ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

📚|あらゆる場所で活躍できる理学療法士。需要高まるリハビリ専門職の仕事内容とは


写真 

あらゆる場所で活躍できる理学療法士。需要高まるリハビリ専門職の仕事内容とは

 
内容をざっくり書くと
理学療法士国家試験は例年3月におこなわれ、筆記試験を受ける必要があります。
 

社会人として一度社会経験をされた後に学ばれる方もおり、幅広い年代の方が学ばれる理学療法という学問。理… →このまま続きを読む

 ホンシェルジュ

「今まで触れる機会」のなかった本との出会いをつくろうと、アイドル、アーティストといった身近な著名人や各分野の専門家が、「おすすめの本」を紹介する記事を発信しているメディアです。
2016年10月からの本格運用以来、ユーザーの数を順調に増やし、現在では
・月間約800万PV
・月間約260万UU
と、多くの方にご利用いただけるメディアとして成長してきました。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

筆記

筆記(ひっき、英語:writing)とは、書き記すこと[1]。あるいはで書くこと[1]。また、それによって書かれたもの[1]

概説

筆記とは、書き記すことである[1]。特に、文字類を書くことを指すのが一般的である[注 1]。 日本では古くは書くための道具としてもっぱら《筆》を用いていたといういきさつがあるので「筆記」と言うわけである。

様々な筆記があるわけであるが、 誰かが話すことを聞いて筆記することは、特に「口述筆記(こうじゅつひっき)」と言う。

西欧語圏では、手で書かれたもの、手で書くことをmanuscriptmanuscritなどと言う。日本語では文脈に応じて「マニュスクリプト(英語)」「マニュスクリ(フランス語)」「写本」「原稿」などと訳し分けている。

特に手ですばやく書くための形をしたアルファベットを英語では「cursive」「joint writing」などと言っているが、日本語ではそれを「筆記体」と呼んでいる。

筆記試験

筆記試験とは、試験を受ける者に何かを書かせることで、その者の程度を判断するための試験である[注 2]。基本的に「実技試験」や「面接試験」という用語・概念と対比的に用いられている。

筆記用具

筆記するための用具を筆記用具と言う。

視野を広げて歴史を振り返れば、粘土板と棒(メソポタミア)、パピルスペンとインク(古代エジプト)、竹簡と筆と(古代中国)、和紙と筆・墨・硯(日本)、羊皮紙羽ペン中世ヨーロッパ。写本など)、万年筆(20世紀、各地)、ノート鉛筆ペン類(現代、各地) 等々等々、様々な筆記用具を用いてきた歴史がある。

筆記用具の概念を革命的に変えたのはワードプロセッサの出現である。アメリカで生まれた時は文章を編集・構成する「意識の拡張」の道具にすぎなかったが、日本では工業化に向かないとされた漢字かな混じり文 の劣勢を一挙に改革してキーボードとともに筆記用具としての地位を確立した。作家の坂口安吾は「文字と速力と文学」(坂口安吾 文字と速力と文学1940年)の中で「私の想念は電光の如く流れ走つてゐるのに、私の書く文字はたど/\しく遅い」と書いていたが、そうした速力も想念に追いつけるようになったのである。デジタル化で完全なコピーも可能になった。ネットとつながることで、目の前の紙などから瞬時に、送信することもできるようになった。

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 「書」という字・概念は文字に対して用いられていて、「描」という字・概念はなどに対して用いられる。
  2. ^ 筆記試験はペーパーテストとも呼ばれる。このペーパーテストという用法は和製英語である。筆記試験は英語でwritten test, written examinationという[2]

出典

  1. ^ a b c d 広辞苑第六版「筆記」
  2. ^ 坂田俊策『NHKカタカナ英語うそ・ほんと』日本放送出版協会、1988年5月20日、41頁。

関連項目

職業
  • 書記(古代エジプトでは、書くということは立派な専門職で身分もかなり高かった。)
書道

例年3月


 

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。
Back to Top
Close