ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🎁|飛騨市で「助け合い」キャンペーン 土産物をお得な詰め合わせでネット販売


写真 

飛騨市で「助け合い」キャンペーン 土産物をお得な詰め合わせでネット販売

 
内容をざっくり書くと
造り酒屋の場合、日本酒に合う地元の品をセットに加えることで商品価値を上げることができるといい、さらに市は、注文1件に対して送料500円まで支援します。
 

ネット販売に明るい飛騨市内の事業者が、新型コロナウイルスの影響で売れ残った市内各社の土産物などを自社… →このまま続きを読む

 ぎふチャン

岐阜県の県域放送局「ぎふチャン」が、県内のニュースをお届けする「ぎふチャンDIGITAL」です。岐阜から全国に旬の話題を配信します。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

価値

価値(かち)とは、あるものを他のものよりも上位に位置づける理由となる性質、人間の肉体的、精神的欲求を満たす性質[1]、あるいは真・あるいはなど人間社会の存続にとってプラスの普遍性をもつと考えられる概念の総称。

殆どの場合、物事の持つ、目的の実現に役に立つ性質、もしくは重要な性質や程度を指す。何に価値があり、何には価値がない、とするひとりひとりのうちにある判断の体系を価値観と言う。[2]

倫理における価値

倫理、哲学及び刑法学においては「価値」は「良いという性質」のこと。逆に、「悪いという性質」は「反価値」(刑法学の用語では一般に「無価値」)という。広義には、両者を併せて「価値」と呼ぶ。最も重要な用法は新カント学派西南ドイツ学派など)によるもので、自然界と英知界の二元論的世界観のうち後者に重きを置き、価値が判断の際の必須条件であると考える。

経済学における価値

経済学では商品市場で取引される価値(交換価値)を二つの面から研究する。欲求の充足という消費面からのアプローチが効用価値説で、もう一つが生産面からアプローチした労働価値説である。

効用価値説

価値の根源を人間の欲求に求める説。欲求は主観的なものであり、異なる個人間での比較のための絶対的尺度とはなり得ない。交換が行われるのは、相互の欲求に差異があるからであり、交換により双方が利益を得て(消費者余剰生産者余剰)、パレート効率を達成する。効用価値説は価値を商品固有の属性とは見なさないため、価値という用語の代わりに効用を用いる。効用は個人に特有で主観的なものであり、異なる個人の効用は比較できない。そして、取引成立のための最終交換単位による効用の増加分(限界効用)が価値(価格)決定に大きな役割を果たすことを明らかにし、古典派経済学で言う使用価値と交換価値とを、効用と限界効用によって消費面から統一的に説明した。

労働価値説

人間の労働が価値を生み、その労働が商品の価値を決めるという説。アダム・スミスデヴィッド・リカードを中心とする古典派経済学で考えられ、カール・マルクスに受け継がれた。

価値のパラドックス

は有用だが通常は安価であり、宝石はさほど有用とはいえないが、非常に高価である。これは「価値のパラドックス」と呼ばれ、これを説明することは、初期の経済学の難問であった。これを解決するため、交換価値使用価値をはっきり区別し、直接の関連を否定して考えるようになった。すなわち、水は使用価値は高いが、交換価値は低い。また、宝石は使用価値は低いが、交換価値は高い。古典派経済学では価値の大小の理由として、希少性が考えられた。近代経済学(限界効用学派)では、全部効用と限界効用の区別により二者を消費面から統一的に説明することでこの問題を解決した。

希少性と限界価値

水の価格(交換価値)は、砂漠などでは非常に高価となる場合もあるが、通常は安価である。その理由は、水がすでに豊富である(希少性に乏しい)場合には、水の追加1単位の価値(限界価値すなわち消費者の追加欲求)が低いことによる。(消費面からの説明)

希少性と労働価値

水の価格(交換価値)は、砂漠などでは非常に高価となる場合もあるが、通常は安価である。その理由は、水がすでに豊富である場合には、水が消費されるまでに費やされる労働力は最小ですむことによる。(遠くの井戸から汲んでこなくてもすむ。)(生産面からの説明)

マーケティングにおける価値

マーケティングにおける価値は、顧客知覚価値 (customer-perceived value, CPV)としても知られ、他の製品と比較した場合の、ある製品の利点とコストに対する見込み客の評価の違いである。

出典

  1. ^ カール・マルクス資本論
  2. ^ 大辞林「いかなる物事に価値を認めるかという個人個人の評価的判断」

関連項目

外部リンク

造り酒屋

造り酒屋(つくりざかや)とは、醸造し、店舗でそれを販売する職業。造り酒屋は元々素封家が多く、地域の名士的存在である[1]。酒造り発祥の地は奈良市説と伊丹市説の2つがある[2]

概要

軒先に提げてある杉玉が目印となる。

鎌倉時代に発生し、室町時代には隆盛期をむかえた。

単なる酒屋との定義の境界線が明確にあるわけではないが、一般に造り酒屋は土倉(どそう)として、金融業や、荷送りなどの流通業、通信業などさまざまな業種を扱う総合的な豪商で、都市の中心にしっかりとした店舗をかまえ、手代丁稚女中などの奉公人のほか、用心棒なども養っていた大所帯である概念が強い。

一方、造り酒屋は純粋に酒を造りそれを売っていた所という概念で、規模も必ずしも大きくなく、ときには蔵人が一人で営んでいて、場所も都市の中だけでなく農村部や山間部にも多かった。かなりさびれた街道沿いにも造り酒屋が点在していた様子が昔の紀行文などからうかがえる。

蔵や店舗は自前の所有であったが、たとえば、関東地方から東北地方に点在した(ごうしゅうぐら)のように、はるか遠方に住む経営者資本を持ち、派遣された蔵人が必要に応じて土地の労働者を季節雇用して営んでいるところもある。

江戸幕府酒造統制明治政府造酒税増税に翻弄され、衰滅したり、再生したり、新しいものが生まれたりした。

バブル経済以後の地酒復興期における零細な地方蔵のように、現在もその流れは細々と続いている。

多くの造り酒屋では毎年2月ごろに蔵開きの最盛期を迎え、その年に醸造した新酒のお披露目や利き酒酒粕・酒饅頭を始めとする関連商品の販売などが行なわれる。また、周辺では地域の特産品を生かしたが販売されるなど、造り酒屋にとって一つの区切りであると同時に、地域にとっても一大行事となっている。

納豆菌が麹米に繁殖すると、スベリ麹と呼ばれるヌルヌルした納豆のようなになるので造り酒屋では仕込みの時期に納豆は食さない[3][4]

造り酒屋出身者

造り酒屋は近代以降、政界経済界学界他あらゆる分野の第一線を担う人物を輩出してきた。

生家が造り酒屋

政治家

実業家

芸術家

学界

スポーツ

親族が造り酒屋

政治家

各地の造り酒屋

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 増田晶文「第1章 地酒を醸す現場に行く」『うまい日本酒はどこにある?』草思社(原著2004年9月30日)、初版、p. 57。ISBN 4794213476
  2. ^ SAKETIMES - 真相はいかに?「清酒発祥の地」を巡ってわかれる意見”. 2020年12月12日閲覧。
  3. ^ 酒蔵と納豆
  4. ^ 納豆菌のみならず他にも様々な雑菌が酒に悪影響を与える。

関連項目


 

Back to Top
Close