ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⛺|兵庫・氷ノ山 大雪の影響でキャンプ登山中の5人が遭難か


写真 

兵庫・氷ノ山 大雪の影響でキャンプ登山中の5人が遭難か

 
内容をざっくり書くと
消防によりますと、きのう午後6時半ごろ、兵庫県の宍粟市から氷ノ山にキャンプ登山をしていた男性から「5人で入山したが1人が動けないので4人で下山している」と消防に通報がありました。
 

記録的な大雪の影響でしょうか、山で遭難です。兵庫県の氷ノ山では、キャンプ登山中の男性5人グループの捜… →このまま続きを読む

 TBS NEWS

TBSテレビ報道局が運営。 24時間365日ニュースをお届けします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

きのう午後6時半ごろ

    宍粟市

    Camera-photo Upload.svg画像提供依頼:せせらぎ公園の画像提供をお願いします。2021年10月

    宍粟市(しそうし)は、兵庫県の中西部に位置するである。西播磨県民局管轄区域。

    2005年(平成17年)4月1日に、宍粟郡の4町(山崎町一宮町波賀町千種町)が合併して誕生した。人口は県内41自治体中第25位、面積は豊岡市に次ぎ県内第2位である。

    地理

    宍粟市は兵庫県の中西部、神戸市から約100km、姫路市から約30kmに位置し西は岡山県に、北は鳥取県に接している。

    市域は東西約32km、南北約42kmと広大で県内でも豊岡市に次ぐ面積となっているが、市域の大部分が山地であるため人口密度は低い。主要な河川は揖保川千種川で、どちらも播磨五川に含まれる。一級河川でもある揖保川は、市北部波賀町戸倉峠付近に発し音水湖 (引原ダム)を擁する引原川と市北東部の一宮町に発する三方川が一宮町安積で合流し名を変えたもので、市南部山崎町を通りたつの市姫路市へと南流する。一方、名水百選にも選ばれている千種川は市北西部千種町の江浪峠に発し南流、佐用郡佐用町赤穂郡上郡町を貫流し赤穂市へと流れる。

    また市の大部分は山林地帯であり、「宍粟50名山」を指定するなど「しそう森林王国」を謳っていて波賀町には県内最高峰氷ノ山千種町には第二峰三室山、第三峰後山を擁する。森林セラピー基地に認定されている。旧波賀町、旧千種町は豪雪地帯に指定されている。

    一宮の気候
    1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
    平均最高気温 °C°F7.3
    (45.1)
    8.2
    (46.8)
    12.2
    (54)
    18.9
    (66)
    23.3
    (73.9)
    26.5
    (79.7)
    29.8
    (85.6)
    31.5
    (88.7)
    27.2
    (81)
    21.5
    (70.7)
    15.7
    (60.3)
    10.1
    (50.2)
    19.3
    (66.7)
    平均最低気温 °C°F−1.5
    (29.3)
    −1.3
    (29.7)
    1.1
    (34)
    5.8
    (42.4)
    10.9
    (51.6)
    16.1
    (61)
    20.9
    (69.6)
    21.6
    (70.9)
    17.7
    (63.9)
    10.8
    (51.4)
    4.9
    (40.8)
    0.4
    (32.7)
    8.9
    (48)
    降水量 mm (inch)63.8
    (2.512)
    84.5
    (3.327)
    135.2
    (5.323)
    137.9
    (5.429)
    195.5
    (7.697)
    225.8
    (8.89)
    272.9
    (10.744)
    164.3
    (6.469)
    212.0
    (8.346)
    117.6
    (4.63)
    75.4
    (2.969)
    62.3
    (2.453)
    1,739.9
    (68.5)
    平均降水日数 (≥1.0 mm)10.411.012.710.411.312.813.29.810.88.37.89.1127.9
    平均月間日照時間81.188.2124.1157.0167.7137.4140.8157.1120.8131.6106.395.01,508.2
    出典:気象庁

    隣接している自治体

    兵庫県

    岡山県

    鳥取県

    歴史

    「宍粟」の名称は山崎町の中心部に残る地名・鹿沢(しかざわ)を古くは「ししさわ」と読んだことに由来するというのが定説である[1]伊和大神が巡行した際に、舌を出した大きな鹿に遭遇したことから「ししあわ」と呼ばれるようになったという説もある[1]。以後「ししさわ→ししあわ→しさわ→しそう」と変化し「ししあわ」に「宍禾」ないし「宍粟」の漢字が当てられた。「宍禾」は『播磨国風土記』で用いられている古い表記で、新市名決定の際も「宍禾市(しさわし)」の案が対抗馬とされていた。竹内正浩の「日本の珍地名」(文春新書)で難読・誤読地名番付の「西の横綱」と紹介された。難読地名である上に、「穴栗(あなぐり?)市」などと間違われることがしばしばあるが、これを逆手に取った地域おこしのアピールが行われている。特に『日本の珍地名』で「東の横綱」とされた千葉県匝瑳(そうさ)市とは、ゆるキャラご当地ヒーローの相互交流などが行われている[2]ほか、「難読地名で町おこし」に連携して取り組んでいる[1]

    「宍粟」は個人の名字にも残っており、時に「宍栗」も当てられ、訓みを「しさわ」、大阪では「しどう」の訓みもある。

    山崎町

    市南部に位置する。古来から因幡街道による山陽と山陰の結節点として発展しており、江戸時代には本多家山崎藩1万石の城下町(のち陣屋町)として一層の発展を遂げた。また、1621年元和7年)には町内在住の龍野屋孫兵衛により揖保川水運が開かれ高瀬舟の就航が可能となり郡内の物資の集積地としてより一層の発展が進んだ。維新後、廃藩置県により山崎藩が廃され山崎県が置かれたが、のち姫路県に統合され、再び兵庫県に統合され現在に至る。維新後も昭和期に郡制が廃止されるまで宍粟郡の郡役所が所在するなど、古くから宍粟郡の中心市街として発展してきた。現在でも姫路市鳥取市を結ぶ国道29号京阪神中国地方を結ぶ中国自動車道の交点となっており交通の要衝となっている。またイオンなど大型量販店が進出しており、播磨北西部(宍粟市・佐用町)の中心市街となっている。

    一宮町

    市北東部に位置する。古代の播磨国宍粟郡の地であり、町内の須行名(すぎょうめ)には延喜式大社・伊和神社が鎮座する。伊和神社は播磨国一ノ宮であり、町名の由来となった。『播磨国風土記』によれば、伊和大神は揖保川流域を中心に西播磨一帯を支配した大勢力が尊崇した神のようである。中世には播磨国守護赤松氏歴代の尊崇と庇護を得た。現在は町内に国道29号及び国道429号が通り、国道29号沿いの須行名から東市場、安積(あづみ)にかけての地区が宍粟市北部の拠点街として栄えている。

    波賀町

    市北部に位置する。弘長年間(1261-63)に芳賀七郎が築城した波賀城に、13世紀中頃から戦国時代末期まで播磨国の中村氏が城主として、因幡街道を抑える要所に拠った。市制施行当初より豪雪地帯過疎地域自立促進特別措置法による過疎地域に指定されている。町内で国道29号、国道429号が交差する。町西部で鳥ヶ乢トンネルを介して千種町と連絡する。

    千種町

    市北西部に位置する。『播磨国風土記』によると古くは神々が腰を下ろす場を意味する「敷草村」と呼ばれていた。また古来より千種鉄(宍粟鉄)の生産地として有名であり、千種鉄は上質なことで名をはせたことから、製鉄業を中心に発展した。今もたたら製鉄所跡が残っている。また、江戸時代には天領となった。しかし明治に入ると西洋式製鉄に圧されて廃業を余儀なくされ、町の中心産業は林業へと転換が計られたが、安価な外国産木材の流入により需要が激減した。維新後は久美浜県生野県姫路県(のち飾磨県)を経て、兵庫県の所属となる。市制施行当初より豪雪地帯、過疎地域自立促進特別措置法による過疎地域に指定され、過疎化少子高齢化が深刻である。町内を横断して国道429号が通っており、西は岡山県津山市、東は波賀町一宮町へと通じている。町東部で鳥ヶ乢トンネルを介して波賀町と連絡する。

    沿革

    (この他の詳細な歴史は、播磨国山崎藩 の各項目も参照のこと。)

    行政

    市長

    氏名就任年月日退任年月日備考
    市長職務執行者中田耕一郎2005年4月1日2005年5月15日旧波賀町長
    初代白谷敏明2005年5月15日2009年5月14日旧山崎町長
    第2代田路勝2009年5月15日2013年5月14日旧一宮町長
    第3代福元晶三2013年5月15日現職

    行政機関

    • 市役所:2009年3月に新市役所が現在地に完成し移転した。新市役所建設までは、旧宍粟郡広域センターと兵庫県山崎庁舎の一部を市役所として使用した。のちに兵庫県山崎庁舎は市が買い上げ、2011年3月から再度、市役所北庁舎として使用している。
      • 一宮市民局
        • 三方町出張所
      • 波賀市民局
      • 千種市民局

    紋章

    • 「宍」を図案化したものであり、2005年4月1日の市制施行と同時に制定された。[3][4]

    立法

    市議会

    合併時の特例で2005年の市議選のみ旧町域の単位で選挙区が設置され(カッコ内は定数)、山崎 (13)・一宮 (7)・波賀 (3)・千種 (3) の各町で合計26を定数としていた。以後定数は選挙のたびに削減され、2009年5月3日投票の第2回市議選では定数20(選挙区が廃止され市全域が単一選挙区とされた)、2013年5月12日投票の第3回市議選では定数18、2017年4月30日投票の第4回市議選では定数16とされた。

    市議会議長・副議長は、申し合わせにより任期2年。2017年5月の定例会では、議長に実友勉(創政会)、副議長に西本諭(公明市民の会)を選んだ。

    兵庫県議会

    本市で一つの選挙区(宍粟市選挙区)をなす。その定数は1である。

    • 2007年4月 最終投票率:68.34%
    候補者名当落政党得票
    高嶋利憲当選無所属9,582
    長田執落選自民7,316
    春名哲夫落選無所属7,221
    • 2011年4月 最終投票率:60.48%
    候補者名当落政党得票
    春名哲夫当選無所属10,369
    高嶋利憲落選無所属10,205
    • 2015年4月 無投票で春名哲夫が再選
    • 2019年4月 無投票で春名哲夫が再選

    衆議院

    選挙区議員名党派名当選回数備考
    兵庫県第12区(宍粟市、相生市赤穂市たつの市姫路市(旧家島町夢前町香寺町安富町域)、神崎郡揖保郡赤穂郡佐用郡山口壮自由民主党6選挙区

    経済

    産業

    金融機関

    銀行

    信用金庫

    信用組合

    農協

    姉妹都市・提携都市

    国内

    海外

    地域

    施設

    警察署

    • 兵庫県宍粟警察署(山崎町今宿) - 旧山崎警察署
      • 安積警部派出所・曲里交番(一宮町安積)
      • 山崎中央交番(山崎町鹿沢)
      • 御名駐在所(山崎町御名)
      • 戸原駐在所(山崎町宇原)
      • 高下駐在所(山崎町高下)
      • 土万駐在所(山崎町土万)
      • 上牧谷駐在所(山崎町上牧谷)
      • 田井駐在所(山崎町田井)
      • 河東駐在所(山崎町三谷)
      • 染河内駐在所(一宮町能倉)
      • 三方駐在所(一宮町三方町)
      • 繁盛駐在所(一宮町上岸田)
      • 安賀駐在所(波賀町安賀)
      • 上野駐在所(波賀町上野)
      • 引原駐在所(波賀町引原)
      • 千草駐在所(千種町千草)
      • 室駐在所(千種町室)

    郵便局

    集配郵便局
    無集配郵便局
    • 山崎鹿沢郵便局
    • 山崎蔦沢郵便局
    • 山崎神野郵便局
    • 山崎土万郵便局
    • 播磨青木郵便局
    • 城下郵便局
    • 染河内郵便局
    • 下三方郵便局
    • 三方郵便局
    • 繁盛郵便局
    • 波賀郵便局(2007年2月集配業務廃止)
    簡易郵便局
    • 奥谷簡易郵便局
    • 与位簡易郵便局
    • 都多簡易郵便局
    • 神谷簡易郵便局
    • 伊和簡易郵便局
    • 波賀谷簡易郵便局(旧小野簡易郵便局が移転)
    • 鹿伏簡易郵便局(2003年12月廃止)
    • 西河内簡易郵便局
    • 鷹巣簡易郵便局

    人口

    平成22年国勢調査より前回調査からの人口増減をみると、5.44%減の40,945人であり、増減率は県下41市町中32位、49行政区域中40位。2015年現在市内全域が過疎地域に指定されている。

    Population distribution of Shiso, Hyogo, Japan.svg
    宍粟市と全国の年齢別人口分布(2005年)宍粟市の年齢・男女別人口分布(2005年)
    紫色 ― 宍粟市
    緑色 ― 日本全国
    青色 ― 男性
    赤色 ― 女性

    宍粟市(に相当する地域)の人口の推移
    総務省統計局 国勢調査より


    人口推移

    緑色で示したものが、宍粟市の人口である。(宍粟市発足以前は現在の市域の人口)なお、人口は国勢調査による各年10月1日時点のものである。

    1920年(大正9年)G100.pngG100.pngG30.pngG05.pngG01.pngG01.png 47,657
    1925年(大正14年)G100.pngG100.pngG30.pngG05.pngG01.pngG01.png 47,760
    1930年(昭和5年)G100.pngG100.pngG30.pngG10.pngG03.png 48,893
    1935年(昭和10年)G100.pngG100.pngG30.pngG10.png 48,357
    1940年(昭和15年)G100.pngG100.pngG30.pngG10.png 48,492
    1947年(昭和22年)G100.pngG100.pngG50.pngG30.pngG10.pngG03.pngG01.png 59,217
    1950年(昭和25年)G100.pngG100.pngG100.png 60,289
    1955年(昭和30年)G100.pngG100.pngG50.pngG30.pngG10.pngG01.png 58,655
    1960年(昭和35年)G100.pngG100.pngG30.pngG30.pngG10.pngG03.png 54,590
    1965年(昭和40年)G100.pngG100.pngG50.pngG01.pngG01.png 50,889
    1970年(昭和45年)G100.pngG100.pngG30.pngG10.pngG03.png 48,558
    1975年(昭和50年)G100.pngG100.pngG30.pngG10.pngG03.png 48,791
    1980年(昭和55年)G100.pngG100.pngG30.pngG10.pngG03.png 49,084
    1985年(昭和60年)G100.pngG100.pngG30.pngG10.pngG03.png 48,980
    1990年(平成2年)G100.pngG100.pngG30.pngG10.png 48,454
    1995年(平成7年)G100.pngG100.pngG30.pngG10.png 47,685
    2000年(平成12年)G100.pngG100.pngG10.pngG10.pngG05.png 45,460
    2005年(平成17年)G100.pngG100.pngG10.pngG05.pngG01.png 43,302
    2010年(平成22年)G100.pngG100.pngG03.pngG01.png 40,945

    教育

    2019年(令和元年)6月策定の「小中一貫教育の推進及び整備方針」により、2027年(令和9年)度までに市内全校で小中一貫教育を導入する予定である。導入形態としては、義務教育学校の設置はせず、現在の各小中学校による連携型を予定している。

    幼稚園小学校中学校
    山崎幼稚園宍粟市立山崎小学校宍粟市立山崎西中学校
    菅野幼稚園宍粟市立山崎西小学校
    神野幼稚園宍粟市立神野小学校宍粟市立山崎東中学校
    河東幼稚園宍粟市立河東小学校
    伊水幼稚園宍粟市立伊水小学校
    都多幼稚園宍粟市立都多小学校
    城下幼稚園宍粟市立城下小学校宍粟市立山崎南中学校
    宍粟市立戸原小学校
    神戸幼稚園宍粟市立はりま一宮小学校宍粟市立一宮南中学校
    染河内幼稚園
    三方幼稚園宍粟市立一宮北小学校宍粟市立一宮北中学校
    波賀幼稚園宍粟市立波賀小学校宍粟市立波賀中学校
    千種幼稚園宍粟市立千種小学校宍粟市立千種中学校
    高等学校など
    兵庫県立山崎高等学校
    兵庫県立伊和高等学校
    兵庫県立千種高等学校
    相生学院高等学校宍粟校
    F.S.播磨西高等学院

    廃止された学校

    少子高齢化と小規模化に伴い、宍粟市の学校規模適正化により、以下の学校が廃校になっている。

    • 宍粟市立千種東小学校(2011年3月31日、千種南小学校へ統合)
    • 宍粟市立千種南小学校(2012年3月31日、千種北小と統合し宍粟市立千種小学校へ)
    • 宍粟市立千種北小学校(2012年3月31日、千種南小と統合し千種小へ)
    • 宍粟市立菅野小学校(2014年3月31日、土万小と統合し宍粟市立山崎西小学校へ)
    • 宍粟市立土万小学校(2014年3月31日、菅野小と統合し宍粟市立山崎西小学校へ)
    • 宍粟市立野原小学校(2015年3月31日、波賀小・道谷小と統合し宍粟市立波賀小学校へ)
    • 宍粟市立道谷小学校(2015年3月31日、波賀小・野原小と統合し宍粟市立波賀小学校へ)
    • 宍粟市立三方小学校(2016年3月31日、下三方小・繁盛小と統合し宍粟市立一宮北小学校へ)
    • 宍粟市立下三方小学校(2016年3月31日、三方小・繁盛小と統合し宍粟市立一宮北小学校へ)
    • 宍粟市立繁盛小学校(2016年3月31日、三方小・下三方小と統合し宍粟市立一宮北小学校へ)
    • 宍粟市立神戸小学校(2018年3月31日、染河内小と統合し宍粟市立はりま一宮小学校へ)[6]
    • 宍粟市立染河内小学校(2018年3月31日、神戸小と統合し宍粟市立はりま一宮小学校へ)

    交通

    鉄道

    市内には鉄道は通っていない。最寄り駅はたつの市にある播磨新宮駅

    一般路線バス

    高速バス

    道路

    高速道路

    国道

    • 国道29号 市中心部を経由し、山崎、一宮、波賀の3町を縦断的に結ぶ。当市における南北の交通軸として位置づけられている。
    • 国道429号 千種、波賀、一宮の3町を横断的に結ぶ。市北部の生活道路としての機能を期待されていて、改良工事が進んでいる。
    • 国道29号と429号は、波賀町上野で交差し、数百メートル重複する。

    県道

    道の駅

    名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事

    山崎町

    一宮町

    波賀町

    千種町

    • ちくさ高原 - 標高850~1125mに広がる高原。[1]
    • 県立三室高原野外活動センター -2006年3月閉鎖
    • エーガイヤちくさ
    • コープふるさと村 ちくさ
    • たたらの里学習館
    • 平成之大馬鹿門
    • 黒土の滝
    • 三室の滝
    • 大釜の滝
    • 行者霊水
    • 千草カントリークラブ

    温泉

    出身著名人

    ゆかりの人物

    その他

    郵便番号

    • 山崎町・姫路市安富町
    • 一宮町・波賀町
      • 播磨一宮郵便局:671-41xx、671-42xx
    • 千種町
      • 千種郵便局:671-32xx

    参考文献

    • 小学館辞典編集部 編 『図典 日本の市町村章』(初版第1刷)小学館、2007年1月10日。ISBN 4095263113 
    • 谷川彰英 『47都道府県・地名由来百科』丸善出版、2015年。ISBN 978-4-621-08761-9 

    脚注

    [脚注の使い方]

    注釈・出典

    外部リンク


     

    Back to Top
    Close