ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

👩‍🎤|AKB48横山由依、涙の卒コン 向井地美音「母親のような存在」


写真 横山由依を囲むメンバー

AKB48横山由依、涙の卒コン 向井地美音「母親のような存在」

 
内容をざっくり書くと
大島優子、北原里英、指原莉乃、川栄李奈らが駆け付け、祝福した。
 

AKB48横山由依が27日、パシフィコ横浜国立大ホールで卒業コンサート『MXまつり 横山由依卒業コン… →このまま続きを読む

 MusicVoice

音楽&エンタメニュースサイト。音楽情報(レポートやコラム)からアイドル、映画、舞台、グラビアなどのエンタメ情報を発信。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

北原里英

北原 里英(きたはら りえ、1991年平成3年〉6月24日 - )は、日本女優YouTuber。女性アイドルグループ・NGT48およびAKB48の元メンバー、SKE48の元兼任メンバーであり、NGT48ではキャプテンを務めた。AKB48の派生ユニット・Not yetのメンバー[1]愛知県一宮市出身[2]太田プロダクション所属。

来歴

2007年

2008年

2009年

2010年

  • 3月25日に開催された『AKB48 満席祭り希望 賛否両論』の夜公演にて、太田プロダクションから移籍打診があったことが発表され、のちに正式に移籍した。
  • 2月17日、15thシングル「桜の栞」で初のフロントメンバーに選ばれ、2ndアルバム『神曲たち』でも通常盤ジャケットのフロントメンバーに選ばれた。
  • 4月30日、アメーバにてオフィシャルブログ「さんじのおやつ」をスタートした[5]
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 17thシングル 選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」』では16位となり、シングル選抜入りを果たした。
  • 5月17日、『週刊プレイボーイ』No.22 2010年5月31日号(集英社)に初のソログラビア「キタリエはじめました。」が渡辺麻友とともに掲載された。
  • 8月13日放送開始の『学校のコワイうわさ 新・花子さんがきた!!』では、ホワホワ役で声優デビュー。
  • 10月30日に自身初のソロカレンダーが発売され、同年11月6日には初のソロカレンダー発売記念イベントが開催された。

2011年

2012年

  • 3月4日、Google+秋元康の投稿においてぐぐたす選抜が発表され、ぐぐたす選抜入りを果たす。
  • 5月30日、Not yetの4thシングル「西瓜BABY」のカップリング曲「guilty love」で初めて作詞を担当する[9]
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 27thシングル 選抜総選挙』では13位で、選抜入りを果たした[10]
  • 8月24日に開催された『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演において、チームKへの異動と、同時にSKE48を兼任することが発表された[11]
  • 11月1日、新体制開始によりチームKに異動。チームKウェイティング公演のスターティングメンバーとして新チームでの活動を開始する[12]
  • 11月18日に開催されたSKE48・10thシングル「キスだって左利き」の通常盤全国握手会において発表された、2013年1月30日リリースの11thシングル「チョコの奴隷」にて選抜メンバー入りを果たす[13]

2013年

  • 1月29日、SKE48ではチームSへの所属を発表。2月20日に開催される劇場公演から出演することが発表された[14][15][16]
  • 4月13日に開催されたSKE48春コン2013「変わらないこと。ずっと仲間なこと」で、「組閣」と称したチーム再編により、SKE48での兼任先がチームKIIとなることが発表された[17]
  • 4月28日、『AKB48グループ臨時総会 〜白黒つけようじゃないか!〜』最終日の夜公演にて、SKE48チームS兼任解除が発表された[18]。これによってSKE48内から籍がなくなり、同年4月13日に発表されていたチームKIIへの異動も行われないことになった。
  • 5月8日のSKE48チームS「制服の芽」公演【北原里英 送る会】をもってSKE48の仕事を終了。
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 32ndシングル 選抜総選挙』では21位となり、アンダーガールズに選出される[19]
  • 9月18日に開催された『AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会』ではベスト16で、選抜入りを果たした。
  • 10月14日、この日行われた「チームKウェイティング公演」の昼公演にて、劇場公演回数500回を達成。

2014年

  • 2月24日、『AKB48グループ大組閣祭り』(東京・Zepp DiverCity)にて、新チームK副キャプテン就任が発表される[20]
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 37thシングル 選抜総選挙』では19位で、アンダーガールズに選出された[21]

2015年

2016年

2017年

  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 49thシングル 選抜総選挙』では10位で選抜入りした。
  • 8月21日、新潟市歴史博物館で行われた「NGT48お披露目2周年スペシャルLIVE〜みなとまち新潟をもりあげちゃいます!〜」において、2018年春をめどにNGT48から卒業することを発表した[30]

2018年

  • 1月17日にファースト写真集『そして』を発売[31][32]
  • 主演映画『サニー/32』が2月9日に新潟市長岡市で先行公開されたのに続き、2月17日から全国公開された[33]
  • デビュー10周年に当たる3月1日にAKB48劇場において「北原里英AKB48劇場最終公演」として『地方組&5期生10周年特別公演〜大人になっても、全力でやらなきゃダメじゃん!〜』が行われた[34][35]
  • 4月14日に新潟の朱鷺メッセにおいて『北原里英卒業コンサート〜夢の1115日 新潟の女になりました!〜』が行われた[36]
  • 4月18日にNGT48劇場で行われた『北原里英 NGT48劇場 卒業公演〜最後まで、みんなのために〜』をもってNGT48としての活動を終了し[37]、4月30日付けで卒業した[38]
  • 6月、2018年新潟県知事選挙の啓発キャラクターに起用された[39]
  • 7月7日から30日まで舞台『「新・幕末純情伝」 FAKE NEWS』で主人公・沖田総司役を務める[40]

2019年

  • 5月10日に、東京に実在する遊園地としまえん[注 1]が舞台で主役を務めるホラー映画『としまえん』が公開された[41]

2020年

  • 6月24日にYouTubeに個人チャンネルの『きたりえチャンネル』を開設[42]

2021年

人物

AKB48

  • 多用するキャッチフレーズは、「夢見る名古屋嬢」(実際は一宮市出身[2])。その他にも、公演によっては「きのこの山よりたけのこの里派」[64] や「『DEATH NOTE』で言ったらエルよりライト派」[65]そばよりうどん派」のように、同じ属性にある二つの物を比較して「○○より○○派」というキャッチフレーズを使うこともある。チームB 5th公演では「愛知県からきました。北原里英○○才です。」に代え、ごくまれに他メンバーのキャッチフレーズを一部借用して観客の笑いを誘うこともある。
  • AKB48内で初めて名前を知ったメンバーは野呂佳代。憧れで神推しのメンバーは篠田麻里子と常々語っている。好きでもあり、憧れでもあり尊敬もしているのは戸島花[66]
  • 愛知県から上京してからは、指原(大分県出身)、大家志津香福岡県出身)、元研究生の冨田麻友(香川県出身)、元SKE48中西優香(愛知県出身)と1か月半、共に生活していた時期がある。特に大家とは約2年間にわたりルームメイトで、「東京の家族」と呼ぶほどの仲である。2010年時点は隣同士に住んでいた。また、この5人は自分達のことを「地方組」と呼び合っている[67]
  • 19thシングル選抜じゃんけん大会開催前にメンバーに対して実施されたアンケートの「AKB48に入って知った悲しみは?」という問いに「滑舌が悪いことに気づかされた。(あと自分で分かっているのに)叩かれるとこ」と答えた[49]
  • 『AKB48グループ大組閣祭り』(2014年2月24日、東京・Zepp DiverCity)にてチームK副キャプテンに任命された際のコメントは「横山の長いコメントを簡潔にわかりやすく伝えられるように頑張ります」であった[20]
  • 「AKBの知性派」とも言われている[68]
  • 仕事場では、知り合いのスタッフに必ず挨拶に行く[49]
  • 大人数での仕事が多いためか、「個人仕事のとき不安。一人ぼっちだとさびしい」とのこと[49]
  • 「『あなたにとってのAKB48』をひと言で表すと?」という問いに対して、「今の私のすべてです」と答えた[69]

NGT48・AKB48・SKE48での参加楽曲

シングル選抜楽曲

NGT48

AKB48

AKB48 チームサプライズ

重力シンパシー公演

  • 重力シンパシー
  • 素敵な三角関係
  • 旅立ちのとき
  • AKBフェスティバル
  • キミが思ってるより…
  • 女神はどこで微笑む?

バラの儀式公演

  • 未来が目にしみる
  • 最後にアイスミルクを飲んだのはいつだろう?
  • 失恋同盟
  • バラの儀式
  • 美しい狩り
  • 哲学の森
  • ほっぺ、ツネル

SKE48

fairy w!nk

アルバム選抜楽曲

AKB48

  • ここにいたこと』に収録
    • 少女たちよ
    • 恋愛サーカス - 「チームB」名義
    • 人魚のバカンス
    • チームB推し - 「チームB」名義
    • ここにいたこと
  • 1830m』に収録
    • ファースト・ラビット
    • ノーカン - 「チームB」名義
    • 青空よ 寂しくないか?
  • 次の足跡』に収録
    • After rain
    • JJに借りたもの
    • 共犯者 - 「Team K」名義
  • ここがロドスだ、ここで跳べ!』に収録
    • 愛の存在
    • Conveyor - 「Team K」名義
    • 生き続ける
  • サムネイル』に収録
    • すべては途中経過

未音源化曲

  • 私に似てる(ニンテンドー3DS用ソフト『AKB48+Me』収録曲)

ぱちスロAKB48 勝利の女神

  • ヘビーローテーション
  • AKBフェスティバル

劇場公演ユニット曲

NGT48名義

チームNIII 1st Stage「PARTYが始まるよ」

  • クラスメイト

チームNIII 2nd Stage「パジャマドライブ」

  • 純情主義
  • 鏡の中のジャンヌダルク

チームNIII 3rd Stage「誇りの丘」

  • 祈りはどんな未来もしあわせに変える

AKB48名義

チームA 4th Stage「ただいま恋愛中」リバイバル公演

  • 純愛のクレッシェンド(小嶋陽菜のアンダー)

チームB 3rd Stage「パジャマドライブ」

  • パジャマドライブ(渡辺麻友のアンダー)
  • 純情主義(バックダンサー)

チームK 4th Stage「最終ベルが鳴る」

  • ごめんね ジュエル(バックダンサー)

研究生「ただいま恋愛中」公演

  • 純愛のクレッシェンド

チームA 5th Stage「恋愛禁止条例」

  • ツンデレ!
  • ハート型ウイルス(大島麻衣〈2009年3月まで〉・佐藤すみれ〈2009年4月以降〉の休演時のみ代役として出演)

THEATRE G-ROSSO「夢を死なせるわけにいかない」公演

チームB 5th Stage「シアターの女神」

  • ロッカールームボーイ

大島チームK ウェイティング公演

大島チームK「最終ベルが鳴る」公演

  • 初恋泥棒

横山チームK「RESET」公演

  • 明日のためにキスを

SKE48名義

チームS 3rd Stage「制服の芽」

  • 万華鏡

出演

映画

テレビドラマ

その他のテレビ番組

テレビアニメ

ラジオ

CM

広報

ミュージック・ビデオ

ネット配信

  • 北原里英の『22時30分のおやつ』(2013年6月25日 - 、アメーバスタジオ)
  • Wの悲喜劇〜日本一過激なオンナのニュース〜(2018年5月26日 - 、AbemaNews) - ナレーション[108]
  • すじぼり(2019年6月21日配信開始、U-NEXT) - 美貴 役[109]
  • 拝み屋怪談II(2019年7月6日 - 、ひかりTVdTVチャンネル) - 郷内真弓 役[110]
  • にじいろ競輪TV(2020年8月31日(不定期出演) - 、YouTube) - ゲストガール[111]

舞台

  • Rokujo -源氏物語六条御息所〜より- (2009年4月4日・4月5日、草月ホール
  • リーディングシアター「アドレナリンの夜」(2015年10月13日、Zeppブルーシアター六本木
  • 「新・幕末純情伝」 FAKE NEWS(2018年7月7日 - 7月30日、紀伊國屋ホール) - 主演・沖田総司[40]
  • アイスベリーバグ(2018年9月7日 - 9月9日、CBGKシブゲキ!!/2018年9月21日、東別院ホール) - 七星名実 役[112][113]
  • LADY OUT LAW!(2018年9月15日、クラブeX) - 日替わりセールスマン(日替わりゲスト)
  • フォトシネマ朗読劇「命のバトン」(2018年12月8日・9日、国際映像メディア専門学校 シアターNEXT1)[114]
  • 劇団ヘラクレスの掟第4回本公演 ヘラクレス新喜劇「7人の夫」(2018年12月22日 - 24日、テレピアホール
  • どろろ(2019年3月、梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ 他) - どろろ 役[115]
  • 朗読劇「いつもポケットにショパン」(2019年6月12日・14日、新国立劇場 小劇場)[116]
  • 「HERO」〜2019夏〜(2019年7月31日 - 8月4日、ヒューリックホール東京[117]
  • THE BAMBISHOW 3RD STAGE(2019年10月25日 - 11月3日、CBGKシブゲキ!!)[118]
  • 【うち劇】 タイムリープガール〜80's 歌のヒットパレード〜(2020年8月1日、ライブ配信)[119]
  • マーダーミステリーシアター『演技の代償』(2021年2月21日、ライブ配信)- 京本まひる 役[120]
  • 亡国のワルツ(2021年4月16日 - 29日、あうるすぽっと)- ワタナベ 役
  • "STRAYDOG" Produce 夕凪の街 桜の国(2021年8月4日 - 8日、CBGKシブゲキ!!、8月14日 - 15日、近鉄アート館
  • 走れメロス〜小説 太宰治〜(2022年3月5日 - 6日、大阪・森ノ宮ピロティーホール/12日 - 21日、東京・自由劇場)- 山崎富栄 役[121]

トークショー

  • コスモ★プレイヤーズ/COSMO PLAYERS 僕と私とみんなで創る演劇〜主役はあなた〜 (2020年9月7日 - 14日、ライブ配信)[注 10]
  • きたりえ、なっきぃ、タニシのコワイイハナシ2020(2020年9月20日、ライブ配信)
  • きたりえ、なっきぃ、キョン、タニシのコワイイハナシ2020冬(2020年12月16日、赤坂REDシアター)

書籍

写真集

雑誌連載

  • 週刊ヤングジャンプ(2010年8月19日 - 、集英社) - 指原莉乃・柏木由紀渡辺麻友とともに「AKB48当番連載 ぐるぐる4」にて「きたりえ文学少女道」を連載。
  • Girls! → girls!(2011年9月21日 - 、双葉社) - 「北原里英 妄想実写化計画」を連載。

カレンダー

  • 北原里英 2011年カレンダー(2010年10月30日、ハゴロモ)
  • 北原里英 2012年カレンダー(2011年11月19日、ハゴロモ)
  • 北原里英 2012 TOKYOデートカレンダー(2011年11月29日、ハゴロモ)
  • 北原里英 カレンダー2013年(2012年11月30日、ハゴロモ)
  • 卓上 北原里英 カレンダー2013年(2012年12月7日、ハゴロモ)
  • 壁掛 北原里英 カレンダー2014年(2013年12月6日、ハゴロモ)
  • 卓上 北原里英 カレンダー2014年(2013年12月6日、ハゴロモ)
  • 壁掛 北原里英 カレンダー2015年(2014年12月13日、ハゴロモ)
  • クリアファイル付 卓上 北原里英 カレンダー2015年(2014年12月13日、ハゴロモ)

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 2020年8月31日閉園
  2. ^ ウナギイヌの靴下を履いて『AKB48 19thシングル選抜じゃんけん大会』に臨み「なぜなら私はウナギイヌに似ているからです」とカメラマンに自己紹介した[49]
  3. ^ 「ウナギイヌ」に似ているという件から、『マジすか学園』出演時の役名も当初「ウナギイヌ」になりかけたが、商標の都合上不可となり[50]、最終的に「ウナギ」となった[51]
  4. ^ カナザワ映画祭2021での上映[80]
  5. ^ OPクレジットには「精靈 / 神殿の声」と表記が、テレビ朝日および東映公式サイトには「ユノ」と呼ぶ。
  6. ^ 初の単独レギュラー。
  7. ^ 放送開始前の TwellV公式サイト には同役に小野恵令奈がアナウンスされていたが、2010年9月活動休止の発表により代わって起用された。
  8. ^ 2015年2月6日から6月30日までのタイトルは「AKB48北原里英 いまきたラジオやってまーす!」。そのうち、2015年3月28日まではオレたちゴチャ・まぜっ! (第1部)内で放送。同年3月31日からアッパレやってまーす! 月曜日内での放送に変更。
  9. ^ 2017年10月2日から2018年4月16日までのタイトルは「NGT48北原里英のMOONLIGHTING」。
  10. ^ 2020年9月に上演予定だった舞台『COSMO★PLAYERS』の中止を受けた代替公演[122]

出典

  1. ^ a b AKB48大島優子率いる新ユニット「Not yet」デビュー決定!(ORICON STYLE)(2011年1月21日閲覧)
  2. ^ a b “AKB48北原里英、今度は映画デビュー”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2011年9月3日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp1-20110903-829674.html 2017年6月13日閲覧。 
  3. ^ AKB48の北原里英が「テラスハウス」に出演の過去”. YomerumoNEWS. GMOインターネット (2014年4月15日). 2016年12月30日閲覧。
  4. ^ 「*3周年です」 - 本人公式ブログ(2011年3月1日)
  5. ^ *はじめまして”. 2021年3月25日閲覧。
  6. ^ 現在はHKT48に在籍。
  7. ^ 「AKB48 22ndシングル選抜総選挙結果」 - AKB48オフィシャルブログ(2011年6月10日)
  8. ^ 「AKB48 24thシングルじゃんけん選抜決定!&1位〜8位発表!」 - AKB48オフィシャルブログ(2011年9月20日)
  9. ^ AKB北原里英 初の作詞曲テーマは「許されざる愛」 - スポーツニッポン(2012年5月15日)
  10. ^ AKB48 27thシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ 2012年6月6日
  11. ^ 組閣後新体制 - AKB48オフィシャルブログ 2012年8月24日(2012年8月24日閲覧)
  12. ^ AKB48新チームK始動、公演初日にキャプテン大島優子が涙 - ナタリー(2012年11月3日)
  13. ^ SKE48、新曲は初のバレンタイン曲「チョコの奴隷」 - オリコン 2012年12月25日21:53配信分
  14. ^ “北原里英に関して” (プレスリリース), 株式会社AKS SKE48運営事務局, (2013年1月29日), https://web.archive.org/web/20130516222020/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1359426380&select=member 2013年1月29日閲覧。 
  15. ^ “きたりえ2・20SKE通常公演デビュー”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2013年1月29日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20130129-1078190.html 2013年1月29日閲覧。 
  16. ^ SKE48プロフィール 北原里英(2013年1月29日閲覧)
  17. ^ SKE48 組閣発表 SKE48公式サイト 2013年4月13日
  18. ^ AKB48、夏に5大ドーム公演決定&新たなグループ兼任発表 - ナタリー 2013年4月28日(2013年4月28日閲覧)
  19. ^ AKB48 32ndシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2013年6月8日)
  20. ^ a b 【AKB組閣】大島優子後任は「ビシバシ鍛えた」横山由依 - オリコン 2014年02月24日 23時06分(2014年3月12日閲覧)
  21. ^ 「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2014年6月7日)
  22. ^ “AKB春の嵐…川栄卒業、北原NGT移籍に衝撃走る”. ORICON NEWS. (2015年3月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2050647/full/ 2018年8月27日閲覧。 
  23. ^ 「AKB48 41stシングル 選抜総選挙」開票結果”. AKB48オフィシャルブログ (2015年6月6日). 2015年6月6日閲覧。
  24. ^ 【第7回AKB総選挙】NGT48北原里英、自己最高の11位で笑顔「胸を張って新潟に行ける」 - oricon style(2015年6月6日)2015年6月6日閲覧
  25. ^ NGT48、初代26人が新潟で“船出” 1000人が沸く オリコンスタイル、2015年8月22日
  26. ^ “NGT48初日公演は感激の幕開け 北原里英らが涙”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2016年1月10日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1590453.html 2016年1月10日閲覧。 
  27. ^ “NGT48、柏木由紀ら16人でチームN3結成”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2016年1月10日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1590455.html 2016年1月10日閲覧。 
  28. ^ official_NGT48のツイート(731729938340929536)
  29. ^ “【AKB総選挙】「新潟の女になれた」NGT48北原里英12位選抜入り”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2016年6月18日). https://thetv.jp/news/detail/80380/ 2016年6月29日閲覧。 
  30. ^ “NGT北原里英が卒業発表「とても悩みました」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年8月21日). https://www.nikkansports.com/m/entertainment/akb48/news/1875560_m.html 2017年8月21日閲覧。 
  31. ^ “北原里英初の写真集はベトナムロケ、アオザイ姿や大胆カットも”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年11月20日). https://natalie.mu/music/news/257466 2017年12月15日閲覧。 
  32. ^ a b 北原里英ファースト写真集『そして』”. ワニブックスオフィシャルサイト. ワニブックス. 2017年12月15日閲覧。
  33. ^ “北原里英、“女優転身宣言”後初の主演映画決定! 衝撃の体当たり演技披露”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年9月21日). https://thetv.jp/news/detail/122006/ 2017年9月21日閲覧。 
  34. ^ 2018年2月19日のツイート
  35. ^ 北原里英 AKB48劇場最終公演 公演名と出演メンバーのお知らせ” (2018年2月26日). 2018年2月26日閲覧。
  36. ^ “NGT48、1年ぶり単独コンサートに熱狂 荻野由佳感極まる「色んな不安もあった」<セットリスト/レポ>”. モデルプレス. (2018年1月13日). https://mdpr.jp/music/detail/1740263 2018年2月3日閲覧。 
  37. ^ official_NGT48の2018年3月24日のツイート2018年3月24日閲覧。
  38. ^ 北原里英の2018年5月1日のツイート2018年5月1日閲覧。
  39. ^ a b 新潟県選管 啓発キャラクターに北原里英さん起用”. 産経新聞 (2018年5月17日). 2018年6月10日閲覧。
  40. ^ a b “元NGT48の北原里英、沖田総司役でつかこうへい舞台に出演”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年4月24日). https://natalie.mu/music/news/279460 2018年4月24日閲覧。 
  41. ^ “元AKB北原里英「毎日叫びました」ホラー映画主演 - シネマ : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201807250000044.html 2018年7月25日閲覧。 
  42. ^ 北原里英、29歳の誕生日にYouTubeチャンネル開設 反省を踏まえ苦手分野に挑戦”. oricon ME (2020年6月24日). 2020年6月24日閲覧。
  43. ^ “北原里英&笠原秀幸が結婚発表「あたたかい時間を紡いでいきたい」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年9月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2208596/full/ 2021年9月29日閲覧。 
  44. ^ 北原里英 [@Rie_Kitahara3] (2021年9月29日). "ご報告です。" (ツイート). Twitterより2021年9月29日閲覧
  45. ^ 『AKBと××!』 Vol.2 Disc.1 AKBと絵日記
  46. ^ 「中学ではサイドプレーヤーでした」日本リーグアンバサダー北原里英さん”. 株式会社スポーツイベント (2015年11月12日). 2016年12月30日閲覧。
  47. ^ NGT48北原里英&AKB48向井地美音「そっくり」2ショットで“姉妹説”提唱「ガチでぱるるが見間違えてた」”. モデルプレス (2016年12月6日). 2018年8月27日閲覧。
  48. ^ *ラーメン部”. exciteニュース (2014年11月6日). 2016年12月30日閲覧。
  49. ^ a b c d e 『AKB48 DVD MAGAZINE Vol.05C AKB48 19th シングル選抜 「じゃんけん大会」 51のリアル〜Cブロック編』
  50. ^ 特許庁 商標出願・登録情報検索
  51. ^ 太田プロダクション 公式プロフィール
  52. ^ 例として、「*沖縄」 - 本人公式ブログ(2011年3月26日)
  53. ^ 「*しあわせいっぱい!」 - 本人公式ブログ(2010年6月23日)
  54. ^ 2010年6月1日付 日刊スポーツ 「AKB48総選挙マニフェスト」
  55. ^ ゲスト:北原里英 10/08/05OA”. ぐるぐるナインティナイン. 日本テレビ (2010年8月5日). 2016年12月30日閲覧。
  56. ^ HaKaTa百貨店 2013年1月7日放送回”. gooテレビ (2013年1月7日). 2016年12月30日閲覧。
  57. ^ 「*しんじるかしんじないかは」 - 本人公式ブログ(2010年6月22日)
  58. ^ 2010年2月13日付 読売新聞夕刊『本と私』コーナーに掲載。
  59. ^ 『オトナファミ May 2011 No31』初恋エンタより
  60. ^ SKE48も中日V祝福 松井玲奈「逆転、感動!」 - スポーツニッポン 2011年10月19日(2011年10月19日閲覧) SKE48メンバーのほか、北原のコメントも掲載。
  61. ^ 北原里英が少し遅い誕生日”. アメーバニュース (2015年7月16日). 2016年12月30日閲覧。
  62. ^ 「*どーーーーーんっ」 - 本人公式ブログ(2010年8月1日)
  63. ^ 2010年11月23日(火)OA 放送内容・面白コメント集”. 踊る!さんま御殿!!. 日本テレビ (2010年11月23日). 2016年12月30日閲覧。 『2010年11月23日放送『踊る!さんま御殿!!』にて「AKBの端くれ」と発言
  64. ^ 2009年3月27日昼公演チームA5th
  65. ^ 2010年4月30日チームA5th公演
  66. ^ 「*ついったあ」 - 本人公式ブログ(2011年10月15日)
  67. ^ 指原莉乃と仲がいいAKB48北原里英とは?”. YomerumoNEWS. GMOインターネット (2014年2月20日). 2016年12月30日閲覧。
  68. ^ Pop Style「いきものがかり&栗山夢衣&きたりえ」”. 読売新聞 (2010年10月27日). 2016年12月30日閲覧。
  69. ^ UTB』vol.202 (ワニブックス) 2011年2月21日発売号より[要ページ番号]
  70. ^ AKB48・北原里英、「グラッフリーター刀牙」で映画初出演 - 映画.com 2011年9月3日
  71. ^ AKB48・北原里英が映画初主演 「ジョーカーゲーム」12月公開 - 映画.com 2012年10月18日
  72. ^ AKB ShortShorts project 映画『9つの窓』ストーリー”. AKB ShortShorts project 映画『9つの窓』 公式サイト. 2016年1月29日閲覧。
  73. ^ 『任侠野郎』公式サイト
  74. ^ “ピエール瀧&リリー・フランキーの狂気…北原里英主演「サニー 32」ポスター披露”. 映画.com (エイガ・ドット・コム). (2017年10月27日). http://eiga.com/news/20171027/4/ 2017年12月15日閲覧。 
  75. ^ “元「NGT48」北原里英、ホラー映画「としまえん」に主演!“遊園地の呪い”に絶叫”. 映画.com. (2018年7月25日). https://eiga.com/news/20180725/5/ 2018年7月29日閲覧。 
  76. ^ 劇場版「ジオウ」にDA PUMP、「リュウソウジャー」に佐野史郎と北原里英が出演”. 映画ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年5月22日). 2019年5月22日閲覧。
  77. ^ “小林勇貴がカルト作「片腕マシンガール」をリブート、海外予告&キャスト解禁”. 映画ナタリー. (2019年6月20日). https://natalie.mu/eiga/news/336442 2019年6月21日閲覧。 
  78. ^ “映画『HERO~2020~』特報”. シネマトゥデイ. (2020年3月11日). https://www.cinematoday.jp/video/VIY7mGmcNvgOrE 2020年3月13日閲覧。 
  79. ^ “北原里英、主演映画で“当て書き”に感激「私とは真逆の人間」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年12月9日). https://www.oricon.co.jp/news/2178685/full/ 2020年12月9日閲覧。 
  80. ^ a b “小林勇貴の新作は“スケ暴映画”「奈落の翅」カナザワ映画祭でプレミア上映”. 映画ナタリー. (2021年9月13日). https://natalie.mu/eiga/news/444922 2021年9月14日閲覧。 
  81. ^ “北原里英が全編中国語の台詞に挑戦 日中合作映画『安魂』2022年1月公開決定”. Real Sound. (2021年9月10日). https://realsound.jp/movie/2021/09/post-856108.html 2021年9月10日閲覧。 
  82. ^ “北原里英、全編中国語セリフに挑戦 日中合作映画『安魂』公開”. クランクイン!. (2021年9月10日). https://www.crank-in.net/news/93925/1 2021年9月10日閲覧。 
  83. ^ “北原里英、日中合作映画「安魂」唯一の日本人キャスト、セリフは全て中国語”. 日刊スポーツ. (2022年1月15日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202201150000403.html 2022年1月15日閲覧。 
  84. ^ “「ろくでなしBLUES」連ドラ化!太尊は劇団EXILE青柳翔”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年5月17日). http://natalie.mu/comic/news/49529 2017年4月22日閲覧。 
  85. ^ “AKB48北原里英、ラブホテルで「貴重な初体験」 SEXYボンテージの女王様に”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年4月4日). https://mdpr.jp/news/detail/1347564 2017年4月22日閲覧。 
  86. ^ “園子温監督ドラマ『みんな!エスパーだよ!番外編』から北原里英&真野恵里菜の制服姿”. CINRA.NET (CINRA). (2015年3月2日). http://www.cinra.net/news/20150302-minnaesperdayo 2017年4月22日閲覧。 
  87. ^ 横山由依、入山杏奈らAKBグループ11名がヒロインに!『劇場霊』スピンオフドラマ放送決定”. ランキングBOX (2015年10月14日). 2015年11月22日閲覧。
  88. ^ 劇場霊からの招待状”. 「劇場霊」製作委員会. 2015年11月22日閲覧。
  89. ^ AKBホラーナイトアドレナリンの夜 第29話”. テレビ朝日. 2016年1月29日閲覧。
  90. ^ “北原里英が“大人の色気”でガチのキス!?”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2016年4月26日). https://thetv.jp/news/detail/76951/ 2016年4月27日閲覧。 
  91. ^ NGT48、初ドラマの配役決定 『ひぐらしのなく頃に』に北原里英ら6人出演”. oricon ME (2016年2月27日). 2016年2月28日閲覧。
  92. ^ “北原里英の“女子力”の高さが明らかに”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年11月23日). https://mdpr.jp/news/detail/1638426 2016年11月23日閲覧。 
  93. ^ ひぐらしのなく頃に 解 キャスト・スタッフ”. BSスカパー!. スカパー・エンターテイメント (2016年). 2016年11月14日閲覧。
  94. ^ “徳永えり、山下リオ、北原里英ら12名がデリヘル嬢役で「フルーツ宅配便」出演”. 映画ナタリー. (2018年12月23日). https://natalie.mu/eiga/news/313474 2018年12月23日閲覧。 
  95. ^ ストーリー”. 騎士竜戦隊リュウソウジャー. 2019年11月15日閲覧。
  96. ^ 騎士竜戦隊リュウソウジャー 第39話 奪われた聖夜” (日本語). 東映オフィシャルサイト. 2019年12月15日閲覧。
  97. ^ “女の戦争~バチェラー殺人事件~:「ミスマガ」出身の寺本莉緒&“リュウソウピンク”尾碕真花ら女のバトル! “バチェラー”古川雄大を奪い合う”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2021年5月31日). https://mantan-web.jp/article/20210530dog00m200020000c.html 2021年5月31日閲覧。 
  98. ^ テレビ熊本ドキュメンタリードラマ 郷土の偉人シリーズ第29作「結びの糸・原田 茂~洋装への扉を開いた火の国の女~」”. テレビ熊本. 2021年11月3日閲覧。
  99. ^ “きたりえ恋愛我慢できるか!?”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2012年9月30日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/p-et-tp0-20121001-1025825.html 2017年4月22日閲覧。 
    “AKB48北原里英、鎌倉でデート”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2012年12月29日). https://mdpr.jp/news/detail/1218258 2017年4月22日閲覧。 
  100. ^ “HKT48 VS NGT48、新番組「さしきた合戦」スタート”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年1月6日). http://natalie.mu/music/news/171491 2017年4月22日閲覧。 
  101. ^ “AKB北原、SKE須田、乃木坂生駒が「Go!Go!家電男子」で家電アイドル“USB45”に”. ナタリー (ナターシャ). (2015年1月6日) 2015年1月6日閲覧。
  102. ^ “NGT北原里英ラジオで冠番組 10月2日スタート”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2017年9月20日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201709200000074.html 2017年9月20日閲覧。 
  103. ^ “AKB48北原里英「み〜んなの視線を、いただキタハラ!」『アイトーク』発表会”. マイナビニュース (マイナビ). (2012年10月24日). https://news.mynavi.jp/article/20121024-a070/ 2016年11月20日閲覧。 
  104. ^ “NGT48 北原里英が菊水酒造の酒造りに対する思いを感じる”. 日刊エンタメクリップ (日刊エンタメクリップ). (2016年11月20日). http://entameclip.com/news/42736 2016年11月20日閲覧。 
  105. ^ NGT48北原里英、ハンドボールの女神に リーグ40周年記念アンバサダー就任”. ORICON STYLE (2015年11月2日). 2015年11月2日閲覧。
  106. ^ 警視庁サイバーセキュリティ対策本部のツイート2018年8月22日閲覧。
  107. ^ “NGT48北原里英、クリス・ハート新曲MVで涙の熱演「ここで生きていく」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年1月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2065320/full/ 2016年1月14日閲覧。 
  108. ^ “北原里英「女の子は“サイン”があるんです」 AbemaTV『Wの悲喜劇』の新ナレーターに就任!”. AbemaTIMES (AbemaTV). (2018年5月26日). https://times.abema.tv/articles/-/4252568 2018年10月22日閲覧。 
  109. ^ “小林勇貴×藤原季節「すじぼり」場面写真解禁、六平直政や北原里英も出演”. 映画ナタリー. (2019年3月15日). https://natalie.mu/eiga/news/324079 2019年6月23日閲覧。 
  110. ^ “藤田富の主演ホラー「拝み屋怪談」第2弾配信、北原里英が妻役で参加”. 映画ナタリー. (2019年6月11日). https://natalie.mu/eiga/news/335134 2019年6月30日閲覧。 
  111. ^ にじいろ競輪TV / RakutenKdreams【公式】 - YouTubeチャンネル
  112. ^ “宮迫博之と北原里英、劇団「ぐりむ-」新作舞台出演”. 日刊スポーツ. (2018年8月5日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201808040000880.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 2018年8月5日閲覧。 
  113. ^ iceberrybugの2018年8月22日のツイート2018年8月23日閲覧。
  114. ^ “https://natalie.mu/stage/news/301573”. ステージナタリー. (2018年9月28日). https://natalie.mu/stage/news/301573 2018年10月10日閲覧。 
  115. ^ “鈴木拡樹主演の舞台『どろろ』に北原里英、有澤樟太郎ら、全キャスト発表”. エンタステージ. (2018年11月20日). https://enterstage.jp/news/2018/11/010807.html 2018年11月20日閲覧。 
  116. ^ “朗読劇「いつもポケットにショパン」愛原実花・下野紘ら5組が日替わり出演”. ステージナタリー. (2019年3月3日). https://natalie.mu/stage/news/322330 2019年5月1日閲覧。 
  117. ^ “廣瀬智紀・北原里英ら集結で舞台決定「7年を経た進化もお楽しみいただきたい」<「HERO」~2019夏~>”. モデルプレス. (2019年1月22日). https://mdpr.jp/news/detail/1817327 2019年1月24日閲覧。 
  118. ^ “板尾創路×増本庄一郎「THE BAMBISHOW」に北原里英、安里勇哉ら”. ステージナタリー. (2019年4月30日). https://natalie.mu/stage/news/329963 2019年4月30日閲覧。 
  119. ^ 【うち劇】 タイムリープガール 〜80's 歌のヒットパレード~”. うち劇公式サイト. 2020年7月25日閲覧。
  120. ^ マーダーミステリーシアター『演技の代償』”. マーダーミステリーシアター『演技の代償』公式サイト. 2021年2月21日閲覧。
  121. ^ “内博貴主演「走れメロス〜小説 太宰治〜」が“新装”再演、共演に内海光司”. ステージナタリー. (2022年1月20日). https://natalie.mu/stage/news/461773 2022年1月21日閲覧。 
  122. ^ Event”. コスモ★プレイヤーズ公式サイト. 2020年9月14日閲覧。
  123. ^ “北原里英、美しすぎる表紙解禁に「キレイ かわいい 素敵」とファン歓喜”. NewsWalker. (2018年8月3日). https://thetv.jp/news/detail/156817/ 2018年8月5日閲覧。 

外部リンク

指原莉乃

指原 莉乃(さしはら りの、1992年平成4年〉11月21日 - )は、日本タレントプロデューサー[1]

女性アイドルグループ・『=LOVE』と『≠ME』のプロデューサーを務める。女性アイドルグループ・AKB48およびHKT48[2]STU48の元メンバーであり、2013年4月以降、HKT48劇場支配人を兼務していた。AKB48の派生ユニット・Not yetのメンバーである。大分県大分市出身。太田プロダクション所属。

来歴

2007年

2008年

2009年

  • 2月8日から開催されたチームB 4th Stage「アイドルの夜明け」公演では、ユニット曲「愛しきナターシャ」のメンバーである片山陽加田名部生来と3人でユニット名「チーム狩人。」とし、指原は「ドリアン指原」[3]と名乗り活動した。
  • 6月から7月にかけて実施された『AKB48 13thシングル 選抜総選挙』では27位でアンダーガールズ入り。
  • 8月23日に開催された『読売新聞創刊135周年記念コンサート AKB104選抜メンバー組閣祭り』の夜公演において、10月よりチームAへの異動が発表された(実際にチームAへ異動になったのは2010年7月27日)。

2010年

  • 3月25日に行われた『AKB48 満席祭り希望 賛否両論』の夜公演において、太田プロダクションから移籍打診があったことが発表され、当時所属していたAKSから移籍した。
  • 4月30日から、指原莉乃オフィシャルブログ「指原クオリティー」を始めた。
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 17thシングル 選抜総選挙』では19位で総選挙初の選抜入り。「涙サプライズ!」以来の選抜に復帰した。
  • 8月28日、指原本人には知らされずに「ヘビーローテーション」のテレビコマーシャルに挿入する形で、「指原莉乃 改め さしこ」という改名の告知が行われた。『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』出演中の名札も「さしこ」名義のもので、AKB48公式プロフィールおよび太田プロダクション公式プロフィールも「さしこ」に変更された。しかし、翌29日に改名は冗談であり、単に企画であると発表された[4]。名札、プロフィールを変更するまでの徹底ぶりや本人のブログ記事[5] などを受け、インターネットニュースなどでは実際に「さしこに改名する」という報道がなされた[6][7]。28日は戸惑っていたが、翌29日にブログで経緯について説明した[8][9]
  • 9月から10月にかけて『めちゃ×2イケてるッ!』の新メンバーオーディションにAKB48を代表して参加するも、3次審査で落選した[10]
  • 10月13日発売の『月刊ヤングマガジン』(講談社)2010年11月号より、指原を主人公にした4コマ漫画「うざりの」[注 1] が連載開始。連載開始にあたり、2010年10月号(2010年9月8日発売)で指原のプチグラビアとインタビューが掲載された[11]
  • 12月4日午前0時から24時間以内に、ブログ更新100回に挑戦し、アメーバブログランキング1位を目指すことが同年12月3日放送の『週刊AKB』で発表され、12月4日23時55分に目標の100回更新を達成し、翌12月5日更新のアメーバブログランキングでは当日のアクセス数3500万ページビューを達成し歴代1位となった[12][13]

2011年

2012年

2013年

  • 4月28日、日本武道館で開催された『AKB48グループ臨時総会 〜白黒つけようじゃないか!〜』最終日の夜公演にて、HKT48劇場支配人を兼任することが発表された[40]。メンバーと劇場支配人を兼任するのはグループ史上初である[41]。これによりHKT48劇場支配人は尾崎充との二人体制となった[41]
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 32ndシングル 選抜総選挙』では当時の最高獲得票数 150,570票で1位を獲得し、初のセンターポジションに就くこととなった。AKB48の姉妹グループに所属するメンバーが総選挙で1位を獲得するのは初めてである[42]。地元の大分市に帰郷した際には当時の市長の釘宮磐に称賛された[43][注 3]
  • 5月12日、秋元康からのメールで、SKE48終身名誉研究生松村香織[注 4]のソロデビューをプロデュースし「曲を決めて、アレンジを発注して、指原が歌詞を書く」よう指示されたことが、同日深夜に放送された『AKB映像センター』で発表された[44]。8月16日、『AKB48・2013真夏のドームツアー』ナゴヤドーム公演初日に、予算1万円のためハットからブーツまで『AKB48新聞』で作られた衣装を着た松村によって、指原プロデュース曲「マツムラブ!」が披露された[45]
  • 11月8日、ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2013において、「最も笑顔が輝いた著名人」に山本裕典とともに選出された[46]

2014年

2015年

  • 5月13日、2012年より3年間務めた大分市観光大使に再任(任期3年)[52]
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 41stシングル 選抜総選挙』では最高獲得票数 194,049票を獲得し、2年ぶりに1位(通算2回目)となる[53][54]
  • 6月27日、28日に横浜アリーナで開催された『HKT48全国ツアー 〜全国統一終わっとらんけん〜 ツアーファイナル』において総選挙で公約した水着で公演に出ることを2日間3公演で実行した[55][56]。また、28日の夜公演では、2016年1月29日公開の『DOCUMENTARY of HKT48』の監督を務めることが公表された[57]

2016年

2017年

  • 1月30日、2017年夏にCDデビュー予定の声優アイドルのプロデュースをすることが発表され、同日正午よりオーディションの応募受付が開始された[62]。4月29日に合格者がお披露目され、同グループ名は「=LOVE(イコールラブ)」となることが発表された[63]
  • 2月23日(2月22日深夜)放送の『AKB48のオールナイトニッポン』において、STU48の劇場支配人に任命されたこと、メンバーとしてHKT48と兼任することを電話出演で発表した[64]
  • 6月17日、『AKB48 49thシングル 選抜総選挙』で24万6376票を獲得し、AKB48の選抜総選挙では史上初となる3連覇(通算4回目)を達成した[65]
  • 11月25日、『瀬戸内7県ツアー 〜はじめまして、STU48です。〜』広島公演においてSTU48との兼任解除と同劇場支配人兼務を終了することを発表した[66]
  • 12月24日(12月23日深夜)放送の『ラストアイドル』(テレビ朝日)において、ラストアイドルファミリー5ユニットによる2ndシングル表題曲バトルのプロデュースを織田哲郎小室哲哉つんく♂、秋元康とともに担当することを発表した[67]

2018年

  • 1月14日(1月13日深夜)放送の『ラストアイドル』において、指原がプロデュースを担当するグループが「Someday Somewhere」に決定した[68]
  • 1月18日、TOKYO DOME CITY HALLで自身初のソロコンサート『指原莉乃ソロコンサート〜アイドルとは何か?〜』を開催した[69]
  • 12月15日、TOKYO DOME CITY HALLで行われたHKT48の単独コンサートで、グループからの卒業を発表した[70]

2019年

  • 2月24日、プロデュースしたアイドルグループ「≠ME」がお披露目された[71]
  • 4月28日、横浜スタジアムで『指原莉乃 卒業コンサート 〜さよなら、指原莉乃〜』を開催し、同日をもってHKT48を卒業した[70][72]
  • 5月28日、マリンメッセ福岡で「指原莉乃大感謝祭」を開催した[70]

2020年

2021年

  • 1月1日、YouTubeチャンネル「さしはらちゃんねる」を開設した[70][74]

人物

  • 小学校1年の頃に『ASAYAN』でモーニング娘。を知り好きになったことをきっかけに、女性アイドルに傾倒する[75]。憧れの存在はモーニング娘。であり、中でも亀井絵里の大ファンだった[76]。気に入っているメンバーがやめた後、興味が薄れてファンから一旦離れたため、しばらく知ってるメンバーが道重さゆみしかいない状態になったが、それにより「むしろ1周回って、新しくなりすぎて、また興味がわいてきた」という[77]。ほかにハロー!プロジェクトのメンバーとしてBerryz工房熊井友理奈℃-ute萩原舞[78]とモーニング娘。の佐藤優樹を推しメンとして挙げている[79]。なお自身も過去にハロー!プロジェクトのオーディションに応募したものの、書類審査で落選した[80]
  • 乃木坂46では秋元真夏を推しメンとして挙げている[81]
  • トロンボーンを演奏することができる[82]。トロンボーンは中学校の吹奏楽部で初めて習い、中学2年の夏に吹奏楽の県大会にトロンボーン班として金賞を受賞し、顧問からは一人一人の技術の向上と仲間意識の大切さを特に強く教わったという[75]
  • 母親が大分トリニータが大好きだったため、小学生の頃は毎回ホームゲームを見に行っていた[83]。トリニータのレプリカユニフォームをレッスン着として着用したことをブログに投稿した。背番号は自らのニックネームに掛けて34番[84]。母の事を慕っており、富豪買いでプレゼントしたこともある[85]
  • 趣味はヘッドフォン、イヤホン集め[86]。2010年に一時期、恋愛シミュレーションゲームラブプラス』に熱中していたことがある[87]
  • 「おでん好きアイドル」や「カップめんアイドル」として雑誌で取上げられたことがある[88]
  • 好きな男性のタイプはインパルス板倉俊之と公言している[89]
  • 英語が得意な一方で数学は苦手[90]
  • NHK連続テレビ小説』への出演には消極的な姿勢である[91]
  • AKB48グループ卒業後は歌手活動をしないことを明言している[92][93]
  • 2018年3月7日、自身のツイッターで、「ICL」と呼ばれる視力矯正手術を受けたことを公表[94]
  • Snow Man渡辺翔太とは、高校時代の同級生であった[95]
  • カラコンやコスメのプロデュースをしている[96]
  • サザンオールスターズ桑田佳祐に気に入られていて、『ミュージックステーション』で共演した際の印象を「指原さんはわざわざ控え室まで丁寧に挨拶きてくれてほんとうに礼儀正しい」と自身のラジオ番組で高く評価している[97]。同番組で2016年のAKB48選抜総選挙について語った際には「俺も一票を入れましたから」とCDを買ったかなどの真偽は明かさなかったがコメントしスタジオを笑いに包んだ[98][99][100]

AKB48

  • 愛称は、「さっしー」や柏木由紀が付けた「さしこ」である。また昇格当初には緑色が好きだったことから、平嶋夏海に「みどりーの」と名付けられた[101]
  • キャッチフレーズは「あなたのハートを指しちゃうぞ。さっしーこと指原莉乃です」。『AKB48 チームB 4th Stage「アイドルの夜明け」』公演の自己紹介は「私の性格って、白いですか? それとも黒いですか? 私の性格は限りなく白に近い灰色。大分県出身、指原莉乃です」。『AKB48 チームA 6th Stage「目撃者」』公演では「勢いだけはある女 あなたの心の指原クオリティー 覚醒! 大分県出身 指原莉乃です!」。2011年10月26日の夜公演からは「さしこのクセにがいつのまにかクセになる〜!! 大分県出身 指原莉乃です」となっている。
  • 選抜曲の振りなどはDVDなどを見ながら覚える。ただそのままでは左右反転して覚えてしまうため、振りは絵に描き起こし、それも見ながら覚える。また立ち位置などはプリントアウトした歌詞に書いて覚えている[75]。「RIVER」や「ポニーテールとシュシュ」は全ポジションをこなせ(どのポジションでも入れるようにするため)、他の曲の直前の代役でもしっかり覚えてくるためスタッフからの信頼が厚い[102][103]
  • 第1回選抜総選挙からランクインし第5回で1位になるまで毎回順位を上げ続けた(第6回ではランクダウンした)[注 5]
  • キャプテンの高橋みなみが不在の際のチームA公演では、まとめ役を任されていた[75]
  • 戸賀崎智信が握手会の評判の高いメンバーの一人として名前を挙げている[104]
  • AKB48に入った際は、仲の良かった友人には話してから上京した(AKB48に入ることは告げてはいない)[102]。それから2年半、『週刊プレイボーイ』の撮影で訪れるまで大分に一度も帰らなかった[105]
  • 小野晴香(元SKE48)は、母校の大分市立王子中学校[106]の先輩で兄の同級生であり[107]矢方美紀(元SKE48)は中学校のクラスメイトである[108]
  • 大家志津香福岡県出身)、北原里英(元NGT48愛知県出身)、元研究生の冨田麻友(香川県出身)・中西優香(元SKE48、愛知県出身)とは、上京してから約1か月間共に生活した間柄で[109]、指原を含めたこの5人、特に冨田以外の2011年時点において芸能活動を行っていた4人を「旧地方組」[110]、また大家、北原、指原の3人に小森美果(愛知県出身)と横山由依京都府出身)を加えた5人を「地方組」と呼んでいた[111]
  • ブログのタイトル「指原クオリティー」を名付けたのは柏木由紀である[112]
  • 2010年当時、AKB48のセンターになる野望を持っていたが、秋元康からは、おしゃべりであることから「アイドル向きじゃない」と言われ、放送作家転向を勧められていた[113][114]。一方で、2012年1月2日の『新春TV放談2012』(NHK総合)では、秋元康は「指原莉乃推し」と語った[115]
  • 2021年のタレントパワーランキング(48グループ卒業・脱退メンバー)で1位を獲得した[116]

HKT48

田中美久矢吹奈子の両名に対しては、衣装で着用しているケーキ型のイヤリングを口に含むほか、挨拶がわりに頬を触る。時にはステージ上でも同様の行為をするため、矢吹曰く「(指原の)されるがまま」になっている[117]

宮脇咲良はHKT48卒業発表に際して、指原に対し「全部救ってくれた。そばで見ていて気づいてくれて、ステキな言葉で守ってくれる。」と感謝した[118]

AKB48・HKT48・STU48での参加楽曲

シングル

AKB48

HKT48

アルバム

AKB48

HKT48

  • 092』(2017年12月27日)
    • 人差し指の銃弾
    • 2018年の橋

その他の参加楽曲

劇場公演ユニット曲

チームB 3rd Stage「パジャマドライブ」
  • 純情主義(バックダンサー)
  • 鏡の中のジャンヌ・ダルク ※
菊地彩香降板後
チームK 4th Stage「最終ベルが鳴る」
梅田彩佳の全員曲アンダー
チームA 4th Stage「ただいま恋愛中」リバイバル公演
  • Faint
板野友美のアンダー
研究生「ただいま恋愛中」公演
  • Faint
チームB 4th Stage「アイドルの夜明け」
  • 愛しきナターシャ
チーム研究生「アイドルの夜明け」公演
  • 残念少女
  • 愛しきナターシャ
THEATRE G-ROSSO「夢を死なせるわけにいかない」公演
  • Confession
※板野友美・菊地あやかのスタンバイ
チームA 6th Stage「目撃者」
  • 炎上路線
  • サボテンとゴールドラッシュ※
篠田麻里子のユニットアンダー
チームH 1st Stage「手をつなぎながら」
  • Glory days
  • この胸のバーコード
チームH 「博多レジェンド」公演
  • 制服レジスタンス
  • 制服のバンビ
ひまわり組「パジャマドライブ」公演
  • 鏡の中のジャンヌ・ダルク
チームH 2nd Stage「青春ガールズ」
  • Blue rose
  • ふしだらな夏
チームH 3rd Stage「最終ベルが鳴る」
  • おしべとめしべと夜の蝶々

作品

シングル

リリース日タイトル最高
週間
順位
販売形態レコードNo:形態備考
avex traxレーベル
12012年5月2日それでも好きだよ2位CD+DVD
CD+DVD
CD+DVD
CD
AVCD-48401/B
AVCD-48402/B
AVCD-48403/B
AVC1-48404/B
通常盤A
通常盤B
通常盤C
劇場盤



オリコン集計対象外[120]
22012年10月17日意気地なしマスカレード1位CD+DVD
CD+DVD
CD+DVD
CD
AVCD-48549/B
AVCD-48550/B
AVCD-48551/B
AVC1-48552
Type A
Type B
Type C
Type D(劇場盤)
指原莉乃 with アンリレ 名義

映像作品

#リリース日タイトルレーベル規格品番販売形態
12018年10月19日指原莉乃 ソロコンサート〜アイドルとは何か?〜AKSHKT-D0035DVD
HKT-D0036Blu-ray
22019年8月7日指原莉乃 卒業コンサート〜さよなら、指原莉乃〜AKSHKT-D0042SPECIAL DVD BOX
HKT-D0043SPECIAL Blu-ray BOX
HKT-D0044DVD

ソロ楽曲

参加作品

タイアップ

楽曲タイアップ収録作品
それでも好きだよ日本テレビドラマ:『ミューズの鏡』主題歌1stシングル「それでも好きだよ」
意気地なしマスカレード映画:『劇場版 ミューズの鏡〜マイプリティドール〜』主題歌
常盤薬品工業「なめらか本舗」CMソング
2ndシングル「意気地なしマスカレード」

プロデュース

多くの作詞をしている[121]

イベント

アイドル

監督作品

映画

CM

  • ロッテ×HKT48「HKT48のおかしなクリパ」(2016年12月24日) - 九州地区のみ[124]

コンサート

出演

バラエティ・情報番組

現在の出演番組

不定期出演番組

過去の出演番組

ネット配信

現在の出演番組

  • ヒロミ・指原の“恋のお世話始めました”(2020年10月30日 - 、ABEMA[128]

過去の出演番組

テレビドラマ

テレビアニメ

広報番組

ラジオ

映画

劇場アニメ

舞台

CM

  • 行政広報
    • 内閣府
      • 政府広報 CM NO JKビジネス篇 『NO JKビジネス』「本当に悪質。知っておいてその手口」(2019年5月 - )
    • 大分県
      • 「#新しいおおいた」(2020年11月 - )[172]
    • 大分県警察(2019年7月29日 - )
    • 大分市

放映中のCM

放映が終了したCM

イベント

受賞歴

2013年
2014年
  • VOCE ベストコスメ年間グランプリ特別賞 THE BEST BEAUTY OF THE YEAR[211]
2016年
  • BEAUTY WEEK AWARD 2016 ツヤツヤロング部門賞[212]
2017年
2019年
  • VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2019[213]

書籍

著書

写真集

雑誌連載

カレンダー

  • B.L.T. U-17 vol.8(2008年11月6日、東京ニュース通信社
  • B.L.T.U-17 Vol.11 sizzleful girl 2009 summer(2009年8月5日、東京ニュース通信社)
  • 指原莉乃 2011年カレンダー(2010年9月30日、ハゴロモ
  • 指原莉乃 2012年カレンダー(2011年11月19日、ハゴロモ)
  • 指原莉乃 2012 TOKYOデートカレンダー(2011年11月29日、ハゴロモ)

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 2010年10月号にて、事前に公表されていたタイトル「うざりの」から「さしこ」に改題されたことが告知されたが、連載第1回の11月号にて「うざりの」に戻ったことが発表された。
  2. ^ 6月16日を意味していた。
  3. ^ 釘宮は自己を引き合いに出し「15万票なんて私も獲得したことがない」と述べた[43]。釘宮が大分市長に当選した際の得票数は9万余りである。
  4. ^ 2015年3月に終身名誉研究生からSKE48チームKIIに昇格している。
  5. ^ 柏木由紀、高城亜樹松井玲奈(SKE48)が第3回選抜総選挙まで順位を上げたが、第4回でいずれも順位を維持もしくは下げた。
  6. ^ 徳井義実後藤輝基SHELLYと共同で担当。
  7. ^ 坂上忍と共同で担当。
  8. ^ ヒロミと共同で担当。
  9. ^ 過去に2回の特別番組と1か月限定の放送を経て、レギュラー放送化された。
  10. ^ 若林正恭と共同で担当。
  11. ^ オードリーと共同で担当。
  12. ^ バカリズムと共同で担当。
  13. ^ 妻夫木聡渡辺麻友水川あさみと共演。
  14. ^ 妻夫木聡・山下智久・渡辺麻友と共演。
  15. ^ 妻夫木聡・前田敦子・渡辺麻友と共演。

出典

  1. ^ 指原莉乃プロデュース声優アイドルオーディション開催 | Billboard JAPAN 2017年4月12日配信 2021年5月24日閲覧。
  2. ^ a b さしこ WセンターでHKTデビュー - デイリースポーツ 2012年7月6日配信 2021年5月24日閲覧。
  3. ^ ドリアン - 指原莉乃オフィシャルブログ(2011年1月20日)
  4. ^ 「さしこ問題について」 - AKB48オフィシャルブログ(2010年8月29日)
  5. ^ さしこ - 指原莉乃オフィシャルブログ(2010年8月28日)
  6. ^ AKB指原 24時間テレビのCM中「さしこ」に改名”. ネタリカ. Yahoo!japan (2010年8月29日). 2010年9月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月30日閲覧。
  7. ^ “AKB指原莉乃、24時間テレビ中に「さしこ」に改名”. イザ! (産経デジタル). (2010年8月29日). オリジナルの2010年8月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100831185616/http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/433638/ 
  8. ^ ちょまwwww - 指原莉乃オフィシャルブログ(2010年8月28日)
  9. ^ さしこ夏の陣〜盛大に釣られるのが漢ってもんだ〜 - 指原莉乃オフィシャルブログ(2010年8月29日)
  10. ^ 指原莉乃がAKBを代表してめちゃイケオーディション参加 (Ameba News) - エキサイトニュース ネットコラム(2010年10月11日)
  11. ^ さしこ - 指原莉乃オフィシャルブログ(2010年9月8日)
  12. ^ “アイラビュッッ!!!!”AKB48「指原莉乃」、ブログ更新100回&ランキング1位獲得に成功 - RBB TODAY(2010年12月5日)
  13. ^ AKB指原ブログ一日3500万PV 前田敦子抜きアクセス歴代1位 - J-CAST NEWS(2010年12月7日)
  14. ^ AKB48大島優子率いる新ユニット「Not yet」デビュー決定! ORICON STYLE(2011年1月21日)2011年1月21日閲覧。
  15. ^ a b c AKB48指原、ブログ更新企画で9100万PV、総コメント数81万件の大記録! - RBB TODAY(2011年5月23日)
  16. ^ 200 - 指原莉乃オフィシャルブログ(2011年5月21日)
  17. ^ “AKB48グループが保持するギネス世界記録の数々”. ギネス社. (2014年6月10日). https://www.guinnessworldrecords.jp/news/2014/6/akb48groupe 
  18. ^ AKB48 22ndシングル選抜総選挙結果 - AKB48オフィシャルブログ(2011年6月10日)
  19. ^ AKB48の指原莉乃が「いいとも!」新レギュラーに! ブログで「うわあああー!」”. RBB TODAY (2011年10月3日). 2015年9月13日閲覧。
  20. ^ 【エンタがビタミン♪】秋元才加が“いいとも”卒業。指原莉乃は月曜に、爆笑問題は異例の別曜日でバラバラに。”. Techinsight (2012年3月29日). 2015年9月13日閲覧。
  21. ^ HKT指原莉乃 「いいとも!」名札をもらったことを報告”. 日刊アメーバニュース (2014年4月1日). 2015年9月13日閲覧。
  22. ^ tgsk48のツイート(155890013882691584) - とがちゃん(AKB48劇場支配人)
  23. ^ AKB48・指原莉乃、3月ソロデビュー 初主演ドラマ『ミューズの鏡』主題歌に決定 ORICON STYLE(2012年1月8日)
  24. ^ “指原莉乃サマンサミューズ就任「どうしてこうなった?」”. 音楽ナタリー. (2012年2月22日). https://natalie.mu/music/news/64916 2018年8月28日閲覧。 
  25. ^ 指原莉乃さんを大分市観光大使(第1号)に任命しました - 大分市役所 2012年4月18日
  26. ^ 指原莉乃 オフィシャルサイト - エイベックス・マーケティング
  27. ^ 本人投稿 - Google+(2012年5月4日8時50分投稿)
  28. ^ 本人投稿 - Google+(2012年5月5日17時3分投稿)
  29. ^ 本人投稿 - Google+(2012年5月5日18時5分投稿)
  30. ^ AKB48 27thシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2012年6月6日)
  31. ^ さしこ謝罪「お友達だった」HKT移籍へ - サンケイスポーツ 2012年6月16日(2012年6月30日閲覧)、オリジナルの2012年9月18日のアーカイブ
  32. ^ AKB48指原莉乃、HKT48へ緊急移籍 ナタリー(2012年6月16日)2012年6月16日閲覧。
  33. ^ a b “AKB48・指原莉乃プロデュースのアイドルイベントを日本武道館で開催決定”. BARKS (グローバル・プラス). (2012年4月21日). http://www.barks.jp/news/?id=1000078981 2012年4月21日閲覧。 
    “AKB48・指原莉乃プロデュースのアイドルイベントを日本武道館で開催決定”. BARKS (グローバル・プラス). (2012年4月21日). http://www.barks.jp/news/?id=1000078981 2012年4月21日閲覧。 
    “AKBさしこ「お邪魔します」ももクロ・ライブ乱入にファン困惑気味”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2012年4月22日). オリジナルの2012年4月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120422232116/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120422/ent12042207010003-n1.htm 2012年4月23日閲覧。 
  34. ^ 指原莉乃HKT48劇場公演初出演のお知らせ - HKT48オフィシャルウェブサイト(2012年6月29日)2012年6月30日閲覧。
  35. ^ 指原莉乃、27時間テレビで1人ライブ! 当初はAKBメンバー出演予定もHKT移籍でキャンセル - シネマトゥディ 2012年7月14日
  36. ^ 指原ドッキリ“たった1人の残念ライヴ”にメンバー登場 - Sponichi Annex(スポーツニッポン新聞社)2012年7月23日
  37. ^ 指原莉乃がAKB48劇場で最終公演 - 仲間からの手紙に涙「全力で頑張る!」 - マイナビ 2012年7月24日
  38. ^ HKT指原莉乃、AKB48劇場に凱旋決定! 出張公演が発表 - シネマトゥディ 2012年8月7日(2012年8月8日閲覧)
  39. ^ 指原莉乃 オフィシャルサイト - エイベックス・マーケティング (2012年9月24日)
  40. ^ 指原莉乃がHKT劇場支配人兼任に - デイリースポーツ 2013年4月28日(2013年4月28日閲覧)
  41. ^ a b さしこサプライズ!HKT劇場支配人兼任 - 日刊スポーツ 2013年4月28日(2013年4月28日閲覧)
  42. ^ 【第5回AKB総選挙】大島敗れる…指原莉乃、ついに初センター奪取! 篠田麻里子はAKB卒業を発表 オリコンスタイル(2013年6月8日)同日閲覧。
  43. ^ a b 指原莉乃が大分凱旋!市長15万票に羨望!? - 日刊スポーツ (2013年6月15日)
  44. ^ SKE松村香織 指原プロデューサーに感謝「4位様はすげー」”. Sponichi Annex (2013年5月13日). 2018年8月28日閲覧。
  45. ^ SKE松村香織、新聞衣装でソロ曲初披露 さしこ全面プロデュース”. ORICON STYLE (2013年8月16日). 2014年1月13日閲覧。
  46. ^ 今年もっとも笑顔が輝いた著名人「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2013」が決定 - モデルプレス(2013年11月8日)2013年11月10日閲覧。
  47. ^ 『月刊AKB48新聞』2013年12月号P30
  48. ^ VOCE ベストコスメ授賞式!HKT48の指原莉乃さんがTHE BEST BEAUTY OF THE YEARに決定!”. iVOCE. 講談社 (2014年1月29日). 2014年1月29日閲覧。
  49. ^ a b “指原莉乃、総選挙1位祝いで映画主演!「勇者ヨシヒコ」福田雄一監督とタッグ”. シネマトゥデイ. (2014年2月5日). http://www.cinematoday.jp/page/N0060266 2014年2月5日閲覧。 
  50. ^ 内田裕也&さしこ 53歳差デュエット「シェキナベイベー」 - スポーツニッポン(2014年4月23日)
  51. ^ 渡辺麻友が悲願の初V、指原は「センターを全力で支えたい」 - エンタメNEXT(2014年6月8日)
  52. ^ 指原莉乃さんを大分市観光大使に再任しました - 大分市公式ホームページ 2015年5月26日
  53. ^ 「AKB48 41stシングル 選抜総選挙」開票結果”. AKB48オフィシャルブログ (2015年6月6日). 2015年6月6日閲覧。
  54. ^ 【第7回AKB総選挙】さしこ女王奪還“地元でリベンジ” 史上最多の19万票超え”. オリコン (2015年6月6日). 2015年6月6日閲覧。
  55. ^ HKT指原莉乃ビキニ姿でコンサート 公約果たす 日刊スポーツ(2015年6月27日)
  56. ^ 指原莉乃は脱ぎたがり?1日2度夜公演でビキニ披露 日刊スポーツ(2015年6月28日)
  57. ^ 指原莉乃が映画監督に「メンバーを素っ裸にしたい」 日刊スポーツ(2015年6月28日)
  58. ^ “AKB48総選挙:HKT指原莉乃、史上初の連覇達成 過去最多24万3011票”. MANTANWEB (MANTAN). (2016年6月18日). https://mantan-web.jp/article/20160618dog00m200042000c.html 2016年10月26日閲覧。 
  59. ^ “指原莉乃、西川史子の結婚のすすめに驚き「売れっ子のうちに決めておかないと…」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年8月30日). https://mdpr.jp/news/detail/1610406 2016年10月26日閲覧。 
  60. ^ a b “指原莉乃「キョンキョン、聖子ちゃんみたいになりたい」 初ディナーショーに感激”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年11月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2081678/full/ 2016年12月9日閲覧。 
  61. ^ “AKB48“紅白選抜”全順位発表<1位〜48位/全メンバー最終獲得票数>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年12月31日). https://mdpr.jp/music/detail/1651212 2018年3月28日閲覧。 
  62. ^ “指原莉乃:声優アイドルをプロデュース 発掘オーディション開催へ「野生の勘で選びたい」”. MANTANWEB (MANTAN). (2017年1月30日). https://mantan-web.jp/article/20170129dog00m200026000c.html 2017年3月29日閲覧。 
  63. ^ “指原莉乃:プロデュースしたアイドルユニット「=LOVE」お披露目 選考時「興奮して鼻血出た」”. MANTANWEB (MANTAN). (2017年4月29日). https://mantan-web.jp/article/20170429dog00m200027000c.html 2017年5月9日閲覧。 
  64. ^ “指原莉乃、STU48劇場支配人兼任発表 キャプテンはAKB48兼任の岡田奈々”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年2月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2086401/full/ 2017年2月23日閲覧。 
  65. ^ 指原莉乃が総選挙初3連覇!2位渡辺麻友は卒業発表 - 日刊スポーツ (2017年6月17日) 2017年6月17日閲覧。
  66. ^ “指原莉乃STU兼任終了 HKT再建へ「ライバル」”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2017年11月25日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201711250000565.html 2017年11月25日閲覧。 
  67. ^ 『ラストアイドル』2ndシングルかけて5人のプロデューサーが激突”. ORICON NEWS (2017年12月24日). 2018年1月14日閲覧。
  68. ^ a b c 「ラストアイドル」2ndシングル賭けたグループ対抗戦、担当プロデューサー組み合わせ決定”. 音楽ナタリー (2018年1月14日). 2018年1月14日閲覧。
  69. ^ a b “指原莉乃、総選挙公約「サシコ100%」実行 アイドル続行宣言”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年1月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2104288/full/ 2018年1月19日閲覧。 
  70. ^ a b c d “指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年12月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2125513/full/ 2018年12月15日閲覧。 
  71. ^ =LOVEに姉妹グループ「≠ME」誕生、指原莉乃「今までとは違う自分を経験して」 音楽ナタリー 2019年2月24日配信 2021年12月20日閲覧。
  72. ^ “数々の伝説残し…指原莉乃、涙のアイドル卒業「平成、超楽しかったです」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年4月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2134708/full/ 2019年4月28日閲覧。 
  73. ^ 指原莉乃、大分県と日本赤十字社に2000万円寄付 豪雨の被災地支援ORICON NEWS 2020年7月14日配信 2021年8月25日閲覧。
  74. ^ “指原莉乃、ファンのためYouTubeチャンネル開設「自分のことをしゃべることが少なく」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年1月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2180917/full/ 2021年1月1日閲覧。 
  75. ^ a b c d 『指原莉乃 1stフォトブック さしこ』(講談社)より[要ページ番号]
  76. ^ 日経エンタテインメント!』(日経BP社)2011年3月号[要ページ番号]
  77. ^ 『月刊AKB48新聞』2013年12月号[要ページ番号]
  78. ^ 推しメンとは? 指原莉乃オフィシャルブログ(2010年5月15日)
  79. ^ “指原莉乃:「今くら」でモー娘。佐藤優樹への“愛”熱弁 「分かりみが深い」「どんどん紹介して」と共感の声続々”. まんたんウェブ (MANTAN). (2020年9月2日). https://mantan-web.jp/article/20200902dog00m200083000c.html 2020年9月24日閲覧。 
  80. ^ “HKT48指原莉乃「ハロプロ」オーディション書類落ちの過去告白 つんくに詰問”. MANTANWEB. (2016年8月7日). https://mantan-web.jp/article/20160807dog00m200040000c.html 2016年8月9日閲覧。 
  81. ^ 指原 乃木坂の“推しメン”は秋元真夏「前向きですてきだなあ」”. スポーツニッポン新聞社 (2014年3月4日). 2014年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月4日閲覧。
  82. ^ 太田プロ公式プロフィール
  83. ^ 「大興奮してきました!!!」 - 指原莉乃オフィシャルブログ(2010年5月24日)
  84. ^ オグーロ、ヤナギサーワ、タマーダ、、 指原莉乃オフィシャルブログ(2010年5月11日)
  85. ^ 指原莉乃が富豪買い100万ティファニー&エルメスのピコタンに「邪念吹っ飛ぶ幸せ」”. デイリースポーツ online (2021年11月7日). 2021年11月7日閲覧。
  86. ^ どこにいったのか 指原莉乃オフィシャルブログ(2011年2月16日)
  87. ^ 今日の総括?5月20日? 指原莉乃オフィシャルブログ(2010年5月20日)
  88. ^ 週刊プレイボーイ』(集英社)2009年11月16日発売・No.46号、2010.5.31発売No.22号[要ページ番号]
  89. ^ 指原莉乃 「早く結婚したい」理想の結婚相手はインパルスの板倉 リアルライブ(2014年8月3日)
  90. ^ 52、続・豆知識 指原莉乃オフィシャルブログ (2010年12月4日)
  91. ^ 指原はNHK朝ドラに消極的「期待背負いたくない」,日刊スポーツ,2017年8月25日
  92. ^ さっしー、卒業後の夢は紅白司会!?「なるべく早くそうなれたら」/紅白リハ,サンケイスポーツ,2018年12月30日
  93. ^ 指原莉乃、紅白司会への意欲なし!?「私は下品なMCなので。夢のまた夢」,スポーツ報知,2018年12月30日
  94. ^ HKT48指原も挿入で話題 「永久コンタクト」の安全性とお得感AERA dot.2018年月24日
  95. ^ 向原康太 (2019年3月30日). “指原莉乃、Snow Man 渡辺翔太との同級生エピソード明かす「クラスの人気者で目立つ存在でした」”. Real Sound (blueprint). https://realsound.jp/2019/03/post-341004.html 2019年4月1日閲覧。 
  96. ^ 指原莉乃、最強ママタレへ!“コスメ・カラコン”「育児とビジネス」占いで億万長者確定 日刊大衆 2021年7月28日配信 2021年7月29日閲覧。
  97. ^ 伊集院光や桑田佳祐からも 芸能人から絶賛される指原莉乃エキサイトニュース 2015年5月13日配信 2021年8月30日閲覧
  98. ^ 桑田佳祐「俺も1票入れました」 指原莉乃の『AKB48総選挙』1位に言及(1ページ目)excite.ニュース Techinsight 2016年6月19日配信 2021年8月30日閲覧。
  99. ^ 桑田佳祐「俺も1票入れました」 指原莉乃の『AKB48総選挙』1位に言及(2ページ目)excite.ニュース Techinsight 2016年6月19日配信 2021年8月30日閲覧。
  100. ^ いとしのさっしー?指原莉乃「奇跡の得票数」はサザン桑田佳祐のおかげだった excite.ニュース Asagei plus 2016年6月23日配信 2021年8月30日閲覧。
  101. ^ 『AKB48 チームB 4th Stage「アイドルの夜明け」』 2010年4月8日公演
  102. ^ a b 『まるっとAKB48 2 with SKE48&NMB48&SDN48&HKT48』(光文社[要ページ番号]
  103. ^ 『AKB48総選挙公式ガイドブック2012』(講談社)[要ページ番号]
  104. ^ 『AKB48総選挙! 水着サプライズ発表2011』(集英社[要ページ番号]
  105. ^ そんなわけで 指原莉乃オフィシャルブログ(2010年10月31日)
  106. ^ 大分市観光大使第1号「指原莉乃」さんの就任式を行いました”. 大分市 (2012年5月2日). 2016年5月8日閲覧。
  107. ^ 『AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2010 ライブDVD』コメンタリー
  108. ^ “【62位】矢方美紀 とびきりの笑顔!指原とは元クラスメート”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2012年6月6日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/06/06/kiji/K20120606003408870.html 2012年11月15日閲覧。 
  109. ^ 上京してからの思ひ出 指原莉乃オフィシャルブログ(2010年5月14日)
  110. ^ チーム2:50 指原莉乃オフィシャルブログ(2011年7月12日)
  111. ^ 横山と西中 指原莉乃オフィシャルブログ(2010年10月11日)
  112. ^ 違い 仲谷明香公式ブログ (2010年5月24日)[リンク切れ]
  113. ^ 秋元康がAKB48指原莉乃に放送作家転向を勧めるも、初企画には厳しくダメ出し - MOVIE Collection, 2010年12月7日
  114. ^ “秋元康、指原センターより「AKBの裏方に」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2010年12月7日). オリジナルの2010年12月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101210150512/http://www.sanspo.com/geino/news/101207/gnj1012071035019-n1.htm 
  115. ^ “【エンタがビタミン♪】秋元康が語る、AKB48「指原莉乃“推し”の理由」「K-POPとの違い」”. マイナビニュース. (2012年1月3日). http://japan.techinsight.jp/2012/01/tvhoudan2012_akimoto1201030952.html 2012年4月23日閲覧。 
    “2012年のAKB48注目株 秋元康「僕は指原莉乃押し」”. J-CASTニュース. (2012年1月4日). http://www.j-cast.com/2012/01/04118022.html?p=all 2012年4月23日閲覧。 
    秋元康投稿 - Google+(2012年1月6日17時48分投稿)
  116. ^ 『タレントパワーランキング』が48グループ卒業・脱退メンバーのランキングを発表!株式会社アーキテクトがスタートさせた、WEBサイト『タレントパワーランキング』ランキング企画第十六弾!! PR TIMES 2021年2月12日配信 2021年8月31日閲覧。
  117. ^ “HKT48 なこみく探偵団 矢吹奈子×田中美久 見つかっちゃった3期生が見つけた「HKT48」のヒミツ”. 月刊ENTAME (徳間書店): 60ページ. (2014年). 
  118. ^ 宮脇咲良、指原莉乃の偉大さを語る「ずっと救ってくれる」 卒業後も「HKTメンバーは一生の仲間」 ORICON NEWS 2021年5月20日配信 2021年8月31日閲覧。
  119. ^ 指原莉乃の卒業ソング「私だってアイドル!」MV 写真特集 2021年3月11日閲覧。
  120. ^ ご報告とお詫び - 指原莉乃エイベックス公式サイト(2012年5月3日)2012年5月4日閲覧。
  121. ^ 指原莉乃作詞の歌詞一覧リスト 2020年1月24日閲覧
  122. ^ “ラストアイドル、4thシングル発売日に“思い出の地”で楽曲披露 1周年記念コンサート開催決定も”. Real Sound (blueprint). (2018年10月25日). https://realsound.jp/2018/10/post-268586.html 2018年10月26日閲覧。 
  123. ^ 映画公式サイト
  124. ^ HKT48×ロッテCMを指原が監督「『なるべく』可愛く撮れるように頑張ります」音楽ナタリー(2016年11月1日)2016年12月25日閲覧。
  125. ^ “指原、パーマ大佐と同じマネジャー「元気がない」”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2017年1月22日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/01/22/0009851198.shtml 2017年4月6日閲覧。 
  126. ^ “新MCは指原莉乃『今夜くらべてみました』サプライズ発表にスタジオ騒然”. テレビドガッチ (プレゼントキャスト). (2016年2月10日). http://dogatch.jp/news/ntv/37653 2017年4月6日閲覧。 
  127. ^ “坂上忍&指原 TBS日曜8時枠で新バラエティー“つぶれない番組に””. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年2月28日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/28/kiji/20180227s00041000252000c.html 2018年3月15日閲覧。 
  128. ^ a b “テレ朝深夜枠&ABEMAに秋元康企画の2番組が登場、月イチレギュラー”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年10月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2174402/full/ 2020年10月18日閲覧。 
  129. ^ “指原莉乃:日テレ土曜昼の新番組「ゼロイチ」MCに 「家族で楽しめる番組目指す」”. MANTANWEB (MANTAN). (2021年3月9日). https://mantan-web.jp/article/20210308dog00m200077000c.html 2021年3月9日閲覧。 
  130. ^ “さしこのくせにAKB48初ソロ冠番組、今夜からスタート”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2011年1月11日). http://natalie.mu/music/news/43258 2017年4月6日閲覧。 
  131. ^ “「いいとも!」新レギュラーに渡辺直美、AKB48・指原莉乃、山崎弘也が決定! いいとも青年隊には初のジャニーズJr.が!”. webザテレビジョン (KADOKAWA). (2011年10月2日). https://thetv.jp/news/detail/24942/ 2017年4月6日閲覧。 
  132. ^ 山口朝日放送:2014年11月30日、青森朝日放送:2014年12月27日、大分朝日放送:2015年1月10日 - 4月4日、等
  133. ^ “爆問太田ら再勧告「チーム内恋愛禁止」にさしこ悪ノリ”. ORICON STYLE (oricon ME). (2012年9月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2016930/full/ 2017年4月6日閲覧。 
  134. ^ “さしこ、初の単独MCで歴代司会者にモノ申す! HKT48関東初冠レギュラー始動”. ORICON STYLE (oricon ME). (2012年9月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2016919/full/ 2017年4月6日閲覧。 
  135. ^ “3号館オープン!HKT48レギュラー番組「HaKaTa百貨店」新シリーズ”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年1月8日). http://natalie.mu/music/news/135715 2017年4月6日閲覧。 
  136. ^ “乃木坂46×HKT48、面白さを競って冠番組バトル勃発”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2013年6月22日). http://natalie.mu/music/news/93390 2017年4月6日閲覧。 
  137. ^ “指原莉乃:福田雄一監督と「指原の乱」 総選挙首位後初の冠番組!”. まんたんウェブ (毎日新聞デジタル(現・MANTAN)). (2013年10月3日). https://mantan-web.jp/article/20131003dog00m200068000c.html 2017年4月6日閲覧。 
  138. ^ “AKB48、恋愛解禁?指原莉乃・小嶋陽菜・高橋みなみらが恋愛観を告白”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年3月31日). https://mdpr.jp/news/detail/1345262 2017年4月6日閲覧。 
  139. ^ “指原莉乃、AKBうっとり美乳ランキング発表に「楽しみにして!」と自信!?『※AKB調べ』”. シネマカフェ (プレゼントキャスト). (2014年10月15日). https://www.cinemacafe.net/article/2014/10/15/26630.html 2017年4月6日閲覧。 
  140. ^ “指原MC新番組でAKBメンバーが「いじめ」激論”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年4月14日). http://natalie.mu/music/news/144173 2017年4月6日閲覧。 
  141. ^ “指原莉乃、フジで冠新番組 ブレークしそうな人を発掘”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年10月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2060689/full/ 2017年4月6日閲覧。 
  142. ^ “家電芸人・土田晃之が、大手メーカー7社の炊飯器の差を解説…好みのごはんにベストマッチするのはどれなのか?”. music.jpニュース (エムティーアイ). (2016年10月18日). https://music-book.jp/video/news/news/126136 2017年4月6日閲覧。 
  143. ^ HKT対NGT「さしきた合戦」11日から放送開始”. 日刊スポーツ新聞社 (2016年1月6日). 2016年1月7日閲覧。
  144. ^ “指原莉乃が新番組で告白サポート「絶対にヤラセのないように!」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年9月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2078822/full/ 2017年4月6日閲覧。 
  145. ^ 【新番組】フジテレビ「HKT48の離島へGO!」放送のお知らせ”. HKT48 OFFICIAL WEB SITE. AKS (2016年12月26日). 2017年4月6日閲覧。
  146. ^ “今田耕司が暴露! 指原莉乃は「HKT48を卒業したら終わり」と将来に不安!?”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年3月24日). https://thetv.jp/news/detail/104479/ 2017年3月29日閲覧。 
  147. ^ “指原莉乃「ここまで酔ってる姿見せるのは初めて」!リリー・フランキーと銀座ロケ”. RBB TODAY (イード). (2017年4月6日). https://www.rbbtoday.com/article/2017/04/06/150645.html 2017年4月6日閲覧。 
  148. ^ “HKT指原莉乃が司会でアイドルの魅力を引き出す”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2017年3月29日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1799460.html 2017年3月29日閲覧。 
  149. ^ “今田耕司&指原莉乃、“ピンポイント”な知識を学べる新番組でタッグ”. TV LIFE (学研プラス). (2018年10月6日). http://www.tvlife.jp/entame/191957 2018年10月27日閲覧。 
  150. ^ 指原VS噂の20人 本気で伺います!”. フジテレビ. 2018年12月28日閲覧。
  151. ^ さっしーのe部屋(フジテレビ)、2019年3月31日閲覧
  152. ^ “バカリ&指原がMC初タッグ、天の声はフワちゃん”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年3月5日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202103050000658.html 2021年3月9日閲覧。 
  153. ^ “指原莉乃らが“サイテー男”追及!「HKT48のメンバーにも見てほしい」”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年3月18日). https://thetv.jp/news/detail/104006/ 2017年3月29日閲覧。 
  154. ^ “HKT48指原莉乃、婚活サバイバル番組『バチェラー・ジャパン』シーズン2で女性参加者を総攻撃!?”. M-ON! MUSIC (エムオン・エンタテインメント). (2018年3月14日). https://www.m-on-music.jp/0000259535/ 2018年3月15日閲覧。 
  155. ^ HKT48「しぇからしか!」第1回”. TSUTAYA on IDOL. TSUTAYA (2015年11月). 2017年4月6日閲覧。
  156. ^ ストーリー”. キャバすか学園. 日本テレビ放送網. 2017年3月29日閲覧。
  157. ^ 福田麗 (2011年12月27日). “AKB48・指原莉乃が連続ドラマ初主演!大女優への道をとことん大映ドラマテイストで!”. シネマトゥデイ. http://www.cinematoday.jp/page/N0038108 2017年4月6日閲覧。 
    キャスト”. ミューズの鏡. 日本テレビ放送網. 2017年4月6日閲覧。
  158. ^ AKB48・指原莉乃が純愛ドラマで初主演!“13年間片思い”の一途な役 ウォーカー・プラス(2011年12月17日)
  159. ^ “AKB指原莉乃のラブコール実った! 人気子役・鈴木福とドラマ共演”. ORICON STYLE (oricon ME). (2012年5月8日). http://www.oricon.co.jp/news/2011271/full/ 2017年4月6日閲覧。 
  160. ^ あらすじ”. ドラマNEO『天魔さんがゆく』. TBSテレビ. 2017年4月6日閲覧。
  161. ^ 「恋仲」最終回 さしこ、サプライズ生登場「月9女優になれました」 Sponichi Annex(2015年9月14日)2015年9月15日閲覧。
  162. ^ “指原莉乃、堂々の女優宣言「まゆゆとぱるるには負けられない!」”. テレビドガッチ (プレゼントキャスト). (2016年1月20日). http://dogatch.jp/news/ex/37284 2017年3月29日閲覧。 
    第31話”. AKBホラーナイト アドレナリンの夜. テレビ朝日 (2017年1月28日). 2017年3月29日閲覧。
  163. ^ 第19話”. AKBラブナイト 恋工場. テレビ朝日 (2017年6月30日). 2017年3月29日閲覧。
  164. ^ 広報番組等の紹介 - 大分県国民健康保険団体連合会
  165. ^ “指原莉乃主演「劇場版ミューズの鏡」ビジュアル初公開”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2012年8月2日). http://natalie.mu/music/news/73965 2017年4月6日閲覧。 
  166. ^ “鈴木福主演『コドモ警察』の特別ゲスト決定! HKT48・指原莉乃はかぶりもので登場”. シネマカフェ (イード). (2013年1月30日). http://www.cinemacafe.net/article/2013/01/30/15237.html 2017年4月6日閲覧。 
  167. ^ “HKT48指原莉乃「俺はまだ本気出してないだけ」で堤真一にダメ出しする編集者役”. 映画.com (エイガ・ドット・コム). (2013年2月25日). http://eiga.com/news/20130225/4/ 2017年4月6日閲覧。 
  168. ^ “AKB48指原莉乃がアニメ声優に初挑戦!”. ぴあ映画生活 (ぴあ). (2011年8月23日). http://cinema.pia.co.jp/news/156377/43527/ 2017年4月6日閲覧。 
  169. ^ “日本エレキテル連合『クレヨンしんちゃん』で声優初挑戦!指原莉乃もゲスト声優に!”. シネマトゥデイ. (2015年2月24日). http://www.cinematoday.jp/page/N0070961 2015年2月25日閲覧。 
  170. ^ “劇場版「ONE PIECE」にユースケ・サンタマリア、指原莉乃、南キャン山里が出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年3月26日). https://natalie.mu/eiga/news/325350 2019年3月26日閲覧。 
  171. ^ 「グッバイ、ドン・グリーズ!」主人公の両親役に田村淳&指原莉乃、本予告映像も到着”. コミックナタリー (2021年12月9日). 2021年12月9日閲覧。
  172. ^ “大分県独自の観光サイトオープン さっしーのPR動画も”. 大分合同新聞 (大分合同新聞社). (2020年10月6日). https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2020/10/06/JD0059625731 2020年12月5日閲覧。 
  173. ^ “指原莉乃、“透明観光大使”として大分市をアピール”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2014年5月27日). https://www.barks.jp/news/?id=1000103927 2016年7月21日閲覧。 
  174. ^ “大分市-宮崎“瞬く間” さしこ出演のPR動画第2弾”. 大分合同新聞 (大分合同新聞社). (2016年4月1日). https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2016/04/01/213154172 2016年7月21日閲覧。 
  175. ^ 脂肪にも糖にもWではたらく「からだすこやか茶W」 2月12日(月・祝)よりパッケージ一新”. PR TIMES (2018年2月6日). 2018年2月16日閲覧。
  176. ^ 86%の人が、緑茶を「おいしさ」で選んでいる。阿部寛さん、指原莉乃さんが出演する新CMが同日より全国放映開始。4月5日(月)より「わたしは、綾鷹。キャンペーン」開始”. PR TIMES (2021年4月2日). 2021年4月9日閲覧。
  177. ^ AKB48指原莉乃 :トイレ掃除をCMで披露「これからは率先して……」 - 毎日新聞デジタル(2012年3月6日)2012年3月6日閲覧。
  178. ^ “『ビオレ 冷シート』 新発売” (プレスリリース), 花王, (2018年1月12日), http://www.kao.com/jp/corporate/news/2018/20180112-003/ 2018年2月5日閲覧。 
  179. ^ “指原莉乃:忍者親子に物件オススメ! 不動産レディー役で新テレビCM”. まんたんWEB. (2017年12月13日). https://mantan-web.jp/article/20171212dog00m200030000c.html 2017年12月13日閲覧。 
  180. ^ “指原莉乃、物件選びに日当たりは不要「カーテンは閉めっぱなしなので」”. ザテレビジョン. (2017年12月13日). https://thetv.jp/news/detail/130138/ 2017年12月13日閲覧。 
  181. ^ “指原莉乃、忍者一家の内見をアテンド「ハウスメイト」新CM第2弾スタート”. ドワンゴジェイピーnews. (2018年1月11日). https://news.dwango.jp/idol/26079-1801 2018年1月11日閲覧。 
  182. ^ “CMの半分がアドリブ、指原莉乃の返しに忍者もあたふた”. ドワンゴジェイピーnews. (2018年12月14日). https://news.dwango.jp/idol/33486-1812 2018年12月14日閲覧。 
  183. ^ 指原さんの同僚が初登場!なんとあの豪華俳優陣と初共演が実現!ハウスメイト新TVCM「声掛け」篇、「会議中」篇その他3篇を2021年12月16日(木)公開”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2021年12月15日閲覧。
  184. ^ 指原さんの同僚が初登場!なんとあの豪華俳優陣と初共演が実現!ハウスメイト新TVCM「声掛け」篇、「会議中」篇その他3篇を2021年12月16日(木)公開”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2021年12月15日閲覧。
  185. ^ 指原さんの同僚が初登場!なんとあの豪華俳優陣と初共演が実現!ハウスメイト新TVCM「声掛け」篇、「会議中」篇その他3篇を2021年12月16日(木)公開”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2021年12月15日閲覧。
  186. ^ 「私に、私らしいほけん。」ほけんの窓口 新CMシリーズ“指原リアルボイス”がスタート! 〜 指原莉乃が、これからの自分の人生に思いを馳せる 〜 「指原、人生を想う」篇 2018年元旦よりOA開始, , ドリームニュース (グローバルインデックス), (2017年12月26日), https://www.dreamnews.jp/press/0000166032/ 2017年12月26日閲覧。 
  187. ^ “ほけんの窓口 TVCM“指原リアルボイス”第2弾 指原莉乃が浴衣姿で語る“これからの人生” 「指原、友と語る」篇 2018年4月1日よりOA開始” (プレスリリース), ほけんの窓口グループ, (2018年3月29日), https://www.hokennomadoguchi.com/node/P723682 2018年10月16日閲覧。 
  188. ^ “ほけんの窓口 TVCM“指原リアルボイス”第3弾 話してスッキリ“デトックス” 指原莉乃が行きつけを見つける! 「指原、行きつけを見つける」篇 2018年5月15日よりOA開始” (プレスリリース), ほけんの窓口グループ, (2018年5月10日), https://www.hokennomadoguchi.com/node/P723770 2018年10月16日閲覧。 
  189. ^ 指原莉乃さんがビールカテゴリでのCM初出演!新TVCM「堤真一 指原莉乃 全然違う」篇 1/20(月)よりOA開始”. PR Wire (2020年1月20日). 2021年4月9日閲覧。
  190. ^ “木梨憲武が指原莉乃とユニット結成!? CM発表会でデビュー熱望”. ウォーカープラス (KADOKAWA). (2020年7月21日). https://www.walkerplus.com/article/1004415/ 2020年7月23日閲覧。 
  191. ^ “新キャラクター指原莉乃さんが空から登場! 三幸製菓 雪の宿 新TVCM「ホワミル気球篇」2019年11月2日(土)より全国にてオンエア開始!”. 三幸製菓. (2019年11月2日). https://www.sanko-seika.co.jp/news/983/ 2021年2月14日閲覧。 
  192. ^ “指原莉乃さん出演、三幸製菓「粒より小餅」テレビCM「三幸製菓 粒より小餅なぞかけ篇」を2021年2月13日(土)より全国にて順次オンエア!”. 三幸製菓. (2021年2月13日). https://www.sanko-seika.co.jp/wp-content/uploads/2021/02/39f67e9bf7d2d69caa3daba546fc4c4b.pdf 2021年2月14日閲覧。 
  193. ^ HR Forceリクルーティングクラウド 指原莉乃”. CM Watch (2019年11月19日). 2021年7月8日閲覧。
  194. ^ “サーカス団長になった指原莉乃さんが愉快な仲間たちと軽快なダンスで魅せるスターティアラボのデジタルマーケSaaS「Cloud CIRCUS」初のTVCM”. PR TIMES. (2020年7月21日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000068.000016877.html 2020年11月15日閲覧。 
  195. ^ 「ウィスパー」新CMでチャーミングな指原莉乃フィーチャー - ナタリー(2013年11月7日)2013年11月11日閲覧。
  196. ^ a b トヨタ自動車公式Twitter(2015年8月25日)
  197. ^ 指原莉乃、新CMでワンカップ大関片手に「人気でいられる自信ない」 - マイナビニュース(2014年9月29日)2014年9月30日閲覧。
  198. ^ 指原の新相棒は“サシコロボ”、「ワンカップ<オー>」新CMで共演。 - ナリナリドットコム(2015年9月28日)2015年10月1日閲覧。
  199. ^ 【動画】指原莉乃が“フィクサー宣言”!「メンバーを守ります」 ORICON STYLE
  200. ^ 旬な超豪華メンバーによる新年会!「お正月を写そう♪2015 鶴松家の新年会」TVCM放映のご案内 - 富士フイルム、2014年12月25日閲覧
  201. ^ HKT48指原莉乃「思ったより上手に歌えた」 噂のシンデレラバンドと初共演 ORICON STYLE
  202. ^ “『ゼクシィ』CMソングがAKB48バージョンに。センター指原の理想のプロポーズは?”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2016年7月21日). https://www.barks.jp/news/?id=1000129159 2016年7月21日閲覧。 
  203. ^ “指原莉乃が新CMで“キレッキレ”ダンスを披露”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年8月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2095442/full/ 2017年8月10日閲覧。 
  204. ^ “「ポケコロ」,指原莉乃さん出演の新CMが11月15日より放送開始”. 4Gamer.net (Aetas). (2017年11月9日). http://www.4gamer.net/games/309/G030955/20171109004/ 2018年3月15日閲覧。 
  205. ^ “「神の手」の新テレビCMが,テレビ東京「青春高校3年C組」番組内で7月9日から放送開始”. 4Gamer.net (Aetas). (2018年7月3日). https://www.4gamer.net/games/355/G035515/20180703006/ 2018年10月27日閲覧。 
  206. ^ “指原莉乃がゾッコン! マックの新グランにんにく味マジうまい”. アスキーグルメ (角川アスキー総合研究所). (2018年10月9日). http://ascii.jp/elem/000/001/754/1754505/ 2018年10月27日閲覧。 
  207. ^ “指原莉乃&宮下草薙『ポケモン』の思い出 赤ver12回購入の過去、ドータクン好き告白”. ORICON NEWS. (2020年11月27日). https://www.oricon.co.jp/news/2177788/full/ 2020年12月5日閲覧。 
  208. ^ さしこ、松平健と登場「背筋がピンとしました」(2012年11月11日、サンケイスポーツ)2012年11月11日閲覧、オリジナルの2013年5月12日時点のアーカイブ。
  209. ^ “指原莉乃、タイ・バンコクでのBNK48ファンイベントにサプライズ登場”. タイランドハイパーリンクス. (2018年10月20日). https://www.thaich.net/news/20181020ss.htm 2018年10月21日閲覧。 
  210. ^ “さしこ、ベストスマイル賞受賞「来年の総選挙も笑顔を届けたい」”. ORICON NEWS (ORICON ME). (2013年11月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2030611/ 2021年11月22日閲覧。 
  211. ^ “HKT48指原莉乃が「ヴォーチェ」の「ベスト ビューティ オブ ザ イヤー」を受賞”. WWDJAPAN. (2014年1月29日). https://www.wwdjapan.com/articles/168289 2021年11月22日閲覧。 
  212. ^ “指原 髪の美しさで受賞”. デイリースポーツ online. (2016年8月30日). https://www.daily.co.jp/gossip/2016/08/30/0009439542.shtml 2021年11月22日閲覧。 
  213. ^ “指原莉乃・杉咲花・渋野日向子ら、“今年、圧倒的に活躍した女性”に選出”. マイナビニュース. (2019年11月20日). https://news.mynavi.jp/article/20191120-926334/ 2021年11月22日閲覧。 
  214. ^ 「誰がうれしいんだか…」さしこネガティブ会見!”. ザテレビジョン (2012年1月24日). 2021年2月19日閲覧。
  215. ^ “指原莉乃「ガチで愛読」雑誌で連載開始 新たな女性らしさを発揮”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年1月12日). https://www.oricon.co.jp/news/2084428/full/ 2018年1月19日閲覧。 

外部リンク


 

Back to Top
Close