ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

📚|お盆って何をする日? 意外と知らない日本の歳時記


写真 画像は、『きょうは なにして 遊ぶ? 季節のこよみ』(偕成社)の表紙

お盆って何をする日? 意外と知らない日本の歳時記

世の中はお盆休み。よく聞くけれど、そもそもお盆って何をする日? そう聞かれたら即答できるだろうか。今… →このまま続きを読む

 BOOKウォッチ

あなたが読むべき本、見逃していませんか?「BOOKウォッチ」は、新刊はもちろん、隠れた名著もご紹介。純文学、恋愛、ノンフィクション、自然科学、写真集や料理レシピなど、幅広い作品を掲載しています。


Wikipediaより

記事タイトルをもとにしたキーワードを利用していますが、説明が表示されていないものはWikipediaに該当する項目がありませんのでご了承下さい。

歳時記

歳時記(さいじき)は、四季の事物や年中行事などをまとめた書物のことである。江戸時代以降の日本では、主として俳諧俳句季語を集めて分類し、季語ごとに解説と例句を加えた書物のことを指すようになった。「歳事記」とも書く。

概要

歳時記とは本来四季に応じた事物や行事などを列記したものを指す中国古来の用語である[1]。日本の歳時記としては、貝原益軒による1688年貞享5年)の『日本歳時記』(京都日新堂刊)が始まりとされる。『日本歳時記』では、季節ごとの風俗や行事、動植物について、江戸初期の行事や暮らしに関する挿絵を随所にはさみ説明されている。また、江戸後期文化3年(1806年)に出版された速水恒章による『諸国図会年中行事大成』は、江戸で暮らす人々の年中行事を挿絵表現を中心に描いている。

俳諧の歳時記

俳諧における歳時記について、初期のものは季寄と呼ばれるが、季寄と歳時記の区別は明確ではない[1]

季語を収集した季寄や四季別の類題集句集は連歌のころから存在しており、季題を集めて四季に分類しようとする試みは、『はなひ草』『毛吹草』『俳諧初学抄』といった式目作法書に見られる[1]北村季吟の『山の井』(1647年)は、季題を説明した後、例句を添える形式を持ち、歳時記の先鞭をつけた[1]。ただし、季題の説明文は雅文体であり、実用を意図したものではない[1]。同じく季吟の『増山の井』は従来の季寄せの集大成であり、『公事根源』『年中行事歌合』『世諺問答』『江家次第』などを参照して、季題本来の意味を明らかにしようとしたものである[1]。1713年序『滑稽雑談』は季題を詳細に考証し、その姿勢は後世の歳時記作者に影響を与えた[1]

俳諧関連書で「歳時記」の名を最初に使ったのは曲亭馬琴の『俳諧歳時記』(1803年)で[1]明治になっても増補版が翻刻されていた。

近代に入ると、考証よりも実作者向けの実用性を重視する姿勢が強くなり、近世以前のスタイルと異なる歳時記が生まれた[1]1872年12月より日本に太陽暦が導入され、歳時記の内容に大きな混乱をもたらした。1874年の『俳諧貝合』(香夢)が陽暦による最初の歳時記であり、同年序の『ねぶりのひま』(四睡庵壺公編)では四季とは別に新年の部を立て、立春を2月において陰暦から1か月遅れで調整しており、現在の歳時記の多くがこの方法を引き継いでいる。その後改造社の『俳諧歳時記』(1933年、全5巻)が出て近代の歳時記の体裁が整えられた。

沖縄県では季節感や動植物、方言などの多様性から、2017年には沖縄県現代俳句協会編『沖縄歳時記』(文学の森)が刊行されている[2]

脚注

  1. ^ a b c d e f g h i 日本古典文学大辞典編集委員会 『日本古典文学大辞典 第3巻』 岩波書店、1984年4月、16頁。 
  2. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2017年6月25日). “【書評】『沖縄歳時記』沖縄県現代俳句協会編” (日本語). 産経ニュース. 2020年12月21日閲覧。

参考文献

  • 『現代俳句大事典』 三省堂、2005年
  • 『現代俳句ハンドブック』 雄山閣、1995年

関連項目

 

Back to Top
Close