ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⛺|内なる野生の魂を呼び覚ませ!思わずアウトドアやキャンプに行きたくなるサバイバルゲーム5選


写真 内なる野生の魂を呼び覚ませ!思わずアウトドアやキャンプに行きたくなるサバイバルゲーム5選

内なる野生の魂を呼び覚ませ!思わずアウトドアやキャンプに行きたくなるサバイバルゲーム5選

 
内容をざっくり書くと
食事という生物には必要不可欠な要素をうまくゲーム内のシステムとして落とし込んでいる本作。
 

バーベキュー・釣り・昆虫採集、これから来る秋は涼しい季節ということもあり、その開放感を最大限に生かし… →このまま続きを読む

 インサイド

“人生にゲームという彩り”を与えるウェブメディア。家庭用ゲームからスマホゲームまで、ライト~ミドルゲーマーに向けて最新の情報をお届けしています。人気タイトルについては、他メディアの追随を許さない深掘りをし、SNS上で大きな反響を呼ぶアンケートや取材など独自企画も多数!


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

うまくゲーム内

    同値

    同値(どうち)または等価(とうか)とは、2つの命題が共にまたは共にのときに真となる論理演算である。 英語ではequivalence (EQ)。「if and only if」を略して、iff ともいう。否定排他的論理和 (XNOR) に等しい。 演算子記号は ⇔、↔、≡、=、EQ などが使われる。

    真理値表

    命題 P命題 QPQ

    性質

    基本的な性質

    同値の基本的な性質は以下の通り。
    論理包含(ならば)、論理積(かつ))

    • 反射律:
    • 対称律:
    • 推移律:

    その他

    他にも次のような性質がある。
    否定排他的論理和

    • 反対称律:

    必要十分条件

    二つの条件 pq に対して、「 p を満たすものは全て q も満たす 」 というとき、「 pq である為の十分条件である 」 あるいは 「 qp である為の必要条件である 」 という。

    また、「 pq である為の十分条件であり、qp である為の十分条件である 」 というとき、「 pq である為の必要十分条件である 」 あるいは 「 pq とは同値である 」 という。

    例 1

    ある数が4の倍数である為には、その数は少なくとも偶数である必要がある。つまり、偶数であることは、4の倍数である為の必要条件である。ただし、偶数であっても、必ずしも4の倍数であるとは限らない。

    また、ある数が4の倍数である為には、その数が8の倍数であれば十分である。つまり、8の倍数であることは、4の倍数である為の十分条件である。ただし、その数が8の倍数でなくとも、必ずしも4の倍数でないとは限らない。

    他方、ある数が2の倍数である為には、その数は少なくとも偶数でなければならない。つまり、偶数であることは、2の倍数である為の必要条件である。また、その数が偶数であれば、その数は必ず2の倍数である。つまり、偶数であることは、2の倍数である為の十分条件である。すなわち、偶数であることは、2の倍数である為の必要十分条件であり、両者は同値である。

    例 2

    自然数変数 n についての条件 p(n), q(n) を次のように定める。

    • p(n): n > 10
    • q(n): 2n > 20

    そのとき、p(n) は q(n) である為の必要十分条件である。すなわち、n > 10 は 2n > 20 である為の必要十分条件である。

    例 3

    実数変数 x についての条件 p(x), q(x) を次のように定める。

    • p(x): x > 0
    • q(x): x2 > 0

    そのとき、p(x) は q(x) である為の十分条件である。しかし、−1 は q(x) を満たすが (x) を満たさないので、 「q(x) を満たす実数は全て p(x) を満たす」 とはいえない。よって、q(x) は p(x) である為の十分条件ではない。従って、p(x) は q(x) である為の必要十分条件ではない。

    例 4

    ¬、⇔ を論理演算とし、命題変数 AB についての条件 p(A, B), q(A, B) を次のように定める。 ( ¬ は集合 { 真、偽 } から集合 { 真、偽 } への 1 つの写像である。⇔ は { 真、偽 }×{ 真、偽 } から { 真、偽 } への 1 つの写像である。AB は { 真、偽 } の元の変数である。)

    • p(A, B): ¬( AB ) = 真
    • q(A, B): ( ¬A )⇔B = 真

    そのとき、p(A, B) は q(A, B) である為の必要十分条件である。すなわち、「¬( AB ) = 真」 は 「( ¬A )⇔B = 真」 である為の必要十分条件である。

    関連項目

    脚注

    外部リンク


     

    Back to Top
    Close