ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🥾|【徳島県】上勝町「パンゲアフィールド」でエコキャンプ!ファミリーで“ゼロウェイスト”を学ぼう


写真 

【徳島県】上勝町「パンゲアフィールド」でエコキャンプ!ファミリーで“ゼロウェイスト”を学ぼう

 
内容をざっくり書くと
2段ベッドや電熱コンロ、ユニットバス、冷凍冷蔵庫などが完備されており、快適に滞在できそうです。
 

「パンゲアフィールド」は、ゴミを出さない「ゼロ・ウェイスト」政策で有名な、徳島県上勝町のキャンプ場で… →このまま続きを読む

 ハピキャン

キャンプ・アウトドア情報メディア 「ハピキャン 」です。
「タカラモノを探しにいこう」をコンセプトに、話題のキャンプグッズやキャンプ場、料理レシピ、ファッションなどお役立ち情報を発信。
テレビ番組 「おぎやはぎのハピキャン」をメ〜テレ(名古屋テレビ放送)にて放送しているほか、YouTube「ハピキャンチャンネル」でも楽しいコンテンツをお届けしています!
きっとあなたのタカラモノが見つかりますよ!


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

電熱コンロ

ベッド

ベッドまたはベット英語: bedドイツ語: Bett)は、寝具の一種[1]。寝床支持台のことで現代では掛寝具(毛布、ベッドカバーなど)や敷寝具(敷シーツ、ベッドパッド、マットなど)とともに用いることが多い[1]寝台しんだいと訳される場合もある。

歴史

先史時代

寝床を作る行為は霊長類の一部にみられゴリラは葉を利用して寝床を作ることが知られている[2]。2300万年から500万年前、つまり人類史が始まる以前に、類人猿は木製のを含む寝台一式を作り始めていた[3]

石器時代の人類は殺虫成分のある芳香植物の葉を重ねたマット状のものを使用していた[2]

2020年8月には科学者が少なくとも20万年前の最古の草ベッドを発見したと報じられた。これはそれまでの既知の最古のベッドよりも大幅に古いものだった。ベッドの下に英語版と灰の層があったことから、時々、古くなった草のベッドを焼くことで、清潔を保ちつつ虫除けも兼ねていたのではないかと推測されている[4][5][6]

古代

南アフリカの英語版で紀元前3600年頃のベッドが発見されている[7]。このベッドはカヤツリグサ科やその他の単子葉植物の上に、クスノキの植物(Cryptocarya woodii)の葉を並べていた[7]

現代のベッドの原形は古代エジプトで誕生したと言われており、植物の蔓葉の筋などを網目状にした床板で多くの埋葬品や壁画にも残されている[2]。ただし、古代エジプトのベッドには枕止めのヘッドボードがなくフットボードしかなく枕ではなくヘッドレストを使用した[2]

現代のような寝具としての枕の使用の起源は古代のメソポタミア、バビロニア、アッシリア、フェニキア時代といわれており、枕の発生によりベッドにはヘッドボードが設けられるようになった[2]

ベッドは睡眠だけでなく、古代には食事や読書にも使用された[8]。古代ギリシャなどのベッドは日中は長椅子として使用される家具でもあった[2]。また、古代には死者の安置にも使用された[8]

ローマ帝国時代にはキュビキュルムというベッドルームの前身にあたる部屋が設けられるようになった[9]

中世から近世

中世になると日常的にベッドで食事をとる習慣がすたれ、ベッドはもっぱら安眠や休息のための場所となった[8]。14世紀初頭には天井からの塵を防ぐための天蓋付きベッドが現れたが、天蓋付きベッドが上流階級の部屋に広くみられるようになるのは15世紀以後のことである[8]

16世紀になると天蓋を支える柱やヘッドボードに彫刻が施されるなど装飾が加えられるようになった[8]。絶対王政期にはベッドは謁見の場所としても用いられた[8]エリザベス1世の時代になると上流階級で天蓋の付いたベッドが流行した[8]

近現代

19世紀になると生活空間に合わせたベッドが設計されるようになり、部屋の壁に折り畳んで収納できるベッドや、戸棚に組み込んだ形式のベッドも見られるようになった[8]

日本での歴史

日本では和歌山県の西田井遺跡から木幹跡が発見されており、現代のベッドに似た寝具であったと推測されている[9]。奈良時代には中国からベッドが伝来し、聖武天皇が使用した御床(ごしょう)が正倉院に献納されている[9]。平安時代には公家や貴族などが畳を積み重ねて寝台にしていた[10]

ただ、古代エジプトが発祥とされるベッドの伝播のルートは詳しく分かっておらず、西洋とは使用される敷物も異なっていた[10]

江戸時代には、出島における外国人の商館においてベッドが用いられていた[11]

日本に西洋からベッドが導入されるようになったのは明治時代のことである[8]。未だ畳の上で寝る形式が普通であった日本ではあまり広がらず、病院軍隊など、特殊な生活環境を要求される際に使用するもの(あるいは金持ちのステータス)の意味合いが強かった。日本に外来語としてこの語が入ってきた当時は「ベット」とも呼ばれていた。ドイツ語ではBettであり、ドイツ医学由来の呼び名を使っていた医療現場を中心にベッドが納入されていたために、その影響もあったのではないかとも言われる。英語教育の浸透した戦後世代からは「ベッド」と呼ぶ人も増えていったと見られる。

昭和30年台、双葉製作所(のちのフランスベッド)が徹底的な営業戦略(月賦販売)を展開し[12]、折からの団地・洋風住宅ブームも相まって、庶民へ普及していった。この時期、販売ルートは呉服店が担っていたという[13]

構造

  • ベッドパット
  • マットレス
  • ボトム - マットレスを置くベッドの本体部分。前後左右の板をボルトで固定し、左右の板を針金で結び、マットレスを支えるサナを置く。このほかダブルクッションのものや板張りのボードで下部に引き出しを備えるものなどもある。
  • 脚(ないベッドもある)
  • ヘッドボード - 横になったときに頭の上方に取り付けられているフレーム部分。
  • フットボード - 横になったときに足の下方に取り付けられているフレーム部分(ないベッドもある)。
  • 宮 - ヘッドボードの部分に取り付けられた照明や小物入れなどのある棚の部分。

分類

大きさ

括弧内の数字は、建築設計者が標準的に用いる参考寸法。宮は長さ+200mm程度。

  • ジュニア
  • シングル(幅1,000mm、長さ2,000mm)
  • セミダブル(幅1,200mm、長さ2,000mm)
  • ダブル(幅1,400mm、長さ2,000mm)
  • クィーン
  • キング
  • カリフォルニアキング
  • ロング

実際のベッドの大きさやその呼び方は、国や企業などによって異なる。

形態

ヨーロピアンスタイル(ヨーロッパスタイル)
ヘッドボードとフットボードがあるベッド。ヘッドボード部分に小棚(宮)の付いているベッドもある。
ハリウッドスタイル
ヘッドボードはあるものの足元の部分にフットボードがないベッド。ヨーロピアンスタイルの場合と同様にヘッドボード部分に宮の付いているベッドもある。
二段ベッド (Bunk bed)
上下にベッドを積んだ形状の物。上段を利用するために、はしごが付く。三段ベッドもある。
ロフトベッド
二段ベッドの上段のみ、といった形状。専有面積の広いベッドを上に押し上げ、二段ベッドの下段に相当する部分に、机や箪笥などを置いて、特に狭い環境において空間を有効に使用できる。
折りたたみ
マットレスに金属パイプとキャスターが付いているもの。布団を敷いたまま、マットレスを立てて長さを半分にした形に一人でできる。重量はあるが、キャスターで一人でも簡単に移動できる。
ソファベッド
ソファとベッドが兼用で使用できる構造のもの。ソファの状態から折りたたまれた座面の部分を伸ばすことができ、簡易なベッドになる。
作りつけベッド
室内に造作工事にて製作される後付け家具、什器としての寝台のこと。
ベビーベッド
乳児の転落を防ぐために周囲をサークル(柵)で囲い、また世話のために適当な高さとなっているベッド。柵には動かして遊べるようなものも取り付けられている。
介護
リモコンひとつで操作でき、背上げ、脚上げと左右にねがえりの機能があり、飲食や読書などを補助するためのベッドテーブルが付属するものある。日本初めてのベッドとしては木村寝台(のちのパラマウントベッド)がある。
医療用
木で作ったシングルベッドがある。
簡易ベッド
更に簡素な構造の物として「コット」(折り畳み式簡易ベッド)がある。分割ジョイント式にされている左右のパイプの間にキャンバスシートがあるのみ。付属している折り畳み式X字脚の上に載せて使う。主として野戦病院や屋外救護所、軍のキャンプで使用するもの。
畳ベッド
ベッドのマットレスの代わりに畳を使用したもの。日本の家屋で洋間が一般的となって以降、「洋間だが畳の上で寝たい」というニーズが増加したことに対応して生まれた。

マットレス

ベッド用のマットレスは、敷布団の下に使用するウレタンのものと異なり、中にスプリングが入っている。スプリングは鋼鉄製で、スプリング形状にそれぞれ工夫がなされている。形状によって、S式、Z式、ポケットコイル式などがある。体重やサイズによりバネスプリングの硬度が異なるため、用途により選択される。

木製部分と底面の間に毛布などを敷くことによって、摩擦による表面のほころびを防ぐことができる。3か月ごとに表裏上下を変え、1年で元に戻すなどバランスよく使うことにより、寿命が延びる。

脚注

  1. ^ a b 多田千代「寝具―健康の視点より―」『民族衛生』第45巻第5号、日本民族衛生学会、1979年、 170-183頁、 doi:10.3861/jshhe.45.170ISSN 0368-9395NAID 130002027065
  2. ^ a b c d e f 人と寝具の意外と知られていない長く深い縁”. 東洋経済オンライン. p. 1. 2021年9月29日閲覧。
  3. ^ Chimpanzees Make Beds That Offer Them Best Night's Sleep”. National Geographic News (2014年4月18日). 2018年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月30日閲覧。
  4. ^ “200,000 years ago, humans preferred to sleep in beds” (英語). phys.org. オリジナルの2020年8月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200819030258/https://phys.org/news/2020-08-years-humans-beds.html 2020年9月6日閲覧。 
  5. ^ “The oldest known grass beds from 200,000 years ago included insect repellents”. Science News. (2020年8月13日). オリジナルの2020年8月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200818123246/https://www.sciencenews.org/article/oldest-grass-beds-insect-repellent 2020年9月6日閲覧。 
  6. ^ Wadley, Lyn; Esteban, Irene; Peña, Paloma de la; Wojcieszak, Marine; Stratford, Dominic; Lennox, Sandra; d’Errico, Francesco; Rosso, Daniela Eugenia et al. (14 August 2020). “Fire and grass-bedding construction 200 thousand years ago at Border Cave, South Africa” (英語). Science 369 (6505): 863-866. doi:10.1126/science.abc7239. ISSN 0036-8075. PMID 32792402. オリジナルの6 September 2020時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200906092437/https://science.sciencemag.org/content/369/6505/863 2020年9月6日閲覧。. 
  7. ^ a b Wadley L, Sievers C, Bamford M, Goldberg P, Berna F, Miller C. (2011). Middle Stone Age Bedding Construction and Settlement Patterns at Sibudu, South Africa. Science 9 December 2011: Vol. 334 no. 6061 pp.1388-1391, doi:10.1126/science.1213317.
  8. ^ a b c d e f g h i 『歴史学事典 第2巻 からだとくらし』弘文堂、1994年、611頁。
  9. ^ a b c 人と寝具の意外と知られていない長く深い縁”. 東洋経済オンライン. p. 2. 2021年9月29日閲覧。
  10. ^ a b challenge第2号”. ダイキン工業. p. 9. 2021年9月30日閲覧。
  11. ^ 『発掘された日本列島2005』 朝日新聞社出版、75頁。
  12. ^ NHKの『現代の映像』で「独立先行隊」と呼ばれる組織が取材されている。
  13. ^ [1] ベッドの歴史

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close