ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🥾|【助っ人募集!】ハイキングコース整備&パトロールについて


写真 【助っ人募集!】ハイキングコース整備&パトロールについて

【助っ人募集!】ハイキングコース整備&パトロールについて

 
内容をざっくり書くと
ハイキングコースは、日ごろより、地元自治会や地域団体の手で維持管理されており、10月には、秋のハイキングシーズンに合わせて、各コースの点検や整備を行っています。
 

松田町のハイキングコースは、初心者からでも挑戦できるコースとして、人気です。ハイキングコースは、日ご… →このまま続きを読む

 RareA〈レアリア〉


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

ハイキング

ハイキング(Hiking)は、健康のため、あるいは知らない土地を見聞したり、自然の風景や歴史的な景観を楽しむために軽装で、一定のコースや距離を歩くことをいう。ウォーキングともいい、近年は高齢者の健康維持(health promotion)のために推奨されている。小高い丘やを越えたり、その中腹を横切るといったコースもあり、山歩きと一部その活動は重なる部分もある。なお、ハイキングをする人をハイカーという。

なお、食事が主な目的となる場合は、ハイキングではなくピクニックとなる。

起源・現状

こうした活動は、19世紀の末から20世紀の初頭にかけて、工業文明が急速な発展を遂げ、その工業生産や技術のデモンストレーションの場として、万国博覧会が始まった時代に、それへの警鐘として、健康維持のためのさまざまな活動、禁酒禁煙運動、日光浴海水浴体操、、ワンダーフォーゲル運動などのブームが始まった頃に共に始まったと思われる。

ウォーキング大会と銘打って、鉄道会社などが利用客を増やすために催すものもあるし、1人で背中にリュックを背負って、海外や山岳地を歩くバックパッキングというスタイルもある。呼び名は、各国の文化を背景にして異なり、ドイツではWandern(ワンデルン、ワーダーフォーゲルの語源)、オーストラリアではbushwalking(ブッシュウォーキング)、ニュージーランドではtramping(トランピング)という呼び名が好んで用いられている。

関連項目

外部リンク

10月

10月(じゅうがつ、英:October、別名:神無月)はグレゴリオ暦の第10のに当たり、31日ある。

日本では、旧暦10月神無月(かみなづき、かんなづき(「かむなづき」とも表記[1])、かみなしづき、かみなかりづき[2])と呼び、新暦10月の別名としても用いる。

英語での月名 October は、ラテン語表記に同じで、これはラテン語で「第8の」という意味の "octo" の語に由来している。一般的な暦では10番目の月であるが、紀元前46年まで使われていたローマ暦では、一般的な暦の3月が年始であり、3月から数えて8番目という意味である[3]

「かみな月」の語源

詳細は神無月#語源を参照。

「かみな月」の語源は不明である。以下のような説があるが、確かなものではない。いずれにしても漢字「神無」は当て字としている。

  • 醸成月(かみなしづき): 新穀で新酒を醸す月(大言海による)
  • 神嘗月(かんなめづき): 新嘗(にいなめ)の準備をする月
  • 神な月(かみなづき):「神の月」の意
  • 雷無月(かみなしづき): のない月

出雲出雲大社に全国の神様が集まって一年の事を話し合うため、出雲以外には神様が居なくなる月の意というものがあり、これは平安時代から言われている民間語源言語学的な根拠が無い、あてずっぽうの語源)である[4][5][6]。出雲では神在月といわれる。 しかし、出雲へ行かずに留まる田の神・家の神的性格を持つ留守神も存在し、すべての神が出雲に出向くわけではないとされる[7]

異名

かみありづき(神在月)[8]、かみさりづき(神去月)、かみなかりづき(雷無月)、かんなづき(神無月)、けんがいげつ(建亥月)、こはる(小春)、しぐれづき(時雨月)、じょうとう(上冬)、たいげつ(大月)、はつしもつき(初霜月)

10月の年中行事

10月に行われるスポーツ

10月をテーマにした作品

その他


脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本国語大辞典、第5巻、p.412、1976年5月1日発行、第1版第2刷、小学館、ISBN 4095220058
  2. ^ 日本国語大辞典、第5巻、p.136、1976年5月1日発行、第1版第2刷、小学館、ISBN 4095220058
  3. ^ 同様に一般的な暦の9月,11月,12月はそれぞれローマ暦で7,9,10番目の月にあたり、ラテン語の「第7の」「第9の」「第10の」を意味する "septimus", "nonus", "decimus" に由来する "September", "November", "December"である。また、ローマ暦で最後の月が現在の2月にあたり、日数が少ない。
  4. ^ 高島俊男:お言葉ですが・・・(7)、漢字語源の筋ちがい、p.88、文春文庫、第1刷、2006年6月10日、(株)文藝春秋、ISBN 978-4167598082
  5. ^ 神々が出雲大社に集まるためというのは、「奥儀抄」などに見える俗説(旺文社古語辞典、第8版、p.332、1994年)。
  6. ^ 神無月の字をあてるようになったのも、平安時代に入ってからだと考えられる。・・・カミナツキの意味については、新米を収穫して酒を造る月だから醸成月(かみなしづき)の意だとか、神嘗祭(かんなめのまつり)の行われる神嘗月から出ているとか諸説があるが、まだ決定できない(鈴木棠三:日常語語源辞典、p.80、東京堂出版、1992年、ISBN 978-4490103113
  7. ^ 『新版 神事の基礎知識』講談社、2006年9月。ISBN 4-06-210641-8135頁
  8. ^ 出雲地方のみ。

関連項目

2020年10月神無月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
365日
各月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

 

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。
Back to Top
Close