ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🥾|登山マナーの改善呼び掛け 立山・尖山登山口


写真 登山者にチラシ入りポケットティッシュを手渡す上市署員(右)=尖山登山口

登山マナーの改善呼び掛け 立山・尖山登山口

上市署と立山町役場が10日、立山町横江にある尖山(とがりやま)の登山口で環境保全や安全な山登りを心掛… →このまま続きを読む

 北日本新聞

富山県のニュースを掲載しています。スポーツ・社会・文化・地域・くらし情報も。


Wikipediaより

記事タイトルをもとにしたキーワードを利用していますが、説明が表示されていないものはWikipediaに該当する項目がありませんのでご了承下さい。

立山

立山(たてやま)は、日本飛騨山脈(北アルプス)北部、中部山岳国立公園を代表する雄大な群峰・連峰群である[2]立山連峰後立山連峰からなる複列連峰である。特に、立山連峰では、雄峰立山七十二峰八千八谷と謳われ、古来より信仰[3]の対象として神々が宿る精神的な山々の空間を立山と称した。仏教観の須弥山。古くは多知夜麻(たちやま)とも立山(りゅうさん・りゅうせん)とも称された。国文学表現の植(う)うる剣とも太刀の峯とも謳われる。

群峰・連峰群には、越中駒ケ岳系、剱岳(不動明王)系、大日岳系、立山三山(たてやまさんざん)系、薬師岳系、白馬岳系、蓮華岳系、三俣蓮華岳系ほか等々からなる無数の連山連峰が折り重なっている。この中心の立山三山は、 浄土山雄山(おやま、標高3,003 m)、別山の三山にて三世諸仏に例えられ、さらに主峰雄山立山本峰(ほんみね)へ峯を続ける。同雄山、大汝山(おおなんじやま、標高3,015 m(最高標高峰))、富士ノ折立(ふじのおりたて、標高2,999 m)の三峯を立山本峰(たてやまほんみね)と称する。三山三峯のみならず立山全体で、神殿、及び、曼荼羅須弥山の構造をとっている。

また、霊山信仰により、立山登拝が行われている。最高峰地群の雄山に登り大汝山や剣岳等などを参拝することで、己が悟りを表す須弥山の天界[4]思想や浄土世界がある。

また、観光上、有名な立山黒部アルペンルートは、立山連峰から後立山連峰を横断して、数々の山岳風景を楽しませてくれる。

また、立山連峰( 剱岳、雄山、富士ノ折立)、及び、後立山連峰(鹿島槍ヶ岳唐松岳)には、日本では数少ない氷河が現存する[5][6]

なお、しばしば地図表記等に雄山や大汝山が立山とのみ記載されるが、立山には立山と称する単独峰も二峰三峰は存在しない。

概要

 「立山」は、専らは連峰を指す一方で、単に地理的な名称だけではなく、「立山」には、精神的な霊山信仰が広がる空間として、立山信仰[7]の意味をもつ名称である。

「立山」は、称名川から弥陀ヶ原、室堂や地獄谷、立山カルデラなど立山一帯を含んだ地理的な広がりと、立山信仰[7]や遥拝登山など精神的な広がりを含んだ複合的な意味を持っている。開山縁起に始まり、立山三山や劔岳ほか等などから立体的な立山曼荼羅[7]を形勢し、精神的な信仰世界を体現させている。

 立山三山は、浄土山、雄山、別山からなり、阿弥陀「過去」、釈迦「現在」、弥勒「未来」の三世諸仏に擬えられる。

 立山登拝は、須弥山の天界[4]思想に到達するもので、立山三山を巡って地獄と浄土による生死観の対比、及び、雄山の山頂(神社峰本社)から北辰に重ねて大汝を拝むこと、これ即ち宇宙に己(大汝)を写して悟るものと考えられ、古来修験より信仰が広がっている。また、大日岳や雄山から剣岳(俱利伽羅不動明王)を拝むことも同様である。この立山登拝の際に、河原で石を携えて雄山の山頂に石を供える習わしがある。天界[4]浄土となる立山は、富山城下から見ると、雄山、大汝山等などは立山の大日岳による死角によって隠れている。登拝は、麓の雄山神社、岩峅寺の麓大宮(前立社壇)にて、立山に入山する者の身の穢れや罪を祓い、道中無事の祈願から始まる。立山の雄山の山頂には、雄山神社本宮(峰本社)があり、霊山信仰を導いている

 また、しばしば狭い範囲で立山三山と囲む山々のみ立山と呼ばれる。

 また、しばしば地図記載等で詳細は割愛されて立山とのみ記される。

 なお、信仰上、大汝山や剣岳は拝む山であり自らが登る山ではない。

 かつて山体は立山カルデラにあり、元の立山火山の山頂部は侵食で喪失している。弥陀ヶ原五色ヶ原はこの火山の火砕流堆積物や溶岩の台地である。ミクリガ池、ミドリガ池は火口湖であり、現在の立山火山の主な火山活動は地獄谷周辺の火山性ガスの噴出と温泉噴出である。

 日本三名山日本三霊山(三大霊場,三大霊地)、日本四名山日本百名山[8]新日本百名山[9]及び花の百名山[10]に選定され、富山県のシンボルの一つとされている。

 雄山神社の峰本社神殿右端の前には、測量の基準である大きな黒御影石の標石(標高点3,003 m)があり[11]、その約70 m南南西に一等三角点(標高2,991.59 m、点名は立山)の標石が設置されている[12][13]

 立山について万葉集には「多知夜麻」と記された[14]

 国文学的表現として立山は「植うる剣」とされて、” 荒城の月 ”の歌詞にある「ううる剣」のモチーフの基でもある。

地理

 造山運動により黒部川を挟んで立山連峰後立山連峰とに分かれている。立山連峰は、日本の3,000 m超級の山の最北端・最西端の連峰である。富山県の最高峰であり、北陸4県および日本海に面する道府県の最高峰がある。黒部川の東岸の後立山連峰は、長野県、及び新潟県に跨っている。なお、南端からは、槍ヶ岳穂高連峰に繋がって、北アルプスを形成している。

御前沢氷河
雄山の東側斜面にある御前沢氷河は全長約700 m、面積約0.1 km2氷河である。日本に現存するものとしては数少ない氷河であり、黒部川の水源の一つとなっている[5]
内蔵助氷河
内蔵助カールにある日本で最小の氷河。日本に現存する7つの氷河のうち一般登山者が踏み入れることができる唯一の氷河である[15]
山崎カール
雄山の西側斜面に山崎圏谷があり、一般には山崎カールと呼ばれている。1905年明治38年)地理学者の帝国大学理科大学(現東京大学教授山崎直方博士によって日本で初めて発見された氷河地形である。1945年昭和20年)薬師岳東側の圏谷群[注釈 1]と共に国の天然記念物に指定されている。命名者は山崎の高弟である石井逸太郎(博士、1889年 - 1955年)で、「立山連峰の氷河作用‐特に山崎圏谷に就いて」(地理評、1943年)などの論文で天然記念物指定のきっかけを作った。

主な山

飛騨山脈(北アルプス)の北部に位置し、その主稜線の三俣蓮華岳から分岐する西側の稜線上にある。立東側の親不知まで延びる主稜線の後立山連峰黒部川を挟んで対峙している。

山容山名標高
m
三角点等級
点名
大汝山からの
方角と距離km
備考
Kashimayarigatake from jiigatake 2001-11-20.jpg鹿島槍ヶ岳2,889.08二等
「鹿島入」
16 cardinal points NE.png北東 12.6日本百名山
Tsurugidake from bessan 22 1995 8 20.jpg剱岳2,9992,997.07m
(三等「剱岳」)
16 cardinal points N.png北 5.3日本百名山
氷河が現存
Dainichirenpo and Murodo from Tateyama 1995-8-20.jpg奥大日岳2,6112,605.94m
(三等「奥大日」)
16 cardinal points NW.png北西 4.3日本二百名山
37 Bessan from Tsurugidake 1994-10-11.jpg別山2,88016 cardinal points N.png北 2.4
Tateyama from Kurobedaira 1994-10-9.jpg立山3,015雄山
2,991.59m
(一等「立山」)
16 cardinal points O.png 0大汝山が最高点
日本百名山
氷河が現存
Jodosan from Morpdpnokkoshi 1995-8-20.jpg浄土山2,83116 cardinal points SW.png南西 1.7
Yakushidake from Jiidake 2004-8-14.JPG薬師岳2,926.01二等
「薬師ヶ岳」
16 cardinal points SW.png南西 13.7日本百名山

周辺の主な峠

  • 室堂乗越 - 奥大日岳と剱御前との西寄りの鞍部
  • 新室堂乗越 - 奥大日岳と剱御前との東寄りの鞍部
  • 別山乗越 - 剱御前と別山との鞍部
  • 真砂乗越 - 別山と真砂岳との鞍部
  • 一ノ越 - 雄山と浄土山との鞍部
  • ザラ峠 - 獅子岳と五色ヶ原との鞍部

源流の河川

以下の主な源流の河川富山湾へ流れる。

自然

冬季はシベリアから吹く寒風によって日本海で発生した水蒸気が運ばれ、立山の3,000 m級の山々にぶつかることで大量の降雪をもたらす。世界有数の豪雪地帯であり、積雪は15m以上、最低気温氷点下20以下になる。

室堂周辺から上部は、森林限界ハイマツ帯で、多くのライチョウが生息している。花の百名山に選定されていて、室堂周辺などでは雪解けと共に多くの高山植物の開花が見られる。タテヤマリンドウタテヤマウツボグサ、タテヤマアザミ、タテヤマキンバイ、タテヤマオウギなどのタテヤマの名称が付く高山植物があるが、立山の固有種というわけではない。

Ptarmigan Raicyo in Tsubakurodake 2003-4-27.jpgPinus pumila1.JPGGentiana thunbergii Tateyamarindou in Gozaisyodake 2010-6-2.jpgGentiana thunbergii var. minor in Mount Yakushi1996-08-02.jpgGeum pentapetalum 07.jpgKuruma-yuri.jpg
ライチョウハイマツタテヤマリンドウ(青色・白色)チングルマクルマユリ

登山者や観光客の増加により室堂周辺は外来植物や病原菌の侵入など、生態系の破壊が危惧され、全国的にも早い段階でマイカー全面乗り入れ禁止(マイカー規制)や、草刈り十字軍などの民間ボランティアによる環境保護活動が行われるようになった。

人に関わる歴史

山岳信仰

 立山は、縄文の太古から自然崇拝の山として、また、奈良・平安時代以降は山岳信仰による立山修験が現れて、日本三霊山の一つとされている。

 越中の守として遣わされた国司大伴家持 ( 天平18年(746年)-天平勝宝3年(751年)以前在任 )は、 天平19年(747)「皇神(すめかみ)の 頷(うしは)きいます 新川の その立山(たちやま)に〜」(国神の領有される新川のその立山に)と立山の霊性を詠んだ[28]。「万葉集」(延暦25年(806年)以降に完)に歌われた立山は、遥かに敬い拝む神山であり、そして、天皇も知るところであった。「立山賦」及び「敬和立山賦」に、片貝川が詠われたのは有力な拠点があったと伺える。片貝川は後世まで立山神のふるさとといわれ、有頼柳[29]が残されている。近代まで片貝川の小石を持参して頂上に供える習俗は続いた。山麓には立山信仰にかかわる立山の神霊を祀ったとみられ、この奈良時代(710-794)ごろは、古来の地主神とされる刀尾(たちお)天神を敬っていたと見られる。

 一方、8世紀ごろに役小角( 舒明天皇6年(634年)- 大宝元年(701年)伝)を開祖とする修験道が日本に広まるのに加え、これを追って9世紀初頭に空海(佐伯真魚)・最澄(三津首広野)らが密教(真言宗天台宗)を日本に伝える。山中での修行が広まるのに併せて立山にも入ったと考えらる。秘峰であった立山は、9世紀中ごろに律令国家的な開山がなされ、併せて寺院などの建立が進んだことが伺える。

 空海の甥とされ佐伯一門の円珍(814-891)は、役行者の後を慕い承和12年(845年)大峯山・葛城山・熊野三山を巡礼し修験道の発展に寄与し、また、天台座主第5世となり園城寺を賜る。後を追う康済(828-899)は「越中立山建立」と師資相承(ししそうじょう)されており、また、天台座主第8世・園城寺長吏を担った。開山の記に、大日岳剣岳の両山頂で、奈良後期から平安初期の錫杖が見つかっており、また、「雄山神」は、このころ初めて天皇より官位を授かり律令国家の臣下におかれた。三代実録・清和天皇貞観5年(859)9月条「25日甲寅、越中国正五位下雄山神に正五位上を授く」、日本紀略・宇多天皇寛平元年(889)8月条「正五位上雄山神を従四位下に叙す」と、国司、及び、貴族同様それ以上に遇された雄山神社の創建が伺える。10世紀に赴任する国司、佐伯有若 (延喜5年(905年)-延喜10年(910年)在任) の政務は、何らか「雄山神」と特別な関りが想起される。

 立山の中心となる神は、古来は「刀尾(たちお)神」が周知され剱岳など等に坐すと考えられたが、其れまで秘境立山において姿すら未知であった秘峰、立山本峰(ほんみね)に坐す「雄山神」が、立山開山に伴って周知されて信仰が改まったと見られる。「雄山神」は、日本神話の説話(古事記(712)、日本書紀(720)等)による天地開闢黄泉の国伊邪那岐命(いざなぎ)の黄泉帰りと神産みの禊など等に根ざし、末法思想が広がる平安後期11世紀までには阿弥陀信仰と強く結びつき、立山地獄説話と共に西方極楽浄土の神山として立山権現が定着した。また、剣岳に刀尾(たちお)権現(本地、不動明王)として手力男命(たぢからおのみこと)を迎えて祭ったと見られる。

 開山縁起では、これを大宝律令施行の大宝元年(701)に遡り説話として大きく比喩するかたちに替えられている。刀尾天神(白鷹の剣岳)を目指して立山に入るも、不意に現れた阿弥陀仏(熊の雄山)に白羽の矢を立て建立し、また、慈興聖人の等の寺院普及など等を、国司の有若または有頼の貢献として説話に語ったと見られる。説話では六寺が伝わるが、現在は、雄山の立山本峰に峰本社があり、山麓芦峅寺の中宮(祈願殿)、岩峅寺の麓大宮(前立社壇)とともに、三身一体の形を有する。峰本社を見上げる室堂平には参籠の場として建てられた室堂が復元されている[30]。立山山麓には、芦峅寺(あしくらじ)、岩峅寺(いわくらじ)の二つの拠点寺院がある。

 雄山神社の祭神は、主神に伊邪那岐命・阿弥陀如来、副神に手力雄命・不動明王が祭られ、本地垂迹による神仏混淆がみられ、岩峅寺の雄山神社の境内摂社に刀尾(たちお)神社が祀られている。また「和漢三才図会」(1712年) 巻六八に、立山(りゅうさん)・刀尾(とおび)両権現の祭神として伊邪那岐命、手力男命があがっている。

 なお、平安以降、立山権現には現在と異なる姿がある。

 芦峅寺泉蔵坊本「立山大縁起」には「立山禅定ノ濫觴トハ神祇五代ノ開基、伊弉冉・伊弉諾命ノ霊廟ニシテ則チ陰陽交愛ノ根元、衆生流出ノ本土也」とあり、国初の男女両神のみたま屋であって男女交愛の根元の山としている。元禄9年(1696)橘三喜は立山に登拝し絶頂の社図を描いており、祠を三間に仕切り、伊弉諾(いざなぎ)・伊弉冉(いざなみ)・瓊瓊杵(ににぎ)三尊を祀ったかたちである(諸国一宮巡詣記)。

 明和7年(1770)京都の公卿町尻兼久が従臣を遣して岩峅寺の立山権現に参詣させた時、岩峅寺の社僧は立山は国初の男女両神を祀ると明言している(岩峅寺文書)。

 岩峅寺の「立山略縁起」の一つにも「立山大権現は伊弉諾・伊弉冉の霊躰、一切男女の元神」と記されている(「越中国立山禅定名所附図」石川県金沢市立図書館蔵)。

開山縁起

伊呂波字類抄(平安末期という)による

 「立山大菩薩顕給本縁起 越中守・佐伯有若宿禰が、仲春上旬の頃、鷹狩りのために山に入ったところ鷹が逃げてしまった。それを見つけに山中に入っていくと熊が現れ襲ってきたので、矢を射かけた。熊は、矢を受けたまま山中に逃げていった。それを追っていくと、その熊とみえたのは金色の阿弥陀如来で、その身には有若が射た矢が刺さっていた。これを見た有若は菩提心を発し、弓を折り髪を切って沙弥となり、慈興と名乗った」[31]

類聚既験抄(鎌倉末期という)による

 「越中国立山権現 文武天皇御宇・大宝元年(701)始めて建立された。相伝に云う 立山にいた狩人が、熊を矢で射て追いかけたところ、その熊は矢を受けて立ったまま死んでいた。しかし、その屍体を見ると、熊ではなく金色の阿弥陀如来であった、乃ち此を立山権現と云う」[31]

和漢三才図会 巻六八(1712・江戸中期)による

 「立山権現 文武天皇・大宝元年(701)、天皇は阿弥陀如来からの夢告により、佐伯宿禰有若を越中国国司に任じた。ある日、有若の子・有頼が、父が愛育していた白鷹を借りて鷹狩りをしたところ、鷹が逃げてしまった。鷹を行方を探している有頼の前に、右手に剣をさげ左手に数珠を持った翁(刀尾天神・たちおてんじん)があらわれ、「鷹は横江の森にいる」と教えて消えていった。なおも深山に入っていくと大熊が現れ襲いかかってきたので、有頼は弓に矢をつがえて熊の胸を射貫いた。

 熊は血を流しながら玉殿の岩屋のなかにに逃げ込んだので、有頼も続いて岩屋に駆け込んでみると、熊はおらず三尊が並び立っておられ、しかも阿弥陀如来像の胸には自分が射放った矢が突き立ち血が流れていた。驚いた有頼がその場に伏せていたら、阿弥陀如来があらわれ、『私は濁世の衆生を救おうとして、この山に十界を現して(地獄極楽をすっかりそろえて)、お前の来るのを待っていた。有若を国司にしたのもそのためである。鷹は剣山の刀尾天神で、熊は私である。お前は早く出家して此の山を開け』と告げた。

これを聞いた有頼は感泣して山を下り、五智山の慈朝について仏門に入り、慈興と名乗って立山を開き、立山大権現の大宮などを建てた」[31]

 有頼が、山に入って草をかみ元気を回復した坂を草生(くさおい)坂、妖気迫り、抜刀して切払った坂を断截(だんさい)坂、称名念仏の声に励まされてやすやすと登った坂を刈安(かりやす)坂といい、念仏の声は滝の音だったので、その滝を称名(しようみよう)滝といい、滝を伏拝んだ地を伏拝(ふしおがみ)というなどの地名説話がある。

信仰登山

立山は山頂付近に地獄(地獄は古い日本語で温泉の意味)がある山としても知られていた。

観光

1964年(昭和39年)6月20日に高原バス全線(美女平-室堂)が営業を開始すると、標高2,450 mの室堂までバスで行くことができ、立山登山も非常に手軽に行えるようになった。

立山アルペンルートが春に除雪され開通すると、室堂ターミナル付近の道路は両側が10-20 mの高さの雪の壁となり、「雪の大谷」と呼ばれている。

室堂の北側には、みくりが池の湖畔を通り地獄谷へ向かう遊歩道がある。地獄谷の北西にはほとんど草木が生えることができないエンマ山と呼ばれる硫黄を含んだ丘がある。地獄谷では、噴煙火山ガス及び温泉の源泉が出ていて、有毒ガスの濃度によって、遊歩道が通行禁止となる場合がある。この源泉が周辺の宿泊施設で、温泉施設に利用されている。

登山

立山と弥陀ヶ原周辺は、3,000 m級の山々とはいえ古くから多くの人の参拝が可能であった。それに対して、剱岳を初めとする山々は近代になってようやく登山の対象となった。近代登山参照。

江戸時代から旧越中国の多くの村では、男子は15歳又は16歳になると成人儀礼として集団で立山(雄山)も登拝する風習があり、この立山詣りで一人前と認められた[32]。明治以来、富山県内の小学校で、学校行事として立山登山が行われてきた[注釈 2]。また、県教委主催で、県下から小学6年生を募集し「12歳立山夢登山」も行われた。しかし、2003年(平成15年)7月、小学生が転落し収容先の病院で死亡が確認される事故が起こって以後、学校からの登山の計画や届出での規則が強化された。

登山史

  • 1873年(明治6年) - 深見チエが女性として立山初登頂で、1891年にデレーケの娘ヤコバが外国人女性としての立山初登頂[17]
  • 1878年(明治11年)- バークス・アーネスト・サトウが、針ノ木峠を越え立山に登頂し、『日本旅行日記』などを出版している。
  • 1879年(明治12年) - ウィリアム・ゴーランドが立山に登頂。
  • 1893年(明治26年) - 英国人ウォルター・ウェストンが、大町市の麓から針ノ木峠とザラ峠を越えて立山温泉に入り、室堂を経由して立山町の麓への探険的登山を行った。
  • 1896年(明治29年) - 日本山岳会の第3代会長木暮理太郎が針ノ木峠を越えて立山に登頂。
  • 1914年(明治37年) - ウォルター・ウェストンが再び日本を訪問。再登頂し、その後1918年に『The Playground of the Far East(極東の遊歩場)』をロンドンで出版し、この山を世界に紹介した[17][34]
  • 1919年大正8年)7月 - 富山県立富山高等女学校と富山県女子師範学校の女生徒ら49名(女学生38名と校長含む引率者11名が、学校から3泊4日で立山に登頂。
  • 1947年(昭和22年) - 佐伯房治が地獄谷温泉に房治小屋を建設[18]
  • 1961年(昭和36年) - 佐伯利雄が立山の北側にある真砂岳山頂直下の東側で内蔵助山荘を開業[18]
  • 1967年(昭和42年) - 立山駅前の千寿ヶ原に文部省登山研修所が開設[16]
  • 1972年(昭和47年) - 山小屋であるニューサンブジ(現在の雷鳥沢ヒュッテ)が、地獄谷温泉の北東端で開業[18]
  • 1986年(昭和61年) - それまで山小屋として使用されていた室堂小屋(立山室堂山荘)が富山県指定有形文化財に指定され、翌年西側に新たな山小屋の建物が造られた[18]
  • 1989年(平成元年)10月8日 - 北の真砂岳で8人が凍死する遭難事故が発生した[11]

登山ルート

黒部立山アルペンルートの交通機関を利用し、室堂を立山や剱岳などの登山口とする場合が多い[35]立山室堂山荘と一ノ越を経由して、雄山神社まで往復するルートが最もよく利用されている。冬期は交通機関が途絶えるため、一般の登山は困難となる。春に立山黒部アルペンルートが開通すると、室堂周辺などで春山スキーが行われている[11]

  • 室堂駅 - 立山室堂山荘 - 一ノ越 - 立山(雄山)
  • 室堂駅 - 立山室堂山荘 - 室堂山 - 浄土山 - 一ノ越 - 立山(雄山)
  • 室堂駅 - みくりが池温泉 - 雷鳥沢 - 剱御前小舎 - 別山 - 真砂岳 - 立山(富士ノ折立・大汝山・雄山)
  • 室堂駅 - みくりが池温泉 - 雷鳥沢 - 賽の河原 - 大走り - 真砂岳 - 立山(富士ノ折立・大汝山・雄山)
  • 室堂駅 - みくりが池温泉 - 雷鳥沢 - 一ノ越 - 立山(雄山)
  • 黒部ダム - ロッジくろよん - 黒部平 - 東一ノ越 - 一ノ越 - 立山(雄山)
  • 称名滝バス停 - 称名滝 - 八郎坂 - 弥陀ヶ原 - 室堂 - 一ノ越 - 立山(雄山)、立山登山マラニック実行委員会によって、海岸から走り始め、八郎坂を通って雄山に登拝する登山マラソンも行われる。
  • 立山駅 - 材木坂 - 美女平駅バスターミナル - 弥陀ヶ原 - 室堂 - 一ノ越 - 立山(雄山)

周辺の宿泊施設

室堂周辺や立山周辺の登山道上に、ホテル山小屋などの多くの宿泊施設がある[36]。大汝山及び雄山への最寄りの山小屋は一ノ越山荘である。

名称所在地大汝山からの
方角と距離km
標高
m
収容
人数
備考
剱御前小屋別山乗越、剱御前と別山との鞍部16 cardinal points N.png北 2.42,410200剱岳の展望
ロッジ立山連峰雷鳥平16 cardinal points NW.png北西 2.42,330200
雷鳥沢ヒュッテ鳥平16 cardinal points NW.png北西 2.32,350290東隣にキャンプ場テント250張
ホテル立山室堂バスターミナル16 cardinal points W.png西 2.22,420289期間限定で立山山頂簡易郵便局が開設される。
みくりが池温泉みくりが池湖畔16 cardinal points NW.png北西 2.22,410120
雷鳥荘リンドウ池北16 cardinal points NW.png北西 2.12,400350
立山室堂山荘室堂平16 cardinal points W.png西 1.72,450200日本最古の山小屋の隣
内蔵助山荘真砂岳山頂の東側直下16 cardinal points N.png北 1.42,790120
一ノ越山荘一ノ越、雄山と龍王山との鞍部16 cardinal points SW.png南西 0.92,705200立山に最も近い山小屋

他に、天狗平や阿弥ヶ原にも宿泊施設などがある。

立山からの風景

Dainichirenpo and Murodo from Tateyama 1995-8-20.jpgOonanji-tsurugi-tateyama.jpgTateyama-keshiki-toyama-heiya.jpgTateyama-keshiki-kurobeko.JPG
大日岳と室堂大汝山と剱岳富山平野黒部湖後立山連峰

関連するテレビ番組

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 1952年(昭和27年)に特別天然記念物に指定された。
  2. ^ 県教委によれば、ここ数年では県内で立山登山を行った小中学校は60-70校で推移しているという[33]

出典

  1. ^ a b 日本の主な山岳標高(富山県の山)、国土地理院、2010年12月16日閲覧。
  2. ^ a b 中部山岳国立公園環境省)、2010年12月16日閲覧。
  3. ^ 富山県. “立山信仰の世界-第2展示室-” (日本語). 富山県. 2021年4月26日閲覧。
  4. ^ a b c 富山県. “天界” (日本語). 富山県. 2021年4月26日閲覧。
  5. ^ a b 立山連峰:日本初の「氷河」、学会が認定”. 毎日新聞 (2012年4月4日). 2012年4月4日閲覧。[リンク切れ]
  6. ^ 国内7カ所目の氷河確認 北アルプス、唐松沢雪渓 産経新聞 2019年10月4日
  7. ^ a b c 富山県. “立山信仰の世界-第2展示室-” (日本語). 富山県. 2021年4月26日閲覧。
  8. ^ 『日本百名山』深田久弥(著)、朝日新聞社、1982年、ISBN 4-02-260871-4、pp.188-191
  9. ^ 『新日本百名山登山ガイド〈上〉』 岩崎元郎(著)、山と渓谷社、2006年、ISBN 4-635-53046-9、pp148-150
  10. ^ 『花の百名山』田中澄江(著)、文春文庫、1997年、ISBN 4-16-352790-7、P213-216。その著書で代表する花としてイワイチョウを紹介した。
  11. ^ a b c 『改訂版 富山県の山』山と渓谷社、2010年、ISBN 978-4-635-02367-2、pp.16-19
  12. ^ 基準点成果等閲覧サービス、国土地理院、2010年12月16日閲覧。
  13. ^ 雄山は、『一等三角点百名山』(山と渓谷社、1988年、ISBN 4-635-17030-6 )に選定されている。
  14. ^ 万葉集 巻17、4000、4024
  15. ^ a b 立山で新たに氷河二つ 内蔵助と池ノ谷 県内計5カ所に 北日本新聞社 2018年1月19日
  16. ^ a b 『コンサイエンス日本山名辞典』三省堂、1992年、ISBN 4-385-15403-1、P326-327
  17. ^ a b c 『新日本山岳誌』ナカニシヤ出版、2005年、ISBN 4-779-50000-1、P914-916
  18. ^ a b c d e f 『北アルプス山小屋物語』東京新聞出版局、1990年、ISBN 4-8083-0374-4、P161-178
  19. ^ a b 1953年(昭和28年)6月15日郵政省告示第770号「白山頂上郵便局等設置」
  20. ^ 1970年(昭和45年)6月4日郵政省告示第480号「郵便局改称の件」
  21. ^ a b 1981年(昭和56年)7月18日郵政省告示第534号「簡易郵便局を設置する件」
  22. ^ 1981年(昭和56年)6月17日郵政省告示第423号「郵便局を廃止する件」
  23. ^ 1995年(平成7年)6月27日文部省告示第100号「文化財を重要文化財に指定する件」
  24. ^ 2000年(平成12年)4月11日郵政省告示第239号「ふるさと八十円郵便切手及び五十円郵便切手(北陸)を発行する件」
  25. ^ 『切手と風景印でたどる百名山』ふくろう舎、2007年、ISBN 978-4-89806-276-0、P92
  26. ^ 富山新聞2010年2月7日
  27. ^ 国内初の現存する「氷河」を立山連峰で発見!|立山の雪|とやま雪の文化|富山県”. 富山県. 2018年6月22日閲覧。
  28. ^ 万葉集 巻17 4000 立山賦一首
  29. ^ 有頼柳” (日本語). 日本伝承大鑑. 2021年5月7日閲覧。
  30. ^ 本郷真紹「古代社会の形成と展開」64ページ(深井甚三・本郷真紹・久保尚文・市川文彦『富山県の歴史』山川出版社 2003年11月)など
  31. ^ a b c 雄山神社(富山・立山町)”. www.y-tohara.com. 2021年5月4日閲覧。
  32. ^ 『名山の日本史』河出書房新社、2004年、ISBN 4-309-22410-5、p254
  33. ^ 北日本新聞」 2008年5月31日朝刊。
  34. ^ 『日本アルプス再訪』ウォルター・ウェストン(著)水野勉(訳)、平凡社、1996年、ISBN 4-58-276161-5
  35. ^ 『ヤマケイ アルペンガイド8 剣・立山連峰』山と渓谷社、2008年、ISBN 978-4-635-01352-9
  36. ^ 『剱・立山 (山と高原地図 36) 』 昭文社、2010年、ISBN 978-4-398-75716-6
  37. ^ NHKアーカイブス保存番組詳細 NHK、2011年2月27日閲覧。
  38. ^ さわやか自然百景バックナンバー NHK、2011年1月28日閲覧。
  39. ^ NHKアーカイブス保存番組詳細 NHK、2011年1月28日閲覧。
  40. ^ NHKアーカイブス保存番組詳細 NHK、2011年1月28日閲覧。
  41. ^ バンバンバン TBS、2011年2月27日閲覧。
  42. ^ ダーウィンが来た(第158回・わたしライチョウ 雪の鳥) NHK、2011年2月27日閲覧
  43. ^ NHKアーカイブス保存番組詳細 NHK、2011年1月28日閲覧。
  44. ^ 富山 美女平 NHKエコチャンネル、2011年1月28日閲覧。
  45. ^ ブラタモリ(これまでの放送#81~#90)NHKオンライン

参考文献

関連項目

外部リンク

 

Back to Top
Close