ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

😀|これは天才の発想です。無印の「アイデア文具」20年前に欲しかったわ…!


写真 

これは天才の発想です。無印の「アイデア文具」20年前に欲しかったわ…!

 
内容をざっくり書くと
2色とも彩度がキツくないので、やんわりとしたイラストになります。
 

無印の“ある商品”がツイッターで話題になっていました。それが… コレです。その名も「鉛筆 赤/青」。… →このまま続きを読む

 BuzzFeed Japan

BuzzFeed Japanは、社会にポジティブなインパクトをもたらすため、ニュース、カルチャー、エンターテインメントの情報を発信しています。思わず友達にシェアしたくなるユニークな動画や番組もお届けします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

    くイラスト

    彩度

    彩度(さいど、: colorfulness, chroma, saturation)は、色の三属性の1つで、色の鮮やかさの尺度である。

    彩度は基本的に、色空間の中央軸(無彩色軸)からの距離である。無彩色灰色)で0となり、無彩色軸から離れるにしたがい増し、純色で最大となる。また、彩度は色空間における距離なので、色空間に依存する。たとえば、色空間によっては、純色以外でも彩度が最大になることがある。

    英語での名称は、HLS色空間HSV (HSB) 色空間PCCSではsaturation(Sと略す)、マンセル表色系ではchroma だが、日本語では区別せず彩度という。ただしsaturationについては飽和度という訳語が使われることもある。また、純色量と訳されることもあるNCSのchromaticness、オストワルト表色系のpurityも彩度と同種の概念である。

    彩度変化の例

    色相・明度を一定とした場合の、彩度の連続的な変化。HLS色空間、NCS、オストワルト表色系などでのもの。HSV色空間、PCCS、マンセル表色系などではこれとは多少異なる。

    表色系の彩度

    NCS・オストワルト表色系

    NCSやオストワルト表色系では、色相以外の属性(ニュアンス)を白、黒、純色の混合率で表す。純色の割合が彩度となる。純色量など別の用語を使うこともある。

    NSCではパーセンテージ、オストワルト表色系では8段階に分けて表す。ただし、3色の混合率を表すには2色の率を表すだけでよく、オストワルト表色系では白色量と黒色量を使うため、彩度が明示されることはない。

    これらの表色系の色空間は双円錐算盤の珠)型をしており、彩度が高くなると、明度は50%から大きく離れることができなくなる。

    マンセル表色系・PCCS

    マンセル表色系やPCCSの色空間はNCSやオストワルト表色系に似ているが、人間の知覚を重視しているため、歪んだ形をしている。

    そのため、彩度が最大のときの明度は必ずしも50%ではなく、色相によって異なる。例えば黄色では明度が高いとき、紫色では明度が低いとき、彩度を高くできる。

    マンセル表色系では彩度の最大値も異なる。最大彩度はマンセル表色系で10から14、PCCSで9である。

    HLS・HSV色空間の彩度

    HLSやHSV (HSB) の彩度は、0~1または0%~100%で表す。

    HLSやHSVの色空間は、NCSなどと異なり、円筒形をしている。そのため、純色以外に彩度が最大となるニュアンスがある。HLSでは(純色と白または黒との混合)、HSVでは暗清色(純色と黒との混合)で、彩度が最大になる。

    HSVの彩度は、全体の明るさに対する純色の割合を示し、saturationの字義どおりの意味に近い。暗清色でも彩度が最大になるのは、このためである。また、明度が低く黒に近い場合、彩度が大きく変わっても、純色の絶対量はあまりかわらず知覚的には色があまり変わらない。HLSでは同様のことが、明度が高く白に近い場合にも起こる。

    RGBからの算出

    RGB色空間の から、まず最大と最小

    を求める。

    HLS・HSV色空間の彩度はこの2つの値のみから

    で得られる。

    いずれの式でも、M = m つまり R = G = B のとき彩度が0、m = 0 つまり R, G, B いずれかが0のとき彩度が1となることがわかる。

    ただし、HLSでは白または黒、HSVでは黒の場合、そのままでは彩度が不定となってしまうので、例外処理をして、それらの場合の彩度を0と定めている。

    関連項目


     

    Back to Top
    Close