ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🥾|冬型は次第に緩む 風雪・高波・雪崩に注意 新潟県


写真 冬型は次第に緩む 風雪・高波・雪崩に注意 新潟県

冬型は次第に緩む 風雪・高波・雪崩に注意 新潟県

 
内容をざっくり書くと
最大風速は下越・佐渡の陸上で18メートル、海上で20メートルと予想されていて、佐渡汽船のジェットフォイルは一部の便を除き欠航が決まっています。
 

冬型の気圧配置が次第に緩み、新潟県内は大雪の峠が越えつつありますが、新潟地方気象台は引き続き風雪や高… →このまま続きを読む

 BSN新潟放送

地元新潟で、どこよりも身近で頼りになる放送局として、誰よりもふるさとを愛し続ける新潟放送がお届けする「新潟ローカルニュース」です。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

佐渡汽船

リンクを編集
Camera-photo Upload.svg画像提供依頼:会社のロゴマークあるいはシンボルマークの画像提供をお願いします。2022年4月

佐渡汽船株式会社(さどきせん、: Sado Steam Ship Co.,Ltd. )は、新潟県佐渡市に本社を置く、新潟県本土と佐渡島とを結ぶ定期航路を運航する海運会社。みちのりホールディングスのグループ企業。

概要

1932年、佐渡航路で競合していた商船会社3社を経営安定の見地から、新潟県の資本参画のもと統合して成立した[1]

日本最初第三セクター企業として設立され、現在も新潟県が資本金の10.74%を出資している。ほかの出資企業には新潟交通、佐渡農業協同組合、第四北越銀行なども加わっている。

現在、佐渡汽船は定期便としては新潟航路(新潟港 - 両津港)、直江津航路(直江津港 - 小木港)の2航路を運航し、2隻のカーフェリー、3隻のウォータージェット推進式全没型水中翼船を就航させている。このうち水中翼船・ボーイング929(ジェットフォイル)は1977年、日本で初めて定期航路に就航したもので、後にボーイングから製造・販売のライセンスを取得した川崎重工業(現川重ジェイ・ピイ・エス)にもノウハウを提供している。

海運事業のみならず佐渡島内外の観光開発も行っており、佐渡西三川ゴールドパーク(1990年4月オープン[N 1])や二ツ亀オートキャンプ場(1991年7月オープン[N 2])、はじき野フィールドパーク(1993年オープン[N 3])、佐渡能楽の里(1997年4月オープン[N 4])などの開発に携わったほか、新潟ふるさと村の運営にも関わってきた[N 5]

みちのりHD傘下へ

佐渡汽船は新型コロナウイルスにより利用客が減少したと同時に経営が悪化。2022年2月7日にみちのりホールディングスと第四北越銀行に対して第三者割当増資を行う事を発表[2][3]。同年3月31日に第三者割当増資によりみちのりホールディングスの子会社となった[4][5]。同日に就任した松本順会長は会見で「佐渡汽船の経営を支援し、佐渡と本土間の人流・物流の発展を通じて地域社会の活性化に貢献する」「小木―直江津航路は、出来る限り維持したい。自治体・国からも、適切なご支援をいただきたい」とコメントした他、「新潟交通の路線バスと提携する必要がある」と指摘した上で「協議をぜひ前向きに進めていきたい」とコメントした。同日に就任した尾渡英生社長も「みちのりグループ各社で取り組んだいろいろな経営改善も参考にする。グループ各社との協業も検討課題だ」とコメントした[N 6]

2022年5月6日に東京証券取引所スタンダード市場上場廃止となり[2][N 7]、同年5月10日に実施される株式併合により、株主がみちのりホールディングス、新潟県、佐渡市、佐渡農業協同組合、第四北越銀行のみとなる予定である[6]

運航ダイヤ、航路、運賃はこれまで通り維持されるが、割引運賃や運航ダイヤに関しては見直しを実施する可能性があるという[6]

沿革

設立

1890年代半ば以降、新潟 - 両津間の越佐航路は越佐汽船(1885年設立)のほぼ独占状態となっていたが、収益性の高い本土間の航路に注力していたため佐渡島民からの反発が高まっていた[7]。1913年(大正2年)2月、佐渡商船(資本金15万円)が設立され、「国東丸」や「第二十二永田丸」などが就航し、1914年9月には「第一佐渡丸」が就航した[7]

越佐汽船の保有船に比べて佐渡商船の「第一佐渡丸」は船舶の性能が高かったため(所要時間4時間)、越佐汽船は運賃の値下げで対抗した[7]。両社の競争が激化したため、佐渡出身の県会議員だった野沢卯市は新潟県知事の北川信従に斡旋を要請し、越佐航路で得た収益を合算して使用船舶の総トン数により両社へ配分する共同計算方式(佐渡商船が60%、越佐汽船40%)が成立した[8]。その後、越佐汽船は1918年(大正7年)年に新潟汽船に改称した[8]

両社の共同計算方式は維持されていたが、前佐渡地域での佐渡商船の航路運営への不満から1923年1月に前佐渡汽船(資本金3万円)が設立された[8]。前佐渡汽船は1927年(昭和2年)7月に新たに越佐商船(資本金10万円)を設立した[8]

1927年以降、新潟県議会では佐渡商船、新潟汽船、越佐商船の3社を県営に移管する議論が浮上し、新潟県知事の黒崎真也が県営化のための交渉に入ったが利害関係の調整に難航したため方針を転換して半官半民とすることで決着し、1932年(昭和7年)4月に佐渡商船が他の2社を買収する形で新会社の佐渡汽船が設立された[8]

年表

  • 1932年4月 - 佐渡商船株式会社が、新潟汽船株式会社、越佐商船株式会社の両社を買収して合併、商号を現社名「佐渡汽船株式会社」に改称[8]
  • 1949年12月 - 既存定期航路事業免許申請により、新潟 - 両津間、小木 - 新潟間、小木 - 直江津間の定期3航路の経営免許が交付され、運用開始。
  • 1950年8月 - 直江津港 - 柏崎港 - 小木港間の定期航路を開設(柏崎寄港は夏期のみ。1955年8月をもって廃止)。
  • 1967年3月 - 佐渡航路初のカーフェリー「さど丸」が新潟 - 両津間で運航開始。
  • 1968年9月 - 株式を店頭登録(後の東京証券取引所ジャスダック市場)。
  • 1972年
    • カーフェリー「こがね丸」が新潟 - 両津間に就航。
    • 4月 - 両津港に旅客ターミナルビルが完成。
  • 1973年
    • カーフェリー「おとめ丸」が新潟 - 両津間に就航。
    • 4月 - 新潟 - 赤泊 - 寺泊航路が就航。
  • 1977年5月 - 日本初のウォータージェット推進式水中翼船(ボーイング社製ジェットフォイル)による定期航路が新潟 - 両津間に就航(1号艇「おけさ」)。
  • 1979年4月 - ジェットフォイル2船目の「みかど」(ボーイング社製)が新潟 - 両津間に就航。
  • 1981年7月21日 - 新潟西港・万代島埠頭に旅客ターミナルビルが完成、下大川前の旧ターミナルより機能を移転[N 8]
  • 1983年7月 - 8,000t級(注:国際トン)の大型カーフェリー「こさど丸」が新潟 - 両津間に就航。国内初の車両甲板2段積み可能となり、この「こさど丸」から佐渡汽船カーフェリーの大型化が始まる。カーフェリー「こがね丸」が小木 - 直江津間に就航。
  • 1985年2月 - 小木港に旅客ターミナルビルが完成。
  • 1986年7月 - ジェットフォイル3船目の「ぎんが」(ボーイング社製)が新潟 - 両津間に就航。
  • 1988年
    • 4月 - 日本国内の離島航路初となる10,000t級(国際トン)のカーフェリー「おおさど丸」が新潟 - 両津間に就航。カーフェリー「おとめ丸」が小木 - 直江津間に就航。
    • 6月 - 直江津港に旅客ターミナルビルが完成。
  • 1989年
    • 1月 - 新潟 - 赤泊間の航路を休止、寺泊 - 赤泊間を通年運航に。
    • 4月 - ジェットフォイルの国産1号艇「つばさ」(川崎重工製)が両津航路に就航、ジェット4船体制に。これに伴い、ジェットフォイル「みかど」が小木 - 直江津間に就航(春 - 秋の季節運航)。
  • 1991年4月27日 - ジェットフォイル「すいせい」(川崎重工製)が両津航路に就航[N 9]。これに伴い最古参の「おけさ」が香港(TurboJET)へ売却。
  • 1992年
    • 3月 - 寺泊港に旅客ターミナルビルが完成。
    • 4月 - 1,000t級のカーフェリー「えっさ丸」が寺泊 - 赤泊航路に就航。同航路に就航していた佐渡汽船初のカーフェリー「さど丸」売却。
  • 1993年4月 - 国内の離島航路最大となる12,000t級(国際トン)のカーフェリー「おけさ丸」が新潟 - 両津間に就航。これに伴い、カーフェリー「こさど丸」が小木 - 直江津間に就航。カーフェリー「こがね丸」フィリピンへ売却。
  • 1995年3月 - 9,000t級(国際トン)の大型カーフェリー「こがね丸」が小木 - 直江津間に就航。カーフェリー「おとめ丸」フィリピンへ売却。
  • 1996年8月 - ジェットフォイル「ファルコン」(ボーイング社製・元関西汽船「ジェット8」)が就航、ジェットフォイル5隻体制へ(「ファルコン」は予備船扱い)。
  • 1999年11月 - 九州郵船から予備船を保有する佐渡汽船にジェットフォイル売却の要請があり、「ファルコン」が九州郵船へ売却。ジェットフォイル4隻体制へ戻る。
  • 2000年4月 - 赤泊港に旅客ターミナルビルが完成。
  • 2003年
    • 5月11日 - JR東日本との連絡運輸取扱廃止。
    • 10月31日 - 小木航路のジェットフォイルを廃止、余剰となる一隻のジェットフォイル「みかど」をいわさきコーポレーションに売却。新潟 - 両津間のジェット3船体制に(「すいせい」「つばさ」「ぎんが」)。
  • 2005年
    • 航送費が値上げされる。また前年の新潟県中越地震による観光への打撃対策として社会実験を複数に分けて実施。
    • 6月10日 - 赤泊航路に高速船「あいびす」就航。これに伴い、カーフェリーを廃止。余剰となるカーフェリー「えっさ丸」をいわさきコーポレーションに売却。
    • 11月 - カーフェリー内で予約用の用紙を裏紙として、船内のスタンプ用紙などに転用していたことが発覚。
  • 2006年6月 - 「燃料油価格変動調整金」を導入。旅客130円/片道(ジェットフォイル・カーフェリー・高速船とも)、四輪車850円/片道、二輪車200円/片道の運賃アップとなった。
  • 2007年2月 - カサ増しされたカーフェリーのt数が経営不振のため減t(経費面で不利にもかかわらず、わざわざ大きく見せるだけのカサ増しt数から、国内他社と同一の基準に戻った)され、おけさ丸は12,419t(国際トン)→5,862tへとなった。
  • 2008年
    • 4月 - 小木航路のカーフェリー1隻体制となる(昭和58年就航と船歴の高かった「こさど丸」を廃止し、「こがね丸」1隻体制)。
    • 5月 - 小木航路1隻体制で余剰となった「こさど丸」のいわさきコーポレーション系・新屋敷商事への売却が決定。帳簿価額は226,853千円、譲渡価額は600,000千円(消費税別)。引き渡し日は6月10日。
  • 2009年
    • 4月 - 事業会社を分割。船舶運航に関する業務を連結子会社の「佐渡汽船シップマネジメント」に移管し業務委託を開始。
    • 10月 - 事業会社を分割。陸上業務を「佐渡汽船営業サービス」「佐渡汽船シップメンテナンス」に移管。
  • 2012年
    • 3月31日 - 新潟港・両津港両ターミナルにて自動改札機QRコードFelica併用型)の運用を開始。また6港とも乗船時の旅客名簿の提出が不要となる。
    • 4月 - 佐渡汽船営業サービス株式会社を吸収合併。
  • 2013年
    • 3月23日 - 両津航路にてSuicaのサービスを開始(Suica電子マネーのシステムによる)[9]PiTaPaを除く全国9種類の交通系ICカードが利用可能となる。
    • 4月 - 日本海内航汽船株式会社を吸収合併。貨物事業部を設置。
  • 2014年4月8日 - カーフェリー「ときわ丸」が新潟 - 両津間に就航[N 10][N 11]。これに伴い、「おおさど丸」が運航終了[10]
  • 2015年
    • 3月4日 - 固定資産(カーフェリー)の譲渡に伴い約8億7500万円の特別利益が発生する見通しだと発表。譲渡先はリベリアの海運企業。決算は2015年12月末。
    • 4月21日 - 高速カーフェリー「あかね」が直江津 - 小木間に就航[11]。これに伴い前日をもって「こがね丸」が運航終了。
  • 2018年
    • 7〜9月 - 寺泊 - 小木で月1回ずつの試験運航[12]
    • 9月27日 - 佐渡島観光PR用の公式ブログさどトリコ」開設[13]
    • 10月 - 寺泊 - 小木でジェットフォイルを5日間試験運航[14][15]
    • 10月31日 - 赤泊航路の廃止届を北陸信越運輸局へ提出。[16][17]
  • 2019年
    • 2月15日 - 北陸信越運輸局が寺泊 - 小木航路の不定期航路事業を認可[N 12]
    • 5月1日 - 赤泊航路を廃止。
  • 2021年
    • 2月10日 - 2020年12月期で債務超過となったことを受け、佐渡市を割当先とする第三者割当増資を実施。佐渡市が主要株主となる。
    • 2月25日 - チケットレス乗船サービス「佐渡汽船 Sチケット」を開始[18]
    • 3月20日 - 高速カーフェリー「あかね」が運航終了[N 13]
    • 6月25日 - 高速カーフェリー「あかね」のスペイン(Forde Reederei Seetouristik Iberia SL)への売却が決定。帳簿価格は2,409,000千円、譲渡価格は3,050,000千円。[19]
  • 2022年

運航航路・就航船

新潟航路

新潟港 - 両津港(67km・国道350号海上区間) 1日にカーフェリー5往復、ジェットフォイル7往復(繁盛期はカーフェリー7往復、ジェットフォイル9往復)

カーフェリー(所要時間:2時間30分)

  • おけさ丸 (3代)
    • 1993年3月建造、全長134.7m、総トン数5862t、最大旅客定員1705名、車両積載台数:大型バスまたは大型トラック32台及び乗用車48台、乗用車のみの場合290台、最大速力23.4ノット
    • 保有するカーフェリーの中で最大。
  • ときわ丸
    • 2014年3月建造、4月8日定期就航。
    • 全長125.0m、総トン数5300t、最大旅客定員1500名、車両積載台数:大型バスまたは大型トラック28台及び乗用車8台、乗用車のみの場合168台、最大速力19.1ノット

ジェットフォイル(所要時間:1時間7分)

  • ぎんが1986年定期就航)
  • つばさ1989年定期就航)
  • すいせい1991年定期就航)
    • いずれも出力7600馬力、旅客定員260人、最大速力47ノット(87km/h)
    • 最古の「ぎんが」のみボーイング社製で、他2隻は川崎重工業製。
    • 「つばさ」は日本製ジェットフォイル1号である。
    • 「すいせい」の設計には佐渡汽船の意見が盛り込まれており、わずかだが船体が大型化しているため、テイクオフ(フォイルボーン)までの滑走距離が長い。
    • ジェットフォイルの整備は、定期検査や事故修繕も含めて全て自社ドックにて行われている(日本国内において運航事業者がジェットフォイルのドック設備を保有するのは佐渡汽船のみである[20])。

貨物船

  • 日海丸1997年就航)
    • 全長61.2m、総トン数497t。RO-RO船
    • 元は日本海内航汽船が運航していたが、2013年に同社が佐渡汽船に吸収合併された為、本船も移籍したもの。
    • 新聞やカーフェリーでは輸送できない危険物や貨物を担当し、新潟港を早朝3:30に出港して両津港6:30着、荷役後両津港を11:10に出航し新潟港14:10着のダイヤで運航している。[21]
    • 2013年に移籍してからも日本海内航汽船のマークを維持していたが、2020年の入渠時に佐渡汽船のマークへ塗り替えられた。

直江津航路

直江津港 - 小木港(78km、国道350号海上区間)。1日2往復(繁忙期は3往復)。11月後半から2月は運休する(1往復を運航する正月期を除く)。これは「あかね」定期入渠及び新潟航路「おけさ丸」「ときわ丸」が定期入渠した際の代船に回るため。

ジェットフォイル

あかねの引退に伴い、2021年(令和3年)4月29日からジェットフォイル「ぎんが」が就航予定である[22][23]

過去に就航していた船舶

カーフェリー

  • おおさど丸
    • 1988年4月建造、全長131.9m、総トン数5373t、最大旅客定員1520名、車両積載台数:大型バスまたは大型トラック30台及び乗用車50台、乗用車のみの場合190台、最大速力22.6ノット。
    • 新潟航路を所要時間2時間30分で運航。
    • 2014年4月8日引退。
  • こがね丸 (3代)
    • 1995年3月建造、全長120.5m、総トン数4258t、最大旅客定員1133名、車両積載台数:大型バスまたは大型トラック28台及び乗用車8台、乗用車のみの場合164台台最大速力21.7ノット。
    • 直江津航路を所要時間2時間40分で運航。
    • 2015年4月20日引退。

高速船

ジェットフォイル
  • おけさ
  • みかど
  • ファルコン
単胴船
  • あいびす[24]
    • 2005年3月29日竣工、全長47.08m、全幅7.5m、総トン数263t、最大旅客定員216名、最大速力25ノット
    • 隅田川造船建造、寺泊 - 赤泊航路に就航。名称は公募により2004年10月に決定[25]
    • 冬期間は運休のため、新潟港佐渡汽船ターミナルに係船されていた。2018年10月2日引退。

高速カーフェリー

  • あかね
    • 2015年4月建造。全長89.70m、総トン数5702t、最大旅客定員672名、車両積載台数:大型バスまたは大型トラック7台及び乗用車91台、乗用車のみの場合152台、最大速力30ノット[26]
    • 2015年から2020年まで直江津航路に就航し、直江津と小木を1時間40分で結んでいた。
    • 運航期間中に臨時入渠等で離脱する際はジェットフォイルでの代替運航が行われる形をとった。
    • 2020年の運航をもって直江津航路の定期運航から引退し、新潟航路での代替運航を終えた後に売却予定[N 14][27]
    • 2021年1月5日から2021年3月20日の期間における新潟航路での代替運航をもって全ての定期就航を終了した[N 13][28][29]

ターミナル所在地

所在地はいずれも新潟県。運航の詳細に関する問合わせ先は#外部リンクの佐渡汽船公式ウェブサイトを参照。

新潟航路

新潟港ターミナル新潟市中央区万代島9-1

両津港ターミナル佐渡市両津湊353番地

  • 佐渡島内各方面から新潟交通佐渡バスで「両津埠頭」下車
  • 佐和田から車で約30分

直江津航路

直江津港ターミナル上越市港町1-9-1

  • 直江津駅北口・上越妙高駅東口から頸城自動車・佐渡汽船連絡バス「4 佐渡汽船のりば」行で終点「佐渡汽船前」下車
    または直江津駅北口から同バス・本線「1 鵜の浜」行、浜線「3 柿崎」行で「直江津港(佐渡汽船前)」下車
  • 北陸自動車道上越ICから車で約15分

小木港ターミナル:佐渡市小木町1950番地

寺泊航路

寺泊港ターミナル長岡市寺泊上片町9786番地3−7

赤泊港ターミナル:佐渡市赤泊2208番地

現在の運航体制

新潟航路(新潟⇔両津)が黒字を計上している一方で、直江津(直江津⇔小木)航路は慢性的な赤字にさいなまれている。

県と上越市、佐渡市、佐渡汽船などが国に対し、2011年に創設された「地域公共交通確保維持改善事業」の直江津航路への適用を申請した結果、2012年度補助事業分として1811万円の補助を受けることになり、同年度から新潟市と長岡市が加わって小木航路の検討委員会を改組し「佐渡航路確保維持改善協議会」として発足した。以後、国の補助を受けながら航路全体のあり方について検討が行われており、自動改札機の導入や旅客名簿の提出省略などといった利便性の向上策や、利用者数の動向などを精査したうえで運航体制の再構築を図るなど、3航路にわたる改善策が取られている。

新潟航路

新潟市と佐渡市両津地区を結ぶ新潟航路は、県庁所在地の新潟市が発着地になっていることや、新潟港ターミナルが市街地に近く、新幹線や航空機など他の交通機関との接続が比較的容易であることから、長年にわたって佐渡への観光や佐渡市民の生活航路として機能し続けている。航路は佐渡島の南東側を経由しており、高波の影響が少ない。このため運航率は90%以上で他2航路と比較して高く、台風の襲来時や冬場の荒天時にはジェットフォイルこそ欠航となるものの、カーフェリーについては余程の高波でない限り、運航できるケースが多い。

春の大型連休と夏のお盆の時期には増便し、特にお盆には終日運航を行うダイヤも設定されているが、2004年1月1日に通常・閑散期ダイヤの改正が行われた際、18時台と21時台に両港を出港していたカーフェリー2往復が廃止され、19時台出航の1往復に統合された。この影響で本土側・佐渡側で滞在時間が短縮されるなど、不便が生じている。

またジェットフォイルは就航以来、新潟港を出航して両津港で折り返すダイヤを基本線に運航されており、両津港での夜間停泊は行っていなかった。故に両津港からの始発便は遅く、新潟港からの最終便は早く設定されていたため、佐渡島民の利便性低下が指摘されていた。2008年4月1日のダイヤ改正から両津港での夜間停泊が開始され、これにより運航時間が延長されて利便性が改善された。

2010年8月11日、「おおさど丸」が新潟沖を航行中、エンジンの出力を調整する減速機の部品が損傷して航行不能となり、お盆の帰省ラッシュや観光客の足、佐渡島内外の物流に大きな影響を及ぼした。カーフェリーは「おけさ丸」1隻のみとなり、急遽1日4往復で終日運航する特別ダイヤが編成された。この間ジェットフォイルを増発し、小木航路も週末を中心に1日2往復の臨時ダイヤを編成した他、ジェットフォイルに割引運賃を適用するなどの措置が取られた。なお「おおさど丸」は当初、減速機の機器全体の損傷を想定して10月31日までの休航を見込んでいたが、部品の損傷が軽微であったことから予定を前倒しし、機器調整や試験運航などを経て10月1日から運航を再開、同日から両津航路の運航体制も通常ダイヤに復旧した。

国土交通省運輸安全委員会2011年12月19日、このトラブルに関する調査報告書を公表した。それによると、2000年と2005年の定期検査で減速機のスクリューの軸受け部分に摩耗が生じて隙間が広がり、部品の交換推奨値を超えたことが判明したものの、当時の整備担当者が「問題ない状態」と判断して使用を継続。さらにトラブルが発生した2010年の点検でも簡易な確認に留まったため、結果として損傷を引き起こした可能性がある、としている。また報告書では「整備担当者が代わった際に、適切な点検方法が引き継がれなかったことも故障の要因」とも指摘している。

佐渡汽船ではこのトラブルを受け、「おおさど丸」に代わるカーフェリー「ときわ丸」を2014年春の就航を目途に新造する考えを表明し、2012年から建造が進められた。ときわ丸は白と紺をベースにしたカラーリングで、全長約125m、総トン数約5200t、最大速力約18.7ノット、旅客定員約1500人、車両搭載数168台(普通車のみ)。2013年2月3日より船名の一般公募を実施し選考の上、同年4月24日付で船名「ときわ丸」が発表された[30]。船体は2013年10月21日の進水式を経て施工後、2014年3月に納入され、同年4月8日の新潟港発9時25分発の便から定期運航を開始した。一方の「おおさど丸」は同日の両津港発5時30分の便を以って営業運航を終了した。

2018年1月21日、ジェットフォイル「すいせい」の推進装置に不具合が発生した。この故障が発生した際、「つばさ」はドックに入渠していたためジェットフォイルは「ぎんが」1隻での運航体制となった。この故障を起こした「すいせい」では、左舷推進装置の部品の脱落が判明しており、その部品取付や原因究明に時間を要していたが[31]3月30日に運航を再開した[32]

2019年3月9日、ジェットフォイル「ぎんが」の後部水中翼に海洋生物らしきものが接触する事故が発生した。この事故で「ぎんが」は右舷タービン室、右舷ポンプ室、船尾右舷側の床部分に亀裂が生じたほか、後部水中翼を固定する部品が損傷した[33]。この事故が発生した際、「つばさ」は年次点検によりドックに入渠していたため、「すいせい」1隻での運航体制となった。なお4月12日に「つばさ」の年次点検が完了したため、同月14日より2隻での運航体制に戻った[N 15]。「ぎんが」の修理と安全対策、乗り心地の改善も完了し、同年7月19日始発より復帰した[N 16]

直江津航路

上越市直江津地区と佐渡市小木地区を結ぶ直江津航路は、2010年度決算で約5億1000万円の損失を計上しており、年間輸送人員実績も約17万6000人と減少が年々続いている。

直江津航路は上越地方のみならず、長野県北陸地方中京圏近畿地方など各方面から佐渡島へ最短距離で移動できる航路である。しかし観光需要は新潟航路ほど多くなく、上越地方と佐渡市南部とを結ぶ生活航路としての役割が大きい。故に利用者数は新潟航路と比較して少なく、特に近年は慢性的な乗客減少傾向と不採算に陥っている。また航路は地形的に佐渡島の影にならず、佐渡海峡を横断する他の航路に比べ日本海からの荒波を受けやすい。そのため台風の襲来時や冬の荒天時には波が高くなりがちで、安全上の問題から欠航になるケースが多い。これも赤字を増大させた要因の一つである。

直江津航路には1989年から、冬季間を除いてジェットフォイルも就航していたが、2003年10月31日をもって運航を終了。またカーフェリーも2008年3月31日まで「こがね丸」と「こさど丸」の2隻体制で運航していたが、このうち1983年就航の「こさど丸」は老朽化等のため退役し、同年4月1日のダイヤ改正から「こがね丸」1隻のみで運航している。小木港の構造的制約で10,000t級(国際トン)以上の船は入港できないため、新潟航路の大型フェリーを転用することはできない。また前述の通り不採算が続いているため、小木港に入港できる9,000t(国際トン)クラス以下のフェリーを新造するメリットも少ない。

こうした事から新潟県は2007年、直江津航路の存続について検討を開始した。議論は減便や季節航路化、さらには佐渡汽船の航路撤退や航路そのものの存廃にまで及んだ。だがその一方で、直江津航路は新潟航路とともに国道350号の海上区間を担っており、仮に廃止となった場合にはこのルートが断たれてしまうことになる。また2015年春には北陸新幹線長野駅 - 金沢駅間の延伸開業が予定されており(その後開業)、直江津航路は新幹線利用者の観光二次交通の一つとして重要であるとの見地から、上越市と佐渡市は存続を強く主張してきた。これを受けて佐渡汽船は前述の通り、直江津航路を当面フェリー1隻体制で維持する方針を2008年1月18日に発表し、同年4月1日からは奇数日が直江津発1本・小木発2本、偶数日が直江津発2本・小木発1本という変則的な運航体制となった(但し第2・4の金・土曜は1日2往復、繁忙期は1日最大3往復、冬季は全面運休するが年末年始に限り1日1往復を運航)。

県と両市は直江津航路の2隻体制復帰に向け、同年春に「小木直江津航路二隻化戦略検討委員会」(のちに前述の「佐渡航路確保維持改善協議会」へ改組)を立ち上げ協議を進め、直江津航路を対象とした社会実験を相次いで実施した。同年8月には「アースセレブレーション」「小木港まつり」等の開催に合わせ、新潟 - 小木間・直江津 - 小木間の2経路でジェットフォイルの臨時運航を実施した。

委員会では直江津航路の2隻体制について、北陸新幹線開通前までの整備を目指し検討を進めた結果、カーフェリーに加えて中古のジェットフォイル1隻を導入し、計2隻とする当初案では損失が増大する懸念がある見地から、2013年1月22日の委員会において「新造の高速カーフェリー1隻を導入し、1日2往復体制として利便性の改善を図る」との方針で一致し、検討の結果インキャット製の双胴型高速カーフェリー1隻の導入が決定、同年11月に発注の手続きが行われた[N 17][34]。船名は一般公募により「あかね」に決定し、2015年3月14日の新幹線延伸開業から1か月後の4月21日の定期運航を開始した。佐渡汽船では「あかね」就航後の「こがね丸」の処遇について航路関係者の意見や同航路の特性、利用者のニーズを踏まえて検討した結果、「あかね」1隻のみでも1日2往復での運航が可能で、且つ誘客宣伝効果による収支改善が図れるとして、2015年1月に「こがね丸」の売却を発表した[N 18]。なお頸城自動車では北陸新幹線開業後、上越妙高駅と直江津港ターミナルを連絡する直通路線バスの運行を開始した。

2020年7月7日、直江津航路の赤字を改善する目的としてジェットフォイルによる代替運航を行う方針について協議が開始されることが発表された[35]。当初は中古ジェットフォイルを新たに導入する予定であったが、その後の協議によって既存の「ぎんが」が転用されることが決定した[N 19]

廃止された航路

寺泊航路

2018年まで、寺泊港(長岡市寺泊地域)と赤泊港(佐渡市赤泊地区)を結ぶ寺泊航路(両航路とも呼ばれた)があり、2005年6月までは小型カーフェリー、それ以後は高速船「あいびす」により運航されていた。

自動車を利用する場合は関東地方から最も近く、利便性が高い航路ではあるものの、両港とも港湾施設の規模が小さく、両津航路・小木航路で就航しているものよりも小型のフェリーが就航していた。しかしこのフェリーの車両航送可能台数は39台(乗用車のみ)と少なく、更には島外からの観光利用が本土間の航路・航空路4路線のうち、僅か1割弱と伸び悩んでいたことから、2005年(平成17年)6月から高速船「あいびす」による高速船航路に転換された。

しかし、例年にない寒波が襲った同年12月の運航率は約10%と、1ヶ月の大半で運航できないという最悪の事態に陥った。これは、導入した船が小型で軽量であるにもかかわらず、スタビライザーなど横揺れを防止する装置が設けられていないため、少々の高波でも激しく横揺れを起こして乗り心地が著しく低下するという問題があったことによる。このため佐渡汽船では、2006年1月18日から1ヶ月掛けて実施した「あいびす」の定期検査の際に横揺れ防止システム「ARG」を船内に8台追加設置し、2月15日から運航を再開した。その後ARGの設置効果を反映した上で運航体制を再構築したものの、冬場など悪天候時の欠航率は改善できず、2008年1月期の1便当たりの平均乗客数も1人にとどまるなど収支が悪化し、航路単体で年間約2億円の赤字を計上していた。こうした背景から佐渡汽船は2009年1月から、寺泊航路を冬季間(12月から2月)全面運休することになった。これにより5000万円の赤字額を削減できる見通しとされた。

また、長岡市と佐渡市の観光関係者らでつくる「長岡佐渡広域観光協議会」は2009年5月28日にジェットフォイルをチャーターし、同会のメンバーと国、県などの観光・交通政策の担当者ら約50人を乗せ、寺泊港沖と赤泊港沖を経由して新潟 - 小木間で試験運航を実施した。これは航路の活性化に加え、「あいびす」の欠航率の高さの問題などからジェットフォイルによる航路への転換や、新潟・直江津両航路との連携などを長期的に検討するため実施したもので、寺泊と赤泊は港の水深や設備の関係でジェットフォイルが接岸できないため、沖から港内を視察した。

2017年7月13日に船員の確保及び経営状況の厳しさから、両泊航路撤退を軸とした協議を申し入れる旨の発表があった[36][N 20]。翌2018年は便数を半減しての運航となった[N 21][N 22]

2018年10月31日、北陸信越運輸局へ両泊航路の一般旅客定期航路事業の廃止届を提出。2019年1月1日~4月30日は全便運休、5月1日廃止[37]。2018年10月2日より同航路は運休期間に入っており、事実上この航路の歴史に幕が下りている[16][38]

なお、2018年夏季には、新潟県と長岡市の要請・支援を受けて、寺泊港と小木港との間で各月1回1往復の試験運航も行われていた[N 23]

その他

原油価格高に伴う燃料費の高騰で、2006年から繁忙期以外はカーフェリーの運航所要時間が通常時より10分程度長くなっている。

さらに、2006年6月からは、「燃料油価格変動調整金(燃油サーチャージ)」を導入し、旅客は一律大人130円・子供70円、自動車850円・二輪車200円の加算となっている。2007年1月からは旅客は一律大人260円・子供130円、自動車1690円・二輪車400円の加算と値上げした。

またカーフェリーでは「島発往復きっぷ」として佐渡側(両津港・小木港など)からの往復運賃を本土発の運賃から約1000円ほど割り引いている。

グループ企業

  • 佐渡汽船シップマネジメント - 佐渡汽船が保有している船舶の運航および管理を行う。
  • 佐渡汽船シップメンテナンス - 佐渡汽船が保有しているジェットフォイルとカーフェリーの保守管理を行う。
  • 佐渡汽船運輸
  • 佐渡汽船商事
  • 佐渡汽船観光
  • 小木観光
  • 万代島ビルテクノ

過去のグループ企業

  • 佐渡ニューホテル - 1973年設立、2002年自主廃業[N 24]

擬人化キャラクター

脚注

[脚注の使い方]

出典(ニュース・新聞)

  1. ^ “西三川ゴールドパーク(新潟県真野町)―人工の川で砂金採り(名所新景)”. 日本経済新聞: p. 12 夕刊. (1991年3月7日) 
  2. ^ “オートキャンプの人気上昇、新潟県内施設も相次ぎ新増設。”. 日本経済新聞: p. 22 地方経済面 新潟. (1991年8月4日) 
  3. ^ “佐渡汽船、弾野にオートキャンプ場、来年6月オープン―観光菜園など併設。”. 日本経済新聞: p. 22 地方経済面 新潟. (1992年7月8日) 
  4. ^ “「佐渡能楽の里」きょうオープン、初年度年商4億円目標。”. 日本経済新聞: p. 22 地方経済面 新潟. (1997年4月16日) 
  5. ^ “新潟ふるさと村社長渡辺正之氏―ふるさと村再建築の方向(焦点を聞く)”. 日本経済新聞: p. 22 地方経済面 新潟. (1994年1月27日) 
  6. ^ 佐渡汽船、みちのり傘下に 会長「新潟交通と提携必要」”. 日本経済新聞 (2022年3月31日). 2022年4月1日閲覧。
  7. ^ 佐渡汽船、みちのりHD傘下入りを発表”. 日本経済新聞 (2022年2月7日). 2022年2月7日閲覧。
  8. ^ “きょうから使用開始”. 交通新聞 (交通協力会): p. 1. (1981年7月21日) 
  9. ^ “「すいせい」が竣工”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (1991年4月24日) 
  10. ^ “佐渡汽船「ときわ丸」就航”. 新潟日報. (2014年4月8日). https://web.archive.org/web/20140409234505/https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20140408105205.html  - WayBack Machineによるアーカイブ
  11. ^ “佐渡汽船、新潟~両津航路に新造カーフェリー「ときわ丸」が就航”. レスポンス. (2014年4月18日). http://response.jp/article/2014/04/18/221511.html 
  12. ^ “佐渡汽船の寺泊―小木航路 運輸局が運航許可”. 日本経済新聞. (2019年2月15日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41343170V10C19A2L21000/ 
  13. ^ a b “「あかね」に感謝、惜別 佐渡汽船 最後の営業運航”. 新潟日報. (2021年3月21日). オリジナルの2021年3月22日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/g4X0e 2021年3月22日閲覧。 
  14. ^ “高速カーフェリー「あかね」 最後の定期運航”. 新潟日報. (2020年11月16日). https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20201116581522.html 
  15. ^ Jフォイル、14日から本来の7往復に[リンク切れ]新潟日報モア(2019年4月13日)2019年7月28日閲覧。
  16. ^ Jフォイル「ぎんが」運航復帰 4カ月ぶり/座席改修、安全に配慮[リンク切れ]新潟日報モア(2019年7月19日)2019年7月28日閲覧。
  17. ^ “佐渡汽船、双胴型高速カーフェリーを58億円で発注…小木直江津航路に投入”. レスポンス. (2013年11月29日). http://response.jp/article/2013/11/29/211939.html 
  18. ^ “佐渡汽船、「こがね丸」売却へ…高速カーフェリー投入で”. レスポンス. (2015年1月6日). http://response.jp/article/2015/01/06/240965.html 
  19. ^ “佐渡汽船、新規Jフォイル導入断念 「あかね」代替は既存船転用の方針”. 新潟日報. (2020年10月16日). https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20201016575113.html 
  20. ^ “佐渡汽船 赤字続きの「赤泊-寺泊」航路 撤退を軸に協議へ”. 産経新聞. (2017年7月14日). https://www.sankei.com/article/20170714-CRFUZVZYNRPPNILT3YP3EDXUPQ/ 
  21. ^ “月24往復以上に削減 佐渡汽船 寺泊-赤泊航路”. 新潟日報. (2018年1月18日). https://web.archive.org/web/20180121012743/https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20180118368874.html  - WayBack Machineによるアーカイブ
  22. ^ “寺泊-赤泊廃止、知事「やむを得ない」 佐渡汽船航路で見解”. 新潟日報. (2018年10月24日). https://web.archive.org/web/20181106220338/https://www.niigata-nippo.co.jp/news/politics/20181024427839.html  - WayBack Machineによるアーカイブ
  23. ^ “佐渡汽船 寺泊-小木航路試験運航始まる”. 新潟日報. (2018年7月19日). https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000015568 
  24. ^ “佐渡ニューホテル、来月で自主廃業。”. 日本経済新聞: p. 22 地方経済面 新潟. (2002年10月31日) 

出典(その他)

  1. ^ vol.24 佐渡島へのインフラ整備(Ⅱ・完)”. センター月報 郷土の近代化を振り返る. 新潟経済社会リサーチセンター (2019年3月). 2021年10月22日閲覧。
  2. ^ a b c d 第三者割当による新株式及び新株予約権の発行、定款の一部変更、親会社、主要株主及び主要株主である筆頭株主の異動、自己株式の消却、株式併合及び単元株式数の定めの廃止、株式分割及び単元株式数の定めの新設、並びに、株主に対する新株予約権(非上場)の無償割当についてのお知らせ”. 佐渡汽船株式会社. 2022年2月7日閲覧。
  3. ^ a b 佐渡汽船への出資を通じた経営支援について”. 株式会社みちのりホールディングス. 2022年2月7日閲覧。
  4. ^ a b 第三者割当による新株式の発行の払込完了及び第9回新株予約権の発行に関するお知らせ”. 佐渡汽船株式会社. 2022年3月31日閲覧。
  5. ^ a b 佐渡汽船への出資を通じた経営支援に関するお知らせ”. 株式会社みちのりホールディングス. 2022年3月31日閲覧。
  6. ^ a b c みちのりホールディングスの出資を通じた経営支援及び第四北越銀行の出資による金融支援について”. 佐渡汽船株式会社. 2022年2月8日閲覧。
  7. ^ a b c 松本和明. “佐渡島へのインフラの整備”. 新潟経済社会リサーチセンター. 2021年12月26日閲覧。
  8. ^ a b c d e f 松本和明. “佐渡島へのインフラ整備(II・完)”. 新潟経済社会リサーチセンター. 2021年12月26日閲覧。
  9. ^ “新潟交通・佐渡汽船Suica導入セレモニー開催!!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道新潟支社, (2013年3月13日), オリジナルの2014年7月3日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20140703143249/http://jrniigata.co.jp/press/20130313niigatakoutsusadokisensuica.pdf 2021年1月8日閲覧。 
  10. ^ 26年間ありがとうございました(おおさど丸定期就航終了)”. 佐渡汽船. 2016年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月8日閲覧。
  11. ^ 佐渡汽船 新造船ニュース!【高速カーフェリーあかね定期就航日について】”. 2015年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月25日閲覧。
  12. ^ 寺泊港と小木港を結ぶ航路での試験運航について”. 佐渡汽船 (2018年6月21日). 2018年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月11日閲覧。
  13. ^ 佐渡汽船の公式ブログ「さどトリコ」を公開しました (PDF)”. 佐渡汽船株式会社 (2018年9月28日). 2018年11月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月10日閲覧。
  14. ^ 寺泊港と小木港を結ぶ航路でのジェットフォイルによる試験運航について (PDF)”. 佐渡汽船株式会社 (2018年8月8日). 2018年11月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月10日閲覧。
  15. ^ 寺泊港と小木港を結ぶ航路でのジェットフォイルによる試験運航の正式決定について (PDF)”. 佐渡汽船株式会社 (2018年9月14日). 2018年11月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月10日閲覧。
  16. ^ a b 寺泊赤泊航路 一般旅客定期航路事業の廃止届の提出について (PDF)”. 佐渡汽船株式会社 (2018年10月30日). 2018年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月10日閲覧。
  17. ^ 「寺泊〜赤泊航路」の事業廃止について (PDF)”. 国土交通省北陸信越運輸局 (2018年10月31日). 2018年11月10日閲覧。
  18. ^ チケットレス乗船サービス「佐渡汽船 Sチケット」の提供開始について”. 佐渡汽船. 2021年2月25日閲覧。 “弊社は、チケットレス乗船サービス「佐渡汽船 Sチケット」を、2月25日(木)より開始いたします。「佐渡汽船 Sチケット」サービスとは、きっぷ売場窓口や自動券売機への立寄りを不要とし、紙チケットを使わない非対面・非接触型の発券・改札サービスです。”
  19. ^ 固定資産の譲渡(追加)、既存借入金の期限前弁済及び特別利益、特別損失の発生に関するお知らせ”. 佐渡汽船株式会社. 2021年6月29日閲覧。 “当社は、2020年10月23日付「固定資産の譲渡に関するお知らせ(方針決定)」のとおり、高速カーフェリー「あかね」を譲渡する方針を決議し、同船の売却先を検討してきましたが、今般、譲渡先候補との交渉がまとまったことから譲渡することを決議いたしました。”
  20. ^ 大人の工場見学!日本で唯一、佐渡汽船の「ジェットフォイルドック」を特別にご紹介”. さどトリコ. 佐渡汽船株式会社. 2022年2月13日閲覧。 “佐渡汽船は日本で唯一ジェットフォイル専用のドック(整備作業場)を所有しており、そこで整備・点検を行っています。”
  21. ^ お客様が乗れない佐渡汽船の船!?「日海丸」前編 - さどトリコ(佐渡汽船)
  22. ^ 直江津~小木航路の運航ダイヤ及び運賃について”. 佐渡汽船. 2021年2月2日閲覧。
  23. ^ 令和3年直江津~小木航路運航ダイヤ改正について”. 佐渡汽船. 2021年2月8日閲覧。
  24. ^ IBIS(あいびす) 詳細データ - 船と海のサイエンス 新造船の要目データベース(海上技術安全研究所)
  25. ^ 高速船 あいびす”. 2015年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月25日閲覧。 “高速船「あいびす」の名称は公募により、平成16年10月に決定しました 多くの人達が、国内では佐渡にしかいない朱鷺が野生復帰し、再び佐渡の空に舞うことを願っております。 朱鷺の英訳は「あいびす」です。高速船「あいびす」は 未来に向かって羽ばたく朱鷺 をイメージして付けられた名前です。 また、船体のカラーリングにも「朱鷺」のイメージを採用しました。”
  26. ^ 船のご案内 高速カーフェリー あかね(佐渡汽船) - ウェイバックマシン(2018年7月7日アーカイブ分)
  27. ^ 「あかね」が新潟~両津航路に就航する期間の両津発ジェットフォイル特別きっぷの発売について”. 佐渡汽船 (2020年11月25日). 2021年1月29日閲覧。
  28. ^ 令和3年3月から12月までの運航ダイヤ改正について”. 佐渡汽船. 2021年3月21日閲覧。
  29. ^ 高速カーフェリー「あかね」 最終運航日 乗船記念プレゼントについて”. 佐渡汽船. 2021年3月21日閲覧。 “平成27年4月21日から就航した高速カーフェリー「あかね」は令和3年3月20日(土・祝)が最後の運航となります。”
  30. ^ 新造旅客カーフェリーの船名決定のお知らせ”. 佐渡汽船 (2013年4月24日). 2015年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月27日閲覧。
  31. ^ ジェットフォイル「すいせい」の推進装置故障に伴う欠航便発生のお詫び[リンク切れ] - 佐渡汽船
  32. ^ ジェットフォイル「すいせい」の運航再開及び定期運航ダイヤの一部変更(運休)について”. 佐渡汽船 (2018年3月30日). 2018年8月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月25日閲覧。
  33. ^ ジェットフォイル「ぎんが」と海洋生物らしきものとの接触事故についての続報 - 佐渡汽船(2019年3月10日掲載)2019年4月22日閲覧。
  34. ^ 平成27年春に小木直江津航路に就航予定の新造高速カーフェリーを紹介します - 新潟県 - ウェイバックマシン(2015年4月17日アーカイブ分)
  35. ^ 小木・直江津航路の就航船舶変更に係る方針について
  36. ^ 寺泊赤泊航路からの撤退を軸とした協議の申し入れについて[リンク切れ]-佐渡汽船
  37. ^ 2019年版時刻表”. 佐渡汽船. 2020年7月28日閲覧。
  38. ^ 平成30年佐渡汽船時刻表 (PDF)”. 佐渡汽船株式会社. 2018年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月10日閲覧。

関連項目

外部リンク

風速

風速(ふうそく、: wind speed)とは、として空気が移動する速さのことである。 測定には風速計が使用される。

概要

気象庁などで通常使われる単位はm/s(いわゆる秒速)、国際的にはノット (kt) が用いられる。ただし近年、英語圏テレビ気象予報ニュースでは、視聴者の理解のため便宜上、キロメートル毎時で伝えることが一般的になっている。

日本国内において単に「風速」という場合、地上気象観測では、地上約10メートルの高さにおける10間の平均風速を表し、0.25ごとに更新される3秒(12サンプル)平均を瞬間風速という[1]。また、平均風速の最大値を最大風速、瞬間風速の最大値を最大瞬間風速という(「瞬間最大風速」は誤用[2])。都市部では高層建築物が増えて、地上付近の正確な風の流れの測定が困難になっているため、地上数十メートル以上の高さに風速計が設置されている場合も多い。

風速を計りたくても風速計がない場合は、気象庁風力階級またはビューフォート風力階級などを基に、地物または海面の状況から判断した風力により風速を推定する。

ある時間内における最大の瞬間風速を平均風速で割った値のことを突風率といい、一般には1.5から2.0くらいである。また、風圧は風速の2乗に比例して大きくなることが知られている。

一般的に、陸上より海上のほうが平均風速が速く、逆に突風率は小さい。風速は、地球的に見た大気の状態から建造物による構造的な大気の乱れまでと幅広いスケールの気圧差に影響を受ける。

地球的に見た大気の状態に影響を受け、常に偏西風が吹くヨーロッパ西部は1年を通して一定の風速が保たれているといえる。より小さな例では高気圧や低気圧があり、台風などの熱帯低気圧が接近したときに観測される風速は比較的速い。より小さなものでは竜巻によるものが顕著な例で、100m/sを超える最大瞬間風速が観測されたこともある。また、高層建築物が林立する地域ではビル風が吹く。

風速による区分

表の最左側の色彩:風速区分が一目で認識できるように、区分毎の色彩を付することが多い。

区分

風力地上10mの風速(以上)台風の区分(最大風速)
00.0 m/s (0 knot)
10.3 m/s (1 knot)
21.6. m/s (4 knot)
33.4 m/s (7 knot)
5.5 m/s (11 knot)
58.0 m/s (17 knot)
610.8 m/s (22 knot)
713.9 m/s (28 knot)
817.2 m/s (34 knot)
920.8 m/s (41 knot)台風
1024.5 m/s (48 knot)
1128.5 m/s (56 knot)
1232.7 m/s (64 knot)強い台風
43.8 m/s (85 knot)非常に強い台風
54.1 m/s (105 knot)猛烈な台風
1 kt = 0.514 m/s = 1.852 km/h = 緯度1分/h
1 m/s = 1.944 kt = 3.6 km/h

この表では「台風(北西太平洋で発生する熱帯低気圧の、気象庁基準の区分)」についてのみ風速の区分を示している。

スケール

大西洋や北東太平洋のハリケーンの強度区分であるサファ・シンプソン・ハリケーン・スケールは、推定される最大風速によりハリケーンをカテゴリー1からカテゴリー5の5種類に区分している。竜巻の強度区分である藤田スケール(Fスケール)、改良藤田スケール(EFスケール)、も、推定される最大風速ごとに区分されている。

気象庁

また、気象庁・各気象台の発表や天気予報で用いる風の強さの表現として、以下のようなものがある。

表現定義
静穏風速0.3m/s 未満 の風
やや強い風10m/s 以上 15m/s 未満 の風
強い風15m/s 以上 20m/s 未満 の風
非常に強い風20m/s 以上30m/s 未満 の風
猛烈な風風速30m/s 以上 または 最大瞬間風速50m/s 以上 の風

風力階級

また、以下の風力階級も使われている[3]

名称風力秒速 (m/s)状態
無風00.0-1.4煙が真直に上る
軟風11.5-3.4風のあることを感じる
和風23.5-5.9樹木の葉を動かす
疾風36.0-9.9樹木の小枝を動かす
強風410.0-14.9樹木の大枝を動かす
烈風515.0-28.9樹木の幹を動かす
颶風629.0以上樹木や家を倒す

風速の記録

世界

この節に登場する場所を記した地図。の位置(地球内)
オクラホマシティとムーアの間
オクラホマシティとムーアの間
ワシントン山
ワシントン山
バロー島
バロー島
ポートマーティン
ポートマーティン
この節に登場する場所を記した地図。 (地球)

日本国内

外部リンク

脚注

  1. ^ 世界気象機関の基準。気象庁も2007年12月4日からこれを採用している。これまでの0.25秒ごとの単独の値をとる方式と比べて6~10%程度小さな値になるが、突風が建築物などに加える仕事の大きさをより正確に反映することができる。
  2. ^ 日本放送協会. “「最大瞬間風速」「瞬間最大風速」どちらが正しい?”. 2012年11月2日閲覧。
  3. ^ 紙業提要 王子製紙 1938年
  4. ^ Center for Severe Weather Research (2006). "Doppler On Wheels". 2007年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年2月18日閲覧
  5. ^ a b World: Maximum Surface Wind Gust (3-Second)”. World Meteorological Organization. 2016年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月30日閲覧。
  6. ^ a b Info note No.58 – World Record Wind Gust: 408 km/h”. World Meteorological Organization. 2016年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月30日閲覧。
  7. ^ Lyons, Walter A (1997). The Handy Weather Answer Book (2nd ed.). Detroit, Michigan: Visible Ink press. ISBN 978-0-7876-1034-0. https://archive.org/details/handyweatheransw00lyon 

関連項目


 

Back to Top
Close