ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🥾| 【スポーツクライミング】野口啓代が引退後について言及 銅メダル獲得から一夜明け 


写真 会見した銅メダルの野口啓代(左)と銀メダルの野中生萌(代表撮影)

【スポーツクライミング】野口啓代が引退後について言及 銅メダル獲得から一夜明け 

 
内容をざっくり書くと
東京五輪後の現役引退を決めていた野口は、五輪が1年延期となる中で結果を出したことに「こんなに長い間目指してきた五輪で引退試合が終わってしまったのかなという思い。
 

東京五輪のスポーツクライミング女子複合で銅メダルを獲得した野口啓代(32=TEAM au)が7日、一… →このまま続きを読む

 東スポWeb

東スポ(東京スポーツ)のWebニュースでは、野球やサッカーなどのスポーツをはじめ、芸能・プロレス・競馬など豊富なジャンルのニュースを提供しています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

引退試合

引退試合(いんたいしあい)とは、引退を表明した選手が引退するにあたって行われる試合のことである。

概要

引退試合は公式戦中に行う場合と公式試合以外の場合とがある。

いずれの場合でも試合後には引退式と称したセレモニーが催される。また、当該選手が試合そのものに出場するとは限らない。引退式ではファンへの挨拶、花束贈呈が実施される。また、選手を送り出すための演出も執り行われ、野球サッカーなどの団体球技における胴上げボクシングプロレスなどの格闘技におけるテンカウントゴング(ゴングを10回打ち鳴らす)が有名である。引退試合はプロのみならず、アマチュアでもオリンピック出場経験者など著名な選手であれば実施される場合がある。

広義では引退式を行わない、現役最後の出場試合を含めることもある。

引退試合は大相撲引退相撲及び断髪式を参考にした日本スポーツ界における風習となっているものである。そのため、海外ではMLBにおいてと題して1日だけマイナー契約を結び、プレシーズンで始球式を行う程度で、セレモニーこそ引退から期間が経過してから執り行われるものの試合形式のイベントは皆無に近い。

スポーツではないが、囲碁棋士本因坊秀哉1938年の引退にあたり「引退碁」を行っており、藤沢秀行も1999年に行っている。

競技別の引退試合

日本プロ野球

プロ野球が再開された1947年から、1975年まで野球協約で正規に定められていた。別名を「10年選手制度」といい、現在のフリーエージェント制度の前身である。

顕著な功績をもつすべての10年選手は所属クラブとの合意に基づき、かつ最終的に現役を引退するにさいし、希望する地域において毎年11月15日以後エキジビションゲームとして引退試合を主催し、その収益金を取得することができる。 — 日本プロフェッショナル野球協約 第97 - 100条

「10年選手」にはこの他にトレード拒否権、再契約金受給権が付与されていた。

この規定が適用された選手は次の12名。規程が「することができる」となっているため、吉田義男稲尾和久など引退試合を行わなかった有資格者が多数存在する。

(*選手引退後に連続してコーチ・監督として同じ球団に在籍しており、選手の引退時ではなく監督としての引退時に行った)

引退試合を行った選手は中日ドラゴンズに所属した選手が非常に多いが、これはドラゴンズの内規に、タイトルを一定数以上獲得した選手は引退試合を行うとする定めがある為(具体的には在籍10年以上、タイトル獲得数5個以上、日本プロ野球名球会入りしているなど[1])。

規定廃止以降は、終盤の本拠地での公式戦(最終戦が多い)を引退試合と位置付けるか、選手契約を解除された後のオープン戦等において非公式に行われている。現在の規則では引退選手がオープン戦に出場する場合、所属するチームが日本野球機構に申請を行い、セントラル及びパシフィック・リーグを通じてそれ以外の球団に公示する仕組みとなっている。自由契約になった後、他チームでの現役続行を模索してかなわず引退を決めた場合などでは、実際の試合への出場ではなく、始球式での対戦を引退試合とすることがある。2013年5月5日に開催された松井秀喜の引退式もこのセレモニーの形式によるものだが、長嶋茂雄と同時受賞することが決まった「国民栄誉賞贈呈式」を兼ねている。

2007年からクライマックスシリーズ(CS)が開催されるようになったが、これにより消化試合が少なくなり、また出場選手登録をそのまま引き継ぐため引退する選手を登録できず(あるいは、出場選手登録はしたが試合展開を受けて出場はできなかったというケースもある。一例として、矢野燿大阪神。2010年]などが該当)、引退セレモニーのみを行うケースや、複数選手の合同で引退試合(及び引退セレモニー)を行うケース(一例として、永井怜及び小山伸一郎楽天。2015年]などが該当)が多くなってきている。この場合、球団の告知でも引退試合ではなく引退セレモニーを行うとして発表されることが少なくない。

これらのことを受けて2017年シーズン途中から、引退試合を行う選手に限って現在登録している選手を抹消せず1日限定で出場登録選手の枠を超えて登録が可能となる特例措置が導入された[2]。この特例により引退試合を行う選手は1試合に限り28人の出場登録選手の枠を超えて登録することが可能となる[注 1]。登録できる選手の数に制限はないが、試合でベンチ入りできる選手は25人で変わらない。またこの登録をされた選手は次の日に自動的に登録抹消となりその後はクライマックスシリーズを含めたリーグ公式戦終了まで登録できなくなる(ただしこの制度を適用しない日本選手権シリーズでは登録可能)。また、登録後当該試合が中止となった場合は球団が指定する日に再び登録することが出来る。2017年9月24日に引退試合を行った井口資仁ロッテ[3]、及び森野将彦中日[3]が、この制度の最初の適用者になった(出場選手登録の頁を併せて参照)。反面、この制度を適用した場合、2007年に引退した佐々岡真司広島)の様に「自身の引退試合を挙行した後他の選手の引退試合に出場する」ことや、2012年に引退した石井琢朗(広島)の様に「引退試合後に開催される古巣本拠地でのビジターゲームに出場する」ことはできず、従来通り出場選手登録枠内に当該選手を登録しなければならない。

なお、引退年も一軍戦力として計算されていた選手が特例とは無関係に出場登録選手の枠に留まるケースなど、この特例を使用しなかった場合、任意引退等の公示がなされない間はその試合後も選手として出場することは差し支えない。こういった選手の場合、引退試合では胴上げを行わずに、その後に開催されるCSあるいは日本シリーズの全日程終了後(あるいは敗退決定後)に、改めて引退の胴上げを行ったケースもある(一例として、小久保裕紀ソフトバンク。2012年]、稲葉篤紀及び金子誠日本ハム。2014年]などが該当)。

2013年シーズン限りで引退した山崎武司は、中日と1日限りの支配下選手契約を結び2014年3月21日の中日対楽天のオープン戦にスターティングメンバーで出場した[4]。日本プロ野球で引退試合のために選手契約を結ぶのは山崎が初めてである[5]。なお、後に同じく中日の山本昌も1日限定で支配下選手契約を結び、「打者1人限定」という条件の下に2016年3月5日の中日対ヤクルトのオープン戦に先発している。

Jリーグ

Jリーグでは

(1) 引退試合は、選手が引退するにあたり当該選手の功績を称えることを目的として開催する。

(2) 引退試合は、当該選手の現在所属するJクラブまたは過去に所属したJクラブが、事前 に、Jリーグに所定の申請書を提出して承認されなければ、開催することができない。

(3) 引退試合の開催地は、原則として当該試合を開催するJクラブのホームタウンとする。

(4) 引退試合は、選手1名につき1回に限り開催することができる。 — Jリーグ規約第72条〔引退試合〕

と定められている。

2014年3月の理事会で規約の一部改正が行わなれるまでは、公式戦「公式試合および天皇杯全日本サッカー選手権大会において通算500試合以上の出場実績を達成した選手またはJリーグで活躍し、Jリーグの発展に著しく貢献した選手を対象として開催する」の規定が存在したが、通算500試合以上の出場実績の実現が困難であるとして撤廃された[6]

2015年7月現在、規定が適用された選手は次の18名。

上記以外に、選手契約解除後のプレシーズンマッチなどで非公式に行ったり、現役最後のホームゲームを引退試合と位置付け、セレモニーを行う場合もある(小倉隆史アマラオ森島寛晃など)。また、現役期間中に死去した松田直樹に対しては故人ゆかりの選手が参加した「追悼試合」という形で引退試合を行った。

さらに、2003年8月10日にはJリーグ選手協会協力のもと、2002年度の引退選手の感謝試合をエルマーノ大阪と行った。出場した選手は以下の通り。

Bリーグ

Bリーグでは、

引退試合は、選手が引退するにあたり当該選手の功績を称えることを目的として開催する。 — Bリーグ規約 第65条

と定められている。

2020年6月、同年限りで引退を表明した折茂武彦の引退試合が予定されており、これが適用第1号となる[7]

日本プロボクシング

タイトル獲得者など実績を持つ選手は興行の一プログラムとして引退式と合わせて執り行う事が多い。同一ジムから複数の引退選手が出た場合は一興行でまとめて引退式を行う。なお、日本ボクシングコミッション(JBC)では後楽園ホールで行う引退式はチャンピオン経験者のみと規定しているが、そうでない選手であっても功労者として認められる場合はJBCが特例として許可する場合もある[8]。後楽園ホール以外では特に規定はないため、カズ有沢のようにチャンピオン経験がなくても後楽園以外の会場で引退式を開く場合もある。最終的に引退式の実施は所属ジムやプロモーターの意向に任される。そのため世界王座に君臨していた選手であってもジムやプロモーターの都合により引退式が行われない場合がある(例えば具志堅用高の場合、世界王座13度防衛記録を打ち立てたにもかかわらず、毒入りオレンジ事件の影響で引退式が中止になった)。

引退試合は大抵エキシビションとして組まれるが、大東旭長嶋建吾のようにライセンス失効前に現役最後の公式戦(ノンタイトル)として実施される事もある。

また、試合はせずに引退式のみを執り行う場合(主に傷病やその他個人的事情によりエキシビションすら不可能な選手が行う)や、引退式とエキシビションを別に行う場合(内藤大助)、ライセンス失効から長い年月を経て執り行う場合(竹原慎二)、坂本博之のように引退試合と位置づけた公式戦を戦った後に別日程で引退式、さらに引退記念興行(エキシビション)を開催する例もある。一方、薬師寺保栄の場合、世界王座獲得者であるにも関わらず事情もあって引退式を行えず、ジム設立記念パーティーにてテンカウントゴングを聞いた。2006年4月2日にはビー・タイト事務局主催により、引退選手を対象に「The Final」と題したイベントが新宿FACEで開催され、カシアス内藤を筆頭に18名が引退試合を行った。

プロレス

引退試合は通常の興行の中の一試合として中堅以上の選手であれば普通に行われるが、特に有名な選手になると興行自体が引退記念として行われ試合順もメインイベントになることが多い。フリーランスの場合、自主興行として行われることが多く、小橋建太立野記代のように引退直前に所属団体を退団して自主興行として行うこともある。また、アントニオ猪木のように引退試合の前の興行で引退カウントダウンと銘打った試合を行うこともある。一方、興行の一部として引退セレモニーを行うが試合はしない例(ジャンボ鶴田スタン・ハンセン)や、現役中に死去したため「引退試合」という名のセレモニーを行う例(ジャイアント馬場)、セレモニーすら行わずビデオ等での挨拶のみを済ませる例(ラッシャー木村)、試合に近い形のセレモニーを行う例(ブル中野)もある。変わったケースとして、総勢70人以上の時間差バトルロイヤルで引退したGAMIがいる。リック・フレアーは「負けたらその試合限り引退」とビンス・マクマホンに通告されていたため、その通告後に初めて負けた試合が現役最後の試合となり、後日引退セレモニーを行った。かつての全日本女子プロレスでは引退試合後もノーテレビに1ないし数試合出場した選手が存在した(ジャッキー佐藤など複数名該当)。

日本競馬

一定の成績を残して顕著な活躍を見せた競走馬について、競走馬としての引退が決定し、その引退レースが終了した当日や一定の期間が経ってからの昼休みに、その競走馬に関係する騎手、調教師、厩務員、馬主らが参列して引退式が行われる。但し、開催費用が馬主の負担となることからGI勝ち馬であっても引退式を執り行わない競走馬が多い。

騎手・調教師についても、それらが引退を発表し、騎手・調教師免許を満了・返上する週に引退セレモニーを開催することがあり、特に中央競馬においては騎手・調教師の免許更新(新規免許取得者を含む)が行われる3月を前にした2月の最終週に集中して行われるケースが多い。

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 2019年シーズンから、1軍の出場選手登録の枠は「29人」に拡大されている。なお、試合でベンチ入りできる選手は25人で変わらない。

出典

[脚注の使い方]

関連項目

長い間

長い間」(ながいあいだ)は、Kiroroのメジャーデビュー・シングル1998年1月21日発売。発売元はビクターエンタテインメント

解説

当初1996年インディーズシングルとして発売された作品。インディーズ盤は沖縄県内で1万枚を売り上げた[1]。ビクターエンタテインメントからメジャーデビューするに当たり、収録曲などを変更し発売された。

1997年11月に大阪有線放送(USEN)では全国ランキング173位にランクインされ、1998年2月にはトップ10入り、3月にはトップ3入りしている[2]

オリコンシングルチャートでの初登場は27位だったが[2]有線放送やラジオ番組などで多くのリクエストを集め、登場9週目にはデビューシングルにしてオリコン1位を獲得した[2]

その後もロングセラーを続け、登場17週目に同社集計によるミリオンセラーを達成、累計売上120.6万枚の大ヒットとなり、 出荷枚数は1998年7月10日時点で140万枚に達した[3]。Kiroroが1999年の『第50回NHK紅白歌合戦』に出場した際、この曲を披露した。

1999年春には、第71回選抜高等学校野球大会の入場行進曲としても採用された。3月25日の開会式には、Kiroroの2人が揃ってゲスト出演している。さらに同大会において、奇しくもKiroroの出身地である沖縄県沖縄尚学高等学校が初優勝を果たし、また春夏通じて初の沖縄県勢による全国制覇となった。

ayu ready?』に出演した際には、司会の浜崎あゆみとコラボレーションで歌っている。

その他、小・中学校の運動会などでは、駆け足時の曲としても使用されている。

収録曲

  1. 長い間
    作詞・作曲:玉城千春、編曲:重実徹
  2. 3人の写真
    作詞・作曲:玉城千春、編曲:重実徹
  3. 長い間 (オリジナル・カラオケ)
    作曲:玉城千春、編曲:重実徹
  4. 3人の写真 (オリジナル・カラオケ)
    作曲:玉城千春、編曲:重実徹

カバー

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 「『ご当地デュオ』今が旬『産直』で全国ヒット(報!)」『朝日新聞』2000年11月11日付夕刊、1頁(西部)。
  2. ^ a b c B'z、ELT、Kiroroに見る 3大ミリオンヒットのカラクリ、『日経エンタテインメント!』1998年8月号より。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  3. ^ 毎日新聞』1998年7月16日付東京夕刊、11頁。
  4. ^ On/Off シリーズ[On/Off ~ハートフルボイス~:TECG-20093] / TAKUMI NOTE”. www.teichiku.co.jp. 2020年4月17日閲覧。

外部リンク


 

Back to Top
Close