ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🥾|ワークマンプラス黒部店11月オープン 県内2店目、高いデザイン性


写真 11月下旬にオープンする「ワークマンプラス黒部店」=黒部市荻生

ワークマンプラス黒部店11月オープン 県内2店目、高いデザイン性

 
内容をざっくり書くと
ワークマンは低価格の作業服やアウトドア用品などを販売している。
 

作業服大手のワークマン(東京)は11月下旬、黒部市荻生に「ワークマンプラス黒部店」をオープンさせる。… →このまま続きを読む

 北日本新聞

富山県のニュースを掲載しています。スポーツ・社会・文化・地域・くらし情報も。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

作業服

作業服(さぎょうふく)は、様々な作業・労働をする際に着用する衣服全般。特に、両胸にポケットの付いた襟付きシャツ(又はジャケット)と揃いのカーゴパンツ風のもの(又はスラックスチノ)の上下を指すこともある。作業着作業衣とも呼ばれる。

会社工場などの制服に指定されている場合もあり、ポリエステル素材においては再生ペットボトル繊維が用いられているものもある[1]。半袖タイプや、防寒性を意識した綿製もある。特殊な作業に応じて、静電気を帯びない制電服や燃えにくい難燃服などもある。

広義での作業服

カーハートディッキーズはワークウェアブランドとも呼ばれる。ジーンズデニム)のルーツも、ワークパンツとしてのものだった。白地と紺地のヒッコリーストライプは、汚れを目立たせない模様として考案された[2]。他にもペインターパンツ、オーバーオールカバーオールなどもある。これらは、デザイン性や機能性が評価され、今日ではファッションアイテムともなった。

日本では、洋服の導入の影響で、大正時代頃から仕事着全般も洋風化していったといわれる[3]。すでに江戸時代にも火消鳶職などの職人は、洋服に近く動きやすい股引き姿だった。現在の鳶職はニッカーボッカーズ型の「鳶服」を着用していることが多いが、高所でバランスを取るためや突起物への安全対策からの普及といわれる[4]

農村部では民族衣装が農作業用という例もあり、ドイツ南部の女性の民族衣装であるディアンドルは、農民の作業服が元になっているため装飾がシンプルである。

防災服

日本では、災害などの有事に、閣僚らが防災服を着用することもある。見た目は作業服風だが、アラミド繊維などの難燃素材を用いている場合がある。

小衣・小巾

小衣・小巾(こぎん)とは、丈が腰辺りまでの長さであって袖は無いか半袖であるという型の作業服のこと[5]青森県秋田県など東北地方では木綿で出来た単衣の作業服のことを古くからこう称しており、補強するために胸や肩などの部分に幾何学模様などの図柄を刺繍し縫い込む手法を刺し子の一種として「刺小衣(小巾)」「小衣刺(小巾刺)」とも称した[6]

ギャラリー

脚注

[脚注の使い方]

関連項目


 

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。
Back to Top
Close