ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🥾|被災2県の高校生14人、故田部井さんの遺志継ぎ再び富士へ


写真 静岡県の水ケ塚公園で行われた開会式に臨んだ参加者たち(田部井淳子基金提供)

被災2県の高校生14人、故田部井さんの遺志継ぎ再び富士へ

 
内容をざっくり書くと
静岡県の水ケ塚公園で行った開会式で、進也さんが「頑張って登ろう」と高校生たちに声を掛けた。
 

世界的登山家の故田部井淳子さん(三春町出身)の遺志を継ぎ、東日本大震災で被災した東北の高校生が富士山… →このまま続きを読む

 福島民友新聞

福島県を代表する地方紙「福島民友新聞」のニュースサイト。明治28年の創刊以来、「県民の友」として地域密着の最新ニュースを発信しています。県内ニュースは福島県内25カ所の取材拠点をつなぎ、幅広く地域のニュースをカバー。東日本大震災からの復興や東京電力福島第一原発関連の記事にも力を入れています。グルメや観光、イベント、読みごたえのある連載など多彩な記事をお届けします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

水ケ塚公園

開会式

開会式(かいかいしき)とは、イベント競技会開催に先立って行われる式である。

主にイベント初日に行われるが、イベントによっては開催前日に行われることもある。

開会式の時に行われる式典では、開会宣言・国旗掲揚・来賓祝辞などが行われる。その後、アトラクション(演奏・合唱など)が行われる場合もある。

競技会の開会式では、選手入場や選手宣誓などが行われる。入場順は都道府県/市町村順・開催地域の公用語順・過去あるいは直前の成績順などがある。例として、近代オリンピックでは先頭にギリシャ→開催国の公用語順→最後尾に開催国という順で入場する(ギリシャ開催の場合は異なる。直前に開催されたアテネオリンピック (2004年)では先頭はギリシャ国旗のみ入場→参加各国がギリシア語のアルファベット順に入場→最後尾にギリシャ選手団が入場という方法が取られた)。

特定種目の競技大会においては、合わせて、前回の優勝クラブ、または国・地域から、優勝旗・トロフィー[1]などの返還も行われる。

NHK紅白歌合戦』においても、21時スタートだった昭和の時代には、開会式があり、出場歌手全員が勢ぞろいして入場行進、前回優勝チーム司会者からの優勝旗返還、代表歌手の選手宣誓が行われていた。特に1963年のそれには、東京オリンピックの前年であり、近代オリンピックを意識した聖火ランナーの行進[2]が行われていたが、現在の19時台のスタートになってからは時間的な制約上、優勝旗返還、選手宣誓が省略される場合が多い。

脚注

[脚注の使い方]

関連項目


 

Back to Top
Close