ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

💪|加治ひとみ、ヘルシーボディの秘訣は“腸”にアリ!? 「腸活5か条」とは


写真 

加治ひとみ、ヘルシーボディの秘訣は“腸”にアリ!? 「腸活5か条」とは

 
内容をざっくり書くと
腸活こそ、最高の美容液』(光文社)、『Splash! 加治ひとみ』(宝島社)が発売中。
 

ヘルシーボディは腸を正して手に入れる。“腸活”という言葉がまだ存在しなかった約10年前から、ピラティ… →このまま続きを読む

 ananweb

常に「時代」を作り、「話題」を発信し、女性の「トレンド」を創ってきた『anan』。
そんな『anan』のweb版『ananweb』では、20代後半~40代の好奇心旺盛な女性たちに向け、恋愛・エンタメ・ビューティ・ファッション・占い・ヘルスなど、幅広い分野の「素敵!」と「リアル」をお届けしています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

美容液

美容液(びようえき)とは、基礎化粧品の1つであり、保湿成分美白成分などの成分が濃縮して配合された製品を指す。それらの成分が他の基礎化粧品よりも高濃度で配合されているために、他の基礎化粧品と比較して高価格であることが多い。

使用の順番

通常は、化粧水などで肌を整えた後に、油分を含む他の基礎化粧品を使用する前に、美容液を肌に塗布することが多い。

成分

しばしば美容液に配合されることが成分は、例えば以下のような物である。

これらの成分は、平均分子量や分子構造の問題で、健常な皮膚からは基本的に吸収されない成分が多い。ただし、角質層などの皮膚の表面には浸透する成分もある。なお、日本では薬機法で決められた有効成分を含有していれば、また「治す」といった同法の違反に当たる表現を使用しなければ、同法が許す表現の制限範囲の中で効能を表示することができる[1]

歴史

1975年コーセーが発売したコーセーRCリキッドが、日本製の美容液の先駆けと言われる。さらに1980年代エスティローダー資生堂が、高機能の美容液と銘打った商品を売り出した後、日本においても急速に広まった。

出典

  1. ^ 朝田康夫、鈴木一成『コスメティックQ&A事典―化粧品のすべてがわかる』中央書院、2011年、全面改訂最新版、14-15頁。ISBN 978-4-88514-043-3

加治ひとみ

加治 ひとみ (かじ ひとみ、1987年8月26日 - )は、日本アーティストモデル、タレント[1]。身長163cm。エイベックス・マネジメント所属。2016年1月、デビュー。 愛称は「かぢちゃん」。

人物

祖母の影響で小さい頃から歌うのが好きだった。学生時代はテニス部など運動をしていた。また学生時代から毎日書いていた日記を元に楽曲を制作して自分の存在を残したいと思いアーティストになりたいと思う。

26歳の時にアーティストデビューへの夢を諦めきれず、年齢的にも最後のチャンスと思いTGA(東京ガールズオーデション)2014年に応募。アーティスト部門グランプリ受賞した[2]

デビュー期間1年を経て28歳でAVEXより遅咲きのデビューを果たす。

本人の歌うオリジナル楽曲はすべて作詞を手がけていて、歌詞は昔から日記やノートにその時の気持ちなどを書き溜めていた。 JUJUの「この夜を止めてよ」をオーディションの審査の際に歌唱し、思い入れの強い曲でもある為、カバー映像をYouTubeで公開している[3][4]

しかしデビューして1年半、リリースしたCDが全然売れずアーティストの活動が止まる。また事務所から契約解除寸前とも告げられた。毎日仕事がなく悩む日々を送っていたが「絶対に諦めたくない!」という強い気持ちは変わらなかった。今のマネージャーとの出会いにより、アーティスト活動以外の新たな道に挑戦する。当時のインタビューで「崖っぷち」と答えている。マネージャーと毎日話し合い、一緒に営業に同行して、再始動して3か月で「週刊プレイボーイ」表紙と巻頭を飾った。加治ひとみの武器となる「かぢボディ」を世に広めたいという思いが伝わり「かぢボディ」が注目されるようになる。8年続けている独自の運動や食生活、腸活が注目される。へルシーで健康的なイメージが人気となり雑誌やメディアから月に15本以上の依頼がくるようになる。また「かぢボディ」は女性の憧れのボディとして数々の雑誌やWEBに取り上げられている。

最近では美容でも活躍。33歳には見えない為奇跡のアラサーとして、お肌やボディのケアが注目されている。

日本テレビ「人生が変わる1分間の深イイ話」にて「かぢボディ」の秘密として密着出演

8年前から実施している「腸活」が話題になり「腸活ブーム」の火付け役となり腸活のカリスマとしてメディアに取り上げられる[5]。他にも広告モデルとしても活躍中。

12月10日に初のビューティーフォトブック「かぢボディ。」を出版。

美腸プランナーという資格を所持している。[1]

体のサイズ

バスト77cm、ウエスト56cm、ヒップ84cm、腕の長さは68cm、二の腕周りは21cm、脚の長さは87cm、太もも周りは43cm、顔の大きさは縦18.5cm、目の大きさは縦1.5cm、横3.5cm、 ・2020年11月5日時点での体のサイズ[6]

出演

テレビドラマ

参加ライブ、イベント

2015年

  • CDデビュー前にして、8月29日、「a-nation island a-nation studium fes2015」にオープニングアクトとして出演[8]
  • 12月4日、「DO ME KNOW」出演
  • 12月19日、TGC CAMPUS 2015 XmasEdition 出演
  • 2月28日、 TOKYO GIRLS COLLECTION2015 SPRING/SUMMER 出演

2016年

  • 3月20日、「東京ガールズミュージックフェス」スペシャルオープニングアクトとして出演
  • 3月27日、FM OSAKAが推進する飲酒運転撲滅のための10000人のライブ!!!!!「LIVE SDD 2016」への出演
  • 7月23日、『SHE HER HERS vol.0』ライヴ出演
  • 7月30日、アニメ双星の陰陽師イベント「陰陽祭2016」出演
  • 8月8日、「Campus Summit 2016」出演
  • 9月3日、「東京ガールズコレクション2016 AUTUMN/WINTER」出演

2018年

  • 4月1日、「東京ガールズコレクション2018 SPRING/SIMMER」出演
  • 6月16日 Kiehls ヘルシースキンガーデン イベント出演
  • 7月28日 「ファンファンスプラッシ2018」出演
  • 8月18、19日 「a-nation2018 大阪」出演
  • 8月25、26日 「a-nation2018  東京」出演
  • 9月16日 「GirlsAward2018 in 幕張」メインアクト出演
  • 10月27日 「読売テレビ主催 モンスターハロウィンカーニバル」出演
  • 11月4日 「厚木ミュージックフェスティバル2018」MC.歌唱出演


雑誌

  • VOCE
  • MAQUIA
  • 美的
  • CLASSY 
  • oggi
  • and GIRL
  • GINGER
  • with
  • MORE
  • SWEET
  • Cancan
  • Steady
  • anan
  • 東京カレンダー
  • 週刊プレイボーイ
  • SENSE
  • OCEAN
  • NEW ERA BOOK
  • Gina
  • JELLY
  • リクエスト QJ2019
  • ゼクシィ海外resort 4代目カバーガール

WEB

  • CLASSY ONLINE
  • andGIRL WEB
  • NYLON
  • MAQUIA
  • 美的com
  • ar WEB
  • LISTA
  • MINE
  • LOCARI
  • 楽天トラベル
  • Women's Healths

広告

  • YA-MAN TOKYO JAPAN ボディケア商品アンバサダー
  • KOSE/ジュレームアミノシャンプー アンバサダー
  • FaceTitude/カラーコンタクト
  • TIGORA / BEAMS DESIGN アンバサダー
  • カーシカシマ 2020-2021 AW イメージモデル

タイアップ

  • ワタベウェディング ダナンリゾート
  • 参天製薬 サンテボーテ
  • 花王 JERGENS
  • アルペン
  • カゴメ「野菜をとろう」野菜アンバサダー

ディスコグラフィ

ミニアルバム

発売日タイトル
1st2016年1月27日ルール違反
2nd2017年8月23日TROUBLE

フルアルバム

発売日タイトル
1st2017年3月1日NAKED

シングル

発売日タイトル
1st2016年8月3日In My Hi-Heel/アイズ

デジタルシングル

発売日タイトル
2016年4月6日アイズ
2016年6月8日EXILE COVER「Ti Amo」
2018年7月18日My perfect sky

書籍

発売日タイトル
2020年12月10日かぢボディ。

TV出演

エイベックスデビュー前の作品

  • イメージビデオ ひとみのなかに 2007年
  • デジタルシングル KARADA   KAJI on the INTELLIGENCE  2012年

脚注

外部リンク


 

Back to Top
Close