ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⛺|100均の保冷バッグはコスパ最強!ダイソー・キャンドゥ・セリア2022年版の注目


写真 

100均の保冷バッグはコスパ最強!ダイソー・キャンドゥ・セリア2022年版の注目

 
内容をざっくり書くと
また100均の保冷バッグは内側に「アルミ蒸着加工」を施している商品が多くあります。
 

■100均の保冷バッグはコスパ最強! 種類豊富なのはダイソーあわせて読みたい今回取り上げるのは100… →このまま続きを読む

 イチオシ

イチオシは、みんなの「買って良かった!」をシェアする、レコメンドサイトです(オールアバウトとNTTドコモとの共同運営)。オールアバウトのガイドをはじめ、SNSで活躍するインフルエンサー達が「イチオシスト」として、自分がおすすめするモノやサービスにまつわるエピソードや思い入れを語っています。「イチオシスト」を募集中!


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

アルミ蒸着加工

    断熱バッグ

    断熱バッグ(だんねつバッグ、: insulated bag)は、持ち運び可能な英語版定温バッグ(ていおんバッグ)、保冷温バッグ(ほれいおんバッグ)、保冷バッグ(ほれいバッグ)、保温バッグ(ほおんバッグ)などの名称でも呼ばれる。

    主に断熱材を使用し、時には断熱材と冷却ジェルを併用して作られる。冷たいものを冷たいまま、温かいものを温かいまま保ち、内容物の温度を一定に保つために用いられる。

    断熱バッグは、産業、医療/医薬品用途、出前などの食品配達、弁当箱の持ち運びなどで使われてきた。

    買い物バッグ

    温度変化の影響を受けやすい商品を、コールドチェーンを途切れさせないで持ち帰るための商業用断熱バッグは、1980年代半ばにヨーロッパの食料品店などで導入されたのが最初の例である。宅配ピザを熱いまま届けるための断熱バッグは、1983年にイングリッド・コーザー (Ingrid Kosar) が発明し、今日では広く用いられている[1][2][3]クーラーボックスとよく似ているが、クーラーボックスは断熱バッグよりも大きく、硬い箱状の形をしている点で異なる。

    医療向けの使用

    製薬用断熱バッグは、温度変化に弱い薬品を、温度・衝撃・光から守りつつ輸送するものである。ワクチンの多くは、冷凍したり高温や明るい光にさらしてしまうと、その効果の多くまたはすべてを失ってしまい、慎重な扱いを要する生物学的製剤である。このようなワクチンは、生産から使用するまでの間を、通常摂氏2度から同8度の間に保たなければならない[4][5]

    材質

    断熱バッグは通常、次の材質で製造されている。

    脚注

    [脚注の使い方]
    1. ^ She’s got it ‘in the bag’”. My Sunday News (2014年7月3日). 2015年3月21日閲覧。
    2. ^ Basecamp. “Life of Pie — The Distance”. Thedistance.com. 2015年3月21日閲覧。
    3. ^ The Woman Who Invented the Bag That Keeps Your Pizza Warm”. gizmode. 12/05/14閲覧。
    4. ^ 予防接種における間違いを防ぐために (PDF)”. 厚生労働省 戸山研究庁舎. 2019年9月10日閲覧。
    5. ^ fr2894.html”. idsc.niid.go.jp. 2019年9月9日閲覧。

    関連項目


     

    Back to Top
    Close