ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🥾|富士山の「初雪化粧」が宣言されるも「初冠雪」はまだ発表されず…そのワケは


写真 

富士山の「初雪化粧」が宣言されるも「初冠雪」はまだ発表されず…そのワケは

 
内容をざっくり書くと
つまり、「初冠雪」は雲が晴れて、甲府地方気象台から目視で積雪を確認できたときに初めて発表されるということなんです。
 

みなさん、富士山から、“夏の終わりを感じさせる便り”が届きましたよ。「初雪化粧」宣言9月21日、山梨… →このまま続きを読む

 FNNプライムオンライン

FNNプライムオンラインは「テレビとの新しい付き合い方」ができるメディアです。フジテレビ系FNN28局が総力を挙げ、これまでのテレビやニュースの枠を超えた記事・動画・ライブ配信・最新ニュースなどのコンテンツをお届けします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

甲府地方気象台

甲府地方気象台(こうふちほうきしょうだい)は、山梨県甲府市飯田にある地方気象台。山梨県全域を管轄とする。

概要

東京管区気象台の管轄下にあり、地上気象観測、地域気象観測(アメダス)、生物季節観測からなる気象観測業務、予報業務、地震情報・防災・広報業務を行っている。

全国ニュース等で報じられる富士山初冠雪は、同気象台より職員が目視で観測したものである[1]。譬え静岡県側が冠雪したとしても、甲府から見えなければ初冠雪とはされない[2]。同気象台では甲斐駒ヶ岳の初冠雪も観測している。1980年から2010年までの初冠雪の平年値は、富士山が9月30日、甲斐駒ヶ岳が10月27日である[3]

沿革

  • 1894年(明治27年)8月 - 甲府市西青沼(現在の宝地区)に県の機関、甲府測候所として創立。
  • 1938年(昭和13年) - 国の機関に移管。
  • 1945年(昭和20年)7月7日 - 甲府空襲により、庁舎・附属舎が全焼(この時は同市の伊勢地区に所在)。
  • 1951年(昭和26年)11月 - 現所在地(甲府市飯田)に移転。
  • 1957年(昭和32年)9月 - 甲府地方気象台に昇格。
  • 1993年(平成5年)3月 - 新庁舎竣工。

位置情報

  • 山梨県甲府市飯田4丁目7-29
  • 甲府駅より約1.5km西方の住宅地にあり、標高273mに位置する。

主な観測史上記録

  • 降水量 244.5mm(1945年10月5日)
  • 日最大1時間降水量 78.0mm(2004年8月7日)
  • 日最大10分間降水量 28.0mm(2016年8月1日)
  • 月最大24時間降水量 294.5mm(2000年9月11日)
  • 最高気温の高い方から 40.7℃(2013年8月10日)日本歴代第5位(2013年8月現在)
  • 日最高気温の低い方から 氷点下2.5℃(1936年1月25日)
  • 最低気温の低い方から 氷点下19.5℃(1921年1月16日)
  • 日最低気温の高い方から 27.4℃(2013年8月11日)
  • 最小相対湿度 3%(2009年2月12日)
  • 最大瞬間風速 43.2m/s(1959年8月14日)
  • 最深積雪量 114cm(2014年2月15日)

出典

  1. ^ 甲府地方気象台 富士山初冠雪と発表 昨年より27日早く 毎日新聞 2018年9月28日閲覧
  2. ^ 富士山で初冠雪 気象台からも発表 ウェザーニュース 2018年9月28日閲覧
  3. ^ 初冠雪の記録(甲府) 甲府地方気象台 2018年9月28日閲覧

外部リンク

座標: 北緯35度40分3.0秒 東経138度33分14.6秒 / 北緯35.667500度 東経138.554056度 / 35.667500; 138.554056

初冠雪

初冠雪(はつかんせつ)とは、1年のうち、に覆われる時期とそうでない時期がある山岳において、を過ぎて(その年の最高気温を観測した日を過ぎた後から)初めて山頂に雪が積もって白くなること[1]。このような状態になることを日本語では「初冠雪を迎える」と表現する。日本で初冠雪はの訪れを推し量る指標として用いられ、気象庁では、気象現象として約80の山を対象に観測している。なお(山頂部に降雪したのみで)積雪の状態にならなければ初冠雪とは言わない。また、初冠雪がそのまま根雪となるとは限らない。

観測

気象庁では、冬季の積雪は通常積雪計を用いて実際に雪が堆積した厚みを計測する。しかし、初冠雪は麓にある気象台測候所から対象となる山の頂を眺め見て、山頂が白くなっていることを確認して初冠雪とする[2]時刻までは計測しておらず発表されるのは単位である。機械計測は行なっておらず目視観測である。雲などによって山頂が目視できない場合たとえ山頂に積雪が生じたとしても麓から視認できず、雲が晴れるなどして山頂が見えるようになった後日になってから初冠雪が観測されるというタイムラグが発生し得る[3]

気象庁の観測

山岳名 - 観測気象台(初冠雪日の平年、山頂の標高)を一覧で記す。

出典

  1. ^ 富士山がうっすら雪化粧! ウェザーニュース 2018年9月28日閲覧
  2. ^ 富士山で初冠雪 気象台からも発表 ウェザーニュース 2018年9月28日閲覧
  3. ^ 甲府地方気象台 富士山初冠雪と発表 昨年より27日早く 毎日新聞 2018年9月28日閲覧

関連項目


 

Back to Top
Close