ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

👩‍🎤|ミスFLASH2021 益田アンナ、霧島聖子、名取くるみ、高槻実穂、ミステリー映画を学ぶ! 電…


写真 左から名取くるみ、高槻美穂、益田アンナ、霧島聖子(©光文社/週刊『FLASH』写真:岩松喜平)

ミスFLASH2021 益田アンナ、霧島聖子、名取くるみ、高槻実穂、ミステリー映画を学ぶ! 電…

 
内容をざっくり書くと
金田一耕助シリーズは初鑑賞で、主演の石坂浩二も知らないという名取と高槻だったが、“ミステリーの中にもクスッとするシーンや伏線が張り巡らされていたので、気づいたら自分も主人公の気持ちになって一緒に推理していました”(高槻)とすっかりミステリー映画の虜に。
 

ミスFLASH 2021の益田アンナ、霧島聖子、名取くるみ、高槻実穂が、7月27日(火)発売の『FL… →このまま続きを読む

 Pop’n’Roll

Pop’n’Roll(ポップンロール)は、アイドルのパーソナリティや隠れた才能にフォーカスするアイドルメディアです。アイドル本人による取材記事を始め、インタビュー、撮りおろし写真、イベントレポート、コラム、ニュースを配信します。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

ミステリ映画

ミステリー映画(ミステリーえいが)とは映画のジャンルのひとつで、

  1. 狭義には探偵映画、推理映画
  2. 広い意味で、謎がドラマに深くかかわっている映画作品

謎を解く行為によってドラマが展開していくことが多い。また、謎は不安感や緊張感を煽ることも多いので、スリラー映画サスペンス映画との区別は明確ではない。スリル(どきどき)とサスペンス(はらはら)は対で使われることも多い。

関連項目

石坂浩二

Camera-photo Upload.svg画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2017年9月

石坂 浩二(いしざか こうじ、1941年(昭和16年)6月20日 - )は、日本俳優タレント司会者芸術家翻訳家作詞家ナレーターコメンテーター。石坂ミュージカル・エンタープライズ社長。2015年10月からプロダクション尾木に所属。本名、武藤 兵吉(むとう へいきち)。愛称は兵ちゃん。 身長177cm、体重65kg。趣味は絵画で、二科展に入賞した経歴を持つ。

東京府東京市京橋区(現:東京都中央区銀座)生まれの大田区田園調布育ち。小さき花の幼稚園[1]、田園調布小学校[2]慶應義塾普通部慶應義塾高等学校慶應義塾大学法学部法律学科卒業。神奈川県横浜市在住[3]

元関東明治屋商事株式会社(現:明治屋)取締役の武藤吉二は父[4]。元横浜市長平沼亮三は外祖父、元ポニーキャニオン常務取締役音楽プロデューサー渡辺有三は従弟に当たる。

来歴・人物

高校時代の1958年、ドラマ『お源のたましい』に通行人のエキストラでデビューし、1967年に、出演した『泥棒たちの舞踏会』で演出家浅利慶太のスカウトをきっかけに劇団四季へ入団[5]。劇団では演出部に所属し、浅利のサポートを務める。在籍中に台本・作詞を手がけた子供向けミュージカル王子とこじき』は退団後も上演され続け、2014年もなおファミリーミュージカルの演目の1つとしてリストアップされている[6]。ドラマ・映画出演と演出助手の両立は多忙を極め、1967年TBSドラマ『平四郎危機一発』の出演中に倒れ、胃潰瘍と診断されたことにより、劇団四季を退団[5]。退団後も俳優業と並行しての脚本家活動はしばらく続き、1972年頃までNHK教育の子供向け番組の脚本を書いていた[7]

芸名の由来は、親友の大空真弓が自分の好きな作家・石坂洋次郎と俳優・鶴田浩二からそれぞれ拝借して名づけたことによる。石坂本人によるとまだ本名で芝居をやっているときTBSのテレビプロデューサー石井ふく子に見いだされ、改名を勧められ“石”のつく芸名(石井ふく子の“石”を採ったとも言われている)を大空の父親が姓名判断をしていたこともあり「石坂浩二」に決まった。親交の深い大橋巨泉などから「兵ちゃん」(本名の兵吉から)と呼ばれている。

松竹映画『日も月も』、『風の慕情』で主演を果たす。

NHK大河ドラマ常連俳優の一人で、計11回の出演をしている。最初の出演の『花の生涯』と翌年の『赤穂浪士』には役無しで出演。1965年の『太閤記』で石田三成を演じ、初めて役付きの出演をはたす。1969年の『天と地と』では上杉謙信を演じ、大河ドラマ初主演をはたす。本作は大河ドラマカラー作品の第一作で、武田信玄を演じた高橋幸治とともに人気を博した。1975年の『元禄太平記』でも再び主演をし、柳沢吉保を演じた。1979年の『草燃える』では源頼朝を演じ、北条政子を演じた岩下志麻とともに主演を務めた。計3作品での主演は西田敏行の計4作品に次ぐ。1983年の『徳川家康』では、架空の人物で有力な郷士の竹之内波太郎(後の堺の豪商・納屋蕉庵)役で出演。1995年の『八代将軍吉宗』では、間部詮房役で出演。柳沢吉保役で主演した時と同様の側用人役を再び演じる。1999年の『元禄繚乱』には、吉良上野介で出演し、憎めない新たな吉良上野介像を演じた。2004年の『新選組!』には、開明思想家の佐久間象山役で出演した。最近年の出演は『江〜姫たちの戦国〜』で、千利休を演じた。 また、大河ドラマ関連作品にも出演しており、NHK新大型時代劇の『宮本武蔵』(1984年)では本阿弥光悦役を、NHKスペシャルドラマの坂の上の雲(2009年2011年)では山本権兵衛役を演じている。

1970年代前半にはTBSの人気タレント調査で3年連続1位となった。

調べによる好感度タレントの支持率調査では、1972年7月に支持率42.6パーセントを記録し、これは同調査において1970年代の第1位の記録である[8]

映画では1976年横溝正史原作・市川崑監督による映画『犬神家の一族』に金田一耕助役で主演し、同年の邦画配給収入2位(13億200万円)のヒットとなり、当たり役となった(以後は市川作品には常連出演している)。ほかに『おはん』『ビルマの竪琴』『細雪』などに出演。また、テレビドラマ『Yの悲劇』でドルリー・レーン、映画『』でエルキュール・ポアロに相当する役を演じ、舞台『十二人の怒れる男』の8号陪審員などとあわせ、推理ドラマでの探偵役を多く演じている。近作のリメイク版『日本沈没』では首相役に挑んだが、大学同期には小泉純一郎(元首相)がいる。権勢家の役は探偵役以上に配役されることが多く、天皇・征夷大将軍・首相のすべてを演じている。また、元禄期の大老・柳沢吉保の役は、この人物を主役に据えた唯一の映像作品である『元禄太平記』以降、テレビと映画で3回演じた当たり役である。

テレビドラマでは、石井ふく子及び橋田壽賀子の作品に多く起用された。

ナレーションでは、新人時代の『ウルトラQ』『ウルトラマン』(前半)や壮年期の『シルクロード』、『渡る世間は鬼ばかり』などが広く知られる。

私生活では加賀まりことの同棲を経て1971年浅丘ルリ子と結婚するも、ほどなくして別居するようになる。2000年12月、女優である浅丘に実母の介護をさせるわけにはいかないとして離婚。離婚から間もない2001年1月に再婚を発表。大橋巨泉事務所から独立、フリーとなる。

1988年に「劇団急旋回」を結成。自らの脚本・演出によるオリジナル・ミュージカルを数多く上演したが、1996年に解散。

2001年4月から、時代劇水戸黄門』の4代目水戸光圀役に起用された[9]。オープニング演出を市川崑が担当し、史実に基づいたストーリー展開、つけ髭をしない・衣装をマイナーチェンジするなど、知的でスマートなインテリ黄門様を演じたが、2002年5月に石坂が直腸癌手術で入院したため、1年余りで降板となった。翌月には復帰したものの、その後はしばらく俳優活動を自粛している。2003年夏に昼ドラのゲスト出演(『貫太ですッ!』)で俳優活動を再開、『白い巨塔』、『新選組!』、『東京湾景』などのテレビドラマにレギュラー出演した。

俳優業のみならず、作家(三田文学会・会員)、司会者やクイズ番組の解答者など多方面で活躍。芸能界屈指の薀蓄を誇り、1980年代後半からの「クイズ王ブーム」の際には、毎回のようにゲスト出演していた。共演者には撮影直前までマイペースで薀蓄を語り続けることで知られる。『白い巨塔』の撮影時、あまりに薀蓄を語るため、共演の唐沢寿明を閉口させたという。

絵画では油彩画に精通し、二科展1974年から1985年まで連続入選[10]。一貫して裸婦を描いている。これはアマチュア画家で裸婦を描く者が少なかったからだという[11]。絵画に関する専門的な教育は受けていないが、東郷青児に師事し、手ほどきを受けている[12]。また、繊細で写実的な画風で「孤高の画家」とも呼ばれる画家、牧野邦夫の作品コレクターとしても知られている[13]2004年からは横浜市青葉区内で自身がボランティアで講師を務める絵画教室「HEY ART CLUB」を主催している。

音楽ではクラシックを好み、特にベルリオーズが好きで、日本ベルリオーズ協会の会長を務めたことがある[要出典]

2011年(平成23年)4月1日、全国の交通安全協会で初めて公益社団法人となった神奈川県交通安全協会の会長に就任[14][15]。また、広島県呉市戦艦長門軍艦旗[16] を寄贈した縁により、2015年(平成27年)5月9日呉市海事歴史科学館大和ミュージアムの名誉館長として委嘱を受ける[17]

エピソード

本名の「兵吉」は、兵隊の「」と父・吉二の「」からとっている[18]。また名付け親は外祖父の平沼亮三だといわれている[18]

阪神タイガースファン

カレー作りが得意で、独特のスパイス調合で何種類もの味を作り、自らカンヅメにして共演者に振舞っている。カレーパンも好物で、著書がある。

画家としても知られ、自らの作品の展覧会を度々開催することもある[19]。また、1976年6月26日に開催された異種格闘技戦『アントニオ猪木対モハメド・アリ』戦の広告ポスターを描いた。そのポスターを見たモハメド・アリが「俺はこんなに醜い男じゃないぜ」と苦笑したという[20]。その猪木対アリ戦で、アントニオ猪木が入場の際に着用したリングガウンも石坂のデザインで製作されたものである。

モデラーとしても有名で、自宅には模型専用の製作スペースがあり、飛行機のプラモデルをよく作る。「日本プラモデル工業協同組合」の特別顧問を務め[21]団塊の世代を対象としたプラモデル愛好団体「ろうがんず」を2009年2月23日に結成している[21]。ろうがんずは石坂らプラモデル愛好家7名により結成され、石坂も静岡ホビーショーへの出品や新会員の募集など会の活動に従事している[22][23][24][25][26]。航空機にも造詣が深く、2015年4月に初めてHondaJetが日本に飛来した際にはそれを自ら体験し、「ホンダにしかできない挑戦。それがこのジェット機のカッコ良さ、美しさ、革新性を生み出した」と述べている[27]

テレビ東京系列の『開運!なんでも鑑定団』では、番組開始の1994年から2016年3月まで22年に渡って島田紳助今田耕司と共に司会を担当。2016年3月をもって『鑑定団』を降板し、同年4月から2017年9月まではBSジャパンの派生番組『-極上!お宝サロン』のメイン司会を担当した。また、同番組に出品された戦艦長門軍艦旗[16] を自身で1000万円で購入し、大和ミュージアムに寄贈したというエピソードも持つ[28][29][30]。さらに、番組初期には本名の武藤兵吉名義で依頼人として19世紀のドイツ製オルゴールを出品し、1550万円の評価額がついたことがある。2019年4月30日放送の『鑑定団』に、降板以来久々にゲストとして出演した。

2006年4月より財団法人横浜観光コンベンション・ビューローの理事長に就任。これにより2006年6月1日横浜人形の家の館長の職を兼高かおるから引き継ぐ。2010年3月23日付けをもって勇退[31]

ゴジラ』のファンであり、ゴジラ誕生30周年記念として復活したゴジラ第16作目であり平成ゴジラシリーズの第1作でもある『ゴジラ』に出演を希望し、「ギャラなんかいらない、ワンカットでも出ることに意義があるんだ」と監督の橋本幸治に直談判して、「ゴジラを最初に目撃する原発職員」という端役でカメオ出演した。

1996年放送のテレビ時代劇『天晴れ夜十郎』では、髪を丸刈りにした。当時の『TVガイド』によるところでは、坊主のかつらを被って横を向くと変なしわができて撮影がたびたびカットされていたことに悩んでいた。思い切って実際に丸刈りにしたことで、撮影がたびたびカットされることはなくなり、誰よりも早く帰宅できることを喜んでいたが、行きつけの店などで面識ある人と顔合わせをしても石坂だとなかなかわかってもらえない場合が多かったという。かつらを被らない状態で別の番組に出演していたこともあれば、伊藤ハムのCMではかつらを被っていたこともある。その後、2008年の映画『私は貝になりたい』への出演の際にも軍人役として、2011年大河ドラマ江〜姫たちの戦国〜』では千利休役としての役作りのため、丸刈りにして役に臨んでいる。

2006年12月公開の映画で市川崑の最後の監督作品となった『犬神家の一族』リメイク版では、約27年ぶりに金田一耕助を演じ、役作りのために髪を長髪に伸ばした。

2007年7月公開の映画『劇場版ポケットモンスター ディアルガVSパルキアVSダークライ』ではダークライ役として声優に初挑戦した。アフレコでは、役と同じように力を込めて動いたせいで次の日には筋肉痛になったことを明かした[32]

2008年11月8日に慶應義塾大学日吉キャンパス陸上競技場にて行われた慶應義塾創立150年記念式典では、フジテレビアナウンサー遠藤玲子と共に司会を務めた[33]

2015年12月31日から2016年1月1日にかけて日本テレビ系列で放送されたバラエティ『絶対に笑ってはいけない名探偵24時』において9年ぶりに金田一耕助として出演している。

市川崑が亡くなった際には弔辞を読んだ。「例のプール」として知られる撮影スタジオ(Hanazono Room)が石坂の自宅であったという噂もあったが、実際には市川が居住しており、石坂はその下の階に住んでいたという[34]

石坂と共演の多かった山岡久乃が亡くなった際に、山岡が入居するはずだった老人ホームに、山岡の肖像画を石坂自身が描き贈ったという。

大橋巨泉、大空眞弓とは上記の通り親友である。また、ドラマなどで共演した児玉清とも長年の親交があった事が知られていた[35]。市川崑監督作品では中井貴一とよく共演しており、親交もある。

浅丘ルリ子との結婚を発表する前後に吉永小百合水前寺清子との交際を週刊誌に書き立てられたことがあるが、石坂によればこれらは全部ガセ。石坂曰く「浅丘との結婚を当時付き合いのあった雑誌に教えたところ、ライバル誌が怒った」ために嘘の記事を書かれたとのことで、「その後も批判的な記事を多数載せられた」という[36]

不動産鑑定士および宅地建物取引士の国家資格を取得している。

出演

テレビドラマ

映画

  1. 犬神家の一族1976年角川春樹事務所、東宝)
  2. 悪魔の手毬唄(1977年、東宝)
  3. 獄門島1977年、東宝)
  4. 女王蜂1978年、東宝)
  5. 病院坂の首縊りの家(1979年、東宝)
  6. 犬神家の一族(2006年12月、東宝)

演劇

演出:浅利慶太[49])- ロシア語版英語版(アリョーシャ、リューシェチカ役)

吹き替え

テレビアニメ

劇場アニメ

ゲーム

朗読・ボイスドラマ

LP

  • 海(1968年11月10日)
  • 空(1969年3月10日)
  • 大地(1969年7月20日)
  • 駅─最後の四二一列車(1972年)
  • 四季の歌物語(1976年)
  • シルクロードを行く(1981年)

CD

ラジオ番組

動画

作詞作品

バラエティ番組ほか

CM

音声ガイド

  • 日伊国交樹立150周年特別展「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」東京会場(2016年7月13日 - 2016年10月10日、国立新美術館
  • 日伊国交樹立150周年特別展「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」大阪会場(2016年10月22日 - 2017年1月15日、国立国際美術館

書籍

著書

  • 『愛が扉をたたく』(講談社 1971年)
  • 『石坂浩二兄さんのフェラーリずかん』(講談社 1978年)
  • 『天晴れカレーパン』(主婦の友社 1984年)
  • 『石坂浩二のサラダ図鑑』(講談社 1991年)
  • 『石坂浩二のおつまみ図鑑』(講談社 1992年)
  • 『石坂浩二のランチ図鑑』(講談社 1993年)
  • 『コンビニおかずでキュイジーヌ―石坂流!くずしのお料理マジック』(光文社 1999年)
  • 『金田一です。』(角川メディアハウス 2006年)
  • 『翔ぶ夢、生きる力 俳優・石坂浩二自伝』(廣済堂出版 2017年)ISBN 978-4331521199

共著

監修

翻訳

  • ブライアン・ワイルドスミス『石坂浩二のマザーグース』( 1992年)
  • ブライアン・ワイルドスミス『おちたのだあれ』(学習研究社 1996年)
  • ブライアン・ワイルドスミス『じゅうたんはねこのもの』(学習研究社 1996年)
  • ブライアン・ワイルドスミス『いそげ いそげ』(学習研究社 1996年)
  • ブライアン・ワイルドスミス『ゆめを みた』(学習研究社 1996年)
  • ブライアン・ワイルドスミス『クリスマスの12にち』(講談社 1997年)

画集

脚注

[脚注の使い方]

出典

  1. ^ 【石坂浩二 終わりなき夢】(15)ミスターのために描き上げた絵”. 2016年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月27日閲覧。
  2. ^ 【石坂浩二 終わりなき夢】(1)授業さぼってラジオの仕事”. 2016年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月27日閲覧。
  3. ^ “石坂浩二さん「捜査官」任命”. 時事通信. (2017年11月14日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2017111400409&g=soc 2017年12月13日閲覧。 
  4. ^ 『明治屋百年史』明治屋、1987年12月、400頁。
  5. ^ a b “【石坂浩二 終わりなき夢】(7)「劇団四季」での多忙な日々”. スポーツ報知. (2016年4月20日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160420-OHT1T50027.html 2016年4月20日閲覧。 
  6. ^ 作品紹介(ステージガイド) 王子とこじき”. 劇団四季. 2014年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月11日閲覧。
  7. ^ 石坂浩二さん(俳優) - NHKアーカイブス
  8. ^ 『オリコン・ウィーク The Ichiban』2001年1月1・8日号(第23巻第1号、通巻1079号)オリコン(現:オリコン・エンタテインメント)、45頁。
  9. ^ 佐野浅夫の後任
  10. ^ 「たまプラーザ テラス」で、俳優・石坂浩二さんによる展覧会を開催!”. PR TIMES(株式会社東急モールズデベロップメント) (2013年2月22日). 2014年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月11日閲覧。
  11. ^ 開運!なんでも鑑定団』の「ご当地出張なんでも鑑定」に出演すると、出演記念として「石坂浩二カレンダー」がもらえる。
  12. ^ 石坂浩二作品集”. SCREEN ONLINE & STORE. 2014年6月11日閲覧。
  13. ^ 牧野邦夫展”. 弐代目・青い日記帳 (2013年4月13日). 2014年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月11日閲覧。
  14. ^ <ニュース>神奈川安協 新会長に俳優 石坂浩二氏”. モーターマガジン社スタッフ発@今日の編集後記 (2011年5月9日). 2014年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月10日閲覧。
  15. ^ 神奈川県交通安全協会の活動について”. 公益財団法人 神奈川県交通安全協会. 2013年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月11日閲覧。
  16. ^ a b 開運! なんでも鑑定団”. テレビ東京 (2005年9月27日). 2007年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月9日閲覧。
  17. ^ “石坂浩二さんに名誉館長委嘱”. 中国新聞 (中国新聞社). (2015年5月10日). オリジナルの2015年5月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150518090729/http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=153618&comment_sub_id=0&category_id=112 2015年9月16日閲覧。 
  18. ^ a b 『現代の眼 第 16 巻』現代評論社、1975年、139頁。
  19. ^ “「たまプラーザ テラス」で、俳優・石坂浩二さんによる展覧会を開催!” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 株式会社 東急モールズデベロップメント, (2013年2月22日), http://www.tokyu-tmd.co.jp/press/tmd/backnumber/tmd_10sc130222.html 2016年7月10日閲覧。 
  20. ^ “アリ氏 石坂浩二が描いた告知ポスターに「こんなに醜くない!」と寸止めパンチ”. スポーツニッポン. (2016年6月5日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/06/05/kiji/K20160605012723530.html 2016年7月10日閲覧。 
  21. ^ a b 石坂浩二「『ろうがんず』結成」『文藝春秋』87巻8号、文藝春秋2009年7月1日、86頁。
  22. ^ “ホビーに首ったけ 石坂浩二さんがプラモ同好会「ろうがんず」結成 (1/4ページ)”. msn産経. (2009年5月17日). オリジナルの2009年5月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090520011329/http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/090517/sty0905172133000-n1.htm 2014年6月9日閲覧。 
  23. ^ “ホビーに首ったけ 石坂浩二さんがプラモ同好会「ろうがんず」結成 (2/4ページ)”. msn産経. (2009年5月17日). オリジナルの2009年5月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090520012423/http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/090517/sty0905172133000-n2.htm 2014年6月9日閲覧。 
  24. ^ “ホビーに首ったけ 石坂浩二さんがプラモ同好会「ろうがんず」結成 (3/4ページ)”. msn産経. (2009年5月17日). オリジナルの2009年5月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090520011740/http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/090517/sty0905172133000-n3.htm 2014年6月9日閲覧。 
  25. ^ “ホビーに首ったけ 石坂浩二さんがプラモ同好会「ろうがんず」結成 (4/4ページ)”. msn産経. (2009年5月17日). オリジナルの2009年5月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090520012424/http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/090517/sty0905172133000-n4.htm 2014年6月9日閲覧。 
  26. ^ 【石坂浩二】名優の引き出しは果てしない趣味の広がりの中に”. zakzak (2014年8月8日). 2019年6月7日閲覧。
  27. ^ 石坂浩二さん × HondaJet 開発責任者 藤野道格 (PDF)”. 本田技研工業 (2015年7月31日). 2019年6月7日閲覧。
  28. ^ “石坂浩二氏が「大和ミュージアム」へ寄贈”. 呉インターネット写真ニュース. (2006年9月23日). オリジナルの2006年11月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20061109161049/http://www.kure-news.com/news/000114.html 2014年6月9日閲覧。 
  29. ^ 石坂浩二「『ろうがんず』結成」『文藝春秋』87巻8号、文藝春秋2009年7月1日、87頁。
  30. ^ 紳士・淑女の休息 第7回 人生ただ一度のスランプから救ってくれたプラモデル作りという趣味 – 石坂浩二”. World JC. 2014年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月10日閲覧。
  31. ^ (財)横浜観光コンベンション・ビューロー新理事長に新町光示(しんまちこうじ)氏が就任 (PDF)”. 財団法人横浜観光コンベンション・ビューロー (2010年3月30日). 2014年6月10日閲覧。
  32. ^ 映画トピックス╱「劇場版ポケットモンスター」最新作が大ヒットスタート!”. 東宝株式会社 (2007年7月14日). 2014年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月10日閲覧。
  33. ^ “日吉で創立150年記念式典 天皇、皇后両陛下もご臨席”. Jukushin.com(慶應塾生新聞会). (2008年11月30日). オリジナルの2014年6月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140610060507/http://www.jukushin.com/archives/1904 2014年6月10日閲覧。 
  34. ^ “石坂浩二“例のプール”に住んでいたのは「市川崑さん」と真相明かす” (日本語). スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年4月7日). オリジナルの2016年10月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161028010650/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160407-OHT1T50156.html 2019年12月7日閲覧。 
  35. ^ 石坂浩二、故・児玉清さんの“存在”に「荷が重いなと思った」”. ORICON STYLE (2013年3月19日). 2014年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月11日閲覧。
  36. ^ 石坂浩二が明かす「吉永小百合と結婚」報道の真実 - 東京スポーツ・2017年10月14日
  37. ^ 番組エピソード 大河ドラマ『元禄太平記』 - NHKアーカイブス
  38. ^ * 番組エピソード 大河ドラマ『草燃える』-NHKアーカイブス
  39. ^ ファミリー劇場のWEB企画にて全39話分の予告を担当。
  40. ^ 南郷亮治は探偵のドルリー・レーンに該当する役名。
  41. ^ “仲間由紀恵主演ドラマ『楽園』黒木瞳、夏帆、石坂浩二らキャスト発表”. ORICON STYLE. (2016年10月18日). http://www.oricon.co.jp/news/2080126/full/ 2016年10月18日閲覧。 
  42. ^ “テレビ朝日、シニア世代向けに帯ドラマ枠を新設 第1弾は倉本聰氏オリジナル作品”. ORICON STYLE. (2016年6月30日). http://www.oricon.co.jp/news/2074293/full/ 2016年6月30日閲覧。 
  43. ^ 片岡鶴太郎、平岡祐太、石坂浩二が小泉孝太郎「警視庁ゼロ係」に新加入 - インターネットTVガイド(2018年7月3日)
  44. ^ 山本耕史が若き徳川光圀役のBS時代劇、11・5から放送 共演に加藤シゲアキ、舘ひろしら”. ORICON NEWS. oricon NEWS (2021年9月9日). 2021年9月9日閲覧。
  45. ^ “「相棒」新作は2017年2月公開、特報に北村一輝や及川光博の姿も”. 映画ナタリー. (2016年9月22日). http://natalie.mu/eiga/news/202705 2016年9月23日閲覧。 
  46. ^ “『みをつくし料理帖』石坂浩二・浅野温子・藤井隆・窪塚洋介・若村麻由美が出演!”. シネマトゥデイ. (2019年8月30日). https://www.cinematoday.jp/news/N0110816 2019年8月30日閲覧。 
  47. ^ 阪神タイガース THE MOVIE 猛虎神話集 : 作品情報” (日本語). 映画.com. 2020年2月5日閲覧。
  48. ^ 劇団四季60年の上演 作品”. 劇団四季. 2013年9月8日閲覧。:
  49. ^ 劇団四季 『カラマゾフの兄弟』 劇団四季、1971年。 
  50. ^ トンデモネズミ大活躍”. 日本アニメーション. 2016年5月18日閲覧。
  51. ^ “石坂浩二が増田俊樹と共演、劇場アニメ「歎異抄をひらく」公開決定”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年3月7日). https://natalie.mu/eiga/news/322806 2019年3月7日閲覧。 
  52. ^ ウルトラマン HDリマスター版”. 2020年7月21日閲覧。
  53. ^ 石坂浩二 「サタデーステーション」でレギュラーコメンテーター初挑戦 毎日新聞 2018年4月5日発行、同日閲覧。

関連項目

  • 野間脩平(元フジテレビアナウンサー、慶大演劇研究会の後輩)

外部リンク


 

Back to Top
Close