in ,

🥾|「板垣死すとも…」の血染めシャツ、実は出血少ない? 岐阜遭難事件の〝真相〟伝える


写真 胸や脇あたりに血だまりが残る板垣退助の「血染めのシャツ」。右袖は人為的に切り裂かれている

「板垣死すとも…」の血染めシャツ、実は出血少ない? 岐阜遭難事件の〝真相〟伝える

 
内容をざっくり書くと
「板垣退助君傳(でん)記」には、治療した医師後藤新平の回顧談として、服を着たまま寝椅子に寄りかかっていた板垣に対し「外科用の大きなはさみを取り出して、首のところから、ずっと手首までワイシャツを切断した」と記されている。
 

切り裂かれた1枚の白いシャツ。染み付いた複数の血痕は、ちょうど140年前の岐阜での生々しい記憶を宿し… →このまま続きを読む

 岐阜新聞


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

[rdp-wiki-embed url=”https://ja.wikipedia.org/wiki/板垣退助”][rdp-wiki-embed url=”https://ja.wikipedia.org/wiki/回顧談”]