ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

😀|博多華丸、麒麟・川島にオススメされた漫画を大絶賛 「もう間違いない」


写真 

博多華丸、麒麟・川島にオススメされた漫画を大絶賛 「もう間違いない」

 
内容をざっくり書くと
すると、ネット上では「定額制夫のこづかい万歳読んでみたいな、面白そう」「こづかい万歳めっちゃ読みたい」と、川島が博多華丸大吉にオススメした漫画が話題に。
 

「ページを開くと音が聞こえる」と漫画をプレゼンした川島明に、博多華丸は「ウソやん!」と信じられなかっ… →このまま続きを読む

 しらべぇ

しらべぇは、気になるアレを大調査!するニュースサイトです。世の中の話題や気になるネタを独自調査で深堀りし、その結果を記事にして毎日配信します。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

面白こづかい万歳

定額制夫の「こづかい万歳」〜月額2万千円の金欠ライフ〜

定額制夫の「こづかい万歳」〜月額2万千円の金欠ライフ〜』(ていがくせいおっとのこづかいばんざい げつがくにまんせんえんのきんけつライフ)は、吉本浩二による漫画作品。『モーニング』(講談社)にて2019年45号(10月10日発売)より月1ペースで連載中[1][2]

『モーニング』2018年41号(9月13日発売)に掲載された読み切り『家族よ、俺を許してくれ!!』の連載化となる[2][3]

作風

「こづかい制」で暮らす作者の吉本やその周りの人物をドキュメンタリー風に描いた作品[1]。吉本によると、現在住んでいる埼玉県郊外にはこづかい制の人が多いのではと語っている[1]

登場人物

吉本 浩二(よしもと こうじ)
主人公。漫画家であり、作者である吉本自身。こづかいは2万1000円。
自宅で仕事をしているため、昼食代はこづかいに含まれない。酒は飲まずお菓子が好きで、バイクとレコードが趣味。
吉本の妻
こづかい7000円。夫と違い酒が好きで毎晩焼酎で晩酌をしている。たまに日高屋に行くのを楽しみにしている。
筒木 剛(つづき つよし)
妻のママ友の旦那。こづかい2万円。昼食をコンビニのパンや業務スーパーのお茶、野菜ジュースにすることで節約をしている。月に数度の晩酌が楽しみ。
工藤 静男(くどう しずお)
近隣住民。こづかい2万円。Pontaポイントを貯めるのが好きで、おさいふPontaを使用している。月に一度スーパー銭湯でリフレッシュしている。
おさいふPontaの終了後は携帯会社をauに変え、Pontaポイントを溜めている。
佐野 修司(さの しゅうじ)
通りすがりのバイカー。こづかい2万5000円。バイクが好きで、自分で弁当を作って節約している。月に一度のツーリングを楽しみにしている。
村上 久美子・誠(むらかみ くみこ/まこと)
こづかい2万4000円。夫婦で節約をしており、節約額で競争をしている。ジョギングと温泉が趣味。
村田 克彦(むらた かつひこ)
吉本の同級生で、名古屋在住。こづかい1万5000円。昔は5万円だったが、制限がある方が楽しいという理由で自主的に減らした。
駅構内で酒を飲む行為を「ステーション・バー」と呼び、好んで行っている[注 1]
山崎 あみ(やまざき あみ)
吉本の妻の同級生。こづかい額は不明(推定6500円)。果実酒の自作が好きで、夫と居酒屋ごっこを行っている。
谷 健(たに けん)
静男の後輩。こづかい0円。10年以上前からこづかいを貰っておらず、欲しいものがあまりないと話している。お菓子作りや市民プールに行くのが趣味。
真田 一郎(さなだ いちろう)
地元民。こづかいは5万円。野草を採ったり家庭菜園をしたりして節約をしている。趣味は釣り。
石井 力(いしいりき)
出版社の編集者。こづかいは3万7000円。自分の書斎を娘の部屋にしたため、車を部屋にして菓子を食べたりドラムを演奏したりしている。
すみれちゃんのパパ
娘と同じ幼稚園に通うすみれの父親。こづかい2万3000から2万4000円。
フリーランスのシステムエンジニアで、カフェやファミレスで仕事をしているノマドワーカー。朝に頼んだモーニングセットを取っておいて昼食にしている。

書誌情報

評価

節約の様子をリアルに描いていることで「共感できる」という感想がある一方、その世知辛さからデストピア的で怖いという声もある[1][7]

第9話に登場する人物・村田の「ステーション・バー」はSNSで話題となり、賛否両論の感想が述べられている[8][9]

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 「ステーション・バー」をしている際に駅構内を歩く乗客たち(カップル、友達同士、家族連れなど)の様子を見て「生の映画を見ているようだ」と感傷に浸る。

出典

  1. ^ a b c d たちこぎライダー (2020年6月25日). “1カ月2万1000円の“こづかい制”でやりくりする作者の悲哀描いた『こづかい万歳』が共感集める 作者に聞いた「小さな幸せ」を見つけるコツ”. ねとらぼ. IT media. 2021年7月11日閲覧。
  2. ^ a b 金欠だけどもハッピーだ!月2万1000円のこづかいでやりくりする吉本浩二の新連載”. コミックナタリー. ナターシャ (2019年10月10日). 2021年7月11日閲覧。
  3. ^ 吉本浩二 [@yoshimotokoji] (2018年9月9日). "9月13日発売の『週刊モーニング』にて読み切り『家族よ!俺を許してくれ!!』が掲載されます。不穏なタイトルと予告ですが……よろしくお願いします!" (ツイート). Twitterより2021年7月11日閲覧
  4. ^ 『定額制夫のこづかい万歳 月額2万千円の金欠ライフ(1)』(吉本 浩二)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2021年3月31日閲覧。
  5. ^ 『定額制夫のこづかい万歳 月額2万千円の金欠ライフ(2)』(吉本 浩二)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2021年3月31日閲覧。
  6. ^ 『定額制夫のこづかい万歳 月額2万千円の金欠ライフ(3)』(吉本 浩二)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2021年8月23日閲覧。
  7. ^ 日高屋はぜいたくの象徴!? 月額2万千円でやりくり「定額制夫」の突き抜けた節約テク”. ダ・ヴィンチニュース. KADOKAWA (2020年9月9日). 2021年7月11日閲覧。
  8. ^ あの「ステーションバー村田」を生んだ吉本浩二先生の「こづかい万歳」 コミックス第1巻発売!”. ガジェット通信. 東京産業新聞社 (2020年7月20日). 2021年7月11日閲覧。
  9. ^ 野田隆 (2021年3月31日). “「駅の片隅でつまみ片手に缶ビール…」“駅飲みおじさん”に共感できるワケ”. 現代ビジネス. 講談社. 2021年7月11日閲覧。

外部リンク


 

Back to Top
Close