ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🥾|朝顔(上野樹里)、群衆雪崩の現場に遭遇…『監察医 朝顔』今夜スタート


写真 

朝顔(上野樹里)、群衆雪崩の現場に遭遇…『監察医 朝顔』今夜スタート

 
内容をざっくり書くと
あくる日、群衆雪崩で妻を失ったという佐藤祐樹(松田元太)がマスコミの取材に応じ、これは事故ではなく殺人だ、と訴え…。
 

女優の上野樹里が主演するフジテレビ系月9ドラマ『監察医 朝顔』(毎週月曜21:00~)が、きょう2日… →このまま続きを読む

 マイナビニュース

マイナビニュースは100以上のカテゴリが毎日更新される総合情報ニュースサイトです。 ビジネス、デジタル、ライフスタイル、エンタメなど幅広いジャンルから経営やテクノロジー・鉄道・車などニッチなカテゴリまで、最新ニュースと分析レポート・コラムで構成しています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

将棋倒し

将棋倒し(しょうぎだおし)は、

  1. 将棋の駒を使った遊び。→#遊びとしての将棋倒し
  2. 1を比喩に使った多数の群集が連鎖的に転倒する事故。→#事故としての将棋倒し

遊びとしての将棋倒し

将棋倒し(しょうぎだおし)とは、将棋の駒を用いた遊びの一つ。

将棋の駒を立てて並べ、1枚を倒すと隣の駒にぶつかって隣の駒が倒れ、続いてその隣の駒が倒れるというように連鎖的に駒が倒れていくようにして遊ぶ。同様の遊びとしてはドミノ倒しがある。

事故としての将棋倒し

将棋倒し(しょうぎだおし)とは、雑踏の中で一人または数人がバランスを崩して倒れたことによって、周辺の者が連鎖的に転倒する事故である。次々と連鎖的に人が倒れる様が遊びの「将棋倒し」に似ていることから、上記の事故に対する慣用的な呼称となった。多くの人が係わることによって発生・被害が拡大する群集事故の一種である。

14世紀に記された『太平記』中に、楠木正成が千劔破(ちはや)城(千早城)の上から大木を落下させて、敵の軍勢を退けた逸話が紹介されている。その記述に「将棋倒しをするごとく」との表現があり、文献上ではこれが初出とされる。また、『平家公達草紙』にも、権力者が次々と失脚するさまを「将棋倒し」と表現した部分があり、こちらが初出の可能性もある(後世になって「将棋倒し」の表現が追加されたとも考えられている)。

階段等の段差部で発生しやすく、段差のある場所で発生した場合、死者が出る大事故になる危険性が高い。転落による衝撃が大きいこと、高低差により下にいる場合は上方の転落者の体重を累積的に受けること、段差の角に体をぶつけること等が原因である。平地で発生した場合でも、単独での転倒とは異なり、以下の要因から重大な被害が発生してしまう。

  1. 雑踏で発生するため転倒時に受身を取ることが困難である。
  2. 身動きが取れないほどの雑踏であった場合には、無理な姿勢での転倒となってしまう。
  3. 強い力で押し倒される。
  4. 転倒した複数人の体重が累積的に体に作用し強い圧迫を受ける。
  5. 転倒後に体勢を立て直すことが困難であり、長時間無理な姿勢で圧迫を受け続ける。
  6. 雑踏で発生するため、救援に時間がかかる。

なお、人の密度が中密度で起きやすく転倒が線状に起こるものを「将棋倒し」、超過密状態で起き転倒が塊状に拡大するものを「群衆雪崩」と区別する考え方もある[1]

2001年7月21日に、兵庫県明石市のJR朝霧駅前歩道橋で花火大会の見物客11人が死亡し、247人の負傷者を出す将棋倒し事故(明石花火大会歩道橋事故)が発生した際、4日後の7月25日付けで日本将棋連盟が同事故の報道に「将棋倒し」の表現を利用しないよう報道機関に要望を提出した[2][3]。 以後NHKは「人が折り重なって倒れ…」との表現に改めている。また民放などでは使用を少し控える程度であったが、最近ではあまり使用されなくなった。

脚注

  1. ^ 『新訂 災害救助』竹内吉平、近代消防社
  2. ^ ドミノ倒しも同じく使われていない。
  3. ^ 「将棋倒し」使わないで=明石の事故で日本将棋連盟が要望 - (時事通信)

関連項目

佐藤祐樹

佐藤 祐樹(さとう ゆうき、1968年2月1日 - )は、千葉県競馬組合に所属していた元騎手東京都出身。勝負服の柄は胴黄、黒山形一本輪、そで黒を使用していた。

来歴

1986年騎手免許を取得、初出走は同年10月29日船橋競馬第4競走(キクノダンサー、4着)、初勝利は翌年1月20日船橋競馬第10競走(リキフジ)[1]

1998年2月1日東京競馬場での第1レースが中央競馬初騎乗となり、ヤマニンアプローズに騎乗して11着。同日行われたフェブラリーステークスで、中央GIに初騎乗し船橋所属だったバンチャンプに騎乗し15着だった。

1999年3月13日中山競馬場での第3レースをブレイクフォンテンに騎乗して制し、中央初勝利を挙げる。

2006年6月29日午前6時ごろに自家用車を運転し船橋競馬場近くの国道14号線を東京方面へ走行中に対向車がセンターラインをはみ出したのを避けて電信柱に衝突する交通事故に遭い、前頭部陥没骨折、右甲骨骨折、左足裂傷の怪我を負った。その後船橋市内の病院に搬送され治療を受け、2週間程度入院した。退院後は通院しながらリハビリを行った。そして10月1日に復帰後初勝利を挙げた。

2007年10月31日付で健康上の理由で騎手を引退することが発表された。今後については未定で、引退式などは行われない予定となっている。騎手成績は、地方競馬通算11112戦1165勝[1]、中央競馬通算10戦1勝。

波多野高次厩舎や矢野義幸厩舎に所属した。

主な騎乗馬

監修書

  • 『JRA全162騎手+αジョッキー格付けランキング 2010年』(大谷内泰久編)笠倉出版社、2009年

脚注

  1. ^ a b 佐藤祐樹騎手の引退について”. 船橋ケイバ (2007年11月1日). 2014年8月27日閲覧。

関連項目

外部リンク


 

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。
Back to Top
Close