ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🥾|日本一の山で自然を学ぶ 未来っ子が恒例富士登山 小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町


写真 ゴツゴツ道も元気よく進む年長児ら

日本一の山で自然を学ぶ 未来っ子が恒例富士登山 小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町

 
内容をざっくり書くと
そんな思いからコロナ禍でも、私たちができる方法で登山を体験させています」と話した。
 

小田原市南鴨宮の認定こども園、未来っ子幼児教育センター(佐藤節子理事長)の年長児23人が7月、恒例の… →このまま続きを読む

 タウンニュース


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

私たち

リンクを編集

私たち」(わたしたち)は、日本の歌手西野カナの楽曲である。2012年5月23日にSME Recordsから17枚目のシングルとして発売された。

概要

前作『SAKURA, I love you?』から2ヶ月半ぶりのシングル。

女性同士の友情を描いた友情ソング。表題曲は、香里奈主演の映画『ガール』の主題歌に起用された。

レコチョク着うた週間ランキングで1位を獲得したことにより、9作品連続でレコチョク1位を記録し、同時に女性アーティストとしては史上初となるレコチョクの最多記録を更新した[1]

収録曲

#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「私たち」Kana NishinoGIORGIO CANCEMIGIORGIO CANCEMI
2.「Happy Half Year!」Kana Nishino
  • SKY BEATZ
  • FAST LANE
  • LISA DESMOND
  • FILIP LINDFORS
  • SKY BEATZ
  • FAST LANE
  • LISA DESMOND
  • FILIP LINDFORS
  • HIRO DOI(NICHION)
3.「LOVE LIKE CRAZY」Kana Nishino
  • VIVID Neon*
  • Takashi Yamaguchi
  • Kyoko Osako
合計時間:

タイアップ

曲名タイアップ
私たち東宝配給映画『ガール』主題歌
ニッセン2012夏』CMソング
Happy Half Year!明治果汁グミ』CMソング

収録アルバム

脚注

  1. ^ 西野カナ、新曲「私たち」着うた(R)1位獲得、レコチョク史上女性アーティスト最多記録更新”. BARKS. グローバル・プラス (2012年5月4日). 2012年5月8日22:51閲覧。


外部リンク

コロナ禍

    リンクを追加

    コロナ禍(コロナか)とは、2019年末からの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行による災難や危機的状況を指す言葉である[1][2]

    「コロナ禍」のうち、「コロナ」は「新型コロナウイルス」[3]SARSコロナウイルス2)を意味し、「」は「災い」や「災難」「不幸なできごと」を意味することば[4]で、さまざまな名詞後置されて「○○禍(か)」という複合語[5]を形成する(例:水禍(洪水)、戦禍(戦争)など)。

    新型コロナウイルス感染症の流行が拡大するとともに、2020年(令和2年)3月半ば頃から新聞インターネット上において広く用いられるようになった[6][注釈 1][注釈 2](なお、その一方で放送界・出版界自ら「コロナ禍」の語の無限定な用法に対し、抑制的な姿勢や自己点検の動きを示す例も見受けられた[7][8])。

    「コロナ禍」という単語は誤った表記がなされることも多い。代表的な誤りは「禍」を「」と間違え、「コロナ渦(コロナうず、コロナか)」と表記するものである[9]立川市議会の久保田学市議は「禍」を「」と間違え、「コロナ鍋(コロナなべ)」と発言している[10]

    大辞泉が選ぶ新語大賞2020

    小学館による「大辞泉が選ぶ新語大賞 2020」では、次点として「コロナ禍」が選出され、大辞泉編集部による語釈が発表サイト上に掲載された。

    選出理由について、特別選考委員を務めた明治大学国際日本学部の教授は「今の世界の状況を言い表す言葉で、これを克復しよう、新しい生活様式を見出して、なんとか切り抜けていこうという願いを共有するのに、大事な言葉になっています。その思いへの応援も込めて次点としました」と説明している。また田中教授は日本語学の観点からは「○○禍」が造語成分として今後派生するかどうかも注目に値するとしている[11]

    脚注

    [脚注の使い方]

    注釈

    1. ^ 行政によるインターネット上の発信では、 など。
    2. ^ 新聞報道では、全国紙5紙すべてに登場。 など。ブロック紙では、 など。県紙では、ブロック紙に準ずると評価されるものでは、 など。一般の県紙では、 など。

    出典

    参考文献

    関連項目


     

    Back to Top
    Close