ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🎁|新型コロナワクチン接種でお得に 山梨県富士河口湖町などの施設利用料や宿泊料が割引になるキャンペーン


写真 

新型コロナワクチン接種でお得に 山梨県富士河口湖町などの施設利用料や宿泊料が割引になるキャンペーン

 
内容をざっくり書くと
連盟によりますと、都留市や笛吹市などを含め飲食や宿泊といった約30の施設が、キャンペーンに参加しています。
 

新型コロナワクチンの接種で、施設の利用料などを割り引くキャンペーンが、山梨県富士河口湖町などで6月1… →このまま続きを読む

 UTYテレビ山梨

日本一の富士山、世界最速のリニアモーターカーなど、山梨には注目されるニュースがたくさんあります。山梨に密着して50年の地元メディアならではの視点でニュースをお届けします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

都留市

都留市(つるし)は、山梨県東部の郡内地方に位置するである。古くからの甲斐絹の産地である。

市名の由来

「都留」は都留郡の郡名に由来し、「都留」は都留市の位置する桂川(相模川)流域の地域が富士山の裾野を蔓のように延びており、その様子から「連葛」、「豆留」(いずれも「つる」)とよばれていたことに由来するとされている。

地理

地形

大月市と富士吉田市との中間に位置する。ほとんどが御坂山地丹沢山地などに属する山間部であり、市の南西から北東へ桂川が流れる。この桂川に沿って急峻な山と深い渓谷に挟まれた平坦地に市街地が形成されている。また、この川に沿うようにして中央自動車道(河口湖線)、国道139号富士急行大月線が通じている。

山地

主な山地
主な山

河川

主な川

桂川

地域

現行行政町名等

都留市では、一部の区域で住居表示に関する法律に基づく住居表示が実施されている。

上谷地区
町名町名の読み設置年月日住居表示実施年月日住居表示実施直前の町名備考
一〜四丁目たはら1976年4月1日1976年4月1日大字上谷の一部
かみや1954年4月29日未実施
一〜六丁目かみや1976年4月1日1976年4月1日大字上谷の一部及び大字下谷の一部(三のみ)
川棚かわだな1954年4月29日未実施
下谷地区
町名町名の読み設置年月日住居表示実施年月日住居表示実施直前の町名備考
一〜四丁目ちゅうおう1977年4月1日1977年4月1日大字下谷の一部
一〜五丁目つる1977年4月1日1977年4月1日大字下谷の一部
しもや1954年4月29日未実施
一〜四丁目しもや1977年4月1日1977年4月1日大字下谷の一部
三吉地区
町名町名の読み設置年月日住居表示実施年月日住居表示実施直前の町名備考
法能ほうのう1954年4月29日未実施
玉川たまがわ1954年4月29日未実施
戸沢とざわ1954年4月29日未実施
開地地区
町名町名の読み設置年月日住居表示実施年月日住居表示実施直前の町名備考
大野おおの1954年4月29日未実施
小野おの1954年4月29日未実施
東桂地区
町名町名の読み設置年月日住居表示実施年月日住居表示実施直前の町名備考
夏狩なつがり1954年4月29日未実施
十日市場とおかいちば1954年4月29日未実施
桂町かつらまち未実施
鹿留ししどめ1954年4月29日未実施
さかい1954年4月29日未実施
宝地区
町名町名の読み設置年月日住居表示実施年月日住居表示実施直前の町名備考
大幡おおはた1954年4月29日未実施
中津森なかつもり1954年4月29日未実施
金井かない1954年4月29日未実施
厚原あつはら1954年4月29日未実施
平栗ひらぐり1954年4月29日未実施
加畑かはた1954年4月29日未実施
禾生地区
町名町名の読み設置年月日住居表示実施年月日住居表示実施直前の町名備考
四日市場よっかいちば1954年4月29日未実施
古川渡ふるかわど1954年4月29日未実施
田野倉たのくら1954年4月29日未実施
井倉いぐら1954年4月29日未実施
小形山おがたやま1954年4月29日未実施
川茂かわも1954年4月29日未実施
盛里地区
町名町名の読み設置年月日住居表示実施年月日住居表示実施直前の町名備考
盛里もりさと未実施
与縄よなわ1954年4月29日未実施
朝日馬場あさひばば1954年4月29日未実施
朝日曽雌あさひそし1954年4月29日未実施

人口

Population distribution of Tsuru, Yamanashi, Japan.svg
都留市と全国の年齢別人口分布(2005年)都留市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 都留市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

都留市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より
  • 20歳前後で男女とも人口が突出して多くなっているが、これは市内にある都留文科大学の学生が入学に際して住民票を都留市に移すためである[1]

隣接自治体

山梨県の旗山梨県

歴史

先史

郡内地方では桂川や支流域の平坦地に数多くの考古遺跡が立地している傾向にある。市域も同様で、大野のは旧石器時代の遺跡で、山梨県内最古の石器類が出土している。また縄文時代の遺跡は早期から見られ、縄文中期の集落遺跡であるや中溝遺跡、後晩期の配石遺構が見られる牛石遺跡や、桂川河岸段丘上の美通遺跡などがある。一方、郡内の傾向として弥生時代以降の遺跡は乏しい。

古代

古代の律令制下では甲斐四郡のうち都留郡に属し、市域には桂川流域の多良郷が比定されている。

中世

戦国時代には都留郡を領した国衆小山田氏が市域を本拠としている。小山田氏は国中地方における守護武田氏と有力国衆との抗争に介入して武田氏と敵対していたが、信虎期に武田氏と和睦して武田家臣団に加わる。

晴信(信玄)期には有力家臣として活躍し、勝頼期には織田・徳川連合軍の侵攻に際して小山田信茂が織田方に内通するが、織田氏により討伐され小山田氏は滅亡する。小山田氏は、はじめ桂川支流大幡川左岸にあたる中津森館を本拠としていたが、武田氏の武田城下町造成と平行して現在の都留市中心市街にあたる谷村(やむら)の地へ居館の移転を行い、谷村館(正確な所在地は不明)を中心に城下町整備を行う。

谷村は後の甲州街道から分岐し吉田へ至るが通り、中世には市も成立した要地で、近世に甲斐国を領した徳川氏や豊臣系大名時代にも政治的拠点として活用された。また、谷村から桂川を挟んで対岸の川棚には勝山城が所在し、築城期は不明であるが、城跡からは豊臣系大名の浅野氏時代の居館や屋敷地の遺構が検出されており、桂川左岸に新たな城下町造成が企図されていた可能性も指摘されている。

近世

江戸時代には谷村城が築かれ鳥居氏秋元氏二代の谷村藩が成立し郡内地方の政治的拠点となり町場が発達する。秋元氏時代には郡内地方における用水堰の開削やの新興が行われているが、市域でも秋元氏時代の開削と言われているがあり、近世には郡内織も広く営まれていた。

  • 宝永元年(1704年)に秋元氏が武蔵国川越へ転封されると郡内地方は幕府直轄領化となり、谷村城は破却されて谷村には陣屋が設置され町場は衰退する。

沿革

行政区画の変遷

政治

行政

市長

歴代市長

特記なき場合「歴代市長」による[4]

氏名就任退任備考
1小林治郎1954年(昭和29年)6月6日1957年(昭和32年)12月7日
2秋山与三郎1957年(昭和32年)12月8日1961年(昭和36年)12月7日
3前田清明1961年(昭和36年)12月8日1969年(昭和44年)12月7日
4富山節三1969年(昭和44年)12月8日1977年(昭和52年)12月7日
5高部通正1977年(昭和52年)12月8日1985年(昭和60年)12月7日
6都倉昭二1985年(昭和60年)12月8日1997年(平成9年)12月7日
7小林義光1997年(平成9年)12月8日2013年(平成25年)12月7日
8堀内富久2013年(平成25年)12月8日現職

国家機関

郡内地方全域を管轄する司法、検察機関の支部を持ちながら、警察署本庁舎がない珍しい自治体である。

法務省

検察庁

裁判所

施設

警察

本部
分庁舎

消防

本部
消防署
  • 都留市消防署(都留市上谷2-2-9)

医療

主な病院

郵便局

主な郵便局
郵便番号

文化施設

主な図書館

運動施設

球場

対外関係

姉妹都市・提携都市

海外

姉妹都市

国内

提携都市

生活基盤

ライフライン

電力

発電所

電信

市外局番
  • 0554-xx - 大月MA(上野原市、大月市、都留市、道志村)

教育

大学

公立
私立

専修学校

県立

高等学校

県立

中学校

市立
  • 都留第一中学校
  • 都留第二中学校
  • 東桂中学校

小学校

市立

交通

鉄道

中心となる駅:都留市駅

ただし、同線で運行される特急富士回遊」「フジサン特急」「富士山ビュー特急」は都留文科大学前駅にのみ停車する。

鉄道路線

富士急行(富士急)

バス

路線バス

  • 富士急バス
    • 都留市駅を中心に各地区に路線が延びていたが、近年のバス利用者低迷により本数大幅削減や路線存廃が取り沙汰されている。

高速バス

道路

高速道路

国道

県道

主要地方道
一般県道

観光

名所・旧跡

主な城郭・館
  • 谷村城址(跡) - 戦国期以来、郡内領主の居館跡。現在は市役所、都留市立谷村第一小学校の敷地となっている。
  • 勝山城址(跡) - 谷村市街とは桂川の対岸にある城山にかつてあった山城の址。城山公園。
  • 中津森館跡 - 中世に郡内(山梨県東部地域)を治めた小山田氏の本拠地。享禄2年(1529)に館が焼け、一族郎党谷村へ移り住む。これが谷村城である。
  • 谷村陣屋跡 - 元禄7年(1694)12月25日、谷村藩主秋元喬知川越城主となったことを機に、谷村藩は徳川幕府の直轄地となり、翌年に秋元家老高山甚五兵衛宅を谷村陣屋とした。現在は甲府地方裁判所 都留支部になっている。
主な寺院
  • 長生寺
  • - 臨済宗。郡内領主小山田氏の菩提寺。
  • 用津院 - 曹洞宗。六地蔵は百姓一揆で死罪となった七名の庄屋を供養したものと伝わる。
主な神社

観光スポット

都留市は現在市役所のある谷村地区を中心として、中世から城下町を形成していた歴史があり、現在もその谷村地区を中心として多くの名所・名跡が残されている。

娯楽施設
  • 谷村劇場 - 劇場・映画館(1915年~昭和30年代)
  • 大手映画劇場 - 映画館(1947年~1964年)
  • 谷村座 - 劇場・映画館(1877年~1970年代)

文化・名物

祭事・催事

  • 八朔祭り - 都留市四日市場に鎮座する生出神社例祭が発達した祭礼。屋台順行や大名行列を伴う。
  • 儀秀稲荷社(西涼寺境内) - 1949年の谷村町大火でも焼けずに残ったことから、火難防災の神として、火事のあった5月13日に儀秀稲荷大祭が行われる[5][6][7]

名物・特産

出身関連著名人

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 山梨日日新聞Webサイト「学生さん、住民登録を忘れないで!」(2010年6月13日閲覧)
  2. ^ 山梨県『山梨県史―概説編 山梨県のあゆみ』山梨日日新聞社、2008年1月10日、369頁。ISBN 9784897108360
  3. ^ 図典 日本の市町村章 p112
  4. ^ 歴代市長”. 都留市. 2021年3月7日閲覧。
  5. ^ 儀秀稲荷社1978年 カラー 12分、科学映像館
  6. ^ 泣き欅(西涼寺「儀秀稲荷社」)山梨デザインアルシーブ
  7. ^ 67年 防火への誓い新た 都留で大祭 /山梨毎日新聞2016年5月14日 地方版

外部リンク

笛吹市

Camera-photo Upload.svg画像提供依頼:八代ふるさと公園の画像提供をお願いします。2021年5月

笛吹市(ふえふきし)は、山梨県にある国中地方に含まれ、甲府盆地の東寄りに位置する[1]

概要

2006年度のモモ収穫量は22,900トン、ぶどう収穫量は14,400トンであり、いずれも自治体別では全国1位だった。このことから、2005年(平成17年)10月12日には「ぶどう日本一の郷」を[2]、2013年(平成25年)4月には「日本一桃源郷」を宣言している[3]

地理

地形

山地

主な山

河川

主な川

地域

土地の利用状況
  • 宅地:14.1km2(8.5%)
  • 農用地:37.1km2(22.5%)
  • 森林等:83.8km2(50.9%)

人口

Population distribution of Fuefuki, Yamanashi, Japan.svg
笛吹市と全国の年齢別人口分布(2005年)笛吹市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 笛吹市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

笛吹市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

隣接自治体

山梨県の旗山梨県

歴史

近世

戦国時代

甲斐国守護職だった武田氏は、武田信虎 の代まで石和館(現、甲府市川田町に所在)と呼ばれる居所があった。

江戸時代

沿革

平成

政治

行政

市長

歴代市長
氏名就任日退任日備考
初代荻野正直2004年11月14日2012年11月13日2期
2代倉嶋清次2012年11月14日2016年11月13日1期
3代山下政樹2016年11月14日現職

議会

市議会

国家機関

国土交通省

施設

警察

本部
交番
駐在所
  • 富士見駐在所
  • 黒駒駐在所
  • 錦生駐在所
  • 一宮西駐在所(金田駐在所より改称)
  • 浅間駐在所
  • 相興駐在所
  • 八代駐在所
  • 境川駐在所
  • 春日居駐在所
  • 芦川駐在所

消防

本部
消防署
  • 笛吹消防署(笛吹市石和町下平井204)
出張所
  • 東部出張所(笛吹市一宮町新巻116-1)
  • 西部出張所(笛吹市境川町石橋736-4)

医療

主な病院

郵便局

主な郵便局

図書館

文化施設

運動施設

対外関係

姉妹都市・提携都市

海外

姉妹都市
提携都市

国内

姉妹都市
提携都市

経済

産業人口(2000年現在)

第一次産業

農業

主な農作物
農業協同組合

第二次産業

醸造業

  • 甲州ワイン
    • マルス山梨ワイナリー
    • ルミエールワイナリー

第三次産業

商業

主な商業施設

観光

情報・通信

マスメディア

送信所

中継局

教育

高等学校

県立

中学校

市立
  • 笛吹市立石和中学校
  • 笛吹市立御坂中学校
  • 笛吹市立一宮中学校
  • 笛吹市立浅川中学校
  • 笛吹市立春日居中学校

小学校

市立
  • 笛吹市立石和南小学校
  • 笛吹市立石和北小学校
  • 笛吹市立富士見小学校
  • 笛吹市立石和東小学校
  • 笛吹市立石和西小学校
  • 笛吹市立御坂西小学校
  • 笛吹市立御坂東小学校
  • 笛吹市立一宮西小学校
  • 笛吹市立一宮南小学校
  • 笛吹市立一宮北小学校
  • 笛吹市立八代小学校
  • 笛吹市立境川小学校
  • 笛吹市立春日居小学校
  • 笛吹市立芦川小学校

廃校

交通

鉄道

中心となる駅:石和温泉駅

鉄道路線

東日本旅客鉄道(JR東日本)

バス

路線バス

道路

高速道路

E20:(甲州市)- 釈迦堂PA/釈迦堂BS - 甲斐一宮BS - 一宮御坂IC - 御坂BS - 笛吹八代SIC - 八代BS - 境川PA/境川BS -(甲府市

国道

県道

主要地方道
一般県道

観光

名所・旧跡

主な城郭
主な寺院
主な神社
宿場
主な遺跡
主な史跡

観光スポット

温泉
自然
娯楽施設
  • 石和シネマ - 映画館(~1960年代)
  • テアトル石和 - 映画館(1968年~2018年)

文化・名物

祭事・催事

名産・特産

スポーツ

公営競技

競馬
競輪

サッカー

出身関連著名人

歴史的人物
政界・軍人
経済
学術
文学
音楽
芸能
スポーツ選手
その他

脚注

[脚注の使い方]

注釈

出典

参考文献

外部リンク


 

Back to Top
Close