ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⛺|ワークマン『イージスダウンジャケット』は防水性も◎!2021秋冬注目の防寒着をレビュー


写真 

ワークマン『イージスダウンジャケット』は防水性も◎!2021秋冬注目の防寒着をレビュー

 
内容をざっくり書くと
タウンユースはもちろん、アウトドアや屋外作業の際にも使える万能なダウンジャケットですよ。
 

ワークマンアンバサダーのコスケです。ワークマンの秋冬ウェアといえば、暖かさや機能性に優れた防寒着が多… →このまま続きを読む

 ハピキャン

キャンプ・アウトドア情報メディア 「ハピキャン 」です。
「タカラモノを探しにいこう」をコンセプトに、話題のキャンプグッズやキャンプ場、料理レシピ、ファッションなどお役立ち情報を発信。
テレビ番組 「おぎやはぎのハピキャン」をメ〜テレ(名古屋テレビ放送)にて放送しているほか、YouTube「ハピキャンチャンネル」でも楽しいコンテンツをお届けしています!
きっとあなたのタカラモノが見つかりますよ!


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

ダウンジャケット

ダウンジャケット: down jacket )とは、ダウンフェザー(英語:down feather 羽根毛、羽毛日本語通称:ダウン)を詰め物として使ったジャケットつまり上半身に着る衣服である。防寒着の一種。

概要

内部にダウンフェザーを詰めたジャケット(上半身の衣服)である。ダウンフェザーは多くの空気をかかえこむようにして含み、断熱・保温性能が高く、おまけに体から出るを吸収・放出する機能も備えており、防寒着として非常に優れた性質を備えている。また、きわめて軽量だという特質もある(普通に言う「フェザー」(つまりダウンフェザーではない、ただの「フェザー」)の10分の1の軽さである)

外側の布の素材はさまざまである。現在、一般的なのはナイロンポリエステルなどの合成繊維の、きわめて薄手の布であるが、それ以前はコットン(綿)や混紡のそれなりの厚みの生地が多く使われていた時代もあった(現在でもまれにある)。またかなり例外的だが、外側の素材にあえてレザー皮革)を用いるものもある(この場合、かなり重くなってしまい、ダウンジャケットの軽量という特質は失われ、おまけに手入れもきわめて困難になる)。

詰められるダウンの量、ジャケットのシルエット(細身、太身の違い)はさまざまである。チョモランマなど高山の登山用に使われるものは大量のダウンを詰めておりきわめて「厚い」形状であるが、低山で使うものはもう少しダウンの量が少なくやや薄めで、さらに温帯地域の人々が街着に使うための「ライト・ダウンジャケット」や「ウルトラライト・ダウンジャケット」などと呼ばれるタイプはかなり薄手に作られている。

なお、詰め物にダウンフェザーが使われておらず外見だけがダウンジャケット風のものはダウンジャケットではない。店舗の商品票などでは絶対に「ダウンジャケット」とは表示されない。消費者を騙すことになり法律違反になるからである。一般人のほんの一部が、全体形状にだけ惑わされて表示も確認せずに「ダウンジャケット」と呼んでしまうことがあるが、これはただの誤りである。

洗濯法

タグを確認し、「洗濯機マーク」や「手洗いマーク」がついていれば自宅で洗うことができる [1]。自宅で洗えば、クリーニングに出すよりもはるかに安く洗うことができる[1]。洗うための洗剤は、ネット通販ウェブサイトで「ダウン用洗剤」などとキーワード検索すれば「ダウンジャケット専用」といったもののほか「ニット・ダウン兼用」といったものが出てくるし、ドラッグストアやスーパーマーケットやホームセンターなどでも同様の洗剤が販売されている場合もある。ダウンジャケットの洗いの基本(ベストの方法)は「手洗い」であり[1]、洗濯桶や洗面台などに「ぬるま湯」を張り[1]、「やさしく、やさしく」押すようにして洗い[1]、2度目は洗剤抜きのためにやはりぬるま湯を張って洗剤を流し[1]、(脱水は手でねじって絞っては絶対にダメで)タオルなどを押しあててそっと水分をとりのぞき[1]、陰干しもしくは室内乾しをする[1]。ダウンの偏りが起きないようにすることが重要なポイントで、ダウンが固まったまま乾かないように、ダウンをほぐして乾す[1]

ダウンジャケットを洗濯機で洗うというのは、「手洗い」するよりずっと難しく、そもそも「手洗い」モードがある洗濯機でなければならず、おまけにダウンジャケットが水に浮いてしまうので自分の手で押して洗濯機の水の中に(苦労して)沈めなければならず、「手洗い」モードで洗ってしかも脱水は1分以内にとどめなければならない[1]。洗濯機で洗う場合も、ダウンが偏らないようにダウンをほぐして乾すことの重要性は同じである[1]

なお外側の布がコットン(綿)のものは縮んでしまう可能性があり要注意である。外側がレザーのものは洗濯がかなり困難である。

歴史

エディー・バウアーが1936年に自身の趣味の釣り用の防寒着として開発した。


注意点・課題など

鳥アレルギーの人は鳥関連過敏性肺炎が起きる可能性

の羽や排泄物に対する抗体を有している場合、鳥関連過敏性肺炎を発症する可能性がある[2][3]。しかし、自身が鳥関連過敏性の体質であることに気がつかないまま重症化し、「特発性間質性肺炎」や「特発性肺線維症」と診断されるが有効な治療が行えず慢性過敏性肺炎に重症化する例が報告されている[4][5][6]

なお同様のアレルギー関連の肺炎の問題は羽毛布団を使用したり部屋に置くことでも起きる。

ダウンの採取方法、鳥へのストレスの違いに配慮した選択

ダウンの採取方法として食用の鳥を屠殺後に機械でダウンを採取する「マシーンピック」と鳥が生きたままでダウンを採取する「ライブハンドプラッキング」という方法がある。

ライブハンドプラッキングとマシーンピックの、正確な割合は不明だが、ライブハンドプラッキングが全体の1%未満だという報告がある一方、2009年のスウェーデンのテレビ番組CBS5で報道されたライブハンドプラッキング問題のドキュメンタリー[7]では、ライブハンドプラッキングの割合が、総供給の50~80%かもしれないと報告している。

ライブハンドプラッキングが行われる場合、通常、鳥が生後12週ほどで初めてのライブハンドピックを行われ、鳥の翼や首を足の間に挟み固定し、胸から腹部のダウンが採取される。その後6~7週間で、再び羽毛が生えそろい、次のライブハンドプラッキングとなり、続いて6~7週目で3回目のライブハンドプラッキング、と繰り返しライブハンドプラッキングが行なわれる[8]

ライブハンドプラッキングの最中に鳥の血糖値が二倍に上昇するという報告がある[9]。(つまり鳥に強いストレスがかかっている)

ハンガリーのダウン生産現場の映像[10]や、中国のダウン生産現場の映像[11]では羽毛をむしられ、裂けた体を麻酔なしで針と糸で縫われている様子や、むしられたあと地面にうずくまっている様子が撮影されており、このような状況が明らかになったことから、パタゴニア社では2014年秋からの同社のダウン商品はすべてライブハンドピッキングがおこなわれていないものにする、と発表した[12]。またH&Mもanimal welfareに配慮し同様の選択をすると発表をした[13]

ギャラリー

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k [1]
  2. ^ 過敏性肺炎 MSDマニュアル プロフェッショナル版
  3. ^ 稲瀬直彦、過敏性肺炎の最近の動向 日本内科学会雑誌 105巻 (2016) 6号 p.991-996, doi:10.2169/naika.105.991
  4. ^ その難治性肺炎、ダウンジャケットが原因かも 日経メディカルオンライン 記事:2016年10月21日
  5. ^ 長坂行雄、「咳嗽の診療」 呼吸と循環 64巻 5号, p.479-484, 2016/5/15, doi:10.11477/mf.1404205957
  6. ^ [2]
  7. ^ Goose Down Practices Called Animal Cruelty - CBS5
  8. ^ Andrzej Rosinski, “Goose Production in Poland and Eastern Europe,” Department of Poultry Science, Agricultural University of Poznan, 1999.
  9. ^ M.J. Gentle and L.N. Hunter, “Physiological and Behavioural Responses Associated With Feather Removal in Gallus Gallus Var Domesticus,” Research in Veterinary Science 50 (1991): 95–101. 4J. Janan et al., “Effect of Feather Plucking in Geese’s Blood Glucose Level,” Hungarian Veterinary Journal Jun. 2001.
  10. ^ Lebendrupf von Gänsen in Ungarn
  11. ^ Birds Plucked Alive on Farms Linked to 'Responsible' Down Suppliers
  12. ^ トレーサブル・ダウン・インサレーション
  13. ^ H&M’s Animal Welfare Policy

関連項目

タウンユース


     

    Back to Top
    Close