ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🚁|【動画】雲仙・普賢岳 噴火30年 防災視察登山ルポ 溶岩ドームの不安定さ実感


写真 所々に噴気が上がる溶岩ドーム山頂部には切り立った多くの岩塊がある。右奥には眉山があり、島原市の街並みが見える

【動画】雲仙・普賢岳 噴火30年 防災視察登山ルポ 溶岩ドームの不安定さ実感

 
内容をざっくり書くと
火山活動を監視する地震計などが設置されている「西の風穴」。
 

荒々しい姿で目前に迫る雲仙・普賢岳の溶岩ドーム「平成新山」(1483メートル)。長崎県内最高峰の山頂… →このまま続きを読む

 長崎新聞


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

火山作用

火山作用(かざんさよう、英語: volcanism, volcanic activity)は、火成作用(かせいさよう、英語: igneous activity)のうちマグマが地表面・海底面・地殻表層部で引き起こす現象の総称である[1][2][3]

火山活動火山現象ともよばれる[1][2]。マグマや火山ガスの上昇、噴火・噴気、火山噴出物の放出・堆積溶岩の噴出・堆積、火山体や火山島の形成、火成岩の生成、火山性地震などが含まれる[1][2]

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. “火山作用” (日本語). コトバンク. 2020年7月9日閲覧。
  2. ^ a b c 精選版 日本国語大辞典. “火山活動” (日本語). コトバンク. 2020年7月9日閲覧。
  3. ^ 世界大百科事典 第2版. “火成作用” (日本語). コトバンク. 2020年7月9日閲覧。

外部リンク

  • ウィキメディア・コモンズには、火山作用に関するカテゴリがあります。

 

Back to Top
Close