ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🥾|『クライマーズ』オールスターキャストで贈る中国の本気な超大作アクション


写真 (C) 2019 SHANGHAI FILM GROUP. ALL RIGHTS RESERVED.

『クライマーズ』オールスターキャストで贈る中国の本気な超大作アクション

 
内容をざっくり書くと
1970年代の装備だけで登山に挑戦する厳しさ深いクレバスや毎秒ごとに変わる厳しい天気の様子がVFXを駆使した映像で最後まで泣いたりハラハラしたりと十分楽しめる作品です。
 

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ』シリーズなどのツイ・ハークがプロデューサーを務める、実… →このまま続きを読む

 47NEWS


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

厳し深い

1970年代

1970年代(せんきゅうひゃくななじゅうねんだい)は、西暦グレゴリオ暦)1970年から1979年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1970年代について記載する。

できごと

1970年

・三島由紀夫自死(11/25)

1971年

1972年

1973年

1974年

1975年

1976年

1977年

1978年

1979年

世相

社会

文化

人物

アメリカ合衆国と西ヨーロッパ

政治と軍事

哲学と思想

文学

芸術

ファッション

映画・舞踏・エンターテイナー

音楽

クラシック音楽
現代音楽
ポピュラー音楽

科学

料理

その他

ソ連と東ヨーロッパ

ラテン・アメリカとカリブ海諸国

サハラ以南のアフリカ

西アジアと北アフリカ

南アジア

東南アジア

中国

香港

台湾

フィクションのできごと

  • 後半 - 宇宙人「オーバーロード」が地球に来訪。巨大な宇宙船が世界各地の都市上空に飛来し、その6日後にオーバーロードの地球総督カレルレンが全世界に向けて、電波による音声のみの自己紹介を行う。(小説『幼年期の終り』)[注 1][1][2]
  • 末 - に初めての恒久的コロニーが建造される。また、火星に着陸したロボット車が、のちに「放浪石」と呼ばれるようになる生命と太陽の湖で接触する。(小説『2001年宇宙の旅』第一稿)[3]
  • 高等研究所のソウル・ラッパポート博士が、パロマ天文台ニュートリノ転化装置が記録していた雑音が、小熊座α星の方向から反復して放たれているニュートリノ・レーザーの搬送波と見られることを発見。これは未知の地球外文明が発信した「メッセージ」だと判断され、全面的な研究と解読を目的とした「マスターズ・ヴォイス計画」(MAVO計画)が、アイヴァー・バロイン教授を科学部門の最高責任者として秘密裏に開始される。(小説『英語版』)[4]
  • 人工知能に類する存在によってケンタウルス系から放たれた通信が8年間に渡り記録されるが、この時点では誰にも気づかれずに終わる。(小説『ニューロマンサー』)[5]

脚注

注釈

  1. ^ 新版では21世紀前半の出来事に書き直されている。

出典

[脚注の使い方]
  1. ^ アーサー・C・クラーク『幼年期の終り』早川書房、1979年、12 - 18・23・28 - 30頁。ISBN 978-4-15-010341-5
  2. ^ アーサー・C・クラーク『幼年期の終わり』光文社、2007年、9・20 - 22・450頁。ISBN 978-4-334-75144-9
  3. ^ アーサー・C・クラーク『失われた宇宙の旅2001』早川書房、2000年、11・16 - 19頁。ISBN 978-4-15-011308-7
  4. ^ スタニスワフ・レム『天の声』サンリオ、1982年、6・35・42・62 - 75・86・89・99・130 - 133・206 - 211・329頁。NCID BA58553778
  5. ^ ウィリアム・ギブスン『ニューロマンサー』早川書房、1986年、121・122・435頁。ISBN 978-4-15-010672-0

関連項目

外部リンク

  • ウィキメディア・コモンズには、1970年代に関するカテゴリがあります。

 

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。
Back to Top
Close