ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🐈|ドーパミンの影響!?「猫好きは結婚に向いていない」に、猫デキ愛芸能人たちの反応は…


写真 

ドーパミンの影響!?「猫好きは結婚に向いていない」に、猫デキ愛芸能人たちの反応は…

 
内容をざっくり書くと
評論家・中野信子(認知科学)も、「猫好きは結婚に向いていない」とたたみかける。
 

「女性で猫を飼っている人は結婚しづらい、男性はモテない」 「犬好きな人は現実主義、猫好きの人はファン… →このまま続きを読む

 フジテレビュー!!

“フジテレビ視点”のエンタメ情報がわかるメディア。「そのハナシには、つづきがある」をテーマに、「スタッフしか知りえない裏話」や「出演者の本音」などをテキストや動画でお届け。芸能、ファッション、グルメ、おでかけ、ビューティーなどテレビ以外の情報も満載。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

中野信子

中野 信子(なかの のぶこ、1975年 - )は、日本認知神経科学者評論家

東京都出身。東日本国際大学特任教授。株式会社ビッグベン所属。MENSA元会員。旧名は原信子。学位は博士(医学)(東京大学)。

経歴

1998年、東京大学工学部応用化学科卒業[1]。2004年、同大学院医学系研究科医科学専攻修士課程修了[2]

2008年、東京大学大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程修了[1]。博士論文「高次聴覚認知における知覚的範疇化の神経機構 fMRI・TMSによる複合的検討」で博士(医学)の学位を取得[3]

フランス国立研究所ニューロスピン(NeuroSpin。高磁場MRI研究センター)に博士研究員として2008年から2010年まで勤務。2013年、東日本国際大学客員教授。横浜市立大学客員准教授(2015年10月まで)[1]。2015年、東日本国際大学特任教授に就任。主要担当科目は「脳科学基礎論」。

人物

著書

  • 『脳科学からみた「祈り」』潮出版社 2011年12月 ISBN 978-4267018916
  • 『世界で活躍する脳科学者が教える! 世界で通用する人がいつもやっていること』アスコム 2012年7月
  • 『科学がつきとめた「運のいい人」』サンマーク出版 2013年2月
  • 『成功する人の妄想の技術 「脳」を使いこなす最新テクニック』ベストセラーズ 2013年6月
  • 『東大卒の女性脳科学者が、金持ち脳のなり方、全部教えます。』経済界 2013年12月
  • 『脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体』幻冬舎新書 2014年1月
  • 『努力不要論――脳科学が解く! 「がんばってるのに報われない」と思ったら読む本』フォレスト出版 2014年7月 ISBN 978-4894516229
  • 『脳はどこまでコントロールできるか?』ベスト新書 2014年8月
  • 『あなたの脳のしつけ方』青春出版社 2015年10月
  • 『生きるのが楽しくなる脳に効く言葉 (カリスマの言葉シリーズ)』セブン&アイ出版 2016年3月
  • 『サイコパス』文春新書 2016年
  • 『ヒトは「いじめ」をやめられない』小学館新書 2017
  • 『シャーデンフロイデ -他人を引きずり下ろす快感-』幻冬舎新書 2018
  • 『不倫』文春新書 2018
  • 『メタル脳 天才は残酷な音楽を好む』KADOKAWA 2019
  • 『キレる!』小学館新書 2019
  • 『引き寄せる脳 遠ざける脳』セブンプラス新書 2019
  • 『ペルソナ 脳に潜む闇』講談社現代新書 2020

共著

  • 『脳はなんで気持ちいいことをやめられないの?』(原案)ユカクマ漫画 アスコム 2014年4月 ISBN 978-4776208280
  • 『正しい恨みの晴らし方』ポプラ新書(澤田匡人と共著) 2015年2月 ISBN 978-4591144220
  • 『脳・戦争・ナショナリズム 近代的人間観の超克』文春新書(中野剛志適菜収と共著)2016年1月
  • 『幸せをつかむ脳の使い方 一瞬で人生が変わる! マンガでナットク!』寝猫 マンガ 桜小路むつみシナリオ ベストセラーズ 2016
  • 『脳科学者が選んだやさしい気持ちになりたい時に聞く心がホッとするCDブック』野田あすか音楽 アスコム 2016
  • 『戦国武将の精神分析』宝島社新書(本郷和人と共著) 2018

文庫解説

  • 「幻肢」島田荘司 文春文庫 2014年8月
  • 「レナードの朝」オリヴァー・サックス ハヤカワ・ノンフィクション文庫 2015年4月
  • 「七夕の闇雨-毒草師-」高田崇史 新潮社 2015年6月
  • 「女の甲冑着たり脱いだり毎日が戦なり」ジェーン・スー 文春文庫 2016年5月
  • 「貴族と奴隷」山田悠介 幻冬舎文庫 2018年4月
  • 「スーパー・ゼロ」鳴海章 集英社文庫 2018年9月

学術論文

  • Hara, N. & Mima, T. Anatomical correlates of absolute pitch studied by VBM. Neuroscience Research 65, S209-S209 (2009).
  • Hara, N. F., Nakamura, K., Kuroki, C., Takayama, Y. & Ogawa, S. Functional neuroanatomy of speech processing within the temporal cortex. Neuroreport 18, 1603-1607 (2007).
  • Nakamura, K. et al. Task-guided selection of the dual neural pathways for reading. Neuron 52, 557-564 (2006).

出演番組

テレビ

ラジオ

脚注

  1. ^ a b c 中野信子 講師プロフィール|講演会・セミナーの講演依頼は講師派遣ナビ” (日本語). 講演会・セミナーの講演依頼は講師派遣ナビ. 2021年8月29日閲覧。
  2. ^ 「鎖国」によって日本人の遺伝子は変わった!?【対談】中野信子さん×林要さん(第3回)” (日本語). ダイヤモンド・オンライン. 2021年8月29日閲覧。
  3. ^ 原 信子. “学位論文要旨 高次聴覚認知における知覚的範疇化の神経機構 : fMRI・TMSによる複合的検討”. 東京大学学位論文データベース. 2015年1月6日閲覧。
  4. ^ 「イタい」と思えるのは大人の証。脳科学者・中野信子さんが思う究極の心地よさ”. cafeglobe (2015年10月7日). 2016年4月4日閲覧。
  5. ^ 「彼女に何者でもない人になってほしくなかった」中野信子&中野圭夫婦“別居婚”の理由”. 文春オンライン. 2021年8月29日閲覧。
  6. ^ 中野信子 - 株式会社ビッグベン
  7. ^ 2017年3月30日までは、木曜日コメンテーター
  8. ^ 中野信子(脳科学者)”. 毎日放送 (2015年1月11日). 2015年1月7日閲覧。

外部リンク

認知科学

認知科学(にんちかがく、英語:cognitive science)は、情報処理の観点から知的システムと知能の性質を理解しようとする研究分野。認知科学は以下に挙げる諸学問の学際領域である。

歴史

1950年代後半、いくつかの分野で同時多発的に、人の知的活動を情報処理の視点から解明しようとする研究が現われた。特に1956年に開催されたダートマス会議では、ミンスキーチョムスキーブルーナーなど、後の人工知能研究や認知心理学に大きな影響を与えた研究者が出席し、人工知能をはじめとするいくつかの重要な概念が議論された。この会議を認知科学の発祥と見る向きも多い。

知能の研究は神経科学心理学等のアプローチから(比較的)独立に可能である、というのが認知科学の本来の基本思想であった。しかし最近は認知神経科学などとして神経科学と接近している。

心理学

認知心理学の分野は、それまで主流であった行動主義心理学に対する批判のもとに発生したとされる。行動主義的な立場、つまり我々の行動を通して認知の仕組みを探るのではなく、認知のメカニズムについて直接仮定を立ててその妥当性を探ろうとする立場をとるのが特色といえる。

言語学

認知科学に直接関連する言語学は、心理言語学と呼ばれている。 心理言語学には言語学が扱う様々なテーマを元に、実際に我々がどの様に自然言語を獲得し、理解し、生成し、運用するのかという問題について研究がなされており、心理学的手法を元に、我々の言語の獲得や理解のモデルについて仮説-検証がなされている。

一方で、言語学もこの影響を受けており、それまでの「論理的に厳密な」言語学に、「より自然な我々の運用する言語に近い言語モデルの構築」というテーマの重要性を示した功績は大きい。この分野のさきがけとなった主だった研究者を以下に挙げる。

認知アーキテクチャ

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close