ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⛺|【筆者愛用】PETZL(ペツル)のLEDヘッドライトはキャンプにおすすめ!


写真 

【筆者愛用】PETZL(ペツル)のLEDヘッドライトはキャンプにおすすめ!

 
内容をざっくり書くと
ハンティング、フィッシング、そしてケイビング(洞窟探検)、 それぞれ目的に合わせたモデル となっているのが、スペシャライズド。
 

PETZL(ペツル)は、世界初の登山用ヘッドライトを作ったフランスの老舗ブランド。筆者も長年愛用して… →このまま続きを読む

 ハピキャン

アウトドア情報発信メディア 「ハピキャン 」です。名古屋テレビ放送( メ〜テレ)にて毎週水曜日深夜0時15分放送中の番組 「#おぎやはぎ のハピキャン〜キャンプはじめてみました〜 」とも連動! 番組はGYAO! でも無料配信しています。YouTubeチャンネルも!


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

ケイビング

ケイビング英語:caving)は、趣味またはスポーツとして洞窟に入る探検活動である。洞窟探検のアウトドアスポーツとしての面を強調した言葉である。日本では洞窟(cave)自体の多さに比べて、まだそれほどポピュラーではない。

ケイビングをやるには、動きやすく周囲に引っかかりにくい服装(できれば上下がつなぎになっているようなもの)、ヘルメットヘッドランプ軍手等に、水たまりの中に入っても良いような耐水性の靴、出てきたときに着替えるための着替え一式などがあれば、気軽に始めることができる。インストラクターつきの初心者向け体験セミナーあたりから始めるとよい。日本では、1930年頃から始まった。 水中下の洞窟を探検する洞窟潜水では、上記とは異なった特殊な装備や技術、知識が要求される。

スポーツとしての洞窟探検、趣味としての洞窟探検であるケイビングに対し、学術調査としての洞窟探検、学問(洞穴学)としての洞窟探検はSpeleology(スペレオロジー)と呼ぶ。時に、洞窟探検のことをアメリカやカナダではスペランキング(spelunking)、イギリスやアイルランドではポットホーリング(potholing)とも呼ぶが、これらはケイビングとスペレオロジーの区別が無かった時代の言葉であり、20世紀後半以降はやや古臭い言葉となった。現代的なアウトドアスポーツの一つとして、きちんとした知識と探検内容に見合う適正な装備等を整えて行うケイビング(行う人をケイバー(caver))と区別する意味で、準備した装備に不相応な無謀な洞窟探検をスペランキング(行う人をスペランカー(spelunker))と差別的に呼ぶこともあるらしいが、日本では一般的でない。

関連項目

外部リンク

洞窟探検


 

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。
Back to Top
Close