ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

💪|ダイエットの効果がアップ!「睡眠の質」を高める生活習慣5つ


写真 

ダイエットの効果がアップ!「睡眠の質」を高める生活習慣5つ

 
内容をざっくり書くと
朝日を浴びることで神経伝達物質『セロトニン』が分泌されます。
 

おはようございます。脳腸セラピストの桜華純子です。 ダイエットや健康、美容とも深い関係にある『睡眠』… →このまま続きを読む

 朝時間.jp

朝を楽しむヒントが満載の朝のライフスタイルマガジン「朝時間.jp」
約1万件の朝ごはんレシピや、人気料理家さんのレシピ連載、朝食のお店情報、世界各国の朝の風景レポート、ヨガ、美容、ファッション、ヘアアレンジなど専門家による毎朝読みたい記事をお届けします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

神経伝達物質

神経伝達物質(しんけいでんたつぶっしつ、: Neurotransmitter)とは、シナプスで情報伝達を介在する物質である。シナプス前細胞に神経伝達物質の合成系があり、シナプス後細胞に神経伝達物質の受容体がある。神経伝達物質は放出後に不活性化する。シナプス後細胞に影響する亜鉛イオンや一酸化窒素は広義の神経伝達物質である。ホルモンも細胞間伝達物質で開口放出し受容体に結合する。神経伝達物質は局所的に作用し、ホルモンは循環器系等を通じ大局的に作用する。アゴニストアンタゴニストも同様の作用をする。

機序

放出前

神経伝達物質はシナプス前細胞の細胞体で合成され、細胞輸送によって運ばれてくるないしは細胞外から吸収され、前シナプス終末にあるシナプス小胞に貯蔵される。前シナプス終末に活動電位が到達すると神経伝達物質はに放出される。

放出後

神経伝達物質はに放出されると、拡散によって広がり、後シナプス細胞の細胞膜上にある受容体と結びついて活性化される。受容体がイオンチャネル型の場合そのイオンチャネルが開き、受容体が代謝型であればその後いくつかのステップを経てイオンチャネルを開かせ、後シナプス細胞に脱分極ないしを生じさせる。放出後は速やかに酵素によって不活性化されるか、または前シナプス終末に再吸収され、一部は再びシナプス小胞に貯蔵され再利用される(元のシナプス小胞に戻るのではなく別のシナプス小胞に充填される)。

分類

神経伝達物質は大きく分類すると以下の3つになる。

  1. アミノ酸グルタミン酸γ-アミノ酪酸アスパラギン酸グリシンなど)
  2. ペプチド類(バソプレシンソマトスタチン、など)
  3. モノアミン類(ノルアドレナリンドパミンセロトニン)とアセチルコリン

その他一酸化窒素一酸化炭素などの気体分子も神経伝達物質様の作用を示す。

主な神経伝達物質

アミノ酸

アセチルコリン

モノアミン類

モノアミン類は次より合成。

フェニルアラニンチロシンより合成(合成経路でカテコールアミンを経由)
トリプトファンより合成
ヒスチジンより合成

ポリペプチド類(神経ペプチド類)

ペプチドホルモンと共通するものが含まれる。

ガストリン類
Neurohypophyseal類
神経ペプチドY
オピオイド
セクレチン類
ソマトスタチン
  • ガンマニューロペプチド
  • P物質

その他

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ カルボキシル基を持たず、DNAでコードされるタンパク質でもないが、誤ってアミノ酸の一種であると説明されることがある。日本サプリメント評議会 など。

出典

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close