ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

👩‍🎓|時差登校やオンライン授業、感染防止策着々 緊急事態宣言下の高校


写真 授業をライブ中継する教諭=15日午後2時28分、岐阜市則武、県立岐阜商業高校

時差登校やオンライン授業、感染防止策着々 緊急事態宣言下の高校

 
内容をざっくり書くと
「春にオンライン授業をしたのでノウハウは持ち合わせているが、現段階ではなるべく対面授業を続けたいと考えている」(東濃地域の高校)と感染状況の推移を見守り、判断したいとする声も聞かれた。
 

岐阜県による新型コロナウイルスの感染防止対策のガイドライン通知を受け、県内の高校では15日、時差登校… →このまま続きを読む

 岐阜新聞


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

東濃

東濃(とうのう)とは、岐阜県南東部の地域を指し、美濃東部の意味。

一般に多治見市土岐市瑞浪市恵那市中津川市がある地方である。平成の大合併により、岐阜県では唯一、市だけで構成された地方になった。

範囲の解釈

岐阜県の美濃地方は、東西の2区分、東西中の3区分、東西南北中の5区分などに分けられることがあるため、その地域は一定しないが、一般には東西中の3区分が多いため、行政区分上で上記5市を指す。人口322,354人、面積1,562.82km²、人口密度206人/km²。(2020年9月1日、推計人口)。他に可児市可児郡 [1]を含む解釈もあり、この場合は人口439,435人、面積1,707.08km²、人口密度257人/km²。(2020年9月1日、推計人口)。

現在の中津川市のうち、木曽川以北の地域を裏木曽という。

特徴

交通

鉄道路線

主な道路

地域内路線バス事業者

美濃国の分割の仕方

岐阜県は大きく分けて美濃国と飛騨国にわかれるが、美濃国は一般的には大きく4分割される。 しかし、他の分割方法もあるので、参考として以下に記載する。

4分割の場合、可児市と可児郡 [1]を東濃にいれる場合もある。 5分割(その2)では、中濃地区を美濃地区とする場合もある。

関連項目

脚注

  1. ^ a b 多治見市の土岐川北岸は、かつて可児郡の町村だった。

参考文献

  • 白井勝也『日本地名百科事典』小学館、1998年。ISBN 4-09-523111-4
  • 安藤万寿男「東濃」『日本地名大辞典 4 中部』朝倉書店、1968年。

遠隔教育

遠隔教育(えんかくきょういく、: distance education, distance learning, teleteaching, on-line education など)とは、教師が生徒や学生と直接(物理的に)対面して提供するのではなく、離れた場所から 提供する教育のこと。リモート教育オンライン授業などとも呼ばれる。

概要

通学が困難な学生に教育を届けるため、日中は働いていて教室に通えない者に教育を提供するため等の理由で行われる。

インターネットを利用したものは、1990年代に登場し、2000年代前半まではPCを利用して行われるものが主流だったが、2000年代、2010年代にはタブレット類が比較的安価に流通するようになり、利用が容易になった。

歴史

1858年にはロンドン大学で(あくまで補助的な教育プログラムとしてだが) 「External Programme」という名称の教育プログラムが用意された。

遠隔教育がまずさかんになったのはオーストラリアである。広大な国土に対し人口が少なく、学校から離れた場所に暮らす割合が高かったので必要性が高かった。1911年にはクイーンズランド大学がDepartment of Correspondence Studies(通信学習部)を設立した[1]。 遠隔教育という表現は、もともとはオーストラリアで子どもたちが学校が遠すぎたりする場合の学習支援などで使われていたものである。

現在は、遠隔地からでも教育を受けることができるといった点以外に、忙しくても自分の都合に合わせて学ぶことができる、通学せずに済むので時間を有効活用できるなどのメリットを感じ受講するケースも増えてきている。

日本

日本では、もともと通信教育という言い方が通用していたが、郵便による学習の報告だけでなく、テレビ・ラジオを使って授業を受ける学校法人NHK学園放送大学学園や、インターネット利用の大学(インターネット大学)などが登場するようになり、呼称が実情にそぐわなくなったので、本項の名称が出てきた。現在では学習塾なども遠隔教育を導入している。2020年新型コロナウイルスの流行では、小学校中学校高等学校が一斉休校になるなど通学が難しくなったことから、インターネットを利用した遠隔教育(オンライン授業)が実施された。

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ White, Michael (2009). “Distance education in Australian higher education — a history”. Distance Education 3 (2): 255–78. doi:10.1080/0158791820030207. 

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close