ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⛺|東京ヤクルトスワローズ 松山秋季キャンプが2年連続中止に【愛媛】


写真 

東京ヤクルトスワローズ 松山秋季キャンプが2年連続中止に【愛媛】

 
内容をざっくり書くと
松山市によりますと、今年は新型コロナの影響などで公式戦の日程がずれ込んだことやヤクルトが優勝争いしていることなどから日程的に厳しく、松山での秋季キャンプは実施できなくなったということです。
 

プロ野球東京ヤクルトスワローズの松山秋季キャンプが、日程の都合上今年も実施されないことがわかりました… →このまま続きを読む

 テレビ愛媛

「テレビ愛媛」(フジテレビ系列)ニュースのアカウントです。愛媛県の最新ニュースを発信します。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

厳しく松山

キャンプ (日本プロ野球)

日本プロ野球におけるキャンプ (Camp) とは、各球団が公式戦の期間外などに、ある地域に宿営して全体練習や個人練習、自主練習などを行うことである。

メジャーリーグベースボール(MLB)ではレギュラーシーズン開始前の一連の練習とオープン戦スプリングトレーニング、練習を行う場所がキャンプと呼ばれて区別される。

時期によって、ペナントレース開始前の2月1日から約1ヶ月間行われる春季キャンプ(しゅんきキャンプ)と、終了後の10月下旬頃から行われる秋季練習秋季キャンプ(しゅうきキャンプ)に分けられ、これらは主に本拠地以外の地域に宿営して2週間から1か月程度という長期間にわたって実施される。また、春季非公式試合(オープン戦)や公式戦の期間中もしくは日本選手権シリーズの開催前などにチーム全体で、あるいは個人の選手がチームを離脱して調整を行う際などにはミニキャンプと称し、数日から1週間程度、本拠地もしくはそれ以外の地域で短期間のキャンプを実施することもある。

球団あるいは監督コーチが主導する形でチーム単位もしくは個人単位で行うものは「キャンプ」と呼ばれるが、選手だけで自主的に集合し、球団や監督・コーチが関わることなしに行われるものは「自主トレーニング」と呼ばれる。複数の選手が集まって行う「合同自主トレ」については、キャンプに類するものとしてこの項で述べる。

日本プロ野球のキャンプとは

日本のプロ野球のキャンプは、1934年に翌年の大リーグ選抜チームとの対戦に備えて編成された全日本チーム(読売ジャイアンツの前身)が10月15日より千葉県習志野市ので行った合同練習が最初とされる。

春季キャンプは、1946年に読売ジャイアンツが愛媛県松山市にあった旧制松山高校(現・愛媛大学教育学部附属中学校)で、ペナントレースに向けて練習を行ったのが最初といわれる[誰によって?]

現在では、毎年2月1日に開始して2月下旬、ないしは3月初め頃まで行われるのが一般的である。以前は、日本国外でキャンプを張るチームについては特例的に1月下旬からキャンプを張ることも出来たが、現在はアグリーメント(野球協約)の【第17章 試合】「第173条 ポスト・シーズン」に基づき、チーム練習や対外試合などは(前年12月1日から)1月31日まで禁止されているため、チーム練習が解禁になるのが2月1日となる。なお、必ずしも足並みを揃えて開始しなければならない事はないのだが、同日から12球団が一斉スタートするのが慣習になっている。但し、北海道日本ハムファイターズは2016年から2020年までアメリカアリゾナ州で一次キャンプを張るが、時差の関係上、日本時間の2月1日より前にスタートする事になる。アメリカメジャーリーグでは、spring training と呼ばれる練習にあたる。

春季キャンプでは、概ね4 - 5日を1クール(3勤1休、4勤1休など。休養日で区切られる練習期間の単位を"クール"と称する)としてスケジュールを組む。2月初旬は主に基礎体力作りとしてランニングやストレッチ体操、キャッチボール、ノックなどを中心に行い、体をほぐす。中旬から下旬にかけていよいよ長距離のランニング、守備、投球、打撃のそれぞれでの実践カリキュラムを行い、シートバッティングや紅白戦や他チームとの練習試合[1]などもこの時期に行われる。そして下旬からのオープン戦で最終的にその成果を披露して3月下旬の開幕戦に向けて、出場枠を争う形になっている。メジャーリーグの場合は日本とは異なり、2月中旬までの自主トレーニングの段階で体作りを完全に仕上げた上で、2月下旬前後に早速実践的な練習を始める。ただキャンプ地への集合は日本のようにチーム一斉に行うのではなく、投手陣と野手陣に分けて行われる。

秋季キャンプでは、主に若手選手を中心に各球団が来シーズンへ備えた基礎トレーニングを行うが、他球団を自由契約となった選手の入団テストを行うこともある。シーズンで活躍したベテラン選手は秋季キャンプの時期を休養に充てる事も多い。その走りは1979年の地獄の伊東キャンプと言われている。

キャンプに類するものとして、選手同士が集まって行う「合同自主トレ」がある。選手の出身地や、球団の拠点近くの施設を使用する場合が多い。その他、1月に入り、ルーキーのみで行う「新人合同自主トレ」や各球団の選手会が主導する形で行われる「選手会合同自主トレ」、同じ高校・大学の先輩後輩という関係の選手が球団の垣根を超えて、母校のグラウンド等で一緒に行うケースもある。年明け後、三が日が終わった頃に「新人合同自主トレ」が始まり、各地での自主トレを終えた主力選手が集結して行われる「選手会合同自主トレ」にて、ルーキーと主力選手が初対面となる。自主トレには大きく分けて、球団の主力選手が若手を誘って行うケースと、仲の良い選手や出身地が同じ選手が集まって行うケースとがある。特に後者では複数球団の選手が集まることがあり、球団を超えた選手同士の技術交流の場ともなっている。

また新入団選手については、各球団の施設(本拠地球場、2軍用練習場他)で合同自主トレを行うことが恒例になっており、埼玉西武ライオンズでは新人選手が近接する西武園競輪場にて自転車トレーニングを行うのが恒例であるほか、日本競輪選手養成所で新人研修(「競輪トレ」とも)を受けさせる球団もある。

なお、1月下旬には選手たちが続々とキャンプ地入りし、2月1日の春季キャンプインに備えて、現地で再び「選手会合同自主トレ」を行う。外国人選手も、1月下旬に来日し数日かけて軽めに調整して時差ぼけを解消した上で、日本人選手と同様2月1日にキャンプインを迎えており、現在は余程の事情などがない限りキャンプ中盤に途中から合流するケースは少ない。

近年ではキャンプ地で前年の日本一チームが挨拶と報告を兼ねて優勝パレードを行う球団もある。2012年現在では過去にロッテが石垣市で、日本ハムが名護市で、それぞれパレードを行った[2]

キャンプ地

日本のプロ野球の春季キャンプ地は、かつては国内では宮崎県高知県が多く、現在は殆どの球団が行っている沖縄県はむしろ少数派であった。また1990年代までは、2月中旬頃までの1次キャンプを海外(主にアメリカ)で行う球団も幾つか見られたが、のちコスト削減などもあり、現在は恒常的に海外キャンプを行っている球団はない[3]

沖縄県でのキャンプの契機になったのは日本ハムの1979年の名護キャンプであったが、1999年12月にアメリカ軍普天間基地の代替基地の受け入れが名護市内に決定した見返りに沖縄県の北部12自治体には2000年から10年間、毎年100億円の合計1000億円の公共事業に「北部特別振興事業」という名目で国費が流入、球場建設ラッシュが続き、施設面が充実していったことでプロ野球キャンプは沖縄に集中するようになった[4]

キャンプ地選びでは冬の気象条件は特に重要であり、現在では、平均気温が15度以上で国内で一番温暖な沖縄県か、沖縄ほど温暖ではないが晴天日の多い宮崎県の2県のほぼいずれかとなっており、この2県以外では阪神タイガース二軍埼玉西武ライオンズB班が高知県で行うのみとなっている。2004年度には福岡ダイエーホークス埼玉西武ライオンズがそれぞれ高知県で開催していたキャンプを、宮崎県に移している。また、阪神の一軍キャンプも従来の高知県安芸市での開催から沖縄県宜野座村で2012年から全期間実施することになるなど、近年は特に沖縄一極集中の傾向にあり、現在は国内12球団のうち9球団が沖縄県でキャンプを実施している[5]。2010年まで宮崎県のみでキャンプを実施していた読売ジャイアンツも、2011年からは二次キャンプ地を球場の大幅改修工事が完成した那覇に移した。ちなみに、韓国プロ野球でも一部の球団が沖縄県でキャンプを行っている。

このほか、キャンプ期間中には練習だけでなく、移動中に即席サイン会を実施したり、キャンプ地の自治体に在住する市民との交流会や少年野球教室などを開催したり、休養日になると選手たちがリフレッシュのために市内観光やゴルフに出かけるなど様々な行動を取るため、日頃はなかなか出来ない貴重なふれあいの場ともされている(2020年以降のコロナ禍では自粛)。

経済効果

人気球団のキャンプ地は、関係者、マスコミファンの宿泊や飲食、関連施設の修築などにより数十億円に上る経済効果をもたらすと計算されている。琉球銀行傘下りゅうぎん研究所は2003年以降、毎年沖縄県内における春季キャンプの経済効果を試算し、公表しており、2007年度のキャンプでは前年と比べて2.96億円上回る53.37億円となる[6]など、その経済効果は拡大傾向にあり、地方の自治体にとってキャンプの経済効果は魅力的なものと捉えられている。 2020年の沖縄県内におけるプロ野球春季キャンプの経済効果は、121億6,800万円となり、新型コロナウイルスの影響もあり、2019年の141億3,100万円を下回った。そのうち宿泊業が26億4,100万円、飲食サービス(飲食店など)が15億5,400万円、商業が14億900万円などの順であった[7]

沖縄県内におけるプロ野球春季キャンプの経済効果
球団数経済効果総額延べ観客数県外からの滞在者合計球団関係者数(選手含む)報道関係者、解説者県外からの観客数出典
2003年7約32億1,000万円-約1万4,000人約700人約1,800人約1万1,500人[8]
2004年7約43億4,000万円約23万9,700人約2万4,500人約700人約2,800人約2万1,000人[9]
2005年8約47億9,000万円約13万9,400人約2万4,300人約800人約3,000人約2万500人[10]
2006年8約50億4,100万円約17万1,100人約2万8,200人約850人約2,300人約2万5,100人[11]
2007年8約53億3,700万円約22万7,400人約3万1,540人約840人約2,300人約2万8,400人[12]
2008年9約62億7,400万円約26万5,000人約3万2,950人約950人約2,500人約2万9,500人[13]
2009年9約57億600万円約24万2,000人約3万1,300人約1,000人約2,400人約2万7,900人[14]
2010年9約54億9,400万円約17万1,000人約2万8,200人約1,000人約2,100人約2万5,100人[15]
2011年10約86億4,800万円約25万3,000人約4万6,800人約1,100人約2,700人約4万3,000人[16]
2012年10約78億7,300万円約27万7,000人約4万5,700人約1,100人約2,100人約4万2,500人[17]
2013年9約81億6,100万円約29万3,000人約4万5,900人約1,000人約1,900人約4万3,000人[18]
2014年10約88億8,000万円約31万9,500人約5万4,000人約1,100人約1,900人約5万1,000人[19]
2015年10約88億300万円約31万1,500人約5万7,000人約1,050人約1,950 人約5万4,000人[20]
2016年9約100億400万円約33万2,000人約6万8,750人約1,000人約1,750人約6万6,000人[21]
2017年9約109億5,400万円約34万9,000人約7万3,900人約1,000人約2,000人約7万900人[22]
2018年9約122億8,800万円約37万7,000人約8万7,100人約1,000人約2,100人約8万4,000人[23]
2019年9約141億3,100万円約40万8,000人約9万5,580人約1,080人約2,500人約9万2,000人[24]
2020年9約121億6,800万円約35万4,000人約8万4,290人約1,090人約2,200人約8万3,000人[7]

このため、キャンプを誘致する自治体は多く、各種施設の整備を約束して自治体間で誘致・引き抜き合戦が繰り広げられている。 しかし、プロ野球キャンプ地に求められる施設の規模は地方都市の公共施設としてはオーバースペックとなる場合が多く、また他のキャンプ誘致地との競争に勝つため豪華な施設の建設を条件提示する(または球団側が自治体を天秤にかけ好条件を引き出す)場合が多く見受けられ、「税金の無駄遣い」との批判もある[誰によって?]

参考資料

2月の高知、宮崎、那覇の平年値(1971年2000年の平均)[25]

高知宮崎那覇
平均気温(℃)6.98.316.6
最高気温(℃)12.413.519.2
最低気温(℃)2.13.414.3
降水量(mm)102.489.5125.2
日照時間(h)171.4160.884.6

日本の12球団のキャンプ地一覧(2021年春季)

一軍(球団によってはA組、A班とも)

宮崎県
沖縄県

二軍・三軍(球団によってはファーム、B組、B班とも)

一軍と異なる球団のみ
埼玉県
高知県
宮崎県
沖縄県

過去に行われた主なキャンプ使用会場

カッコ内の球団名は、実施当時のもの。春季キャンプだけでなく、秋季キャンプ等も含む。

日本国内

群馬県
神奈川県
  • 小田原小峰球場(東京セネタース)
静岡県
三重県
兵庫県
和歌山県
  • (南海)
岡山県
広島県
愛媛県
  • 旧制松山高校(巨人)
高知県
福岡県
長崎県
  • 島原市営球場(西鉄 → 太平洋クラブ → クラウンライター:1954年 - 1978年)
宮崎県
鹿児島県
沖縄県

日本国外

米国本土
太平洋諸島
豪州

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ オープン戦ではないので、入場は無料。また、予め対戦チーム同士の取り決めがあれば、後攻チームが9回表終了時点でリードしていても試合を続行し9回裏の攻撃も行うなど、特別ルールで試合が行われることもある。
  2. ^ 1/30 春季キャンプ地の石垣島で優勝・歓迎パレード開催!!
  3. ^ 2016年から米国アリゾナで海外キャンプを行っていた日本ハムも、従来から使用している名護市営球場が改修工事で使用できないためのもので、2019年までの暫定的なものであった。2020年からは再び名護を使用している。
  4. ^ 寺尾博和 (2015年2月1日). “宮崎VS沖縄、変わる春季キャンプ勢力図 オリックス移動で異変、五輪合宿招致争いも”. 東洋経済オンライン. 東洋経済新報社. https://toyokeizai.net/articles/-/59533?page=2 2021年7月19日閲覧。 
  5. ^ 2021年時点で、沖縄県でキャンプを実施していないのは、福岡ソフトバンクホークス(かつては実施)、オリックス・バファローズ(かつては実施)、埼玉西武ライオンズのみ。
  6. ^ 沖縄県内における2007年プロ野球春季キャンプの経済効果 (PDF) (りゅうぎん研究所)
  7. ^ a b “調査レポート 沖縄県内における 2020 年プロ野球春季キャンプの経済効果 ― 経済効果は 121 億 6,800 万円 ―” (プレスリリース), りゅうぎん総合研究所, http://www.ryugin-ri.co.jp/wp-content/uploads/2020/07/2007puroyakyu.pdf#page=1 2021年7月19日閲覧。 
  8. ^ “「沖縄県内におけるプロ野球春季キャンプの経済効果」” (プレスリリース), 琉球銀行 調査部, (2003年5月6日), http://www.ryugin-ri.co.jp/wp-content/uploads/403camp03.pdf#page= 2021年7月19日閲覧。 
  9. ^ “「沖縄県内における 2004 年プロ野球春季キャンプの経済効果」” (プレスリリース), 琉球銀行 調査部, (2004年4月5日), http://www.ryugin-ri.co.jp/wp-content/uploads/414.pdf#page= 2021年7月19日閲覧。 
  10. ^ “「沖縄県内における 2005 年プロ野球春季キャンプの経済効果」” (プレスリリース), 琉球銀行 調査部, (2005年4月27日), http://www.ryugin-ri.co.jp/wp-content/uploads/422.pdf#page= 2021年7月19日閲覧。 
  11. ^ “沖縄県内における 2006 年プロ野球春季キャンプの経済効果” (プレスリリース), 琉球銀行 調査部, (2006年3月30日), http://www.ryugin-ri.co.jp/wp-content/uploads/438.pdf#page= 2021年7月19日閲覧。 
  12. ^ “沖縄県内における 2007 年プロ野球春季キャンプの経済効果” (プレスリリース), りゅうぎん総合研究所, (2007年6月), http://www.ryugin-ri.co.jp/wp-content/uploads/452.pdf#page= 2021年7月19日閲覧。 
  13. ^ “沖縄県内における 2008 年プロ野球春季キャンプの経済効果” (プレスリリース), りゅうぎん総合研究所, (2008年5月), http://www.ryugin-ri.co.jp/wp-content/uploads/463_3.pdf#page= 2021年7月19日閲覧。 
  14. ^ “沖縄県内における 2009 年プロ野球春季キャンプの経済効果” (プレスリリース), りゅうぎん総合研究所, (2009年6月), http://www.ryugin-ri.co.jp/wp-content/uploads/476.pdf#page= 2021年7月19日閲覧。 
  15. ^ “調査レポート 沖縄県内における 2010 年プロ野球春季キャンプの経済効果” (プレスリリース), りゅうぎん総合研究所, (2010年6月), http://www.ryugin-ri.co.jp/wp-content/uploads/488.pdf#page= 2021年7月19日閲覧。 
  16. ^ “調査レポート 沖縄県内における 2011 年プロ野球春季キャンプの経済効果” (プレスリリース), りゅうぎん総合研究所, (2011年8月), http://www.ryugin-ri.co.jp/wp-content/uploads/502.pdf#page= 2021年7月19日閲覧。 
  17. ^ “調査レポート 沖縄県内における 2012 年プロ野球春季キャンプの経済効果” (プレスリリース), りゅうぎん総合研究所, (2012年7月), http://www.ryugin-ri.co.jp/wp-content/uploads/513.pdf#page= 2021年7月19日閲覧。 
  18. ^ “調査レポート 沖縄県内における 2013 年プロ野球春季キャンプの経済効果” (プレスリリース), りゅうぎん総合研究所, (2013年6月), http://www.ryugin-ri.co.jp/wp-content/uploads/2013/06/1306puroyakyu.pdf#page=1 2021年7月19日閲覧。 
  19. ^ “調査レポート 沖縄県内における 2014 年プロ野球春季キャンプの経済効果” (プレスリリース), りゅうぎん総合研究所, (2014年7月), http://www.ryugin-ri.co.jp/wp-content/uploads/2014/07/1407puroyakyu.pdf#page=1 2021年7月19日閲覧。 
  20. ^ “調査レポート 沖縄県内における 2015 年プロ野球春季キャンプの経済効果” (プレスリリース), りゅうぎん総合研究所, (2015年7月), http://www.ryugin-ri.co.jp/wp-content/uploads/2015/07/1507puroyakyu.pdf#page=1 2021年7月19日閲覧。 
  21. ^ “調査レポート 沖縄県内における 2016 年プロ野球春季キャンプの経済効果” (プレスリリース), りゅうぎん総合研究所, (2016年6月), http://www.ryugin-ri.co.jp/wp-content/uploads/2016/06/1606puroyakyu.pdf#page=1 2021年7月19日閲覧。 
  22. ^ “調査レポート 沖縄県内における 2017 年プロ野球春季キャンプの経済効果” (プレスリリース), りゅうぎん総合研究所, (2017年6月), http://www.ryugin-ri.co.jp/wp-content/uploads/2017/06/1706puroyakyu.pdf#page=1 2021年7月19日閲覧。 
  23. ^ “調査レポート 沖縄県内における 2018 年プロ野球春季キャンプの経済効果” (プレスリリース), りゅうぎん総合研究所, (2018年6月), http://www.ryugin-ri.co.jp/wp-content/uploads/2018/07/1807puroyakyu.pdf#page=1 2021年7月19日閲覧。 
  24. ^ “調査レポート 沖縄県内における 2019 年プロ野球春季キャンプの経済効果” (プレスリリース), りゅうぎん総合研究所, (2019年10月), http://www.ryugin-ri.co.jp/wp-content/uploads/2019/10/1910puroyakyu.pdf#page=1 2021年7月19日閲覧。 
  25. ^ 参照

 

Back to Top
Close