ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

👆|小学生将棋名人に藍住東小6年鳴瀬君 県勢初 夢のプロへ一歩


写真 県勢初の小学生将棋名人になった鳴瀬君=藍住町勝瑞の自宅

小学生将棋名人に藍住東小6年鳴瀬君 県勢初 夢のプロへ一歩

 
内容をざっくり書くと
大会は有力プロ棋士を輩出した若手の登竜門として知られ、鳴瀬君は「プロになる夢に近づけた」と自信を深めている。
 

将棋の小学生日本一を決める「第46回さなる杯小学生将棋名人戦」(日本将棋連盟主催)で、藍住東小学校6… →このまま続きを読む

 徳島新聞

徳島県内のニュースや話題、スポーツなどを発信


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

棋士

棋士(きし)は、囲碁将棋などで対局することを主な職業とする人。アマチュアと区別するために、「プロ棋士」という呼称が使われることもある。線がひかれた盤を意味する棋から発した遊戯をそれぞれ囲碁、将棋のように表す以上、囲碁の棋士を囲碁棋士と称するのは頭痛が痛いのような重言表現である。

  • 棋士 (囲碁) - アジア各国ともプロ初段以上。女流棋士を含む(「女流棋士」は性別が女性の棋士のこと)。
  • 棋士 (将棋) - プロ四段以上。女流棋士は含まない(「女流棋士」と「棋士」とは別制度)。
  • 麻雀の棋士 - 競技麻雀の選手を指すことが多い。「日本プロ麻雀棋士会」という団体がある。「雀士」と呼ばれることもあるが、明確な定義はないので統一されていない。
  • 連珠の棋士 - 連珠も棋士の名称を用いている。統括団体として日本連珠社がある。明確な定義はないが、連珠の公式戦で実績を挙げている高段位の選手を棋士と称す場合が多い。
  • 棋士 (チャンギ) - チャンギ(朝鮮象棋)の棋士。

一部の古い文献などではチェスの選手を「棋士」と表記していることもあるが、国際チェス連盟では専業のプロとアマチュアを分けていないので表現としては正確ではない。競技会などもイロレーティング別にクラスが設定されており、参加する人間は単に「Player(選手)」と呼ばれる。

登龍門

登龍門(とうりゅうもん)は、成功へといたる難しい関門を突破したことをいうことわざ

特に立身出世のための関門、あるいはただ単にその糸口という意味で用いられる。鯉の滝登りともいわれ、鯉幟という風習の元になっている。

「膺は声明をもって自らを高しとす。士有り、その容接を被る者は、名付けて登龍門となす」。

この諺は『後漢書』李膺伝に語られた故事に由来する。それによると、李膺宦官の横暴に憤りこれを粛正しようと試みるなど公明正大な人物であり、司隷校尉に任じられるなど宮廷の実力者でもあった(党錮の禁を参照)。もし若い官吏の中で彼に才能を認められた者があったならば、それはすなわち将来の出世が約束されたということであった。このため彼に選ばれた人のことを、流れの急な龍門という河を登りきった鯉はになるという伝説になぞらえて、「龍門に登った」と形容したという。

なお「龍門」とは夏朝の君主がその治水事業において山西省黄河上流にある龍門山を切り開いてできた急流のことである。

関連項目


 

Back to Top
Close