ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⛺|これぞキャンプ飯に最適!ユニフレームのキャンプ用中華鍋【動画】


写真 

これぞキャンプ飯に最適!ユニフレームのキャンプ用中華鍋【動画】

 
内容をざっくり書くと
1. 特殊な加工なので、中華鍋だけど空焼きせずにすぐ使える(1:45〜)
2. 丸底なのでムラなく火が通り素材を上手に調理できる(2:16〜)
3. 丸底のため不安定なので五徳があるとよい◎(3:00〜)
4. チャーハンを作ってみたらファンタスティックな味に仕上がった!
 

キャンプ中華鍋17cmがイチオシ!ひとりクローズさんのYouTubeはコチラ!■この商品のイチオシポ… →このまま続きを読む

 イチオシ

イチオシは、みんなの「買って良かった!」をシェアする、レコメンドサイトです(オールアバウトとNTTドコモとの共同運営)。オールアバウトのガイドをはじめ、SNSで活躍するインフルエンサー達が「イチオシスト」として、自分がおすすめするモノやサービスにまつわるエピソードや思い入れを語っています。「イチオシスト」を募集中!


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

よい3

中華鍋

中華鍋(ちゅうかなべ)とは、中華料理に使われる製の丸底中国以外では東南アジア日本でも広く使用されている。

各地での名称

北京語では鍋、鍋子、炒菜鍋などと呼ぶ。広東語では鑊、福建語では鼎となる。英語では広東語の「」(ウォッ、wok)を借用してwokと呼ぶ。インドネシアでは「ペンゴレンガン」、マレーシアでは「クアリ」、フィリピンでは「カワ」「カワリ」と呼ばれる。

種類

中華鍋は把手により、片手の北京鍋と両手の広東鍋に大別される。北京鍋と広東鍋は単に把手の違いだけではなく、鍋の深さやアール(曲線の径の大きさ)も異なっている。北京鍋はアールが小さく底が深い。広東鍋はアールが大きく浅めになっている。両手で底が深い、四川鍋という種類もある。

サイズ面では直径30センチ程度のものから、大きなものでは2メートル程度の巨大なものまで存在する。小型のものは炒め物に、大型のものは料理店で汁物や飯物の調理に用いられる。また欧米では平底のものが「ウォック(Wok)」として販売されている。

素材

素材は古くは鋳鉄が使用されてきたが、鋳鉄は近年では殆ど見られない。また鋼製の中華鍋に加え、最近では、チタン合金やアルミニウム合金製のものも市販されている。チタンを用いるときわめて軽量になり、アルミニウムを用いると熱の伝導が良いというメリットがある。

打ち出し製造されたものは鉄材の密度が増して熱伝導が良く、微細な凹凸が埋まって平滑になるので焦げつきにくいという特徴がある。しかし一般的には、コスト削減のためプレス加工を用いて製造した物が多い。

鉄鍋は調理前に強く空焼きして古い油を焼ききったのち新しい油を入れて表面をなじませる油ならしを行う。これを「油返し(中国語では練鍋)」といい、適切に油返しが行われた鍋は焦げ付きにくい。表面仕上げは伝統的には黒錆であるが、近年ではフッ素樹脂でコーティングしたものもあり、欧米ではこちらが主流である。

用途

炒める焼くはもちろん、煮る揚げる蒸すなども可能であり、幅広い料理法に対応できるため万能鍋とも言われる。

組み合わされる器具

揚げ物や茹で物をする際には、(ジャーレン)を組み合わせることが多い。蒸し物をする際には蒸篭を湯を張った中華鍋の上に置く。画像からも解るように炒め物にはお玉杓子を用いることが多いが、中華鍋に組み合わされるお玉杓子はかなり大きめであり、また先端部の取付角度も緩い。

関連項目


 

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。
Back to Top
Close