ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

💪|朝型生活で体重減!早起きさんの「ダイエット成功実例」3つ


写真 

朝型生活で体重減!早起きさんの「ダイエット成功実例」3つ

 
内容をざっくり書くと
ブレンダーで混ぜるだけの簡単なジュースは、バナナの甘さで甘いものを食べたい欲も落ち着き、間食を抑えてくれる効果も。
 

自分時間が確保できる、作業効率が上がる、健康的になるなど、朝型生活を送ることによるメリットはいろいろ… →このまま続きを読む

 朝時間.jp

朝を楽しむヒントが満載の朝のライフスタイルマガジン「朝時間.jp」
約1万件の朝ごはんレシピや、人気料理家さんのレシピ連載、朝食のお店情報、世界各国の朝の風景レポート、ヨガ、美容、ファッション、ヘアアレンジなど専門家による毎朝読みたい記事をお届けします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

    甘いもの

    甘味

    甘味(かんみ)とは味覚の一つ。菓子果物などの甘い物を食べたときに感じる味。甘み(あまみ)とも呼ぶ。

    サトウキビなどから精製された砂糖や、果物に含まれる果糖などが甘味の主なものだが、近年は甘味料を使い、人工的に甘味を付けていることも多い。甘味の強さを甘味度といい、スクロース(砂糖)の何倍甘いかを数値で表わす。

    糖の甘味

    フルクトース(果糖)が商業的に食品や飲料に使われる主な理由は、そのコストの低さと相対的に強い甘さである。フルクトースは天然に存在する糖の中では最も甘く、スクロース(砂糖)の1.73倍甘いとされている[1][2]。その甘さはピラノース型のものであり、フラノース型のものは砂糖と同程度の甘さである。フルクトースは暖めるとフラノース型が形成される[3]。フルクトースは高温ではスクロース(砂糖)の 60% の甘味度しかなく、40 ℃ 以下でないと砂糖よりも甘くならないので、フルクトースの甘さは温度によって大きく左右される[4]。フルクトースを含む果物転化糖は冷やすと甘味が強くなる。フルクトースの甘さはスクロースやデキストロースよりも早く知覚され、味の感覚は、スクロースに比べより早く、より強いピークに達し、早く減衰する。フルクトースは他の風味を強めることもできる[1]。このフルクトースの甘味の強さを利用して転化糖異性化糖が利用されている。特に異性化糖は、成分に応じてブドウ糖果糖液糖や果糖ブドウ糖液糖とも呼ばれ、その甘味の割にコストが安く、清涼飲料水に多く使われている[4]

    ノンカロリーシュガー

    カロリーの制限が必要な糖尿病の患者や、ダイエットが目的の人のために、

    など、カロリーが低いが甘みは強いという成分を使用したノンカロリーシュガーと呼ばれる人工甘味料があり、ダイエット飲料などに利用されている。

    甘味料以外の甘みを持つ物質

    無機化合物では、塩化ベリリウム酢酸鉛が甘みをもつ物質として知られているが、両者とも毒性が強い。自動車NOSなどに使われる亜酸化窒素は、吸引すると香気と甘味を感じる物質である。

    有機化合物では、100種以上の化合物が甘みを持つことが知られている。特にクロロホルムニトロベンゼンエチレングリコールグリセリングリシングリコーゲンなどが有名だが、クロロホルム、ニトロベンゼン、エチレングリコールなどは毒性が強いことで知られる。グリシンはホッコクアカエビ(甘海老)、ナミクダヒゲエビユムシなどの主な甘味成分で、ホタテガイ類の貝柱はグリコーゲンによる甘味を持つ。

    世界でもっとも甘い化合物はラグドゥネームで、砂糖の22万から30万倍の甘みを持つとされる。

    脚注

    [脚注の使い方]
    1. ^ a b Hanover, LM; White, JS (1993). “Manufacturing, composition, and application of fructose”. Journal of Clinical Nutrition 58: 724s-732. 
    2. ^ Oregon State University. "Sugar Sweetness". Last accessed May 5, 2008. http://food.oregonstate.edu/sugar/sweet.html アーカイブ 2008年5月16日 - ウェイバックマシン
    3. ^ Fructose in our diet: http://www.medbio.info/Horn/Time%201-2/carbohydrate_metabolism.htm last visited 2008-12-28
    4. ^ a b 異性化糖

    参考文献

    関連項目



     

    Back to Top
    Close