ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🛋|2021年度に「スッキリ」したいこと! 3位「家のインテリア」、2位「脂肪」、さて1位は?


写真 

2021年度に「スッキリ」したいこと! 3位「家のインテリア」、2位「脂肪」、さて1位は?

 
内容をざっくり書くと
コロナ禍によるおうち時間の増加で日常生活に目を向けることが多くなった今、掃除や洗濯で気持ちをスッキリとすることは、手軽にできるリフレッシュとなりそうです。
 

コロナ禍の生活が続き、どの家庭も感染症に対する予防をしながら、できる限り家で過ごす日々を送っているで… →このまま続きを読む

 ARUHIマガジン

日常の出来事は”ある日”はじまります。家探しに役立つインタビュー記事、FPによる住宅ローンコラム、住まいのニュースや暮らしに活用できるネタなど、さまざまな“住生活”に役立つ記事を毎日配信中です!


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

日常生活

日常生活(にちじょうせいかつ)は、毎日繰り返される生活のこと。

具体的には、日々の生活の中で繰り返される出来事や習慣的動作、そこで用いられる物の考え方や知識常識)、接する物品(その一部は日用品と呼ばれる)などから構成される。だが、その日常生活の内実を比較する時、歴史文化に応じて、また個人によってもしばしば大きく異なる。自分の日常生活で当然であることが、他人の日常生活においては特別であったり、非常識であったりすることを知ることは、人に知的な驚きや教訓をもたらすことが多い。と同時に、余りにも異なる日常生活を送る人々の間に相通じる常識が見出されて驚きを誘うようなこともある。日常生活のパターンはそれが長続きするとしばしば伝統文化となる。また、時代の流れと共に移ろう風景や物の考え方や人々の心理は世相とも呼ばれる。

日々繰り返される物事の他にも、毎年繰り返される行事伝統芸能、季節を特徴づける事物である風物詩なども、日常生活を理解する鍵として注目されることがある。

このような日常生活は、歴史学(とりわけ社会史)、文化人類学民俗学社会学、などの考察対象となる。

包括概念

関連項目

Further readings

コロナ禍

コロナ禍(コロナか)とは、2019年末からの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行による災難や危機的状況を指す言葉である[1]

コロナ禍」のうち、「コロナ」は「新型コロナウイルス[2]、「」は「災い」や「災難」「不幸なできごと」を意味することば[3]で、さまざまな名詞に後置されて「○○禍(か)」という複合語[4]を形成する(他の例:水禍、戦禍など)。

新型コロナウイルス感染症の流行が拡大するとともに、2020年(令和2年)3月半ば頃から新聞やネット上において広く用いられるようになった[5][注釈 1][注釈 2]

大辞泉が選ぶ新語大賞2020

小学館による「大辞泉が選ぶ新語大賞 2020」では、次点として「コロナ禍」が選出され、大辞泉編集部による語釈が発表サイト上に掲載された。

選出理由について、特別選考委員を務めた明治大学国際日本学部教授・田中牧郎は「今の世界の状況を言い表す言葉で、これを克復しよう、新しい生活様式を見出して、なんとか切り抜けていこうという願いを共有するのに、大事な言葉になっています。その思いへの応援も込めて次点としました」と説明している。

また田中は、日本語学の観点からは「○○禍」が造語成分として今後派生するかどうかも注目に値するとしている[6]

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 行政によるネット上の発信では、 など。
  2. ^ 新聞報道では、全国紙5紙すべてに登場。 など。ブロック紙では、 など。県紙では、ブロック紙に準ずると評価されるものでは、 など。一般の県紙では、など。

出典

  1. ^ 滝島,2020,ll.1-2.
  2. ^ 滝島,2020,l.2.
  3. ^ 滝島,2020,l.1.
  4. ^ 滝島,2020,ll.24-25.
  5. ^ 滝島,2020,ll2-4.
  6. ^ “国語辞典『大辞泉』が選ぶ今年の新語大賞は【三密】に決定! 次点は【コロナ禍】 最多投稿数は【経年美化】” (プレスリリース), 小学館, (2020年12月1日), https://kyodonewsprwire.jp/release/202011287823 2020年12月1日閲覧。 

参考文献

関連項目


 

Back to Top
Close