ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🥾|年間30泊しちゃうほど超おすすめ!千葉県のキャンプ場「千葉ウシノヒロバ」徹底レビュー


写真 

年間30泊しちゃうほど超おすすめ!千葉県のキャンプ場「千葉ウシノヒロバ」徹底レビュー

 
内容をざっくり書くと
「千葉ウシノヒロバ」には、燃え残りの炭を捨てる場所も用意されているので、持ち帰る必要がありません。
 

こんにちは、浜の小魔人です。今回は千葉県にあるキャンプ場「千葉ウシノヒロバ」をご紹介します。千葉県千… →このまま続きを読む

 ハピキャン

キャンプ・アウトドア情報メディア 「ハピキャン 」です。
「タカラモノを探しにいこう」をコンセプトに、話題のキャンプグッズやキャンプ場、料理レシピ、ファッションなどお役立ち情報を発信。
テレビ番組 「おぎやはぎのハピキャン」をメ〜テレ(名古屋テレビ放送)にて放送しているほか、YouTube「ハピキャンチャンネル」でも楽しいコンテンツをお届けしています!
きっとあなたのタカラモノが見つかりますよ!


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

千葉ウシノヒロバ

    リンクを追加

    千葉ウシノヒロバ(ちばウシノヒロバ)は、千葉県千葉市若葉区にある観光牧場。前身の千葉市乳牛育成牧場1968年昭和43年)開業。

    概要

    前身である千葉市乳牛育成牧場は、初産前の育成乳牛を一時的に預かる預託施設として1968年(昭和43年)に開業し、酪農家の減少や牛舎の老朽化などの理由から2020年3月末で廃止された。その跡地に成田ゆめ牧場を運営する株式会社秋葉牧場と株式会社chicabiが共同設立した株式会社千葉牧場が新たな観光拠点を開設することが公募によって決定され[1]、2020年4月より預託事業が開始された。

    施設を再活用したり新しく施設を作り、同年10月に観光牧場としてプレオープン。 2021年には宿泊ロッジ、2023年にはレストランなどがオープンする予定。

    観光事業、預託事業、農業関連事業、研究開発事業を軸に展開されている。

    沿革

    • 1968年(昭和43年)
      • 千葉市乳牛育成牧場開業。
    • 2019年(令和元年)
      • 民営化が決定。
    • 2020年(令和2年)
      • 3月 千葉市乳牛育成牧場廃止。
      • 4月 株式会社千葉牧場による経営開始。
      • 10月 千葉ウシノヒロバプレオープン(キャンプサイト・牛とのふれあい体験・マルシェ)
    • 2021年
      • 4月 1次オープン(宿泊ロッジ)
    • 2023年
      • 4月 2次オープン(牛舎レストラン・牧場湯・お土産ショップ)

    主な施設

    • 大屋根ガーデンYAHHO
    • キャンプパーク
    • 育成牧場

    施設情報

    基本情報

    • 営業時間
      • 9時00分 - 17時00分
    • 定休日/休業日
      • 2月(冬季休業)
    • 駐車場
      • 約200台(有料)
    • 入園料(千葉市在住者への割引価格)
      • 大人500円(220円)
      • 子ども(3歳~小学生)330円(110円)
      • 乳幼児(3歳未満)無料


    交通

    脚注

    [脚注の使い方]

    関連項目

    外部リンク


     

    Back to Top
    Close