ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🥾|日本學者研發分析富士山以往噴發的方法


写真 

日本學者研發分析富士山以往噴發的方法

 
内容をざっくり書くと
通過將單個熔岩適用於該變動情況,預計可推進弄清楚噴發的年代和頻率。
 

【共同社10月31日電】日本山梨縣富士山科學研究所(富士吉田市)31日表示,開發了能夠詳細分析過去發生的富士山火山噴發的頻率和停止期間的方法。該方法是從熔岩保持的地磁來推定噴發時期,有望活用於今後的噴發預測和防災對策。 迄今,熔岩的噴出年代是主要是通過地層沉積狀況等來推定的,也有難以斷定的情況。 新方法著眼於具有磁石般性質的地磁。在高溫中噴出的熔岩含有礦物,具有冷卻後會記錄地磁的性質。地磁被認為因年代不同,方向和強度會有變化,據稱調查這種特點,將有助於斷定熔岩的年代。 該研究所收集了1000份以上的熔岩等,把公元前1000年~公元1100年前後的地磁變動情況系統化。通過將單個熔岩適用於該變動情況,預計可推進弄清楚噴發的年代和頻率。 主導研究的研究員馬場章表示:“將有助於知曉許多熔岩的噴出年代,了解尚未發現根據的噴發的特徵。”(完) →このまま続きを読む

 共同網


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

預計可推進弄清楚噴發

通過將單個熔岩適用


 

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。
Back to Top
Close