ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🛋|中古のマンションは購入後の「維持費」を忘れがち…負担が重くなるケースとは?


写真 

中古のマンションは購入後の「維持費」を忘れがち…負担が重くなるケースとは?

 
内容をざっくり書くと
対成約単価比率が重くなるので、住宅ローン返済額だけではなく、ランニングコストも念頭に置いて購入計画を立てたいところです。
 

マンションを買えば、ランニングコストとして管理費・修繕積立金がかかるのはご存じでしょうが、実際にどれ… →このまま続きを読む

 ARUHIマガジン

日常の出来事は”ある日”はじまります。家探しに役立つインタビュー記事、FPによる住宅ローンコラム、住まいのニュースや暮らしに活用できるネタなど、さまざまな“住生活”に役立つ記事を毎日配信中です!


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

重く住宅ローン返済額

ランニングコスト

ランニングコストとは、経営学用語の一つで、企業などにおいて設備建物維持するために必要となるコストのことを言う。これは建物や設備ができあがり、稼動されるようになってから廃止をされるようになるまでの期間にかかるコストのことである。ランニングコストに計上されるのは、光熱費保守点検サービス費や消耗品費など定期的に必要となるコストのことである。

一方、初回においてコストをかけ、その後も長期的に利用することができる事柄に対するコストというのはイニシャルコストということになる。

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close