ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

📚|【漫画】婚活アプリで会ったのに「結婚というものに興味がありません」!?<誰かいい人いませんか?2話>


写真 

【漫画】婚活アプリで会ったのに「結婚というものに興味がありません」!?<誰かいい人いませんか?2話>

 
内容をざっくり書くと
あるとき始めたマッチングアプリで、作家の二宮匠(40)と出会うが――?
 

大手出版社で校閲として働く33歳女性、北条律。独身生活を満喫する彼女だが、周囲からは「変わり者」扱い… →このまま続きを読む

 BOOKウォッチ

あなたが読むべき本、見逃していませんか?「BOOKウォッチ」は、新刊はもちろん、隠れた名著もご紹介。純文学、恋愛、ノンフィクション、自然科学、写真集や料理レシピなど、幅広い作品を掲載しています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

マッチングアプリ

マッチングアプリ(Matching app)は、モバイルアプリケーションを介して提供されるオンライン恋愛サービスであり、多くの場合、スマートフォンのGPS機能、携帯性、デジタルフォトギャラリーやモバイルウォレットへの簡易なアクセスを利用して、インターネット上の出会いの利便性を向上させている。

これらのアプリは、インターネット上で知り合った相手とチャットしたり、会合したりする、従来のオンライン恋愛サービスのプロセスを簡素化したり迅速化することができる。

2012年のTinderの公開は、新しい事業者の参入と、従来のオンライン恋愛サービス業者のモバイルアプリ市場への進出を促進させ、マッチングアプリの成長に繋がった。

マッチングアプリは現在、アメリカ合衆国で主流となっている。2017年の時点で、インターネットはアメリカ合衆国のカップルが出会う方法として最も多い[1]。現在、新しいカップルの39%が最初にインターネット上で出会っており、専門家は2040年までにこの数値が70%に増加すると予測している[2]

起源

Tinderはマッチングアプリの急増を導いたアプリケーションだった[3]

人口統計上の使用頻度

マッチングアプリは、若い人口統計集団を対象としている。以前は、人々はオンライン恋愛にほとんど触れていなかったが、今日では、ほぼ50%の人々が、アプリを使用していたり、またはアプリを通じて愛する人に出会った人を知っている[4]。2007年にiPhoneが発売されてから、携帯機器の使用量が増えるにつれて、オンライン恋愛の数値は増加した。2005年には、18から24歳の10%だけがオンライン恋愛サービスを利用したと報告されていたが、この数はこの人口の27%以上に増加した[5]ピュー・リサーチ・センターの2016年の調査によると、アメリカ合衆国の成人の59%が、2005年の44%と比較して、オンライン恋愛が人々が出会う良い方法であることに同意した。18歳から24歳の約5人に1人(22%)[4]が、2016年にマッチングアプリを使用したと報告されたが、2003年には5%しか使用していなかった[5]

新型コロナウイルス感染症の世界的流行の間、モーニング・コンサルトはその世論調査を通じて、これまで以上に多くのアメリカ人がマッチングアプリを使用していることを発見した。2020年4月のある調査では、マッチングアプリを使用するアメリカの成人の53%が、パンデミックの際にアプリをより多く使用していることが分かった[6]。2021年2月の時点で、その割合は71%に増加した[7]

人気のアプリケーション

Tinderの成功後、他の多くの人が独自のマッチングアプリを作成しようとし、Match.Comなどのアプリケーションを作成した。アプリ経済に関する研究グループであるARC[8]は、2016年に、アメリカ合衆国の150万人の顧客が人気のある97のマッチングアプリをどのように評価したかについて調査研究を実施した。調査結果によると、アプリストアからのレビューが10,000件を超え、スコアが50以上(100点満点)のアプリは11件のみだった。これらには、OkCupidが含まれる。スコアが50以上のアプリは成功したと見なされた。イーハーモニーMatch.comなどの他の人気のあるアプリケーションのスコアは40以下だった[8]

恋愛における影響

マッチングアプリの使用には、利点と欠点の両方がある。

利点

多くのアプリは、マッチングのための性格検査を行うか、アルゴリズムを使用してユーザーをマッチングさせる[9]。これらの要因により、ユーザーが好みの候補者とマッチングする可能性が高まる。それらには多くの選択肢が用意されているため、ユーザーは特定の好みのタイプと十分マッチングする可能性がある。興味が持てないことが分かっている候補とはマッチングしないことを選択するだけで、選択肢を絞り込むことができる。候補者とはチャットして人柄を知ることができる。 この種のコミュニケーションは、ユーザーが従来の方法で恋愛している場合に避けられない時間、費用、およびリスクを軽減させる[10]

欠点

選択肢が多すぎると、収拾がつかない場合がある。非常に多くの候補が選択可能であるため、ユーザーは選択に迷い、実際の関係を築くために時間を使用する代わりに、「完璧な」候補を探すのに多くの時間を費やしてしまう可能性がある[10]。さらに、導入されているアルゴリズムとマッチングシステムは、ユーザーが考えるほど正確であるとは限らない。二人の性格を毎回完全に一致させることができる完璧なシステムはない[11]

オンラインでのコミュニケーションには、潜在的なパートナーを選択するために不可欠な物理学的な側面も欠けている。テキストメッセージによる交流では、多くのことを知ることができない。オンライン恋愛は恋愛を非常に表面的なものにした。ユーザーのプロフィールの写真は、誰かが自分の性格を知る前に、誰かの好みに合っていたり合わなかったりする可能性がある[12]

研究者は多種多様なマッチングアプリを分析した後、主要なマッチングアプリのほとんどが、性的指向、好み、電子メールアドレス、恋愛の進め方の様子などの非常に機微性の高い個人情報を流出させる可能性のある単純な盗聴攻撃に対して脆弱であると結論付けた[13]

マッチングアプリによって増幅される問題は、「英語版」と呼ばれる現象であり、知り合った相手が前触れや説明なしに相手との全ての通信を遮断することである。ゴースティングは、ユーザーがアプリから退会する可能性があるため、アプリ恋愛に深刻な問題を引き起こす。このため、英語版英語版などの企業は、ユーザーがチャットの会話をより丁寧に終了しやすくする新機能を導入して、この慣習を取り締まっている[14]

オンライン恋愛は汚名を着せられているが[15]、時間の経過とともに受け入れられるようになっている。

データプライバシー

マッチングアプリは、データの悪用に関する事件に巻き込まれることがよくある。2018年、ゲイ同士の交際を対象とした最初のマッチングアプリである英語版は、ユーザーのHIVステータスに関するデータを多数の企業と共有したと非難されている[16]

Taimiは、銀行級のセキュリティを導入して、これまでのゲイの人々にとって「最も安全なマッチングアプリ」となった[17]

参考文献

  1. ^ Yau, Nathan (2019年3月15日). “Shifts in How Couples Meet, Online Takes the Top” (英語). FlowingData. 2021年8月28日閲覧。
  2. ^ Wild new world of dating will make 'swiping right' seem quaint” (英語). NBC News. 2021年8月28日閲覧。
  3. ^ Wood, Molly (2015年2月4日). “Led by Tinder, a Surge in Mobile Dating Apps”. The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2015/02/05/technology/personaltech/led-by-tinder-the-mobile-dating-game-surges.html 2016年10月26日閲覧。 
  4. ^ a b Online dating usage by demographic group”. Pew Research Center: Internet, Science & Tech (2016年2月10日). 2016年10月26日閲覧。
  5. ^ a b “5 facts about online dating”. Pew Research Center. (2016年2月29日). http://www.pewresearch.org/fact-tank/2016/02/29/5-facts-about-online-dating/ 2016年10月26日閲覧。 
  6. ^ Online Dating Use Rises Amid Coronavirus Pandemic” (英語). Morning Consult (2020年4月27日). 2021年2月18日閲覧。
  7. ^ Spurred On by COVID-19, Millennials Lead the Way in Destigmatizing Online Dating - Morning Consult Amid Pandemic, Millennials Lead the Way in Destigmatizing Online Dating” (英語). Morning Consult (2021年2月11日). 2021年2月18日閲覧。
  8. ^ a b The Best And Worst Dating Apps For 2016”. ARC (2016年2月10日). 2016年10月26日閲覧。
  9. ^ Free Online Dating | OkCupid”. OkCupid | Free Online Dating. 2016年10月26日閲覧。
  10. ^ a b Pros and Cons of Online Dating”. Psychology Today. 2016年10月26日閲覧。
  11. ^ Dewey, Caitlin (2015年11月11日). “The one thing about 'matching' algorithms that dating sites don't want you to know” (英語). The Washington Post. ISSN 0190-8286. https://www.washingtonpost.com/news/the-intersect/wp/2015/11/11/the-one-thing-about-matching-algorithms-that-dating-sites-dont-want-you-to-know/ 2016年10月26日閲覧。 
  12. ^ The Superficiality of Online Dating Apps”. The Huffington Post (2015年2月20日). 2016年10月26日閲覧。
  13. ^ Patsakis, Constantinos; Zigomitros, Athanasios; Solanas, Agusti (15 June 2015). “Analysis of privacy and security exposure in mobile dating applications”. International Conference on Mobile, Secure and Programmable Networking. Paris. pp. 151–162. doi:10.1007/978-3-319-25744-0_13 
  14. ^ Horton, Helena (2018年10月29日). “Dating apps crack down on 'ghosting', as 'epidemic' of ignoring partners puts off users” (英語). The Telegraph. ISSN 0307-1235. https://www.telegraph.co.uk/news/2018/10/29/dating-apps-crack-ghosting-epidemic-ignoring-partners-puts-users/ 2020年3月18日閲覧。 
  15. ^ Online dating: Determining the presence of a stigma”. 2021年11月13日閲覧。
  16. ^ Moylan, Brian (2018年4月4日). “Grindr was a safe space for gay men. Its HIV status leak betrayed us | Brian Moylan” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/commentisfree/2018/apr/04/grindr-gay-men-hiv-status-leak-app 2019年4月1日閲覧。 
  17. ^ New gay dating app has 'bank-level' security for those afraid to be outed” (英語). Gay Star News (2018年5月4日). 2019年9月19日閲覧。

関連項目

二宮匠


 

Back to Top
Close