ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🥾|秦野・塔ノ岳山頂で「第30回 尊佛まつり」登山の安全を祈願する【10月3日】


写真 秦野・塔ノ岳山頂で「第30回 尊佛まつり」登山の安全を祈願する【10月3日】

秦野・塔ノ岳山頂で「第30回 尊佛まつり」登山の安全を祈願する【10月3日】

 
内容をざっくり書くと
例年は山のシーズンが始まる5月に実施されるが、新型コロナの影響で今年はこの時期に延期された。
 

塔ノ岳山頂で10月3日(土)、「第30回尊佛まつり」が開催される=写真。正午から午後1時。観覧自由。… →このまま続きを読む

 RareA〈レアリア〉


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

新型コロナウイルス

新型コロナウイルス(しんがたコロナウイルス、英語: Novel coronavirus, nCoV)とは、コロナウイルス科ウイルスのうち、新型のもの。特にヒトコロナウイルスについて多用される。

2020年現在新型コロナウイルスと広く呼称されるもの

これ以外に新型コロナウイルスと呼ばれていたもの

脚注

  1. ^ 田口文広「SARSコロナウイルス」『ウイルス』 第53巻 第2号, p.201-209, 2003年, 日本ウイルス学会, doi:10.2222/jsv.53.201 で「従来とは異なるタイプの新たなコロナウイルス」との表現がある。
  2. ^ a b 水谷哲也,「新種のコロナウイルス」『ウイルス』 63巻 1号,p.1-6, 2013年, 日本ウイルス学会, doi:10.2222/jsv.63.1
  3. ^ Middle East Respiratory Syndrome Coronavirus (MERS-CoV); Announcement of the Coronavirus Study Group Journal of Virology, Published ahead of print 15 May 2013, doi: 10.1128/JVI.01244-13
  4. ^ Naming of the Novel Coronavirus WHO, 28 May 2013
  5. ^ アラビア半島諸国で発生が報告されている新種のコロナウイルスによる感染症の呼称について 厚生労働省平成25年5月24日

関連項目

5月

5月(ごがつ、英:May、別名:皐月)はグレゴリオ暦の第5のに当たり、31日ある。

呼称

日本では、旧暦5月皐月(さつき)と呼び、現在では新暦5月の別名としても用いる。「さつき」は、この月は田植えをする月であることから「早苗月(さなへつき)」と言っていたのが短くなったものである。また、「サ」という言葉自体に田植えの意味があるので、「さつき」だけで「田植の月」になるとする説もある。

日本書紀』などでは「五月」と書いて「さつき」と読ませており、「さつき」を皐月と書くようになったのは後のことである。「皐月」という表記は元来、漢籍に現れる陰暦五月の別名である。『爾雅』によると古代中国では12か月をそれぞれ「陬如寎余皋且相壯玄陽辜涂」と呼んでいた(皋は皐の本字)。

また「皐月」は花の名前となっている。「菖蒲月(あやめづき)」の別名もある。

なお、旧暦の五月は新暦では6月から7月に当たり、梅雨の季節である。五月雨(さみだれ)とは梅雨の別名であるし、五月晴れ(さつきばれ)とは本来は梅雨の晴れ間のことである。

英語名などのMayローマ神話で豊穣を司る女神マイア (: Maia) の名に因むといわれている。12か月で唯一英語名に略称が存在しない(英語名の略称は3文字で表すため、もともと3文字の5月は略称が無い)。

日本における5月

の後半にあたる。5月3日・4日・5日は祝日が3連続し、同じく祝日である4月29日や、その周辺の土・日曜日とともにゴールデンウィークと呼ばれる時期となる。

沖縄県奄美群島では例年5月上旬より梅雨となる。九州では早ければ5月末から梅雨となることがある。

異名

いななえづき(稲苗月)、いろいろづき(五色月)、うげつ(雨月)、けんごげつ(建午月)、つきみずづき(月不見月)、さつき(皐月)、さなえづき(早苗月)、さみだれづき(五月雨月)、しゃげつ(写月)、たちばなづき(橘月)、ちゅうか(仲夏)、ばいげつ(梅月)、よくらんげつ(浴蘭月)

5月の年中行事

5月に行われるスポーツ

5月がテーマの楽曲

その他


関連項目

2020年 5月皐月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
365日
各月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12



 

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。
Back to Top
Close