはすでに写真が集まり始めており、それらは「【公式】山小屋応援します」としてまとめられ、下記URLから写真の閲覧・購入、購入者のレビューを見ることができるようになっています。

https://miraicrew.jp/profile/yamagoyaouen

Miraicrewの担当者は、「山小屋は一度きりの支援ではなく、継続的に受けられる支援を求めています。現在でも極めて厳しい経営環境の中、登山道整備など公益性を求められる活動に自腹を切って対応しているような状態です。この取り組みで、クラウドファンディングやふるさと納税を凌ぐスピード感で支援できることを目指してます。」としており、こうした新しい形での支援が今後広がるのか注目されます。