ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

👍|SNSはネタの宝庫!?「カオス絵日記」「ぺろち」作者・パントビスコ、内田理央とラジオ対談!


写真 

SNSはネタの宝庫!?「カオス絵日記」「ぺろち」作者・パントビスコ、内田理央とラジオ対談!

 
内容をざっくり書くと
番組では、ネットショッピング好きの内田が、“明日着たい”と思う商品をネットサーフィンして“ポチる”コーナー「今日のりおポチ」も。
 

TOKYO FMの番組「Qoo10 presents 内田理央の明日、なに着よ?」(毎週金曜 18:… →このまま続きを読む

 TOKYO FM+


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

ネットサーフィン

ネットサーフィン (Net Surfingネットサーフ) は、ウェブページ閲覧において、各ページを興味の赴くまま次々に表示して閲覧していく行動のこと。この様子を波から波へと渡るサーフィンに見立てた造語で、電子掲示板についても言える。インターネットが普及し始めた1990年代から一般的な用語となった。

概要

インターネットサービスプロバイダに勤務したジーン・アーモア・ポリー (Jean Armour Polly) が、1992年雑誌への寄稿で「インターネットをサーフィンする (surfing the Internet)」という表現を用いたのが起源とされる[要出典]。また、1991年~92年にかけてUsenetで同様の言葉が散見されたとも言われる。当時目新しい用語であった「World Wide Web」の「Web」を語感が近い「wave」にかけたという説もある。Wikipedia上でも、ワード毎にタグ付けができるため、「Wikipedia上でのサーフィン」もWikisurfということもある[1]

1種類のサイトを見る場合、「○○サーフィン」と、サイトの種類を「○○」の部分に入れていうこともある(ブログサーフィンなど)

脚注

関連項目

今日のりお


 

Back to Top
Close