ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

👶|#5【メンタル限界】「母親なのに家事もろくにできないの?」敷地内同居の義母からのプレッシャー『…


写真 

#5【メンタル限界】「母親なのに家事もろくにできないの?」敷地内同居の義母からのプレッシャー『…

 
内容をざっくり書くと
著書に 強迫性障害の夫との日常を描いたコミックエッセイ『規格外な夫婦』(宝島社)、「フツウ」に苦しみつつ抜け出そうともがく母親と家族を描く創作コミック『母親だから当たり前?
 

夫と娘と私、どこにでもいる平凡で幸せな家族。でも、義父母と敷地内同居を始めてから、押し付けられるさま… →このまま続きを読む

 マイナビウーマン子育て

(株)マイナビが運営する、働くママのためのお悩み解決情報サイト。「ママの悩み解決」をコンセプトに記事をお届けしています。お悩みが多い、不妊・妊娠・出産・育児を中心に、医師監修済みの安心できる情報を提供しています。その他、お金・人間関係・ファッション・レシピなどの旬な記事も豊富なバリエーションで掲載しています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

エッセイ漫画

エッセイ漫画(エッセイまんが)とは、漫画作者の身の回りで起きた出来事やその感想をつづった漫画作品。コミックエッセイとも称される。実録漫画の一種。

概要

文学における随筆(エッセイ)になぞらえられるところから名づけられた。メディアファクトリー(現・KADOKAWA)の「コミックエッセイ劇場」では「フツーの漫画と違う『作者の体験をベースにしたコミック』と言えばいいでしょうか?」と定義している[1]。キャラクターや演出よりも読みやすさとテーマ性を重視することから、簡素で砕けた絵柄で描かれる傾向が強い。

作品の内容は基本的にノンフィクションであるが、エッセイ漫画の体裁を用いたフィクションである作品(例:野原広子『離婚してもいいですか?』)や、基本はノンフィクションだが創作を織り交ぜて虚実を曖昧にして描かれる作品(例:桜玉吉『漫玉日記シリーズ』、みずしな孝之いい電子』)も少なくない。

古くから漫画家は近況や実体験を綴ったおまけ漫画を単行本に描き下ろすことがあったが、1980年代からそういった漫画が独立した作品として成立しはじめた。漫画研究者の竹内美帆は、少女漫画雑誌『りぼん』に1986年から連載されたさくらももこちびまる子ちゃん』が、シンプルで単純化されたコマ割りと描線により、エッセイ漫画を少女読者の枠を超えた広い層へ浸透させたと指摘する[2]南信長は、80年代後半に登場した絵日記風の漫画(例:赤星たみこ『コロッケ通信』、まついなつき『みりん星通信』、もん『ザ・カリフラワーズトーク』)をエッセイ漫画の先駆けとみなしており、エッセイとギャグ漫画を融合させたという点ではとり・みき愛のさかあがり』を嚆矢としている[3]

1990年代前半に、主に育児雑誌に連載された育児コミック(例:田島みるくあたし天使あなた悪魔』、青沼貴子ママはぽよぽよザウルスがお好き』、石坂啓赤ちゃんが来た』)からジャンルとして定着[4]。また、大田垣晴子ミニコミ誌「話の特集」にてイラストと文章を組み合わせた「イラスト・エッセイ」を発表して日常観察漫画を切り開き、西原理恵子ルポ漫画(『恨ミシュラン』『鳥頭紀行』など)が無頼派という新機軸を切り開く。

2000年代以降、メディアファクトリー(現・KADOKAWA)の雑誌『ダ・ヴィンチ』が前述の大田垣などを起用して「コミックエッセイ」という呼称を浸透させる。その中でも小栗左多里ダーリンは外国人』(2002年)は国際結婚という特殊な体験と日常を描いて大ヒットし、「コミックエッセイ」の作風の基盤となった。その後はウェブ上で発表していた漫画から出版化されるケースなども増えた。最近では、『ダ・ヴィンチ』との連携で開催する『コミックエッセイプチ大賞』など、エッセイ漫画に対象を限定した漫画賞も現れている。

代表的な作品

自伝漫画

漫画家の自伝回想録的な作品。

日記漫画

漫画家が身辺の日常を描いた作品。

レポート漫画

漫画家が実際に取材してその感想を綴ったり、自らの特殊な経験を紹介したりする漫画。紀行ものや闘病記も含む。

育児漫画

育児を題材とした漫画。

ペット漫画

ペット(まれに野生動物)の観察を題材とした動物漫画。日記漫画の一種でもある。

グルメ漫画

料理・グルメ漫画のうち、作者自身が登場するもの。レポート漫画の一種でもある。

時事漫画

作者自身が作品の中に登場し、時事問題に対して自身の見解を描く漫画。

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ コミックエッセイとは? アーカイブ 2012年3月5日 - ウェイバックマシン - コミックエッセイ劇場
  2. ^ エッセイマンガというジャンルとさくらももこ――『漫画版ひとりずもう』から――
  3. ^ 南信長『現代マンガの冒険者たち』222p。
  4. ^ コミックエッセイの刊行続々と
  5. ^ ただし途中まであり、実質的なモキュメンタリーとなっている。
  6. ^ 旧題は「かんもく少女が同人BL漫画を描いて人生救われる話」。
  7. ^ マンガ図書館Z』など電子書籍サイトでの作品解説では「随筆漫画と称して文章と漫画を組み合わせた(中略)エッセイ・コミックの先駆けともいえる画期的な作品」と紹介している。
  8. ^ 旧題は「実話だよ!! メンヘラ彼女」。

宝島社

株式会社宝島社(たからじましゃ)は、東京都千代田区に本社を置く日本の出版社

概要

1971年9月22日蓮見清一が設立。当時は自治体向けのPR誌や地図など下請けを中心とした事業を行っていた株式会社ジェー・アイ・シー・シーJICC出版局、通称“ジック”)だったが、1993年4月に現社名になる。

1974年6月に晶文社から版権譲渡を受けた月刊誌『宝島』(旧『ワンダーランド』。植草甚一が創刊・編集)を復刊。若い世代を対象とした切り口は、以後の出版界に少なからぬ影響を及ぼした。 『宝島』復刊当初、編集は赤坂の「株式会社宝島社」、発行は飯田橋の「株式会社JICC出版局」と編集・発行が別会社になっていた。

1975年3月から政治問題からサブカルチャーまでを扱う『別冊宝島』を創刊、ムック市場を切り開く。 1993年11月4日には、借り上げていた麹町にあった当時の本社において発砲を受け事件化する[3]。編集者1人当たりの出版出荷額にノルマをかけ、同社急成長の元となった「社員成金化計画」などは業界内では有名である。『遊ぶWindows』・『DOS/V USER』を軸としたマルチメディア部門を中心に出版点数が急増していった。

2000年には『DOS/V USER』『遊ぶインターネット』の2誌が東京都から不健全図書指定を受けたことに反発し、取消を求める訴訟を起こしたが2004年に敗訴が確定した[4](詳しくは有害図書の項を参照)。

2003年には群馬県北軽井沢・を含む近隣エリアを買い取り、同社保養所とする。その後に馬場を作ったり、一旦湖水を減らしたり、私有地のため観光パンフでの地図上の表示を取りやめるよう一部に持ちかけるなどし、照月湖を愛する近隣住民・自治体との間でトラブルが生じる。

ファッション、雑貨などの有名ブランドのグッズが付属したブランドムックに強く、ファッション誌の付録にも豪華なアイテムが多くみられる。なお、宝島社は「ブランドムック」を商標登録している。

近年では、『別冊宝島Real』において東アジア諸国(いわゆる特定アジア)やフェミニズムヤクザ同和利権などに対し攻撃的に切り込む政治的な内容の書籍を出版している事で知られる。

2015年7月29日に看板雑誌の『宝島』を同年8月25日発売の10月号をもって、10代女性向けファッション雑誌の『CUTiE』を同年8月11日発売の9月号をもって休刊することを発表した[5]

出版雑誌一覧

ファッション雑誌

近年、宝島社の雑誌は付録が豪華なことで有名である。主に有名ブランドとコラボレートしたバッグやポーチが付録として採用される。ヘア、メイク、旅行、スーツなど、テーマを絞った増刊ムックも豊富に展開される。ムック本はいずれも「e-MOOK」シリーズに分類されている。

メンズ

  • smart』 - 20代男性向けファッション誌。
  • MEN'S ROSES』 - 10代後半 - 20代前半向けのお兄系ファッション雑誌。2007年に「e-MOOK」として3号発売。

レディース

40代向け

  • 『』
  • 『&ROSY』
  • 『』
    • 『大人のおしゃれ手帖』

20代後半 - 30代向け

  • 『』 - SPRiNGの姉版。ライフスタイルにもこだわる新しい30代の提案。
  • sweet』 - 可愛いモノ好きの20代後半 - 派手めスタイル。
    • 『オトナミューズ』

ティーンズ - 20代前半向け

  • SPRiNG』 - 大人のストリートカジュアルファッション誌。
  • steady.』 - 同社初のOLターゲット。お仕事対応のきれいめカジュアル。
  • mini』 - 20歳前後のシンプル志向の裏原ガールズ向け。『smart』の女性版として創刊。

娯楽雑誌

  • MonoMax』 - 2007年より刊行。主に30代男性向けグッズ情報誌。デジタル、ファッション、スポーツ等を扱う。
  • このミステリーがすごい!』 - 1988年より刊行。一連の『この××がすごい!』シリーズの嚆矢となる。略称は「このミス」。
  • このライトノベルがすごい!』 - 2005年版から定期刊行化。略称は「このラノ」。
  • このマンガがすごい!』 - 2005年より年末に定期刊行化。
  • 『田舎暮らしの本』
  • 『パチンコ/パチスロ』

休刊・廃刊誌

  • 宝島』- 2015年8月をもって休刊[6]
  • 週刊少年宝島
  • CUTiE』 - 同社唯一のティーンズ誌。原宿発信のトレンドを扱う。2015年8月をもって休刊[6]
  • CUTiE Comic
  • 『』
  • ファミコン必勝本』(→HIPPON SUPER!→必本スーパー!→ロクヨン→攻略の帝王)
  • 『ウルトラONE』
  • 別冊宝島ブックレット
  • 『BOOM』- サブカル色の強いアイドル雑誌。末期は少女向けに路線変更した。
  • BANDやろうぜ』 - 1988年から2001年まで刊行されていた月刊誌[7]
  • 『』 - 1999年の創刊当初は『Bandやろうぜ』の増刊。その後2011年5月号まで刊行された[8]
  • 『』
  • NIPPONアイドル探偵団』 - 1988年から2004年まで発刊。

出版ムック一覧

出版書籍

1999年9月創刊[9]。創刊ラインナップは『ブラックバスがメダカを食う 日本の生態系が危ない!』(秋月岩魚)、『宇多田ヒカルの作り方』(竹村光繁)、『金融監督庁』(金融再生研究会)の3点[10]。ベストセラーに『「捨てる!」技術』(辰巳渚)などがある[11]

モバイル

その他の事業

キャプテンレコード

かつて、1980年代後半のインディーズロックブームの頃はプロデューサーを中心に「キャプテンレコード」というインディーズレーベルを展開していた。当時の主軸を押さえてたが、インディーズに商業主義を早期に持ち込んだことについて賛否両論あり「アマチュア青田買い」と揶揄された。[誰?]なお、キャプテンレコードが保有していた楽曲の著作権と原盤権はすべてウルトラ・ヴァイブが保有している[12]

系列会社

  • 洋泉社 - 元々は宝島社での刊行が適さないマイナー・堅い本を刊行していた。しかし、元『宝島』『別冊宝島』『』編集者(現在退職して映画評論家)の町山智浩が同社に移って手がけた『映画秘宝』が小ヒット。また、初期『別冊宝島』編集長であり、宝島社の実質的な主力編集長だった石井慎二洋泉社に移ってからは、かつての『別冊宝島』テイストを感じさせる『ムックy』『新書y』にも力を入れていた。2020年2月1日付で宝島社に吸収合併され解散した。従業員や権利義務等は宝島社が承継するが、『映画秘宝』は休刊、それ以外の出版物も合併後の発行は行わないとしている[14][15]
  • 宝島ワンダーネット - 『宝島城』などインターネット事業を中心に行う。

事件・トラブル

  • 同社が凸版印刷に製作を委託し、2010年9月7日に発売したムック本・「」の付録の食材用抜き型について、使用されていた着色料食品に移り付着することが判明し、同社は自主回収を行った[16]
  • 新型コロナウイルス感染症に関連し、2021年5月11日朝日新聞読売新聞日本経済新聞の朝刊3紙に意見広告「このままじゃ、政治に殺される。」を見開きで掲載した。その内容に賛同の声があがる一方で、手洗いやマスク着用、密の回避といった感染症対策を非科学的な「タケヤリ」に例えることへの批判や、「政治に責任転嫁するな」「単なるポピュリズム」などの批判もあった[17][18][19]。また、この広告で使用された写真は「竹槍」ではなく木製の「薙刀」であるとの指摘もあり、画像の出所について宝島社は「インターネット上の画像から探し当てたものです」とコメントした[20]

スポンサー番組

現在

全てフジテレビ系、(過去にテレビ朝日系列でも提供実績がある)

過去

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 株式会社宝島社 マイナビ2022
  2. ^ a b 株式会社宝島社 第48期決算公告
  3. ^ 右翼団体が『』の反皇室報道に抗議したという体裁になっているが、真相は不明
  4. ^ 東京都不健全図書指定処分取消事件 - 日本雑誌協会 日本書籍出版協会50年史 Web版(2020年6月9日閲覧)
  5. ^ 「月刊宝島」「キューティ」が休刊 WWD JAPAN.com 2015年7月29日
  6. ^ a b 『宝島』と『CUTiE』が8月に休刊 サブカル&ストリートファッションを創出”. ORICON (2015年7月30日). 2015年7月30日閲覧。
  7. ^ Bandやろうぜ : バンドやろうぜ - 国立国会図書館(2020年6月27日閲覧)
  8. ^ この映画がすごい! - 国立国会図書館(2020年6月27日閲覧)
  9. ^ 宝島社 沿革
  10. ^ 詳細検索結果|国立国会図書館サーチ
  11. ^ 新書 いま・むかし - 風 - 新書マップ
  12. ^ 株式会社ウルトラヴァイブ 会社概要
  13. ^ 「ぼくたちだけの天国」BAKU-8501-CD CDジャケットの側面、および背面に記載。
  14. ^ 「映画秘宝」休刊へ 発行の洋泉社、宝島社と合併で解散,朝日新聞,2019年12月18日
  15. ^ 洋泉社、「映画秘宝」休刊へ…宝島社に2月吸収合併,読売新聞,2019年12月19日
  16. ^ 「キャラ弁」ムック本付録を自主回収 産経新聞 2010年9月23日 Archived 2010年9月26日, at the Wayback Machine.
  17. ^ 「ワクチンもない…政治に殺される」 宝島社広告の意図:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年5月13日閲覧。
  18. ^ 郁人, 神戸. “「政治に殺される」新聞広告に〝かつてない賛否〟宝島社の受け止めは” (日本語). withnews.jp. 2021年5月13日閲覧。
  19. ^ 「宝島社の広告は、単なるポピュリズム」佐々木俊尚氏に聞く” (日本語). SAKISIRU(サキシル). 2021年5月14日閲覧。
  20. ^ Hatachi, Kota. “「政治に殺される」話題の宝島社“タケヤリ“広告、実は薙刀? 画像は「ネット上から探し当てた」” (日本語). BuzzFeed. 2021年5月13日閲覧。

外部リンク


 

Back to Top
Close