ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🥾|多彩な富士山写真並ぶ 1月9日から みなくるで 横浜市旭区


写真 2012、13年ごろの作品を中心に収めた写真集

多彩な富士山写真並ぶ 1月9日から みなくるで 横浜市旭区

 
内容をざっくり書くと
外ノ池さんは東希望が丘に住み、仕事の傍ら長年各地から富士山の姿を写し、写真展も開いてきた。
 

旭区市民活動支援センター「みなくる」=ココロット鶴ヶ峰4階=で1月9日(日)から22日(土)まで富士… →このまま続きを読む

 タウンニュース


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

傍ら長年各地

    東希望が丘

      リンクを追加

      東希望が丘(ひがしきぼうがおか)は、神奈川県横浜市旭区の地名。「丁目」の設定のない単独町名である。住居表示未実施区域。

      地理

      旭区の南西部に位置し、南と南西に中希望が丘、北東に中尾、北西に笹野台、東にさちが丘と接している。

      歴史

      沿革

      • 1961年昭和36年)4月1日 - 二俣川町、小高町の各一部から編入し、横浜市保土ケ谷区東希望が丘を新設。
      • 1969年(昭和44年)10月1日 - 保土ケ谷区を再編し、旭区を新設。横浜市旭区東希望が丘となる[5]

      町名の変遷

      実施後実施年月日実施前(各町名ともその一部)
      東希望が丘1961年(昭和36年)4月1日二俣川町、小高町の各一部

      世帯数と人口

      2021年(令和3年)7月31日現在(横浜市発表)の世帯数と人口は以下の通りである[2]

      町丁世帯数人口
      東希望が丘5,231世帯10,377人

      人口の変遷

      国勢調査による人口の推移。

      1995年(平成7年)10,850人[6]
      2000年(平成12年)11,305人[7]
      2005年(平成17年)10,884人[8]
      2010年(平成22年)10,620人[9]
      2015年(平成27年)10,390人[10]

      世帯数の変遷

      国勢調査による世帯数の推移。

      1995年(平成7年)4,078世帯[6]
      2000年(平成12年)4,486世帯[7]
      2005年(平成17年)4,393世帯[8]
      2010年(平成22年)4,507世帯[9]
      2015年(平成27年)4,653世帯[10]

      学区

      市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる(2020年4月時点)[11]

      番・番地等小学校中学校
      1〜14番地、96〜106番地
      144〜147番地、188番地
      228〜240番地
      横浜市立南希望が丘中学校
      15〜42番地、48〜49番地
      52〜54番地
      横浜市立希望が丘中学校
      43〜47番地、50〜51番地
      55〜95番地、107〜143番地
      148〜187番地、189〜227番地
      241〜260番地
      横浜市立東希望が丘小学校

      事業所

      2016年(平成28年)現在の経済センサス調査による事業所数と従業員数は以下の通りである[12]

      町丁事業所数従業員数
      東希望が丘176事業所1,839人

      交通

      道路

      施設

      その他

      日本郵便

      警察

      町内の警察の管轄区域は以下の通りである[14]

      番・番地等警察署交番・駐在所
      全域旭警察署希望が丘交番

      脚注

      [脚注の使い方]
      1. ^ 横浜市町区域要覧” (日本語). 横浜市 (2018年7月9日). 2020年6月16日閲覧。
      2. ^ a b 令和3年(2021) 町丁別人口(住民基本台帳による) Page white excel.png (Microsoft Excelの.xls)” (日本語). 横浜市 (2021年8月6日). 2021年8月7日閲覧。 “(ファイル元のページ)
      3. ^ a b 東希望が丘の郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月15日閲覧。
      4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年6月24日閲覧。
      5. ^ 市・区・町の沿革”. 横浜市. 2020年6月16日閲覧。 “(ファイル元のページ)
      6. ^ a b 平成7年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年3月28日). 2019年8月16日閲覧。
      7. ^ a b 平成12年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年5月30日). 2019年8月16日閲覧。
      8. ^ a b 平成17年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年6月27日). 2019年8月16日閲覧。
      9. ^ a b 平成22年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2012年1月20日). 2019年8月16日閲覧。
      10. ^ a b 平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2017年1月27日). 2019年8月16日閲覧。
      11. ^ 小・中学校等の通学区域一覧(通学規則 別表)”. 横浜市 (2020年4月1日). 2020年6月16日閲覧。
      12. ^ 平成28年経済センサス-活動調査 / 事業所に関する集計 産業横断的集計 都道府県別結果” (日本語). 総務省統計局 (2018年6月28日). 2019年10月23日閲覧。
      13. ^ 郵便番号簿 2019年度版 (PDF)” (日本語). 日本郵便. 2019年11月4日閲覧。
      14. ^ 旭警察署 地域課のページ”. 旭警察署. 2021年8月9日閲覧。

       

      Back to Top
      Close