ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🥾|茨城・桜川市、キャンプ場改修で協定 アウトドア大手モンベルが監修


写真 オンライン中継で連携協定書を取り交わした、桜川市の大塚秀喜市長とモンベルの辰野勇会長(左)=同市大和庁舎

茨城・桜川市、キャンプ場改修で協定 アウトドア大手モンベルが監修

 
内容をざっくり書くと
桜川市は比較的都心部に近いところで、自然が残っている。
 

市民の環境保全の意識醸成や地域活性化などを目的に、茨城県桜川市とアウトドア用品メーカー「モンベル」(… →このまま続きを読む

 茨城新聞クロスアイ


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

桜川市

桜川市(さくらがわし)は茨城県西地域に位置するである。

地理

行政

歴代市長

氏名就任年月日退任年月日備考
初 - 2代中田裕2005年10月30日2013年10月29日元・岩瀬町長
3 - 4代大塚秀喜2013年10月30日現職

庁舎

  • 大和庁舎(本庁舎)
309-1242 桜川市羽田1023番地
  • 真壁庁舎
〒300-4417 桜川市真壁町飯塚911番地
  • 岩瀬庁舎
〒309-1211 桜川市岩瀬64番地2

市議会

  • 任期:2018年9月24日 - 2022年9月23日
  • 議長
    • 初代 - 今井房之助(元・大和村議)
    • 2代目 - 小林正紀(元・真壁町議長)
    • 3代目 - 増田昇
    • 4代目 - 相田一良
    • 5代目 - 林 悦子
    • 6代目 - 潮田新正
  • 副議長
    • 初代 - 塚本明(元・真壁町議)
    • 2代目 - 高田重雄(元・岩瀬町議)
    • 3代目 - 潮田新正
    • 4代目 - 小高友徳
    • 5代目 - 川那子秀雄
    • 6代目 - 飯島重男
  • 会派(議席):無所属(16)、公明党(1)、日本共産党(1)
  • 選挙違反
    • 2006年9月24日に行われた第1回桜川市議会議員一般選挙にて1723.784票で当選した鈴木政夫議員が買収容疑で逮捕起訴。その後、2007年1月4日に辞職願いを提出し、翌5日受理される。

予算

  • 2001年(3町村合計額)
    • 歳入 - 17,085,108千円
    • 歳出 - 16,347,963千円

警察

消防

なお、119番は全て筑西市内の消防本部通信司令室で受信されていたが、平成28年より順次、いばらき消防指令センターにて県内各地から集中的に受信する方式に変わった。

広域行政

衆議院

参議院

県議会

2010年の県議選からは、定数1の桜川市選挙区として実施される。

  • 旧・真壁町域、旧・大和村域
    • 選挙区:真壁郡選挙区
    • 真壁郡選挙区選出議員
      • (自由民主党)
      • (自由民主党)
  • 旧・岩瀬町域
    • 選挙区:西茨城郡選挙区
    • 西茨城郡選挙区選出議員
      • (無所属(民主党推薦)→自由民主党会派)

2010年の県議選、新桜川市選挙区(定数1)

  • (自由民主党)

隣接している自治体

歴史

沿革

桜川市発足前

桜川市発足後

行政区域変遷

  • 変遷の年表
桜川市市域の変遷(年表)
月日現桜川市市域に関連する行政区域変遷
1889年(明治22年)4月1日町村制施行により、以下の町村が発足。[1][2]
  • 岩瀬町
    • 西茨城郡
      • 西那珂村 ← 岩瀬村・富岡村・鋨田村・飯淵村・久原村・長友村・大泉・堤上村・上野原地新田・西飯岡村・
        堤上村・本郷村・下泉村・中泉村・犬田村
      • 北那珂村 ← 亀岡村・大月村・小塩村・平沢村・池亀村・坂本村・間中村・福崎村・山口村・入野村・
        中里村・富谷村・南飯岡村・門毛村
      • 東那珂村 ← 加茂部村・高幡村・猿田村・松田村・木植村・曽根村・今泉村・水戸村・青柳村・西小塙村・
        友部村・磯部村・上城村・稲村
  • 大和村
    • 真壁郡
      • 雨引村 ← 東飯田村・本木村・阿部田村・大曾根村・羽田村
      • 大国村 ← 青木村・高森村・大国玉村・高久村・金敷村
  • 真壁町
    • 真壁郡
      • 真壁町 ← 真壁町・山尾村・古城村・飯塚村・田村・伊佐々村・亀熊村・塙世村
      • 樺穂村 ← 原方村・長岡村・白井村・桜井村 ・上小幡村・下小幡村
      • 谷貝村 ← 細柴村・東矢貝村・上谷貝村・下谷貝村・大塚新田
      • 紫尾村 ← 羽鳥村・椎尾村・東山田村・酒寄村
      • 長讃村 ← 猫島村・上西郷谷村・源法寺村・宮後村・宮山村・押尾村
1925年(大正14年)1月1日西那珂村が町制施行改称し岩瀬町となる。
1954年(昭和29年)1月22日雨引村・大国村が合併し大和村が発足。
11月2日真壁町は長讃村の一部(源法寺)を編入。
12月1日真壁町・紫尾村・谷貝村・樺穂村が合併し、真壁町が発足。
1955年(昭和30年)3月31日岩瀬町・北那珂村・東那珂村が合併し岩瀬町が発足。
1957年(昭和32年)岩瀬町の一部(中泉の一部)は大和村に編入。
1980年(昭和55年)
  • 協和町の一部(蓬田の一部)は岩瀬町に編入。
  • 岩瀬町の一部(本郷の一部)は協和町に編入。
2005年(平成17年)10月1日岩瀬町大和村真壁町が合併し桜川市が発足。
  • 変遷表
桜川市市域の変遷表(※細かな境界の変遷は省略)
1868年
以前
明治元年 - 明治22年明治22年
4月1日
明治22年 - 昭和19年昭和20年 - 昭和64年平成元年 - 現在現在
茨城郡
西茨城郡
西新田明治11年
岩瀬村
西那珂村大正14年1月1日
岩瀬町に町制改称
昭和30年3月31日
岩瀬町
平成17年10月1日
桜川市
桜川市
木新田
岩瀬村
大岡村
富田村
鋨田村
飯淵村
久原村
大泉村
西小幡村明治11年
長友村
西小幡村新田
上野新田
上野原地新田
飯田村明治元年
西飯田村
堤上村
本郷村
下泉村
中泉村
犬田村
亀岡村北那珂村北那珂村
大月村
小塩村
平沢村
池亀村
坂本村
間中村
福崎村
山口村
入野村
中里村
富谷村
飯田村明治元年
南飯田村
門毛村
加茂部村東那珂村東那珂村
高幡村
猿田村
松田村
木植村
曽根村
今泉村
水戸村
友部村
青柳村
小塙村明治元年
西小塙村
友部村
磯部村
谷中村明治11年
上城村
橋本村
稲村
真壁郡東飯田村明治9年
東飯田村
雨引村雨引村昭和29年1月22日
大和村
西飯田村
本木村
阿部田村
大曾根村
羽田村
青木村大国村大国村
高森村
大国玉村
高久村
金敷村
町屋村明治14年
真壁町
真壁町真壁町昭和29年12月1日
真壁町
山尾村
古城村
飯塚村
田村
伊佐々村
亀熊村
塙世村
原方村樺穂村樺穂村
長岡村
白井村
桜井村
上小幡村
下小幡村
細柴村谷貝村谷貝村
東矢貝村
上谷貝村
下谷貝村
大塚新田
羽鳥村紫尾村紫尾村
上椎尾村明治11年
椎尾村
下椎尾村
東山田村
酒寄村
源法寺村長讃村
の一部
長讃村の一部昭和29年11月2日
真壁町に編入

人口

Population distribution of Sakuragawa, Ibaraki, Japan.svg
桜川市と全国の年齢別人口分布(2005年)桜川市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 桜川市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

桜川市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


経済

産業

  • 主な産業:商業、農業、石材業、窯業
  • 真壁地区では「福来(ふくれ)みかん」が特産品となっている[3]
  • 市北部の羽黒地区、南部の真壁地区はそれぞれ日本有数の採石地であり、石材業が盛んである。特に真壁地区は「日本三大石材産地」とされ、産出される真壁御影石を加工した「真壁石燈籠」は国の伝統工芸品に指定されている。

就業人口

  • 平成12年(3町村合計値)
    • 第1次産業 2,451人
    • 第2次産業 10,945人
    • 第3次産業 11,649人

地域

教育

  • 桜川市立岩瀬小学校
  • 桜川市立坂戸小学校
  • 桜川市立南飯田小学校
  • 桜川市立羽黒小学校
  • 桜川市立猿田小学校
  • 桜川市立雨引小学校
  • 桜川市立大国小学校
  • 桜川市立谷貝小学校
  • 桜川市立樺穂小学校

その他 

つくば市下妻市筑西市など県南・県西地域13市町に参加。他のナンバー地域は2006年10月10日に導入されるも、つくばナンバーのみ、茨城県の新県税システムの導入時期に合わせ、2007年2月13日から導入された。

交通

鉄道

市内には中心駅の岩瀬駅を含め3つの鉄道駅がある。

なお、桜川市が誕生する前には岩瀬駅から真壁を経由して土浦駅まで筑波鉄道筑波線が走っていた(1987年廃止)。

バス

2011年4月から2016年9月30日まで乗合バス路線を持たなかった。そのため、旧真壁町地域では公共交通機関を利用することができなくなり、予約制のデマンド型乗合タクシーに頼らざるを得なかった。

広域連携バス(桜川市バス)「ヤマザクラGO」[4]

2016年10月1日から2017年3月31日まで、桜川市とつくば市を結ぶ広域連携バスの実証実験運行が行われた。運行は関鉄パープルバスが担当した。2017年4月1日以降については、実証実験の状況を踏まえて検討するとし[5]、結果、9月30日まで実証実験が延長された。
2017年10月1日より本格運行が開始され桜川市岩瀬庁舎まで延伸され[6]、かつての筑波鉄道筑波線の筑波-岩瀬間のルートが2008年4月以来9年半ぶりにバスで結ばれた。

  • 筑波山口 - 桜川市役所真壁庁舎 - 真壁城跡 - (雨引観音) - 岩瀬駅 - 桜川市役所岩瀬庁舎 - 岩瀬高校
  • 筑波山口 - 桜川市役所真壁庁舎 - 真壁城跡 - (雨引観音) - さくらがわ地域医療センター - 岩瀬駅 - 桜川市役所岩瀬庁舎

2010年4月運行開始の予約制のデマンド型乗合タクシー[7]も、65歳以上および登録を行った障がい者限定で引き続き運行されている。

桜川市内巡回ワゴン「ヤマザクラGOミニ」[8]

2020年4月より、桜川市によって運行が開始された。運行は株式会社ワイドツーリストが担当している。なお、実証実験期間中である(2023年3月まで)。

平日のみの運行で、主に「ヤマザクラGO」が運行していない地区を運行している。高齢化により免許返納が増え、日常生活の移動手段確保のためとされる。

  1. 友部・猿田ルート(月・水)
  2. 西小塙・高幡ルート(水・金)
  3. 平沢・山口ルート(月・金)
  4. 南飯田・門毛ルート(月・水)
  5. 富谷・大泉ルート(月・金)
  6. 長方・本郷ルート(水・金)
  7. 犬田・青木ルート(火・木)
  8. 高久・原方ルート(火・木)
  9. 上谷貝・金敷ルート(火・木)
  10. 源法寺・下谷貝ルート(火・木)

高速バス「桜川・筑西ライナー」

2019年7月23日より岩瀬駅、岩瀬中央公民館入口、ゆららの湯から筑西市内を経由して東京駅鍛冶橋駐車場を結ぶ高速バス「桜川・筑西ライナー」を茨城交通が1日3往復運行している。
なお、2009年より、北関東自動車道を通る茨城交通関東自動車が共同運行する高速バス(北関東ライナー)があるが、市内に停留所はない。

広域連携バス運行以前

真壁地区(真壁駅)と、つくば市・土浦市を結ぶ路線バスが運行されていたが、2011年3月31日を以って運行終了。同年4月以降、筑西市と共に毎日運行されている路線バスの路線を持たない市だった。なお、2010年2月から3月にかけて社会実験として地域間連結バスが運行された[9]

急行バス「わかば号」

2014年7月22日から、大学生春休み夏休み期間の平日に限り、茨城県運転免許試験場に向かう高速バス「急行わかば号」が桜川市および筑西市を経由する新たなルートで運行を開始。定期運行のバスが久々に運行されることになったが、のちに運休となり、2020年2月1日に廃止された[10]

道路

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事

名所・旧跡・観光スポット

博物館・美術館

  • 岩瀬石彫展覧館「ROCK MUSEUM」
  • あまびき美術館
  • 桜川市歴史民俗資料館
  • たばこ資料館

温泉

  • 伝正寺温泉

伝統祭事

  • 真壁祇園祭
  • マダラ鬼神祭(日本二大鬼祭)
  • 大飯祭
  • 火渉祭

芸術文化

町おこし催事

著名な出身者

ゆかりの著名人

ロケが行われたドラマ

  • 砂時計(2007年、TBS
    • 五所駒瀧神社、真壁高校などでロケ[12]

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 8 茨城県』、角川書店、1983年 ISBN 4040010809より
  2. ^ 日本加除出版株式会社編集部『全国市町村名変遷総覧』、日本加除出版、2006年、ISBN 4817813180より
  3. ^ 名物・お土産> 福来みかん(ふくれみかん)桜川市観光協会(2019年6月21日閲覧)。
  4. ^ 桜川市バス「ヤマザクラGO」の運行について | 桜川市公式ホームページ”. www.city.sakuragawa.lg.jp. 2020年5月22日閲覧。
  5. ^ 桜川市とつくば市を結ぶ広域連携バスの実証実験運行について(10月1日~)
  6. ^ (平成29年10月1日~)桜川市・つくば市間広域連携バスの運行について
  7. ^ 桜川市デマンド型乗合タクシー
  8. ^ 桜川市内巡回ワゴン「ヤマザクラGOミニ」の運行について | 桜川市公式ホームページ”. www.city.sakuragawa.lg.jp. 2020年5月22日閲覧。
  9. ^ 地域間連結バス運行事業結果報告
  10. ^ 免許センター直行バスの廃止について関鉄グリーンバス・関鉄パープルバス 2020年2月29日閲覧
  11. ^ 2013年度林業遺産(No.3) 全国緑化行事発祥の地”. 日本森林学会. 2020年2月1日閲覧。
  12. ^ まだまだあります 茨城ロケ作品 茨城フィルムコミッション 2020年2月3日閲覧

関連項目

外部リンク

近いところ


 

Back to Top
Close