ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

😀|未来載せて出発進行! 上市町商工会青年部、地鉄で11月「寄せ書き電車」


写真 「寄せ書き電車」の趣旨などを部員が説明する動画の一コマ

未来載せて出発進行! 上市町商工会青年部、地鉄で11月「寄せ書き電車」

 
内容をざっくり書くと
寄せ書き電車は地鉄の協力で、11月1日から1カ月間、電鉄富山-宇奈月温泉駅間を運行。
 

上市町商工会青年部(伊東将太部長)は11月、富山地方鉄道・上市駅開設90周年に合わせ、町内の小学生が… →このまま続きを読む

 北日本新聞

富山県のニュースを掲載しています。スポーツ・社会・文化・地域・くらし情報も。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

電鉄富山

宇奈月温泉駅

宇奈月温泉駅(うなづきおんせんえき)は、富山県黒部市宇奈月温泉にある、富山地方鉄道本線。本線の終着駅である。駅番号T41

歴史

駅構造

島式ホーム1面2線[14]を有する地上駅である[1]橋上駅舎となっており、終日駅員が配置されている。

1階がホームとトイレと観光案内所、2階が改札口と売店となる。2018年に、バリアフリーへの対応としてエレベーターを設置。改札内とホーム間、2階のコンコースと駅出入口間の合計2基を設置している[12][13]

2016年4月にホームの一番端(黒部峡谷鉄道寄り)に水戸岡鋭治がデザインした足湯「宇奈月温泉 駅の足湯 くろなぎ」が開設された[10]

のりば

のりば路線方向行先備考
1・2本線
(特急・うなづき含む)
上り電鉄黒部電鉄魚津上市電鉄富山方面
本線
(特急・アルペン特急
-電鉄黒部・電鉄魚津・上市・寺田経由
立山線立山方面
冬季運休

ホーム西側が1番のりば、東側が2番のりばとなる[14]。また、2番のりばには引き上げ線が設けられている[1]

利用状況

「富山県統計年鑑」および「統計黒部」によると、2019年度の1日平均乗降人員828人である。

各年度の1日平均乗降人員は以下の通り。当駅は、立山駅と並び観光客の利用が多い駅となっている[15]

年度1日平均
乗降人員
1995年1,109
1996年1,286
1997年1,192
1998年1,028
1999年922
2000年839
2001年758
2002年741
2003年758
2004年706
2005年676
2006年686
2007年660
2008年704
2009年617
2010年589
2011年574
2012年579
2013年660
2014年680
2015年1,058
2016年925
2017年898
2018年880
2019年828

駅周辺

宇奈月温泉の温泉街であり、駅前広場には温泉の湯を使った噴水がある[4]。また、駅前の歩道の舗装は、日本地図を模したカラー舗装になっている。

当駅から約250メートル南側に黒部峡谷鉄道宇奈月駅がある。混同を避けるため、富山地鉄の駅舎入口には「この駅はトロッコ電車の乗り場ではありません」という但し書きの看板も設置されている。

隣の駅

富山地方鉄道
本線
特急・アルペン特急
新黒部駅 (T31) - 宇奈月温泉駅 (T41)
急行・普通
音沢駅 (T40) - 宇奈月温泉駅 (T41)

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 川島 2010, p. 70.
  2. ^ a b c d 寺田 2013, p. 243.
  3. ^ a b 富山地方鉄道(編)『写真でつづる富山地方鉄道50年の歩み』富山地方鉄道、1979年、183頁。
  4. ^ a b c d e f “温泉地 発展の始まり 地鉄・宇奈月温泉駅(旧桃原駅、1924年)”. 北陸中日新聞Web. (2021年3月28日). https://www.chunichi.co.jp/article/225908 2021年10月21日閲覧。 
  5. ^ a b 朝日 2011, p. 14.
  6. ^ a b c 寺田 2013, p. 242.
  7. ^ 『富山地方鉄道50年史』(昭和58年3月28日、富山地方鉄道株式会社発行)882ページ
  8. ^ 朝日 2011, p. 15.
  9. ^ a b 富山地方鉄道(編)『写真でつづる富山地方鉄道50年の歩み』富山地方鉄道、1979年、177頁。
  10. ^ a b “宇奈月温泉駅ホームに足湯オープン”. 北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ(北日本新聞). (2016年4月15日). https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000006736 2021年10月21日閲覧。 
  11. ^ 宇奈月温泉駅 仮駅舎移設のご案内”. 富山地方鉄道 (2017年9月11日). 2017年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月21日閲覧。
  12. ^ a b “駅舎バリアフリー化 地鉄宇奈月温泉駅”. 北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ(北日本新聞). (2018年3月28日). https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000014075 2021年10月21日閲覧。 
  13. ^ a b “富山)地鉄宇奈月温泉駅にエレベーターと多目的トイレ”. 朝日新聞デジタル. (2018年3月28日). オリジナルの2018年3月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180328173653/https://www.asahi.com/articles/ASL3W3TF6L3WPUZB00Y.html 2021年10月21日閲覧。 
  14. ^ a b 川島 2010, p. 37.
  15. ^ “富山地方鉄道、バス値上げやタクシー撤退 収益厳しく”. 日本経済新聞. (2021年3月10日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOJB0546G0V00C21A3000000/ 2021年10月21日閲覧。 

参考文献

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close