in ,

🥾|ニホンライチョウの減少で人工繁殖 防護服を着て飼育する姿も 獣医「病原性のない細菌でも死亡する」


写真 

ニホンライチョウの減少で人工繁殖 防護服を着て飼育する姿も 獣医「病原性のない細菌でも死亡する」

 
内容をざっくり書くと
人工繁殖したライチョウを自然に還すことには、まだ課題が多いということだが、2022年度は野生のヒナを保護し、成長後に放す取り組みも始めるという。
 

標高2000m級の高山地帯で生息する国の特別天然記念物ニホンライチョウの生息数が、温暖化や登山客の食… →このまま続きを読む

 ABEMA TIMES


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

[rdp-wiki-embed url=”https://ja.wikipedia.org/wiki/人工繁殖”][rdp-wiki-embed url=”https://ja.wikipedia.org/wiki/2022年度”]