ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🎁|「メルカリで売ったらコンビニに行くべし」…節約ライターの超リアルな”貯蓄術”


写真 

「メルカリで売ったらコンビニに行くべし」…節約ライターの超リアルな”貯蓄術”

 
内容をざっくり書くと
「西友のネットスーパーをよく利用しているんですが、そこでも支払いは楽天カード。
 

「節約しているつもりなのに、なかなかお金がたまらない~」「ポイントもたまってきたけど、さてどうしよう… →このまま続きを読む

 SASARU

北海道のテレビ局が運営している北海道女性向けの情報サイトです。”おささる”は北海道弁でついつい「おしちゃう」の意味。ファッション、グルメ、スイーツなど、ついつい“おささっちゃう”ローカル情報を配信しています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

楽天カード

楽天グループ > 楽天カード

楽天カード株式会社(らくてんカード、英語: Rakuten Card Co., Ltd.)は、日本のクレジットカード会社・貸金業者(消費者金融会社)。楽天グループ株式会社の連結子会社であり、同名のクレジットカード「楽天カード」を発行する。

歴史

2001年12月6日にあおぞら銀行オリックスおよび子会社(当時)のオリックス・クレジットと共同で株式会社あおぞらカードとして設立し、銀行系消費者金融として「マイワン(MY ONE)」名称のローンカード事業を開始する。

2004年9月16日に楽天があおぞら銀行とオリックスグループの持分取得により子会社化[1]。2004年11月29日に楽天クレジット株式会社へ社名変更し、「マイワン」の名称でローンカード事業を継続していた。

2009年4月にマイワン事業とその正常債権を楽天が買収したイーバンク銀行へ会社分割の方法により譲渡することになり、「イーバンク銀行のカードローン マイワン」となる。楽天クレジットは会社分割時点でマイワン事業で生じた不良債権の保有・管理業務と「イーバンク銀行のカードローン マイワン」の保証会社として事業を行っていた。「イーバンク銀行のカードローン マイワン」は、2010年に楽天銀行への行名変更により「楽天銀行スーパーローン」へと改称した。

2011年6月に、それまで「楽天KCカード」「楽天カード(楽天との提携カード)」などクレジットカード事業を扱っていた楽天グループの楽天KC(旧:国内信販)が、「楽天KCカード」「楽天MONEYカード(既に募集停止)」事業とそれに付随するショッピング・キャッシング債権など一部資産がJトラストへ売却されKCカードへ商号変更され、同社の「楽天カード」に付随するクレジットカード事業は会社分割のうえ楽天クレジットが吸収することが発表された。また、「楽天VIP Loan Card」事業の承継により、「マイワン」の譲渡以降、再び自社で消費者金融事業を展開することになった。

そして同年8月1日に「楽天カード」事業は会社分割により楽天クレジットが吸収し、楽天カード株式会社へと社名変更した[2]

2019年4月、楽天グループの再編により、楽天株式会社の金融事業子会社(楽天銀行楽天証券楽天インシュアランスホールディングス等)の株式を承継し、子会社化。これにより、楽天Edy及び楽天ペイ等を除く同グループの主要金融事業を傘下に置くことになった。

事業内容

クレジットカード事業

楽天カード

楽天カード株式会社が発行するクレジットカード2020年6月時点で2,000万人の会員を抱える。2017年4~9月期には取扱高が約3兆円に達し、三菱UFJニコスなどを抜き、自社発行ベースで初めて首位に立った[3]

クレジットカードの明細書は公式サイト上の「楽天e-navi」で閲覧することを基本としており、郵送(紙)発行は有料で月84円(税込)がかかる。[4]

ショッピングの利用で楽天ポイントが貯まる。通常100円(税込)あたり1ポイントが付与されるが、楽天Edyへのチャージおよび楽天ペイ経由でのSuicaチャージは200円(税込)毎に1ポイントの付与、それ以外の経路での各種電子マネーチャージはポイント付与対象外となる。また、カードに付属のEdy機能を使うと200円(税込)あたり1ポイントが付与される。以前[いつ?]は、Edy機能付きカードは入会時に指定する必要があり、300円(税抜)の手数料がかかっていた。

クレジット払いでのカードの締日は毎月月末締め、翌月27日(金融機関が休業日の場合は翌営業日)に、指定口座から自動引落される。利用日から最長60日・最短27日の支払猶予がある。

国際ブランド

MasterCardVISAのであるが、株式会社ジェーシービー(JCB)と提携したJCBブランドのクレジットカードも発行している。また、2018年9月からAMERICAN EXPRESSと提携したAMERICAN EXPRESSブランドのクレジットカードも発行を開始した。[5] 但し、一部のカードは国際ブランドの選択肢が限られる場合がある。従来、加盟店開拓はVISAブランドのみだったようでMasterCardオフィシャルサイトの「ご加盟店を検討されている方へ」ページには楽天KC時代から記載されていなかったが、2011年12月ごろからMasterCardブランドの加盟店開拓も開始した模様[6]

プロパーカード

プロパーカードは「楽天カード」で、以下の種類を発行している。

  • 楽天カード(VISA, MasterCard, JCB, AMERICAN EXPRESS)
  • 楽天PINKカード(女性向けカード。VISA, MasterCard, JCB, AMERICAN EXPRESS)
  • 楽天ゴールドカード(廉価ゴールドカード。VISA, MasterCard, JCB)
  • 楽天プレミアムカード(ゴールドカード。VISA, MasterCard, JCB, AMERICAN EXPRESS)
  • 楽天ブラックカード(プラチナカード。MasterCard、JCB, AMERICAN EXPRESS)
  • 楽天カード アカデミー(学生カード。VISA, JCB)
  • 楽天銀行カード(楽天銀行キャッシュカード一体型。楽天ポイントカード及び楽天Edy未搭載。JCB)
  • 楽天ビジネスカード(楽天ポイントカード及び楽天Edy未搭載。VISA)
提携カード
  • 楽天ANAマイレージクラブカード(VISA, MasterCard, JCB)
  • アルペングループ 楽天カード(MasterCard)
  • ヴィッセル神戸 オフィシャルサポーターズカード V-style(新規発行終了)
  • 楽天イーグルスカード(新規発行終了)
  • HOME'S楽天カード(新規発行終了)
  • EX FAMILY カード(新規発行終了)
  • FCバルセロナ オフィシャル楽天カード(新規発行終了)
  • 楽天ETCカード(ETC専用。他の楽天カードの子カードとして発行)
  • 楽天VIP Loan Card(「楽天MONEYカード(新規募集停止)」の後継として2010年に募集開始したローンカード。MONEYカード事業と債権は楽天KCが社名変更したKCカードが保有する。)

銀行事業

証券事業

保険事業

その他事業

加盟する信用情報機関

クレジットカードなどの信用審査を行う為に以下の信用情報機関に加盟する。

主なスポンサー番組

現在放送中(2020年12月現在)

過去

脚注

関連項目

外部リンク

ネットスーパー

ネットスーパー(和製語、由来はnet + supermarket)とは、既存のスーパーマーケットや店舗を持たない宅配専門の業者がインターネットで注文を受け付けて、既存店舗から主に個人宅まで注文商品を即日配達する宅配サービスのこと。既存のスーパーマーケットから日用品(消費物)や食料品が宅配される[1]

概要

既存のスーパーマーケット数社がインターネットで注文を受け付けて、生鮮食品などの商品を個人宅まで配送するサービスを始めている。商品の取り扱い品目は店舗同様に多種・多様であり、野菜などの生鮮食品から日用雑貨、肌着、家電の一部まで即日配達されている。

有機野菜などの安心・安全な食品を専門的に取り扱うネットスーパーでは、消費者の注文を受けてから商品の調達を独自で行うため、注文から配達までに1週間前後かかる。

また消費者が自ら重量物を運ぶ必要がなくなることから、高齢化社会の進展と共に、将来的に大きな広がりが期待される商形態である。老人福祉施設からの利用も増加している。

「巣ごもり消費」や新型インフルエンザの流行を背景に急拡大しており、店舗販売が縮小する一方、ネットスーパーは2ケタの成長が続き既存店舗の売上にとって代わる勢いとなっている[2]

しかし、黒字店はごくわずかで、各社とも利益が出ていないのが現状である。

手法

配送方法

配送方法は、拠点となる実店舗から配送する店舗出荷型と、専用の配送センターから配送するセンター出荷型に大別される。日本ではイトーヨーカドー西友、イオンが前者を、サミットストアが後者を選択して受注を競ったが、2014年に知名度等の理由からサミットストアが撤退。店舗出荷型が主流となっている[3]

生活変革としてのネットスーパー

ペットボトル飲料など重量のある物を購入する際や、の日はで店舗まで足を運ぶことが多いが、特にこの数年は原油価格高に伴うガソリン価格の高騰や、大都市部における車離れ傾向もあり、「労力」や「車の維持費」、「ガソリンなどの生活コスト」などを考えるとネットスーパーで「商品代 + 配達料」を上乗せしてでも注文することは魅力的だと考える消費者が増えている。

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ IT用語辞典『ネットスーパーとは』
  2. ^ 日本経済新聞. (2010年2月14日) 
  3. ^ “住友商事、ヨーカ堂に惨敗 ネットスーパー事業参入からわずか8年で撤退 黒字化見えず”. cyzo. (2014年12月6日). http://biz-journal.jp/2014/12/post_8158.html 2014年12月7日閲覧。 

外部リンク

関連項目


 

Back to Top
Close