ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🥾|マスク姿で登頂 10日「山の日」


写真 万歳をして登頂を喜ぶ登山者

マスク姿で登頂 10日「山の日」

立山一帯は9日、終日霧に覆われたが、3連休の中日とあって大勢の登山者でにぎわった。下界は猛暑が続く一… →このまま続きを読む

 北日本新聞

富山県のニュースを掲載しています。スポーツ・社会・文化・地域・くらし情報も。


Wikipediaより

記事タイトルをもとにしたキーワードを利用していますが、説明が表示されていないものはWikipediaに該当する項目がありませんのでご了承下さい。

メインページ

""選り抜き記事

イスタンブルのハギア・ソフィア大聖堂 周囲の4本のミナレットはオスマン帝国時代にモスクに転用された際に付け加えられたもの。

ビザンティン建築は、東ローマ帝国(ビザンツ帝国、ビザンティン帝国)の勢力下で興った建築様式である。4世紀頃には帝国の特恵宗教であるキリスト教の儀礼空間を形成し、そのいくつかは大幅な補修を受けているものの今日においても正教会の聖堂、あるいはイスラム教モスクとして利用されている。日本では、ビザンツ建築と呼ばれる場合もある。

ローマ建築円熟期の優れた工学技術を継承し、早い段階で技術的成熟に達するが、その後、東ローマ帝国の国力の衰退と隆盛による影響はあるものの、発展することも急速に衰退することもなく存続した。東ローマ帝国の勢力圏のみならずキリスト教の布教活動とともに、ブルガリアユーゴスラヴィアロシアといった東欧諸国あるいはアルメニアジョージアなど西アジアにも浸透していった。その影響力は緩やかなもので、地域の工法・技術と融合しながら独自の様式を発展させた。また、初期のイスラーム建築にも影響を与えている。……


""新しい記事

""強化記事

ウィキペディアは非営利団体であるウィキメディア財団によって運営されています。並びに以下の姉妹プロジェクトも運営しています。

ウィキペディアは日本語をはじめ約300の言語で執筆されています。全ての言語版についてはウィキペディアの一覧全言語版の統計をご覧ください。以下は特に規模の大きな言語版です。

ウィキペディアの運営は皆様の寄付によって成り立っています。ご理解・ご協力賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

Back to Top
Close